「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
朝一、名麺堂 北島店で朝食を食べた後。
いつの間にやら、時間はお昼を回ってしまいました。

って事で、今度は鳴門市のうどん乃 八笑へ到着~。
着実に「UDON HI スタンプラリー」のスタンプを増やしてゆきます。

IMG81s (12)

↑のオレンジ立て看板の左側辺りのスペースが製麺スペースになっており、
女性店主が中で作業をしておられました。
こちらも名麺堂で学ばれた方のお店なので、恐らく"ひやひや"もあるだろうとの
予想の上、店内に入ります。

入って右側んところでスタンプラリー4杯目の『ひやひや(290円)』を注文。
トッピングには『まいたけ天(90円)』をチョイス。

IMG81s (13)

おや。。
見た感じ、名麺堂の様なビシー!!バキー!!っとした感じの麺じゃないねぇ。
食べた感じも、見た感じの通り、しなやかで柔らかいコシ感。程よい伸縮性に
モッチリ感。そこまで麺密度が高い訳でもないので、名麺堂と比べるとコンセ
プトも異なればそもそもの元が違ううどんという印象。
(帰ってお店のHPを見たら、木下製粉"白バラ"を使用とのこと。名麺堂は確か
日讃製粉の"緑あひる"だったはず。)
麺を鍛えて強くしたというよりも、優しく作ったという様なイメージかな。

IMG81s (14)

ひやひやのダシは、ほんの少し・ほんの僅かにほのか~なエグ味感が含まれた
香ばしさがあります。そういう点では、ここまで徳島で食べた4杯のひやかけの
中では、好きなタイプに一番近いダシでした。

こちらのうどんは、私自身徳島・鳴門であまり地のうどんを食べてはないので、
よく解らん部分もあるんやけど、完全に名麺堂テイストな香川讃岐寄りのうどん
じゃないのは、いくらかは地のうどんを意識された様なうどんなんじゃないか
なぁという気がします。
HPの"店主ごあいさつ"に書かれている「八笑にうどんを食べに来ておいしかった
と言って笑って笑顔でお客さんに帰ってもらいたい」。老若男女問わず地元の人に
来てもらえる様に、地元にも受け入れられる融合点を探られたんじゃないかなぁ
と考えます。

●店名:うどん乃 八笑
●住所:徳島県鳴門市大津町吉永17-11
●営業時間:11:00-麺切れ終了
●定休日:木
●HP:http://www.udon-no-yawara.jp/

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでつぶやき中。mitukiで検索すればそれっぽいのが出てくるはず・・
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

岡山から瀬戸大橋を通って津田の松原SAで、とりあえずの1杯を頂いた後
鳴門ICで高速道路を降りた。そんでお昼ご飯に向かってみたのは、鳴門市撫養町に
ある鳴門競艇場の近くっちゃー近くにある"丸亀"といううどん屋さん。
県道42号線から少し1本南に入ったところにあるお店なので、少し解り難いと
言えば解り難いところかもしれない。(看板とか出てるのかも)

お昼の時間帯も終わりかけな頃にもかかわらず、駐車場は車で一杯。
この地域での人気の高さを伺わせてくれます。

IMG73a (9)

とりあえずお店に入ってみると、店内は予想以上に広い。↑の写真に見える
表側の建物と裏側の建物を繋げてるっぽい。入り口入って右側が厨房になって
いるがそこも広く、客席もゆうに100は越えてるやろう。
(後でHPを見たら、170席あるそうです。)

メニューを見て。不思議な感じを受けた。
結構、"焼うどん"がプッシュされているのが珍しいというか、うどん屋さんで
焼うどんを推しているのを初めて見た様な気がします。
そして、焼うどんにも2種類あって、八宝菜をかけたような『焼うどん』と、
普通の焼そばのうどん版みたいな『さぬき風焼そば』がある。
・・・今まで、ここでさぬき風焼うどんと呼ばれる、焼そばの麺がうどんになった
物を"焼うどん"だと思っていたんやけど、あれは他の地域では違う物なのか?
それに、『和風グラタン』なんてメニューもある。マカロニの変わりにうどん?

まぁ、それは置いといて、私はシンプルに『ざるうどん(546/税込)』を注文。

IMG73a (10)
IMG73a (11)

麺の形状はやや平たい形で、僅かに芯が残されている。
しかしながらその芯が食感に現れる感じはせず、しなやかな麺なんやけれども、
グミ感モチモチ感共にそんなに強くはないタイプ。
これはこれで、少し不思議な食感の麺かな。
驚いたのは、麺に味・風味があったこと。麺をダシに漬けずに食べると、これが
なかなかしっかりと麺に風味を感じることができる。僅かな芯の効果なのかな?
しかし漬けダシは、私にとってはちょっと濃い目で辛口と感じるところ。
麺に風味が出てるんやから、もうちょっとやんわりとした漬けダシでも良い
のかな?って思ってしまうところ。

でも、まぁ、スタンダードなメニューからちょっと面白メニューまで色々あって、
人気があるのもうなづけるお店ですな。

●店名:さぬき手打うどん 丸亀
●住所:徳島県鳴門市撫養町黒崎字松島372
●営業時間:11:00-20:30
●定休日:木(祝の場合は営業)
●HP:http://www.55web.jp/marugame/index.html

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでつぶやき中。mitukiで検索すればそれっぽいのが出てくるはず・・

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

徳島ラーメンの名店いのたに本店に行ったのが、6月中頃。
で、7月前半に再び徳島入りをする機会があった。

ん~、こないだ徳島ラーメンを食べたし、今度は何を食べようかなぁ。
徳島の他の名物と言えば・・・・。ん~。そやな~・・・・。
そや。鳴ちゅるうどん食べに行ってみようか!!

と思って向かってみたのは、鳴ちゅるの名店として名高い"舩本うどん"へ。

IMG69 (1)

とりあえず、ナビに頼って到着することができたが・・・、こりゃ偶然には到着
できそうにないなぁ・・・。
お店に入り、店内真ん中のテーブル席へ座る。メニューを見ると~・・・。
『大阪 釜たけ コラボメニュー』なんて書かれたのがあった。

IMG69 (2)

ここはもちろんといいますか、釜たけうどんコラボメニューの『もち天うどん(450円)』を
注文してみます。
麺自体は注文あってから茹でるとかそういうんじゃないみたいやね。しかしながら、
鳴ちゅるは「鳴門のちゅるっとしたうどん」ってもので、ピチピチした麺を食べさせる
という位置づけじゃないから、それでも問題ないのでしょう。

IMG69 (3)

見た感じ、とてもシンプルな印象を受ける。もち天と刻みあげ、葱。

早速、チュルチュルと頂いてみますと~。
これがどうよ!!チュルチュルとした口当たりよりも、私が驚いたのほあスーッと
喉を通り過ぎて行く様な食感。コシのあまりないヤワヤワ系のうどんやけれども、
「それが良い!」って思える様な味わい。
そして、この縮れてビロビロっとした感じの麺。これがダシを良く絡めてくれます。

IMG69 (4)

ダシ自体、淡いって程ではないけれどもダシの効かせ方も味付けも結構柔らかい
印象でゴクゴク飲める様なタイプなので、普通の四角い麺だと物足りなさを感じる
かもしれない。が、この麺やからこそ、良く合ってるんだと思う。

私の好みの麺とは違うんやけれども、「これはこれで美味い!」。
まさに、そういう言葉がぴったり当てはまる一杯だと思います。

●店名:舩本うどん
●住所:鳴門市鳴門町高島字中島26
●営業時間:10:30-15:00(麺終)
●定休日:水・年末年始・不定期

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterもやっとります。お暇な方はmituki_udonにフォロー下され。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ