「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
ささ。大阪プチ帰省ツアーも、とりあえずラストとなりました。
最後に向かったのは、今年3末頃にオープンした"UN 大谷製麺処"へ。
こちらは、釜たけうどんのお弟子さんのお店、つまりは"じきはら"とは兄弟弟子の
関係となる。オープン時期が比較的近いというのもあって、大将同士ちょいちょい
連絡を取り合っているらしい。

実のところ大将と初めてお会いしたのは、新麺会の時。
しかしながら、それ以前はこのブログの訪問者リストに『大ちゃんのうどん屋を開業しよう
(現在は『大ちゃんのうどん屋を開業しよう→ついに開業したよブログ』になってます。)
という履歴が残っており、雰囲気的に「釜たけうどんのお弟子さんかな?」と思っていた
のですが、新麺会前に釜たけうどんにおじゃました時に、お店のショップカードを見せて
もらって、「あ~、きっとあのブログの人だ!」って思ったのを覚えている。
ブログの方には修行時の様子も記事になっておりますので、「これから!」という方は
ぜひ見られると参考になるかもしれません。

IMG63a (11)

お店に着いたのは、丁度12時を回ってお昼のピークで忙しい頃。
お店のレイアウトは、元喫茶店らしい雰囲気で、お客さんで一杯になっていました。
この辺は人も多い割りに、飲食店が少ない様にも思えるし。良い立地やなぁ~。

私はカウンター席に座ると・・正面には師匠"釜たけうどん"と八尾の"たからや"、
それと岡山の"じきはら"の丼とお店・大将の写真が飾られています。

とりあえず、最初は『ちく玉天ぶっかけ(750円)』からでしょうな。

IMG63a (12)

麺は釜たけと比べれば細く、一般的な太さという感じやけれど、あちらよりも
プリプリ感が出ている気がします。って比べてみても、前に釜たけで食べたのは
新麺会の時やから1月。そっからもう5ヶ月ぐらい経ってるかならぁ・・・。
でも、釜たけファミリーの中では今のところ比較的師匠のところに近いタイプ
じゃないかと思う。

IMG63a (13)

ダシは釜たけチックというか、ベースはそこにあるんやけど、いくらかアレンジが
加えられてる感じやな。"釜たけ"と"じきはら"の間という様な印象をうける。
天ぷらの見た目が

オープンして約2ヶ月。
まだまだブレ幅が大きかったり、大将自身が作りたいうどんに変化が出てきてるのかも
とか様々な要因があるとも思いますが、またしばらく時間を置いて行くと、変化があって
面白いだろうなぁと思います。

●店名:JUN 大谷製麺処
●住所:大阪市浪速区元町1-3-18
●営業時間:11:30-17:00(麺切れ終了)
●定休日:日

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでボソボソ言ってますんで、また見てやって下さい。
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

『第2回 関西讃岐うどん 西国33ヵ所巡礼』も残り期間があとわずかとなってきました!
達成に向けてラストスパートです!


得正・・・、やっぱ少なかったなぁ。
と思い、折角なので稲庭うどんの宗八へ行ってみたが、まだ営業時間内だと思って
いたのに、既に電気が消えシャッターが半分降りてる。(営業時間が変わったのかな?)
まぁ、閉まてるなら仕方ない。
宗八の前の道をさらに西に抜けた所にある"そば処 まる栄"へ。

IMG_7143.jpg

暗いなぁ・・・・。
ここは、私が大学生時代に住んでいた場所から、一番近いうどんの食べれる
お店でした(いや、なか卯かな?)。大阪に出てきて直ぐぐらいに1回来ただけで、
お店に入るのは久しぶり。

                   ↓クリックしたら拡大します↓
IMG_7144.jpgIMG_7145.jpg

さっきはカレーやったし、前に来た時はかけを食べたはずやから。
こっちは冷たくさっぱりと『ざるうどん・小(550円)』にしときましょか。

すると、注文後から麺が茹でられはじめました。
そうしてしばらくして出てきたのが↓。

IMG_7147.jpg

ほっそめ~ん!
素麺(1.3mm以下)程は細くないので、細うどん・冷麦(1.3mm~1.7mm)。
小さ目の蒸篭だが、蒸篭には結構沢山の麺。しかも、それが2段重ね!
一緒、「これ、大じゃないの?」と思ってしまう。

IMG_7148.jpg

早速、ちゅるちゅる~っと麺を食べてみると・・・・ん!!!
細麺と侮るなかれ。これがあーた、ビヨウニュ~っと結構強いコシ。
しっかりと歯を跳ね返す弾力と粘りを持った麺だ。美味いよ!
ダシも

やっぱり、これは"大"じゃないのか?ざる小を注文する大の大人に
気をきかせてサービスしてくれたのかな?
後になってちょっと探してみると、大だと蒸篭が3段重ねになるらしい。
つまり、小の2段はこれがまる栄のデフォルト。
バッチリ茹でたての食感良い麺が、たっぷり蒸篭2枚のボリュームで550円と
コスパ共に満足度は高い。

●店名:そば処 まる栄
●住所:大阪府大阪市浪速区日本橋西5-21-18
●営業時間:月~土11:00-20:00、日祝11:00-19:00
●定休日:水、第3木(水木連休)

←ポチッとよろしくお願い致します m(_ _)m

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

『第2回 関西讃岐うどん 西国33ヵ所巡礼』では、達成者パーティーが計画されています!
達成された方も達成間近の人も、リンク先をチェックしておいて下さいね!


5日のお話。

恵美須町駅から北といえば、直ぐにでんでんタウン。
(駅の北側改札から出たら既にでんでんタウン内ですが)
私が大学時代に住んでいたのは、でんでんタウン南端よりほんの少しだけ南。
初めて大阪に出てきたのが、1999年4月1日(たぶん)。
その日、家電を買いに「電気屋と言えば日本橋やろー!」って事で、恵美須町駅から
日本橋駅まで1駅地下鉄に乗って、日本橋からでんでんタウンへお買いもの。
ご存じだと思うが、日本橋からでんでんタウンまではちょっと離れている。
それを歩いて、でんでんタウンをブラ~っと南端まで歩いて冷蔵庫やらテレビやらを
買い、またしても日本橋駅まで戻り、地下鉄で恵美須町へ。
でんでんタウンの南端と言えば、既に恵美須町駅の真上にあたる。
それを、わざわざ地下鉄で1駅往復・・・・・。

翌日になって、家のから1分歩いた所で「あれ!?昨日、ここ(でんでんタウンの南端)
まで来たやん!」と気づいた訳。

IMG_7112.jpg
(写真は恵美須町駅の南端、3番出口から出て見上げた様子。)

そんな、現在のでんでんタウンの南端にあるのが、牛丼の吉野屋とカレーうどんの得正。
昔は違うお店だったが、私が恵美須町に住んでる間に吉野家がオープンし、得正は
引っ越した後だったと思う(たぶん)。

数多く支店のある得正ですが、私にとっては5軒目の得正です。

IMG_7131.jpg

時間的にも、丁度でんでんタウンで買い物を終えた人が、「ちょいと夕飯食って
帰ろうか?」という頃合いなのか、幾人ものお客さんが入っていました。
店内はカウンター席とテーブル席を合わせて計約20席程。

IMG_7132.jpg

私も席に座り、『チーズカレーうどん(780円)』を注文。
この時間、店員は大将1人で大変そう・・・。
そんな様子を眺めていると、うどんが運ばれてきました。

IMG_7133.jpg

カレーの香りで一気にお腹が空いてきました!
カレーとチーズを纏った、結構太めのモチモチ麺。

IMG_7139.jpg

カレーが飛ばない様に気をつけながら、ズズーズズーっと。
そんなに辛さは感じずに、むしろ甘味を感じる得正特有のとても滑らかで
マイルドなカレーです。そこにとろ~りチーズが加わり、香ばしさがUP。
そんなカレーと、モチモチ麺と相性が良いね。

ただ、ちょっと量が少な目・・・、もっと食べたいなぁという気分になります。

●店名:得正 日本橋恵比須店
●住所:大阪市浪速区日本橋 5-6-14
●営業時間:11:00-21:00
●定休日:なし

←FC2WEBブログランキングです。宜しくお願い致します m(_ _)m

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

『第2回 関西讃岐うどん 西国33ヵ所巡礼』達成された方は、是非ともリンク先へご一報ください!

随分日が戻りまして、ようやく12月3日に行った3軒目のお店です。

お昼に堺筋本町の壮ちゃんで食べて、夜は恵美須町の鴨錦へ。
鴨錦で軽く食べた私は、さらに恵美須町駅から今度は東側にある山笠へ。

駅からお店に向かう途中、うどん店"コウちゃん"とまだ新しそうな店名不明の
お店を通り越して、ちょっと行った所にあります。
コウちゃんと山笠は、私が恵美須町に住んでた時からあったと思うけど、
コウちゃんの2軒隣にできてる店名不明のうどん店は、知らなかった・・。

IMG_7120.jpg

お店の雰囲気よりも、↓のメニューが年期を感じさせてくれます。

                 ↓クリックすると拡大します↓
IMG_7121.jpgIMG_7122.jpg

屋号をと同じ名前の『山笠(700円)』がどんなのか気になるけれども、
やっぱりシンプルに冷たいうどんをって事で『ざるうどん(550円)』を注文。

IMG_7124.jpg
IMG_7128.jpg

なんだか身た目のっぺりとした感じの麺。
麺だけそのままズズズっと食べてみると、非常に優しくモッチリとした麺だ。
ん・・・・・どっかで食べたことある感じに近いぞ・・・・ん~っと・・・え~っと・・。
あぁ!そうだ。本町の麦清とか梅田以外のはがくれが近いかな。
それらのお店程は、麺の粘り強いコシは感じないが、口当たりもしっとり
していて、温で食べるともっとフンワリモッチリ感が引き立ちそう。

箸袋を見ると、山笠はこちらのお店と、黒門店があるらしい。
黒門店は、黒門市場の南の方やね。

恵美須町駅から東は山笠・コウちゃん、西は無鉄砲、南は鴨錦、
さぁて・・・次は北かな?

●店名:めん処 山笠 恵美須店
●住所:大阪市浪速区恵美須東1-12-11
●営業時間:11:00-20:00
●定休日:日祝

←応援よろしくお願い致します m(_ _)m

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

『第2回 関西讃岐うどん 西国33ヵ所巡礼』では達成者パーティーを開催予定です!
是非とも、達成された方はご参加頂き、皆で楽しく苦労話を語りあいましょう!


恵美須町駅から南へ堺筋を200m~300m程進んだ所にある、
鴨錦(かもきん) 恵美須店へ行ってみました。

IMG_7113.jpg

Meetsに書いてたけど、鴨錦が以前ブログに書いた谷四の「つけ鴨めん 鴨屋」
師匠にあたるんですね。
恐らく東天満や大阪駅前第3ビル等にある"鴨しん"も
なんらかの関係があるお店なんやろうなぁ・・。フランチャイズ?

(↑関係無いらしい。詳細はコメント参照)

メニューは簡単。つけ鴨のうどんorそばで、小(1玉)・並(2玉)・大(3玉)を選ぶ。
うどんは1玉220gという案内が店内に掲示されていました。
それに、肉ダブル等のオプションが存在する。たしか、おにぎりもあったはず。

私は、1玉では少ないので、『つけ鴨うどん並(680円)』と2玉注文する事に。
温か冷か聞かれなかったなぁーと思いつつ、うどんは注文してからほんの
1分程で運ばれてきました。

IMG_7115.jpg

やはり、麺の器がデカイ! それと、ダシを割る用の生姜湯。

               ↓クリックすると拡大しますよ↓
IMG_7116.jpgIMG_7117.jpg

うどんは、茹で湯に漬かる感じで釜揚げ風。麺の上には、茹で小松菜。
ダシの中には鴨肉と一緒にスライスされたレモンと1匹のだしじゃこ。

IMG_7118.jpg

ん~。相変わらずじゃこダシと鴨肉から出る味が香ばしいねぇ。
うどん版ダブルスープのつけ麺といった感じでしょうか。
麺については、やっぱり冷・・・なのかな・・??
でも、鴨屋・鴨しんとどちらも冷たいのを食べてたから、温かいつけ鴨うどんは
初めてやったけど、温かい方がダシの馴染みが良くて美味しいなぁ。

●店名:つけ鴨うどん 鴨錦 恵美須店
●住所:大阪市浪速区恵美須東2-9-8 フレンドリー浪速1階
●営業時間:11:00-21:00
●定休日:日祝

←ポチッとクリックしてやって下さい m(_ _)m

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ