「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
11月の某日、朝8時過ぎに岡山を出発し東へ向かう。
途中、SA等でのんびりし過ぎたせいもあってか、目的地に到着したのが
11:30過ぎで、11:35分ぐらいだったか。
11:30分に開店するお店が、既に駐車場一杯で、待合室も溢れ外でも数人
待っている様な状況だった・・・。

IMG80f (4)
↑人一杯で写真撮れなんだので、過去のやつ。

しまった・・遅くとも11:30前には着いておきたかったのだが・・。私の計算では
11:20頃には到着できる想定だったのになぁ。予定が狂って・・。
相変わらずの人気っぷりですなぁ~。待合室で他のお客さんの様子を観察して
みると、どうも県外から評判を聞いてやって来た雰囲気の若者グループがいたり、
その人気を不動のものにしている感じです。

しばらく待って、しばらく・・・。ハッ、待合室でうっかり寝てしまいそうになった!
そんなこんなでしばらくして席へと案内されました。

さぁて、今日は何を食べましょうか。
残念ながらこの日はさらボン父さんは不在。その為なのかメニューを絞って
温かい麺のメニューだけでの営業でした。
だもんで、『温玉とり天カレー(920円)』を注文です。

IMG87o (1)

うっはー。知ってたけど、大きめの器に並々だ~!!!
大ぶりな鶏天がガンガンっとカレーに突き刺さっております。

いざ、カレーの海から麺を探し出して・・・いただきます!!!
熱い!!!!
ふ~ふ~して食べるべきでした。

麺は温かいけれどもしっかりとした食感。しっかりとした食感と言っても当然、
冷たい麺よりは柔らかい。でもコシがちゃんとしているので、単純に柔らかい
プツプツと切れる様な麺ではなというのが素敵。

カレーは温玉が混ざるのもあって、そんなにガツンと刺激的というタイプではない。
単純に熱さによるものなのか辛さによるものなのかは謎ですが、食べている内に
ジワーっと熱くなって汗が流れてきます。

IMG87o (2)

ガッツリとした鶏天。めっちゃ食べ応えがあります。
ガブッとかじりつけば、中からジュワっと熱々の肉汁が溢れてきてやられます。
"やられる"のは3つの意味で。
1. 鶏のジューシーな旨味
2. 熱さ
3. ボリューム

で、名脇役なのが細切りネギ。
あんまりうどんに葱とか好きではないのだが、こうやってカレーに混ざりシャク
シャクっとした細かいアクセント感。こういうただの薬味という位置から、しっかり
とした具として認識させられます。

IMG87o (3)

最後に、ご飯を投入して残ったカレーも綺麗に頂きます。


ふ~~食べた~~。お腹一杯だ~~、もー今日は食べれん!!

【過去の真打(旧:更科)】
2011年02月03日・・大阪府門真市(門真南) 三ツ島 真打 No.7 (旧:更科)
2009年04月22日・・大阪府門真市(門真南) 三ツ島 更科 No.6
2008年03月10日・・大阪府門真市(門真南) 三ツ島 更科 No5
2008年02月04日・・大阪府門真市(門真南) 三ツ島 更科 No4
2008年12月07日・・大阪府門真市(門真南) 三ツ島 更科 No3

●店名:三ツ島 真打
●住所:大阪府門真市大字三ツ島770-1
●営業時間:11:30-14:30 17:30-21:00 (麺切れ終了 LO21:00)
●定休日:月

↓↓↓ビシッバシッとクリックよろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでつぶやき中。mitukiで検索すればそれっぽいのが出てくるはず・・
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

今日は1月23日。
今晩は関西うどん新麺会2011が開催されるので、久しぶりに関西讃岐を満喫
しようと朝から大阪へ向かいました。
大阪に戻るのは、第3回関西讃岐うどん巡礼達成者パーティー以来になるので、
軽く半年ぶりだ。

おおっ・・ここから見える景色も、こんなにごつかったっけ?
そして、てくてく歩いて最初の目的地へ向かいます。

IMG80f (3)

そういえば屋号が"更科"から"真打"に変わってから行くのは初めてなんよね。
やから私の中では未だに「更科」のまんまなんよね。
(新麺会でも、何回か更科って言っちゃったし。)
それに、年2~3回は大阪に戻ってるとしても、時間的な都合だったり、行動範囲の都合
だったり。何か用事のついでにというのはなかなか難しいところ。
中津界隈は新大阪から・新大阪への道中で立ち寄り易いんやけど、門真へは、そこへ行く
という予定でないとなかなか行きづらい。

IMG80f (4)

店内もパーテションを取っ払って、入り口入って直ぐのところに待合いの部屋が
出来ているにも関わらず、なんだか店内は広くなった様な印象です。

にしても、やっぱり凄い人気っぷりです。
開店前からお客さんがやってくるし、開店してから直ぐに満席。待合室で待ってる
お客さんも増えてゆきます。

さてさて、何を食べようか・・・。ここで2杯食べてしまうと、もうする事が
無くなってしまうぐらいお腹一杯になってしまうので、慎重に・・・
『ビッシバシ温玉とり天ぶっかけ(830円)』にしよう。

IMG80f (5)

大きめのとり天が、ドン・ドン・ドン!!っと3個。
このボリュームだけでも圧倒されてしまう。
なんかこうもボリューム感があると、温玉の存在感が小さく感じます。

とりあえず、まずはかつお節を食べて片付けて・・・。

IMG80f (6)

いただきます!!
バキッ!っと歯を押し返す様な凄まじい麺!!
岡山ではモッチリ系の麺が多いから、久しぶりにここまでビシー!!っとした麺を
食べた気がします。マジですげぇよ。麺の張り感、コシ感、弾力感、どれも半端ない。

キンキンに冷水で締められているのもあって、もっちり麺に慣れてしまってる私には、
やや固いという印象も少しはあったが、違和感ある様な茹で残しは無いし、そういう
固さでもない。本当に小麦の持ってる力を思いっきり引き出してきてるんやなぁと
いう感じがします。

なんか、久しぶりに目が覚めたと言うか、岡山のもっちり麺にすっかり慣れてしま
ってたんやなぁ~と痛感します。

やばい。1杯しか食べてないのに既にお腹一杯・・・。

うどんで830円というと、ちょっとお高いなぁという印象を持たれる方もいるかと
思うけど、この食前のボリューム感、食後の満足感からすると、高いって感じよりも
むしろ、これで830円ならまた行きたいと思うはずだ。

まさに真打。恐るべし真打。

【過去の真打(旧:更科)】
2009年04月22日・・大阪府門真市(門真南) 三ツ島 更科 No.6
2008年03月10日・・大阪府門真市(門真南) 三ツ島 更科 No5
2008年02月04日・・大阪府門真市(門真南) 三ツ島 更科 No4
2008年12月07日・・大阪府門真市(門真南) 三ツ島 更科 No3
2008年10月21日・・ワシが関西で一番美味いうどん屋やで~!呑み会
2008年10月21日・・大阪府門真市(門真南) 三ツ島 更科 No2・・和え麺(780円)

●店名:三ツ島 真打
●住所:大阪府門真市大字三ツ島770-1
●営業時間:11:30-14:30 17:30-21:00 (麺切れ終了 LO21:00)
●定休日:月

↓↓↓ビシッバシッとクリックよろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでつぶやき中。mitukiで検索すればそれっぽいのが出てくるはず・・

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さーて、一晩開けて(4月11日)向かうは門真南。
門真南から目的地更科までは日差しを遮る物もあまりなく、
まだ午前中なのに日差しがなかなか強いな。
今日も暑くなりそうですな・・・・。汗っかきな私には厳しい季節。

IMG_8772.jpg
(↑写真は過去の物です。)

おー。メニューが替わりましたな。

                     ↓クリックしたら拡大します↓
IMG_9198.jpgIMG_9199.jpg

「剛麺できます」から"ビシッバシッ"ってのを剛麺メニューを
正式メニューに取り入れる辺りが大将らしいね。
季節限定の『熟成豚バラ肉の温玉つけ麺』ってのも美味しそうだ。
いやー・・・迷うな。シンプルにビシッバシッの麺そのままも楽しみたいし・・・。
カレーも食べたいし。とり天も。う~ん、迷う!

迷ってる内に店員さんが注文を取りにきたので、ついつい

「『温玉とり天カレー(900円)』の“ひやあつ”と・・・、
『ビシッバシッ生醤油(570円)』で。」

注文した少し後で、ハッと気付いた。
あっ、熟成豚のつけ麺にすんの忘れてた!
すると大将が厨房から顔を出して、「つけ麺いかないんでっか?」。
いこうと思ってたけど、つい忘れとりました。
注文してから準備はスタートしてるやろうから、注文を今更替えるのも
悪い気がするし・・・。

で、まず運ばれてきたのは、『ビシッバシッ生醤油』のちく天トッピング。

IMG_9203.jpg

くわ~。小麦の風味・甘味・旨味がしっかりしてます。
麺そのものが美味い。醤油無くても食べれてしまう。

IMG_9205.jpg

今度は釜抜きで食べてみたいな。たまらんじゃろうなー。
山原商店で釜抜きを食べた時の様な香りを、また体験できるかもしれんな。
でも、きっと次に来た時も、冷たい麺に走っちゃうんだろうな。

で、続いて『温玉とり天カレー・ひやあつ(900円)』が運ばれてきました。
うは~、ボリューム満点やな。

IMG_9211.jpg
IMG_9215.jpg

サクッとジューシーな鶏天と、ジワッと熱く辛いカレー。
"ひやあつ"とはいえ、温もった麺でもしっかりしていて美味いなぁ。
カレーはやや辛く感じるけど、温玉が幾分味をマイルドにしてくれます。

普段なら「3杯はイケる!」
って思う所なんやけど、どうしても更科では2杯が限界だ・・・。

●店名:三ツ島 更科
●住所:門真市大字三ツ島770-1
●営業時間:11:30-15:00 17:30-21:30 (麺切れ終了 LO21:00)
●定休日:月

【過去の更科】
2008年03月10日・・大阪府門真市(門真南) 三ツ島 更科 No5
2008年02月04日・・大阪府門真市(門真南) 三ツ島 更科 No4
2008年12月07日・・大阪府門真市(門真南) 三ツ島 更科 No3
2008年10月21日・・ワシが関西で一番美味いうどん屋やで~!呑み会
2008年10月21日・・大阪府門真市(門真南) 三ツ島 更科 No2・・和え麺(780円)
2008年08月02日・・更科と志のんと自作・・穴子天のひやかけ(750円)
2008年07月23日・・【西国33】6/33 三ツ島更科で決定!・・野菜天山かけぶっかけ(880円)
2008年03月01日・・大阪府門真市 三ツ島 更科・・小海老天雪見あんかけうどん
2007年10月07日・・極さぬ巡礼・後編(10月7日)-満願成就
他は、横の検索から探してみて下さい。

↓↓↓ビシッバシッとクリックよろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

前に来た1月末の時も雨降ってたっけ?
巡礼達成者パーティーの時も雨やったし。やっぱり、私は雨男だ。

IMG_8772.jpg

お店に入ると、某お弟子さんの「アレ食べてもらいましょ!」「温と冷、2種類食べて
みて下さい!」って薦め、自動的に2種類食べる事になりました。
何が出てくるんだろう?ってか"アレ"って何だ?と思いつつも、厳しい師匠に鍛えられ、
顔に自信が満ちてきているのがはっきり解ります。
この先が本当に楽しみです。

いやいや別に"アレ"が何でもええんやけど、先に言っておかねばいかん事が。
「あっ、いや・・・、今、胃がやられてるんで、少な目にして下さい。」

って事で、1つめは温かいうどん『(勝手に仮題:あーた、ほんまにできたスペシャル)』。

IMG_8773.jpg

ここで写真を出してしまうと面白味がなくなるので、例の日までモザイクです。
すいません。
言えるのは「こんなの見たことねぇ!」ってインパクトがあるって事と、
素直に「良い味だ~。」って事。
麺も温なのにプリプリもっちりのしっかりしたコシがあって抜群の茹で加減。

続いて運ばれてきたのは冷たいうどん。『(勝手に仮題:魔法の生醤油)』。
(なんか、TVのタイアップメニューみたいやなぁ)

IMG_8781.jpg

「?」
って思ったのは、偶然なのかもしれない。
運ばれてきた瞬間に感じたのは、いつもの更科の麺の色じゃない?って事。
本来の更科の麺はもっと透明感があり、光の具合によっては、ほんの少しだけ
青身がかった様な色合いに見えるのだが、これはクリーム色っぽいのが強い気がした。
(窓から入る光の具合や、カメラのホワイトバランスの影響もあるんやけど・・・
こっちの一番下の写真と見比べてみて下さい。撮った時間帯は、
ほぼ同じぐらいで、外の明るさは今回の方が若干明るいです。・・・・微妙かな?)

IMG_8786.jpg

とりあえず、一口。・・・・!凄ぇ!ハンパネェ!!!
普段の更科のうどんを遙かに越える、剛麺を越えた超剛麺!
もちろん剛麺と言っても"固い"故の剛麺タイプというのではない。
"強烈なコシ"の一言につきる。びっくりする位の力強い伸縮性に、麺をどの方向から
噛んでも驚くぐらい強いコシが歯に襲いかかってきます。
麺そのものの味は、昼間に食べたのと似てる気がした。

すると、大将がニコニコしながら「どうでっか?」と奥から顔を覗かせます。
私「凄いです!でも、全然違いますよね?」
大将「でしょ(笑)。これ、初めて魔法の粉使ってみたんよ。」
なるほど!
さらに大将が言うには「今回は適当にやってみたんで、調整すれば、
もっとグーーーッといきまっせ。」

魔法の粉と小麦粉の魔術師の腕が合わされば、こんなになっちゃうんか・・・。
どちらも恐るべし・・・。

別に、私自身は魔法の粉を使う事を悪い事やとは思っておりません。
むしろ、うどん屋の希望や製粉会社の努力による成果の一品やと思います。
それによって、食べる側にも恩恵も受ける部分がある訳ですし。

でも・・・、やっぱりこれは更科の麺とは違うなぁ・・・。

※魔法の粉は、更科では通常使用しておりません。
 ↑のは試しに作ってみた麺で、通常に提供はされません。


●店名:三ツ島 更科
●住所:門真市大字三ツ島770-1
●営業時間:11:30-15:00 17:30-21:30 (麺切れ終了 LO21:00)
●定休日:月

【過去の更科】
2008年02月04日・・大阪府門真市(門真南) 三ツ島 更科 No4
2008年12月07日・・大阪府門真市(門真南) 三ツ島 更科 No3
2008年10月21日・・ワシが関西で一番美味いうどん屋やで~!呑み会
2008年10月21日・・大阪府門真市(門真南) 三ツ島 更科 No2・・和え麺(780円)
2008年08月02日・・更科と志のんと自作・・穴子天のひやかけ(750円)
2008年07月23日・・【西国33】6/33 三ツ島更科で決定!・・野菜天山かけぶっかけ(880円)
2008年03月01日・・大阪府門真市 三ツ島 更科・・小海老天雪見あんかけうどん
2007年10月07日・・極さぬ巡礼・後編(10月7日)-満願成就
他は、横の検索から探してみて下さい。

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

1月30日(金曜日)の事。今日は仕事はお休み。
って事で、夜の営業に合わせて門真市三ツ島の更科へ行ってきました。
実は、今日行くのは既に10日程・新麺会より前から決めていた事。
それも、前々からさらボン父さんが「作ってみる」と仰っていた物を頂きに。

IMG_8024.jpg

お店に入ると大将が「ちょっと待っててなー。」と仰られるまま待ちます。
そうして、しばらくして運ばれてきたのがこちら。

IMG_8027.jpg

普通~のかけうどんじゃん!?

そー思われるのも無理はありません。
なぜなら、普通のかけうどんだからです。

                   ↓クリックすると拡大するよ↓
IMG_8029.jpgIMG_8037.jpg

しかしながら、このかけうどんは熱くはありません。温い(ぬるい)んです。
つまり、バシッと冷水で締めた剛麺に温かいかけダシをかけた"ひやあつ"。
更科でも温物のうどんで"ひやあつ"対応は可能ですが、冷たい麺にきっちり
丼もダシも熱々にして提供されるスタイル。
でも、今回のは丼もダシも熱々にはせずに、冷たい麺と温かいダシが合わさって
丁度良い具合の温さ(ぬるさ)になる様にした一杯なのです。
しかも聞くと、わざわざこの一杯の為にこれ用のダシを作ってくれたらしい・・。
わざわざ、手間のかかる事を・・・・。本当にありがとうございました。

IMG_8032.jpg

ズバー!ズバー!ズゴーー!(←麺吸引中)

ええなぁ~!これ、ええなぁ~!温さ(ぬるさ)も丁度良い具合!!!
温かいダシによって更科の剛麺が、少し柔らかくなるが熱々麺よりもコシは
しっかり残ります。モッチリ感が増し、プリプリとした麺が堪りません!
冷たい麺により、ダシも若干冷やされるのでゴクゴク飲み味わえる。
猫舌の方も熱さを気にせず豪快に食べれるのが"ひやあつ"の良いところ。

天ぷらも、ゲソ天・ちくわ天・半熟玉子天のゴールデントリオ。
揚げたてサクサク・バリバリで美味いんじゃー!

うどんも天ぷらもウマウマな一品は、アッと言う間に↓こんなもんじゃ。

IMG_8041.jpg


さてさて、とりあえず1杯食べたところで、今日は「ハシゴはしない。腹一杯食べる!」と
いうのを心に決めていたので、追加で↓を追加注文。

IMG_8025.jpg

注意:このメニューは、2009年2月1日までの限定メニューです。
   更科大将(さらボン父さん)のブログで、特別メニュー等の告知をしている事が
   ありますので、是非、チェックしてみて下さい。

更科の名物メニューと言えば『つるたま』でしょう!
しかしながら、実は私『つるたま』を食べた事が無いんです。
もっと言えば、更科のカレー系も食べた事がありません。

まぁ、ちょっと『つるたま』の変化形ではありますが、初"つるたま"です。

IMG_8044.jpg

たっぷりのカレーの中は、とろろと卵黄。炒め玉葱に葱と天かす!
麺は、やっぱりバキバキの剛麺!!

                   ↓クリックして。拡大するから。↓
IMG_8046.jpgIMG_8047.jpg

麺、凄ぇなぁ!!
ビシッと鋭くエッジ立った麺は、瑞々しくありながらも超剛麺!
前に食べた『「讃一」好きのアナタ!そして(以下略)』よりも、さらにバキバキ!
こういう麺だからこそ、麺だけ食べると小麦の風味を強く感じる事が出来ます。

IMG_8051.jpg

そんな麺を、サッとカレーに潜らせ、ずずずー!っと。
おお!? 想像以上に、カレーがスパイシー!
でも、スパイシーでありつつも豚肉の旨味がカレーに溶け出しており、ダシと玉葱の
甘味により、あまり辛すぎない印象を受ける。
さらに、トロロと卵黄を混ぜる事により、とても柔らかい口当たりになっている。
食べながら「何でこんなメニューを作ったのだろう?」と思い、後で大将に聞いてみると、
「最初は子供向けのメニューとして作った。でも、大人も食べる様になって・・」との事。
確かに。このトロロ+卵黄の入ったカレーなら、子供でも食べやすいと思うし見た目も面白い。

恐らく、人によっては「冷たい麺で、カレーが冷める。」というのが気になる方も
いらっしゃるかもしれない。冷たい麺で提供される以上、それは宿命。
バシッとした麺を取るか(つけ麺)・熱々のカレーを取るか(普通のつるたま)。
その選択肢が広がっただけでも、客の立場としては嬉しいものです。
このメニューであれば、夏にも丁度良いメニューでしょうから、暑くなってきたら、
再販売して欲しいものです!

●店名:三ツ島 更科
●住所:門真市大字三ツ島770-1
●営業時間:11:30-15:00 17:30-21:30 (麺切れ終了 LO21:00)
●定休日:月

【過去の更科】
2008年12月07日・・大阪府門真市(門真南) 三ツ島 更科 No3
2008年10月21日・・ワシが関西で一番美味いうどん屋やで~!呑み会
2008年10月21日・・大阪府門真市(門真南) 三ツ島 更科 No2・・和え麺(780円)
2008年08月02日・・更科と志のんと自作・・穴子天のひやかけ(750円)
2008年07月23日・・【西国33】6/33 三ツ島更科で決定!・・野菜天山かけぶっかけ(880円)
2008年03月01日・・大阪府門真市 三ツ島 更科・・小海老天雪見あんかけうどん
2007年10月07日・・極さぬ巡礼・後編(10月7日)-満願成就
2007年07月07日・・七夕バドミントン・・活〆穴子天と鶏天のひやしかけ

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ