「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
この日は雨。
晴れてれば、香里園の方か布施の方かに自転車で走ろうかと計画して
いたのだが、残念ながら雨・・・。ガッツのある人は、雨もヘッチャラかもし
れないが、ヘッポコな私は素直に諦めた。

そんな訳で、プランB:雨の日用プランに切り替えた。

IMG94v (10)

やってきたのは、谷町六丁目の"きぬ川"。
古川橋から谷六に移転されたのが、2011年??
2016年に一度お店に行ってはみたのだが、定休日で閉まっていて食べれ
ず、前に食べたのは、まだ古川橋にあった頃の2008年以来となる。
約9年7ヵ月振りだ。

以前にも増して、和な雰囲気で落ち着いた造りのお店すな~。
"饂飩とお酒"と頭についている様に、うどん屋だけでなく居酒屋使いもで
きるスタイル。饂飩が先にきてるから、やっぱり饂飩が中心にあっての
お酒の肴という感じなのかな。
いずれにしても、お酒好きな人にとっては嬉しいお店でしょうな。

IMG94v (11)

さて、この日注文したのは、案の定『とり天冷やし(800円)』だ。

鶏天は別盛りで、添えられた赤パプリカの色合いが栄える。
昔食べたきぬ川の"ちく玉天ぶっかけ"のパプリカや"とろろぶっかけ"の
青のりの様に、それがあるだけで商品が引き立って見える。

さっ、麺をズビッっと・・・・・ぬあっ!!
この麺ののど越し、超心地よい!!メッチャ滑らかでシルクの様な口当
たり。ただ単純にツルツルってのとも違う。優しく口内に触れるシットリ感。
スルスル~っと口内に・お腹に滑り込んで来る様だ。
そんな感じで、優しいタイプの麺かと思わせといて、噛めばムチッ!とし
た粘りあるグミのコシがある。

IMG94v (12)

そして"ひやかけ"のダシ。
直近で麦笑で食べたガツンと来るダシとは、タイプが違う。
何と言うか・・・深いという印象。麦笑がイリコ等の魚が沢山泳いでる海だと
すると、こちらは森の中の湖という感じかな。
ガツンとくるタイプではない分、ジワーっと染み渡る落ち着いた旨味がある
感じだ。

釜たけうどんのお弟子さんは多々いらっしゃって、年月が経つにつれ、各店
とも、独自に発展させていってる感じが、大阪を離れていた9年のブランクを
感じさせてくれます。
いや、離れてたからこそ、よく解るって感じかな。

【過去のきぬ川】
2008年12月08日・・大阪府門真市(古川橋) 饂飩 きぬ川
2008年07月24日・・【西国33】7/33 きぬ川重要!・・冷やしかけうどん(800円)
2008年05月07日・・情熱うどん讃州 2周年パーティー@きぬ川
※他にもまだあるので、お探しの方はブログ内検索してみて下さい。

●店名:饂飩とお酒 からほり きぬ川
●住所:大阪府大阪市中央区谷町7-6-35
●営業時間:月-金 11:20-14:00(LO)、17:30-20:30(LO) (月は夜営業無し)
        土日11:20-14:30 17:30-20:30
●定休日:火、月曜の夜営業


スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さて、とあるお休みの日に特にすることも無いので、プラプラと難波から
心斎橋界隈をうろついてみた。
相変わらず、人の多い心斎橋筋商店街。サッカーワールドカップで揺れた
と話題(?)の戎橋を通ってプラプラと北上。特に目的も無いのでプラプラと。
このまま梅田まで行ってみようかな~なんて思いながら、トコトコ歩く。

心斎橋を超えて、こないだ行った丸亀製麺 北心斎橋店の手前の交差点
で、チラッと東側を見ると・・・・道の北側に・・・・
んなっ!??うどんの看板がっ!!

IMG94u (7)
↑は東側から撮った。

これは、前回ここを通った時は、全く気付かなかったな~。

近付いてみると・・「・あれ?お店の名前は・・・?」
と、思っていたら、暖簾の横っちょに小さく「鶴丸饂飩本舗」と書かれてるじゃ
ないか。なるほど~。

そして、入口の横に券売機が見えた。
何回か・数店舗は、つるまる饂飩のお店に行った事はあるが、それらはいず
れも、セルフのお店。でも、ここは券売機があって、間口・建物の雰囲気から
してセルフの様なスペースがある様には思えない。

とりあえず、お店に入ってみた。
店内は奥に長細く、その形に合わせた様な、奥に向かって細長い厨房。
その周りをカウンター席がぐるりと囲む。

IMG94u (8)
IMG94u (9)

メニューからすると、肉とごぼう天がウリの様だ。
が、私は『とり天ぶっかけ(550円)』の食券を買ってみました。
食券を店員さんに渡してから、とり天が揚げられます。

麺は麺密度がやや高めで程よく身の詰まった様な噛み応え。その感覚の
通り、グッとした強弾力の抵抗あるコシ感。グミ系か固コシ系か、どっちか
で言えば、固コシ系かなというぐらい。

とり天は、デデンっと2枚、うどんが覆い隠す様な感じが面白い。
揚げたての通り、熱々でサクッと程よくジューシー!

●店名:つるまる饂飩 北心斎橋店
●住所:大阪府大阪市中央区南船場3-8-5
●営業時間: 11:30-20:30
●定休日:無?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

時々、Twitterで呟いてみたり、でも、使い方は今一理解できてない。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さて、こないだチラッとTwiiterで呟いてみた様に、5月28日にオープンした
谷四の"酒とうどん 一福"に行ってみました。
オープン前から雑誌にピックアップされている等、注目度の高いお店です。
(たしか、オープン前だよね・・??)

前段階からの注目度の高さは、高松市国分寺町の本店の評価故でしょう。

IMG94t (4)

「酒とうどん」と店名に付いて、酒が先に来るということから察するに、
夜はお酒がポイントで居酒屋使いができて締めにうどんが食べれると
いうスタイルなのだろう。
ですが、事前にどこかで、夜もうどんだけでも大丈夫というのを見た気
がするので、お店に入ってみた。

IMG94t (5)

店内には、まだ少し早めな時間帯とあって、先客2組の数名のお客さん。
入って左側の大テーブルに案内され、座り、メニューを眺めます。

この日の時点では、夜のうどんは、冷たいのが"かけ・生醤油・ぶっかけ"
の3種で、温かいのが"かけ・きつね"の2種で計5種。締めにサラサラっと
うどんをという布陣な様に伺える。
昼はもっと色々あるらしい。

そのラインナップからすると・・・もちろん『かけうどん・冷(450円)』でしょう。
トッピングは『とり天2個(180円)』だ。

IMG94t (6)

しばらく待った後に、うどんが目の前に運ばれてくると~、フワっとほのかな
ダシの香りが、一気に食欲をかき立てます。

キンキンに冷やし締められた麺とダシ。軽く縮れ感があります。
その麺を一口食べてみると・・・・「!?」
ムギュっとしたやや麺密度が高めで、それ故に固コシ系な強弾力の噛応え。
一福の麺?中村系の麺?前回本店に行ったのが2012年なので、実は、あれ
から麺の雰囲気が変わてるとしたら、私が知らないだけなのかもしれなが・・・。
その時の一福の印象を持って食べると、「?」ってなる。
ある意味、別のうどんという様にも思えるが、別だと思えば、これはこれで
アリだと私は思う。

IMG94t (7)

でもって、"ひやかけ"のダシ。これはイリコの旨味が程よく、結構スッキリと
したテイストなタイプ。エグ味や雑味もなく、じんわりとダシを取られてるんや
ろうなぁ~という風に感じます。
イリコガツンOKな私としては、「もっとこい!」と思う気持ちもあるけれど、大阪
の地で多くの人に味わってもらうには、あまりキツ過ぎるのもどうかと思ったり
もするので。

とり天はちょっと小さ目ですが、めっちゃジューシー!
ただ、一口で口の中のイリコが逃げたと思える様なジューシーさ。
これはこれで一品として、もっと食べたくなる様な魔力があります!!

もっと、夜うどんのメニューが色々あるといいな~。

●店名:酒とうどん 一福
●住所:大阪府大阪市中央区谷町3-5-9
●営業時間:11:00-14:00 17:00-20:00
●定休日:日祝

↓↓↓いつもありがとうございますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さて、大阪に数店舗ある"うどん王"というお店。
運営元の株式会社ダイニング・クエストのHPを見ると、梅田本店、阿倍野
店、尼崎店、神戸住吉店、過去に行った事のある北浜店、それとなんば
ウォーク店。

で、行った事は無いと思うのだが、なんばウォークの地下鉄御堂筋線と
四ツ橋線の間にあるのは昔っから知っていた。
って事は、随分昔っからあったって事だ。

IMG94r (4)

でも・・・確認してみたら・・・行った事・・・・あったな。2009年に。
何時食べたかは忘れる事があっても、1度入って食べたって事自体を忘れ
るって事は、そうそう無いのだが・・・。・・そういう事なのかな。

店の入り口横に貼られたメニューボードには、「つるつるもちもち 大阪うどん
のセルフうどんやで」って書かれてる。
確か、2008年時の北浜店には「本場讃岐」って看板があったのだが、大阪
うどんへ方針転換したのかな?北浜店の方は大阪に帰ってきてから、まだ
見てないけど、ここだけ?それとも全店でなんかな?
2009年になんばウォーク店に来た時の写真で高画質なんが残ってないから
ら、細かな字が見えんが・・。

IMG94r (5)
IMG94r (6)

時間は18時過ぎ。そろそろ夕飯時の頃合いで、周囲にお酒のあるお店は
賑わっているが・・・、夕飯にセルフうどんという選択肢は少ないのかな。

って事で『ぶっかけうどん・並(420円)』を注文して、トッピングは『とり天(120
円)』。
キンキンに冷やし絞められた麺は、プニプニな食感。比較的、ソフトな口当
たりで、柔らかな食感。この辺は、讃岐との違いを表現しているかな。
とり天は・・ちょっと残念、冷めてパサッとした感じが強かったな。
コスパを考えるとセルフうどん店としては、ちょっと価格帯は高目に感じてし
まう。

そういえば、うどん王でセルフなのは、北浜店となんばウォーク店だけなん
やね。

●店名:うどん王 なんばウォーク店
●住所:大阪市中央区難波2-2 虹のまち1-9
●営業時間:10:00-22:00
●定休日:?

【過去の釜たけうどん】
2009年01月21日・・大阪市中央区(なんば) うどん王 ナンバウォーク店

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

この日はプラプラと難波から心斎橋筋商店街を歩いた。
昔と比べて・・・もはや何が変わってないのか、あまり覚えておらず、ただ
ただ外国人観光客の多さに驚いてしまう。

とことこ歩いて、「あっ、はなまるは昔からあるね~。そういえば、オープン
した時に並んでみたか。」さらに歩いて、「"しんぼり"はここやったっけ?
こっちの店舗やっけ?」とか思いながら歩く。

IMG94p (1)

そうして、とことこ歩いて・・・あっ・・丸亀製麺・・・・。

この記事を作りながら、ちょっと調べてみたのですが・・・・、ここは何商店街?
戎橋から旧LOFT・現H&Mの長堀通は、心斎橋筋商店街
長堀通から北側は心斎橋筋北商店街というくくりの様だ。
で、心斎橋北商店街のマップを見ると、長堀通りから北に3本目の十字路、
順慶町通で北玄関口となっており、それより北側は載っていない。
・・・商店街は繋がってるし・・・。

IMG94p (2)

とりあえず、『ぶっかけうどん・大(390円)』に『野菜かき揚げ(130円)』。

おや!?と思うぐらいの結構な固コシ気味なバキッとした麺。
ふむ~・・これは店舗で製麺している分のブレなのか、偶々なのか、
製麺行程のマニュアルに地域性か何等かを考慮して差があるのかは、
解らんけれども・・・。
あと、ぶっかけダシも「こんなに辛かったっけ?」って感じた。

IMG94p (3)

で・・ここは一体・・・・googleマップで確認だっ!!
中央大通をgoogleマップのストリートビューで見ると・・・・。
そうか、ここは"せんば心斎橋筋商店街"になるんか。
アーケードは中央大通を超えた1ブロック先まであるけれど、"せんば心斎橋
筋商店街"のマップ的には本町通越えたぐらいまで"せんば心斎橋筋商店街"
なんやねぇ~。
・・・・難しいねぇ~。

●店名:讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺 北心斎橋店
●住所:大阪府大阪市中央区南船場3-8-14
●営業時間:11:00-22:00(LO21:30) 土日祝10:00-
●定休日:?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

ブログ、かなり稀にTwitter。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ