FC2ブログ
「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
ようやく12月も末が迫り、あと数日で今年の仕事も終わり、2018年も
終わりという頃のお話。

こうも寒くては、温まりたくなりますな。
ってな訳で、この日はそんなに遅くない時間帯だったというのもあって、
梅田からテクテク歩いて肥後橋へ。讃州を覗いてみるも、やはり飛び
込みでは難しい気配・・・。やっぱり、どこかで予約入れてみるべきか
と思いながら、江戸堀へ路線変更

IMG95l (1)

まだ、夕飯時にも少し早い時間帯だったのもあり、まだ店内は空いて
いた。何を食べようか迷っていると、前にTKU ルクア大阪店に行った
時に、鶏天の無料券をもらい、財布の中に入っているのを思い出した。

うむ・・、鶏天の無料券があるなら、メニューで鶏天は避けよう。
ってな訳で、こないだルクアでカレーうどんを食べたので、今回は釜玉
にしてみよっかな。

『釜玉・中盛(690円)』。

IMG95l (2)

贅沢に玉子は2つ使用か。麺に絡められているのと、麺の上の卵黄と。
厨房で玉子を絡めて運ばれてくるタイプだと、状態によっては、玉子が固
まり過ぎる事もあり、少しばかりモソモソっとしてしまう事がある。
でも、これは、もしモソモソっとしても、新たな卵黄でさらにシットリ感が
プラスされる。

冷やで食べると、かなりガッシリな麺も、釜抜き・釜玉となると、程よくモチっ
としている。それでいて、内側には軽い芯の様なシッカリ感が存在しており、
しゃんとした噛み応えのある食感。

IMG95l (3)

やっぱり、冷たい麺のバッツンバッツンな麺とは印象が異なる。
前にカレーうどんを食べた時にも思ったけれど、私としては温でもしっかり
した噛み応えのある麺の方が好きなので、これは私好みに近いタイプ。
温で食べるなら、モッチモチのモフモフよりも、こういう感じが良い。

鶏天も1個ではあるが、結構ガッツリ。
最近、メッキリ食べる量も少ない私としては、これが2個になると食べれん事
はないだろうが結構キツイやろうな。3個になると、麺の量を普通にしておけ
ば良かったと思うかもしれんな。
そういう意味では、これぐらいで丁度いいって具合かも。

【過去の江戸堀】
2018年08月01日・・大阪市西区(肥後橋) うどん居酒屋 江戸堀 No.2
2018年04月22日・・大阪市西区(肥後橋) うどん居酒屋 江戸堀

●店名:うどん居酒屋 江戸堀
●住所:大阪市西区江戸堀 1-23-20
●営業時間:平日11:30-14:30(LO14:00) 18:00-22:30(LO22:00、麺終)
●定休日:日
●HP:http://gokurakuudon.com

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterもやっとります。お暇な方はmituki_udonにフォロー下され。
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

ようやく来れた、肥後橋にある木田というお店。
これまでに何度かトライしてはいるのだが、あまり時間が無かったり、
多くの人が並んでたりして断念したり・・・。

最初に来た時はお店の外に10人近く並んでおり、私も最後尾に並んだら
確認に来られた店員さんが「いまからですと、食べて頂けるのが✕✕時頃
になりますが・・」と。あまり時間に余裕の無かった私は泣く泣く撤退したの
だった。
それから何度かリトライしてみるも、待ち人有りで断念。

この日、多少、時間があったので待つ事にしたのだが、それでも約1時間
待ちとの事。
『とり天ぶっかけ(850円)』を注文して、待つこと随分・・・。

IMG95h (1)

推測すると・・、パッと思いつくところでは、太麺で茹でるのに時間がかかるか、
一度に作る量を抑えているか。
ここは先日閉店した"梅田はがくれ"のお弟子さんのお店なので太麺って事
はないと考えられる。となると、釜の中で麺が余裕をもって泳げるように、釜
の塩分濃度が上がり過ぎない様に一度に大量の麺を茹でない様にされてい
るのだろう。
その為、時間がかかるんかな。という自己解釈に至る。
さらに言えば、時間かかる=お客さんの回転は良くない訳で、売上に繋がるが、
それをも厭わないというのは、こだわり以外には考えられないだろう。

もちろん、ここは梅田はがくれのお弟子さんと言うのは把握していたので、や
っぱり「生じょうゆ」にすべきかとは悩んだんやけどね~。

IMG95h (2)

うどんが運ばれてくるまでの時間。空腹時にはなかなかの拷問の様にも思
えるが、期待もジワジワ高まってきます。
うどんが運ばれてくると、大将がダーッとぶっかけダシをかけてくれた。
生じょうゆうどんを注文してたら、梅田はがくれと同様のレクチャーをしてく
れるのだろう。

ズビッと食べて、麺は最後に食べたはがくれに近い、しなやか~な、ヌ~っ
とした超グミ系のコシ。
噛めば程良いコシある食感に、のど越しが優しくス~ッと落ちて行く様な感覚。
食べながら、「やっぱり生じょうゆにした方が、こののど越しが楽しめたかもし
れん・・」と少し後悔してしまう。

次回は・・・朝一来て、生じょうゆだな。

●店名:讃岐うどん 江戸堀 木田
●住所:大阪市西区江戸堀1-23-31
●営業時間:11:00-16:30(LO) 土11:00-14:30(LO)
●定休日:日祝

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

ブログ、かなり稀にTwitter。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

やっぱり、市内では駐車場・駐輪場が無いお店が多い為、必然的に
徒歩移動が多くなりますが、うどん屋の数自体も多いので、1つの駅
周辺にいくつか評価の高いお店があることも多く、ハシゴするにはそ
んなに苦労はしない。
ってな訳で、阿波座駅の少し北側の"うどん ごくう"というお店。

IMG95g (6)

メニューを見てみると、まず「おん!?」って目が止まるのが『まぜるうどん
(800円)』というやつ・・・。が、これが温かい麺なのか冷たい麺もできるのか
等も解らず、まずは素直に麺の解るのを食べるべきという思いもあって、
『ごぼう天ぶっかけ(660円)』を注文してみた。
なんだか、最近、ごぼう天ブーム来てます。

しばらく待って・・・・。

IMG95g (7)

あり??
炊きこみごはん??これはもしや・・『ランチセット(700円)』では??
・・・まっ、いっか。

そそり立つ様に立てられたごぼう天は、ゴマ入りの衣。
ごぼう天の右下の方にある黄色い丸いのは、さつま芋天。これが普通の
衣なので、ごぼう天は別の衣と使い分けているのか~。

んじゃまぁ、チュルっと麺を啜ると・・・・。

IMG95g (8)

めっちゃツルリンな麺肌。前記事"花鳥風月庵"とはタイプの違う、シルキー
なしっとり口当たり。
噛めばギュッと程よい具合の麺密度が感じられ、結構な弾力感。
あまりグミ系な麺質ではないけれど、いくらか伸縮性もあって、引っ張れば
跳ね返る様に、引っ張り返される様な感じがあります。

ごぼう天は、想像通り衣がカリッガリな楽しい食感。
炊きこみご飯も、ふんわりと美味しい。
・・・なんか久しぶりに米を食べる様な気がするぞ・・・。

●店名:うどん ごくう
●住所:大阪府大阪市西区江之子島1-6-2
●営業時間:11:00-14:00 17:00-20:30
●定休日:日、水は夜営業無し

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

ブログ、かなり稀にTwitter。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さて、とあるお休みの日。この日は、阿波座界隈を攻めてみようと、テク
テク歩いて行ってみた。
自転車で行かなかったのは、候補に挙げてたお店に駐輪場が無さそうと
だったし、そんなに遠くもなかったので歩いて行ってみた訳だ。

IMG95g (9)

って事でやってきたのは、地下鉄阿波座駅の南東側にある"花鳥風月庵"。
屋号に「うどんとお酒」って掲げられている様に、昼はうどんメインで、夜は
居酒屋兼締めにうどんの両刀なお店という感じか。

さて・・・時間はお昼時というのもあって、近隣でお仕事されている方も集ま
って来ている様に伺える頃。
とりあえず、定番?に『とり天ぶっかけうどん(780円)』を注文してみた。
プラス100円で定食にもできたが、次を考えて単品で。

IMG95g (10)
IMG95g (11)

デデンっと、大き目なとり天が3つ。もちろん揚げたてっ!
程良くジューシーで、ガッツリでありながらもしつこさ控えめな印象。

キンキンに冷やし絞められた麺は、ピンッと張った麺肌の口当たりこそ
やや鋭さがある様に感じられるが、噛めばグミ感のしっかりとしたムニョ
~ンっと伸びのあるのが、とっても印象的。
ぶっかけダシは鋭さがなく、あまり主張の強いタイプではないけど、じん
わり~っとした柔らかさがある。
どちらかと言えば、麺の印象がやや勝ってる様に思えるが、その分、
このグミ感しっかりな麺を堪能できるという気分になります。

●店名:うどんとお酒 花鳥風月庵
●住所:大阪府大阪市西区立売堀3-5-21
●営業時間:11:30-14:15(LO14:00) 17:30-22:30
●定休日:日・月曜が祝日の時

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでつぶやき中。mitukiで検索すればそれっぽいのが出てくるはず・・

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さてさて、この日は久しぶりのチャ~ンス!!
夕方に肥後橋に向かい、そのまま新しい"讃州"へ行ってみた。

がっ!!予約で一杯・・・。そりゃ、人気店やから予約しとかんと難しいか・・。
でも、予約してしまっても、その日のその時にならな、行けるかどうか解らん
から、予約入れてしまうんも怖いんよね・・・。また、空きを狙ってリトライだ。

しかしながら・・・この食べたい欲求を満たすには・・・・。この辺でまだ行けて
ないのは、"江戸堀 木田"。でも、夜は営業してないし・・・。
ってな訳で・・・って「てな訳で」って言うのも失礼ではあるが、そのまま
"うどん居酒屋 江戸堀"に流れてみた。

IMG94x (1)

この季節の極楽うどんグループと言えば、"ひやかけ"やってるやろうと
いう期待もある。
案の定、お店の前に"ひやかけ"の写真出とるやん。

お店に入り、メニューを見ますと~。ひやかけの天ぷらセットもあるやん。
セットは"竹天・鶏天・竹鶏天"の3種がある。

ってな訳でやっぱり・・『鶏天セット、ひやかけ・中盛(790円)』か。

麺は注文してから茹でられるので、プロジェクタのTVを見ながら待ちます。
甲子園で阪神戦の中継が映っていましたが・・どうやら、甲子園の方は雨
なのか?

IMG94x (2)

そして、暫く待って、うどんが運ばれてきました。

まず、"ひやかけ"のダシをゴクッと一口飲んでみると~・・・。
これが、結構なパンチがあります。旨味が通り過ぎた後に、クッとくるイリコ
のエグ味感っ!そのエグ味は、私には強いコクとして感じられます。
しかし、その分、イリコダシに馴染みない人によっては、生姜を加えた方が
食べやすいかと思うぐらいの強さだ。
そして、飲んだ後に鼻に抜けるダシの香ばしさ。
この風味がたまらんっ!

IMG94x (3)

麺は、流石のバッキーン!!!とした麺。やや太目な様な麺は、強い弾力。
強い弾力というよりも、ガッシリ感という風にも思えるが・・、でも、やっぱり
食感的にはグミ感という感覚の方がシックリくるんよね。
強くて強いグミ感・弾力感のある、剛麺という感じかなぁ。香川讃岐系の
剛麺とは違うタイプの剛麺なんよね。

ひやかけダシもパンチあるけど、麺はパンチを喰らう感じ。
・・・どっちもパンチを喰らっとるのは、私の方だ。

【過去の江戸堀】
2018年04月22日・・大阪市西区(肥後橋) うどん居酒屋 江戸堀

●店名:うどん居酒屋 江戸堀
●住所:大阪市西区江戸堀 1-23-20
●営業時間:平日11:30-14:30(LO14:00) 18:00-22:30(LO22:00、麺終)
●定休日:日
●HP:http://gokurakuudon.com

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterもやっとります。お暇な方はmituki_udonにフォロー下され。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ