FC2ブログ
「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
さてさて、この日は岡山に戻る前に・・・。
フラッと昼食の為、この日は東急沿線の矢口渡で下車してみた。

IMG95q (13)

駅から南方向、多摩川の手前にある"讃岐うどん 源八"というお店に
立ち寄ってみた。
開店時間から少し経ったところで、お昼にはちと早い時間帯ではあり
ましたが、店内はそこそこ賑わっておりました。
この時間帯で、このお客さんの入り具合だと、お昼時になると満席に
なって、注文カウンターに行列するんだろうな~と、想像できる。

そんなこんなで、私は注文カウンターのところで『ぶっかけうどん・大
(510円)』を注文です。

IMG95q (14)

トッピングには『かしわ天(160円)』をチョイス。

エッジがビシッと立った、見るからにしっかりした感じの麺。
いざ、チュルっと食べてみると、麺は冷水でしっかり冷やし締められている。
麺肌には少し軽くグミっとした装いがあるけれども、結構麺密度が高く、
やや固コシな傾向にある。
総じて、系統的にはやや固コシ系の麺に分類できるかな。その為か、グミ
館がありつつも、ムギュっとした強い食感が印象的だ。
なんだか、普通の方が讃岐でイメージされる、そのイメージに近い讃岐っ
て感じかな。

IMG95q (15)

うどんを食べている間に、一気にお客さんが集まってきて、注文カウンター
にプチ行列が出来ていた。たぶん、この時のプチ行列は瞬間的なところで、
お昼のピークはまだ少し後って感じかな。

さて、とりあえずお店を出て、折角なのでもう1軒行ってみよっかな。
「行ってみよっかな」って言いつつも、それは予定の行動な訳ですが・・。

●店名:讃岐うどん 源八
●住所:東京都大田区多摩川2-7-1
●営業時間:11:00-15:30 (麺切終了)
●定休日:日祝

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでつぶやきをポチポチ書いてます。
東36
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さてさて、とあるお休みのお昼近く、大元の和兵衛に立ち寄った。
お昼に近いとあって、店内はお客さんで賑わっていた。
麺自体は私の好みの路線とは圧倒的に違う路線なのですが、私に
合ってないというだけで、他の方にはアリなのだろう。

IMG95q (10)

いや、アリかナシかで言えばアリやで。私の好みの麺とは違うってだ
けで。好みとは違うけれども、これはこれで面白い麺やと思うし。
単純に私の美味いと思う饂飩とは違う概念を持った饂飩である事は
違いない。私の解っていない何かが、他のお客さんを惹きつけてい
るのでしょう。
少なくとも、好みに合う=美味い、合わない=不味いで終わらせてし
まうのは勿体ない。私の知らない何かを知るチャンスでもあるのに。

お店に入った時にはうどん棚に丼が1つも無かったので、棚越しに
『かけうどん・大(350円)』を注文。もちろん、湯銭なしで。

IMG95q (11)
IMG95q (12)

そして、トッピングには・・・・名前がちゃんと見えなんだが、過去に本町店
で食べた『ガラエビミックス天』みたいなやつ。
『かき揚げ(180円)』。大き目のお椀みたいなのに、ゴロゴロと。
タコ?ゲソ?や枝豆カボチャ等の野菜と一緒に揚げられている。
これだけで結構お腹が膨れてしまうやつ。
うどん小か中でも良かったなぁ~と思ってしまうボリューム。

エッジやシュビっとした感じはなく丸みを帯びた麺。しっとりと、タンワリ、
そして柔らかに口内に触れる。この日の麺はあまり粘る感じはせずに、
軽いコシ感でモッチリとした食感が面白い。

【過去の和兵衛 大元店】
2018年10月03日・・岡山市北区(大元) 製めん屋よし田や 和兵衛 大元店 No.18
2018年02月21日・・岡山市北区(大元) 製めん屋よし田や 和兵衛 大元店 No.17
2017年11月19日・・岡山市北区(大元) 製めん屋よし田や 和兵衛 大元店 No.16
他にもあります。

●店名:製めん屋よし田や 和兵衛 大元店
●住所:岡山市北区大元1-1-7-101
●営業時間:平土10:30-17:30 日祝10:30-16:30
●定休日:?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterもやっとります。お暇な方はmituki_udonにフォロー下され。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

4月も後半戦に突入していますが、これは確か~・・まだ3月後半のお話
かな。

俺in岡山。前々日に岡山入りして、それから少しバタバタして。
この日は比較的というか、久しぶりに朝からかなり平穏な日だった。
なので夕方にアプライドでお買い物をして~、せっかくここまで来た
ついでに、たぬき屋に寄り路してく事とした。

IMG95q (7)

まぁ、"ここまで来たついで"で無くても、食べたくなったら来る訳ですが・・・。

お店に入り、棚に並んだ『かけうどん並(250円)』の丼を取る。
トッピングは『小エビのかき揚げ(120円)』をチョイスしてお会計へ。

するとレジの店員さんに「おうどん温めなくていいですか??」と聞かれる。
川平慈英さんばりにドヤ顔で「いいんです!!」と、シャイな私が言える訳
もなく、控えめに「大丈夫ですよ~。こっちの方が好きなんで。」と答える。

IMG95q (8)
IMG95q (9)

この日の麺は、パンッとした麺肌の張り感は少し弱め。
そのかわり、ムニ~~~~~~ン!!っと粘る・伸びる感じは半端ない。
しっかりとした粘りがあるので、張りが無くとも麺が弱いという感覚もなく、
十分に麺の感覚が楽しめる。
まぁ、麺肌の張りが少し弱めであったのは、私としては少し残念なところ
でもあるけれども、それでも麺のレベルは高いのは。
まぁ、些細なタイミングの影響なのかな。

【過去のたぬき屋】
2018年12月02日・・岡山市北区(大元) たぬき屋 No.38
2018年09月07日・・岡山市北区(大元) たぬき屋 No.37
2018年01月04日・・岡山市北区(大元) たぬき屋 No.36
他にもあります。

●店名:たぬき屋
●住所:岡山県岡山市北区東古松2-2-1
●営業時間:11:30-20:00
●定休日:木

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

極々稀にTwitterにも・・・。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さて、"讃岐うどん蔵之介"で食べた後ですね。
早稲田通りを西に向かい、高田馬場駅の西側にある"大地のうどん 東京
馬場店"にやってきた。
高田馬場駅から直線距離で言えば"蔵之介"の方が少し近いんかな?
でも、実際の駅から歩く距離的には大地のうどんの方が近いのかも。

お店に到着すると、お昼時とあって、こちらもお客さんが並んでいました。
どうやら、入口入ったとこの券売機で食券を買ってから列に並ぶ模様。

IMG95q (4)

ってな訳で、私は『ごぼう天おろしぶっかけ(780円)』の食券を迷わず購入。
というのも、大地のうどんは『津田屋流 豊前裏打会』に加盟するお店。
『津田屋流 豊前裏打会』と言えば、昨年大阪で食べた"うどん屋 麺之介"
と同じグループとなるので、同じの食べて違いを見てみようかと。

行列にならび待ち、ようやく私の番。席に座ると数分でで、うどんが運
ばれてきました。

IMG95q (5)

やはり、スライス牛蒡のかき揚げと言いますか、これに目を奪われる。
厚みが無い分、量的にはそれほどデカいって代物ではないけれども、
この面積ややはり器から大きくはみ出す盛り付けは「おおっ!」と思っ
てしまいます。

そして、器が結構独特。丼上ではなく、縁のあるお皿状。これが何と
いう種類なのか解らんが・・・びっくりドンキーのデッシュのお皿の様な
感じ?
まぁ、そんな話は置いといて~・・・。

薄く透明感のある細麺に、ぶっかけダシをサーっとかけて、麺を
チュルっと一筋食べると~。

IMG95q (6)

うはー!なんじゃこりゃ!!冷水でしっかり冷し締められた麺はゴムゴム!
麺肌ばバリンッと強く、そして半端ない弾力のグミ感。もはや、グミと言う
よりゴムの様な強靭さ。
確かに、大阪で食べた"うどん屋 麺之介"と同系統ではある。でも、同系
統やけども、それをさらに激しくした感じ。
目隠しして食べさされたら、うどんだとは思えないかも。ってぐらいのパナ
イ感じww。いや、もしかして、寒い季節柄、温かいうどんに合わせてるの
か??

ごぼう天も揚げたてのザクザクでウマウマ!
牛蒡独特の香りがなんとも言えず、美味しいね~。

にしても、この讃岐とは完全に違う麺質。どうやってるんやろ・・・。

●店名:大地のうどん 東京馬場店
●住所:東京都新宿区高田馬場3-22-14
●営業時間:11:00-15:30 18:00-22:30
●定休日:水

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterもお暇なら見てやってください。
東35

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さてさて、とりあえずですねぇ。あんまり遠くまでは行く元気が無いけれど
も、まずは有名なお店を巡ってみようかと思いまして。
この日は高田馬場周辺のお店へ行ってみる事にした。高田馬場に来る
のは、これが2回目かな。1回目は昔、ラーメン屋の"俺の空"に行った時
以来か。

んな訳で、高田馬場からトコトコ歩いて、途中で超える川が「これが、南
こうせつさんの神田川か~(南こうせつさんの物ではない)」と思いながら、
到着したのが、"讃岐うどん 蔵之介"。

IMG95q (1)

賑やかなエリアからは少し外れ、比較的閑静な場所というイメージの
立地。そんな場所ですが、開店前から、ちらほらと人が集まってきます。
開店時間ともなると、十人ぐらいが列を作っている状態。
そして、開店時間となり、店内の席が埋まります。

何食べようかな~・・・、迷い始めると決まらなくなっていくので、スッと
『ちく玉天ぶっかけうどん・冷(850円)』を注文してみた。
すると、「茹でたてをお出ししますので15分程お待ち下さい。」との事。
開店時間後に1釜目が茹で上がる様に茹でてる訳ではないっぽい。

IMG95q (2)

暫くまって、うどんが運ばれてきた。
ほほー、これは逆を突かれた様な感覚で、予想外に、シンプルで素直な
饂飩という印象。想像では、もっと色々ゴージャスな雰囲気を想像していた
んやけど、飾りのない麺勝負なという感じがして、私好みでもある。

そして、その麺をチュルっと食べてみると~、これが素直な美味さ。
奇をてらわず、スタンダードな讃岐感。言うなれば何かしらの特殊・突出し
た独特性がある訳では無い様に思える分、素直な美味さがあります。
所謂、普段着のうどんの延長戦上にある様なそんな様に感じる。

IMG95q (3)

半熟玉子天も黄身トロ~っと。ちくわ天も衣は軽くサクッと、ちくわはモチっと
で、揚げたてのウマウマ。

なんとなく思ったのは、関西と比べると関東の讃岐の方が香川に近い雰囲
気がある。むしろ、讃岐をそのまま持ってきたという感じが伺える点が見受
けられる。
関西は関西で、"関西讃岐"とジャンル別けできてしまう様に、独自の方向
性を見出して発展してるし。

●店名:讃岐うどん 蔵之介
●住所:東京都豊島区高田3-7-15
●営業時間:11:00-14:00 17:00-21:00 月は夜無し、土11:30-15:00 17:00-20:00
●定休日:日祝

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

稀にTwitter。ほんと時々ね・・・時々。
東34

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ