「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
2月の頭ぐらいだったか。知人から「後半にちょっと山口まで手伝いに来て?」
と依頼があった。当初はそんなに乗り気ではなかったのだが、次の一言が
私の気分を大きく変えた。
「待ち合わせは新井口でいい?そこまで来て、迎えに行くから。」続けて
「帰りは広島駅まで・・・」ときたもんだから、慌てて「新井口でいいよ。」と返す。
そんなこんなで2月後半になって、手伝いに行く日。朝8時頃に新井口へ到着し、
車で山口方面に向かう。

新井口から車で出発してから直ぐ2号線沿いの広電井口電停前にあるのが、
広島でお気に入りのうどん屋さん香房の前を通り過ぎる。

が・・・あれ・・・?お店の前に、何にも無い!?
えっ!?嘘!?閉店したとかって話は聞いたことがないし・・・?あれ?
何で店の前に何にもないんだ!?次の瞬間、様々な情報網を駆使して調べる。
でも、どこにも閉店とかそういった情報は無いし・・・。
夜の間は、全部店内に引っ込めてるだけなのかな?

急いで山口で用事を片付けて、夕方17時過ぎに新井口へ戻ってきた。

IMG88j (7)

お店の前に近づくとちゃんと「準備中」等の看板が出てて、内心超ホッとした。
(↑は夕方戻ってきた時に撮った写真)
朝は「讃岐うどん」の幕や「準備中」等の立て板・椅子等、たしか傘立てなんか
も出て無くって、パッと見にはお店が無くなったのか!?と思ってしまった。

午後営業始まって直ぐに突入です。

IMG88j (8)IMG88j (9)
IMG88j (10)

奥側のカウンター席に座り、ほぼ迷わずに『かしわ天ざる5個・中盛(680円)』を
注文です。もちろんこれから麺が茹でられるので、おでんの誘惑と戦いながら
待ちます。

いや~、お店の外で開店を待ってる時には、過去かしわ天ざるしか食べてない
ので、今日は別のを食べようかなぁと思ってみたのですが、やっぱり以前
食べた
、ざるの漬けダシの香ばしさをまた楽しみたくって・・・。

そうこうしてる内に、麺が茹で上がり運ばれてきました。

IMG88j (11)

照明の影響も加わって黄色味がかった麺は、手切りというのもあってやや太さ
は不揃い。しかしながら、シュッとエッジ立ってて見るからに麺の活き活きと
した感じが解ります。

まずは、ダシに漬けず麺をそのままズズッ!と食べてみると~。
これがも~、ビシッ!ムギュッ!っと、しっかりとしたコシ感がバリバリです。
固さではない、ちゃんとしたコシ。ほど良い麺肌の張りに、噛めばグッとくる
弾力ある抵抗感。やっぱ、良いね~!美味いね~!
過去のブログ記事にも書いたが、以前凡蔵時の麺とも違うし過去の池上製麺所
の麺とも違う。そういったバックボーンの印象とは違って、これはこれ。
香房の麺として存在感があります。

IMG88j (12)

しかしながら、不満とかそういうのではないが今回はつけダシがあれ?と思った。
確かにフワ~っとイリコの香ばしさ・旨味は出てはいるんやけど、以前食べた時の
方が、なんつーかこう・・イリコの旨味、ドーン!!!って強く主張してくる感じが
したという気がするのですが・・・。今日のはやや控えめな印象。
時期とかそういった具合もあるのかな?

んで、かしわ天。
ジューシーかパサパサかと言えば、ややパサッとした方に寄っているのは以前と
変わらないのですが・・・なんか今日のは衣もパサッとしてた様な・・・。
揚げ立て熱々なのは一緒ですが、あまり衣にサクッとした感じが無くって・・。

粗探しって訳でもないのですが、麺が良かっただけに、そっちが結構気になって
しまいました。うむ~・・難しいなぁ。
しかしながら、総合的にうどんが良い・美味いという点は間違いない。

IMG88j (13)


【過去の香房(元凡蔵)】
2012年01月28日・・広島市西区(井口) 讃岐うどんと地鶏丼の店 香房 No.2
2010年12月27日・・広島市西区(井口) 讃岐うどんと地鶏丼の店 香房
2009年03月13日・・広島市西区(井口) 讃岐うどん 凡蔵 No.2
2009年01月15日・・広島市西区(井口) 讃岐うどん 凡蔵・・ちく天しょうゆ(650円)

●店名:讃岐うどんと地鶏丼の店 香房 (旧 凡蔵 広島本店)
●住所:広島県広島市西区井口明神2-1-19
●営業時間:11:15-14:30(LO14:15) 17:45-21:00(LO20:45) 麺切れ終了
●定休日:不定休
●駐車場:6~9台分ぐらい
http://www.kaboh.jp/index.html

↓↓↓いつも応援ありがとうございますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterもお暇なら見てやってください。
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

井口の香房で1杯食べた後。
もう1軒行こうかどうか少し迷いながら、新井口・商工センター入り口へ向けて来た
道を引き返します。
う~ん・・・折角やし、時間もあるし。もう1軒寄っとくか。

IMG84r (8)

ってな訳で、この辺りで事前に何軒か調べておいたお店に向かうことにします。
この辺だと、アルパーク内に讃岐屋等があったりするのですが、讃岐屋は別の店舗
へは何度も行った事あるので、今回は別のお店にすることに。

アルパーク東棟を越えた所にある郵便局を東に入ったところ(東棟の裏手側)にある
うどん屋さんに向かった。

IMG84r (9)

んあっ・・?

IMG84r (10)

うわ~ん・・・・・。


なんてこった・・・。「うわ~ん」と凹んでみても状況が変わる訳じゃないので、とりあ
えず潔く諦めて代案を探してみる。
と言っても探すまでもなく、次候補は数軒隣に見つけちゃったんやけどね。

IMG84r (11)

うどんじゃないけど、これはこれでアリでしょう。
っていうか、以前知人から「横川・大芝の方にある四川麻辣商人ってところの汁なし
担担麺はイケるよ。」って聞いていたからだ。でも、ここは横川・大芝じゃないけどね。
あっ・・・そういえば、商工センター・アルパーク界隈で、そばの麺が細めで美味しい
お好み焼きがあるっていう話も聞いた事あるぞ。
まっ、お好み焼の方ほお店の名前は失念中なので、四川麻辣商人に入る事にした。

入り口前の券売機で『麻辣担担麺・並(550円)』の食券を購入~。

IMG84r (12)

テーブル・カウンターの上にある花山椒を小さじに軽目で1杯ふりかけて~。
グリグリ~!!っと麺とタレを満遍なく絡める様に混ぜ混ぜ!!!
すると、麺が・・というか全体的にソース焼そばちっくな色になってゆきます。
しっかり混ざったのだけを見ると、あんまり美味しそうには見えなかったりしちゃう
のがちょっと難点。

IMG84r (13)
↑これは混ぜる前のアップ。色が変・・・。

では、いただきます!!
おおお!!辛っ!!!塩気の味よりもビリビリっとくる刺激!!
でも、嫌な辛味じゃないのが良いところであり、不思議なところ。
それが時々「食べたいなぁ~」と思えるところであり、病みつきになってしまいます。
ただやはり、刺激が強く塩気の味をあまり感じないので、少し醤油とか足した方が
食べ安いかも。刺激を和らげるなら『とろ玉』(たぶん、温泉たまご)をトッピングしても
いいかな。

しかしながら、ちょっと私が失敗したのは食べる前に花山椒をかけてしまったところ。
この刺激が元々のベースの味なのか、花山椒の影響なのかがわかんないじゃないか・・・。

●店名:汁なし担担麺 四川麻辣商人 商工センター入口
●住所:広島県広島市西区草津新町2-29-34 オオトキグルメ街
●営業時間:11:00-15:00 18:00-23:00
●定休日:無?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでも少し呟いています。mituki_udonで探してみて下さいな。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

1月某日、岡山駅からフラリ出発。

IMG84r.jpg
IMG84r (1)

新幹線降りて在来線で数分。

IMG84r (2)

早稲田の学校。なんつって。

IMG84r (3)

駅からしばし歩いて到着した先は、もちろんうどん屋さん。

IMG84r (4)

広電井口の直ぐ目の前。JR新井口駅・広電商工センター入り口から歩いて約9分。
現時点で私にとって広島の中でトップに位置にランキングされている、香房。
広島には月1ぐらいのペースで来るのだが、普段はなかなか自由に羽を伸ばせる時間
はなく、今日は久々に夕方ぐらいまで時間が空けられたので、これはチャンスと
ばかりに井口まで行ってみた訳だ。

以前のここは凡蔵という屋号でした。
それは、先代大将が丸亀市の「凡蔵」出身であったため。
そして、2009年6月に高松市の「池上製麺所」で修行された2代目大将がメインとなる
際に「讃岐うどんと地鶏丼の店 香房」としてリニューアルしたという流れ。

お店に入ったのは、11時半ちょっと前。先客は1名という状況。
屋号の前に「地鶏」と文字が入っているというのもあって、地鶏も売りの一つ。
って事で、前回と同じく『かしわ天ざる 5個・中盛(650円)』を注文です。

麺が茹で上がるまで、メニューを眺めていて気付いたのだが・・・。
ここでは"釜揚げ"はなくって、"湯だめ"なんやね。
お勧めメニューの小さなポップを見ると、「釜揚げもいいけど、僕はやっぱり湯だめ派
です。 店長」と言葉が添えられていた。
それもあってか、この日後から入ってきたお客さんの注文を聞いていると、『かしわ天
湯だめ』を注文される方が多かった。まぁ、寒かったのもあるんやろうけど。
お店側からしても、釜揚げ・釜玉がない分、釜抜きせずにとりあえず水で締めちゃって
も良いというメリットはありますわな。

そんなこんなで、麺が茹で上がり天ぷらもあがって運ばれてきました。

IMG84r (6)

まずは麺をそのままチュルリといただきます。
あまりモチモチっとした感じはなく、弾力感のしっかりした麺。
麺を引っ張ってみると、あまり伸びるタイプではなく、グググっと力強く反発する様に
軽く伸び、放すとビヨンっと跳ねる様に戻る抵抗感があります。
そしてほのかに感じる麺の味。良いね!!美味い。美味いっす。

以前、凡蔵の時に『ちく天しょうゆ』を食べた際には、ガッシガシ!バッキバキ!の
固いタイプの麺でしたが、香房になってからこれが2回目の訪問ですが、そういった
固いという印象はありません。
ある意味、こっちの方が万人受けの良い麺だろうとも思います。

IMG84r (7)

このつけダシ好きやわ~。ヤンワリとしたイリコ系のつけダシ。

そして、うどんと一緒にウリになっている、かしわ天。
揚げたてアツアツでカラッとした衣なのはもちろんなのですが、かしわ肉のパサパサ
っとした感じは少なく、しっかりと鶏の味があって美味しい。
モモ肉程ではないが、軽くジューシーさもあってとても食べやすい。

麺もダシもかしわ天もGood
岡山にも欲しい1軒です。

【過去の香房(元凡蔵)】
2010年12月27日・・広島市西区(井口) 讃岐うどんと地鶏丼の店 香房
2009年03月13日・・広島市西区(井口) 讃岐うどん 凡蔵 No.2
2009年01月15日・・広島市西区(井口) 讃岐うどん 凡蔵・・ちく天しょうゆ(650円)

●店名:讃岐うどんと地鶏丼の店 香房 (旧 凡蔵 広島本店)
●住所:広島県広島市西区井口明神2-1-19
●営業時間:11:15-14:30 17:45-21:00
●定休日:不定休
●駐車場:6~9台分ぐらい

↓↓↓いつも応援ありがとうございますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterもお暇なら見てやってください。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

広島の凡蔵が、香房と屋号を変えたのが2009年6月のこと。
その事は、屋号が変わって直ぐには知っていたのですが、こっちの方まで
なかなか来る機会が作れませんでした。

IMG76 (5)

どうやら、屋号を変えたのは2代目大将が表に立つ様になったからの様だ。
丸亀の凡蔵で修行した先代と、池上製麺所で修行した2代目がタッグを組んだ
お店の様だ。店内の壁には"緑あひる"の袋が飾られている。って事は、凡蔵の時
より粉からして変えたって事か。凡蔵ファミリーから脱退か・・・。

とりあえず、かしわ天を食べたいので、かしわ天ざるを注文するのは確定。
でもって、かしわ天が3個と5個のがある。3個と5個で数十円しか変わらない
のなら5個だな。
って事で、『かしわ天ざる・5個(650円)』を注文です。

店員さんは何も言わなかったけれど、なんとなく「これから麺茹でてくれる
んだろうなぁ」という雰囲気を感じる。
そして、しばらくしてうどんが運ばれてきました。

IMG76 (6)

ではでは、いただきま~す。

相変わらず、しっかりした麺ですなぁ~。
しかしながら、見た目からして、しなやさ・しっとり感は格段に増している様に
伺える。でもって食べた感じは、凡蔵の時の剛麺とはうって変わり力強いコシ感
に、グググッと引っ張り返してくる弾力性。良いね!美味いね!
今日は、睦月と言い、香房と言いアタリ引きまくりな感じで幸せ。

でもまぁ。なんというか、凡蔵の時と比べると"進化した"とか"良くなった・悪く
なった"とかそういう次元ではなくて、作り手が変わったぶん全く違う麺という
印象。むしろ、違うお店に来たという感じかな。

とは言え、池上製麺所で修行した池上製麺所の麺というのとも全然違う感じ。

IMG76 (7)

つけダシはイリコが効いてて、ほのかな甘味と香ばしさがある。
どちらかと言えば、やんわりとしたタイプで、トゲトゲしさやキリッとした
鋭さはない。スタンダードなつけダシが好きな人には、違和感があるかも
しれないが、イリコダシがいける口の人には、この甘味と香ばしさはたまん
ないでしょう。

かしわ天も、脂っぽ過ぎず・パサパサし過ぎずな感じでウマウマです。
程よく下味が付けられているので、そのままでも十分美味しいのですが、
イリコの効いたつけダシに、漬けて食べても良い。

【過去の元凡蔵】
2009年01月15日・・広島市西区(井口) 讃岐うどん 凡蔵・・ちく天しょうゆ(650円)
2009年03月13日・・広島市西区(井口) 讃岐うどん 凡蔵 No.2

●店名:本場さぬき手打うどん 凡蔵 広島本店
●住所:広島県広島市西区井口明神2-1-19
●営業時間:11:15-14:30(土日祝は~14:45)、17:45-20:45
●定休日:不定休
●駐車場:6~9台分ぐらい

↓↓↓いつも応援ありがとうございますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterもお暇なら見てやってください。
広56

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

先の"飛脚"からとことこ歩いて、到着したのは"一力庵"というお店。
大きな道路から、ちょっと奥に入った住宅街っぽい所にありました。

IMG_9238.jpg

ネットで下調べをした段階では、「カレーうどんが美味しい」との情報を
得ていたのだが、結構歩いたぶん暑いから、これでカレーっちゅーんも
ちょっとした地獄風味。

IMG_9231.jpg

でも・・。この機会を逃せば、もう二度とないかもしんない。
暑さに耐える覚悟をしつつ、『カレーうどん(600円)』を注文します。

しばらくして運ばれててきた熱々のカレーうどん。
これだけで、汗だるまになれそうです。

IMG_9233.jpg

まず、カレーダシを飲んでみると、スパイシーな中に、ほのかに甘みのあります。
そして、トンカツみたいなのが2切れに、カレーダシの中で白っぽい具か、
揚げじゃなくて鶏肉。
普通のカレーうどんという中では、かつて無かったぐらい肉々しくガッツリ
ボリュームのカレーうどんです。

そして、カレーダシの中から、麺を発掘してみると・・・。おぉぉぉぅ・・・。

IMG_9236.jpg

さぞ茹で時間が短そうな、平たくビラビラっとした麺のコシは面白いぐらい無い。
いつも通り、麺を引き上げて食べようと麺を持ち上げると麺が切れる。
平たい麺な分、麺とカレーダシの絡みは抜群だが、麺の存在感が超薄い分、
カレー汁を食べてる様な感じ。

あ~。お腹一杯になった~。

●店名:一力庵
●住所:広島県広島市西区庚午中3-6-26
●営業時間:11:40-19:00
●定休日:火

↓↓↓こちらもご覧下さいなm(_ _)m↓↓↓
 
44

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ