FC2ブログ
「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
四国屋花は咲くと来て・・・同じ"四国屋"という屋号の別のお店へ。
最初の"四国屋"は、新中野駅1番出口を出て左側の杉山公園交差
点を南に行った、十貫坂上交差点近くにあるところ。

で、今回の"四国屋"は新中野駅の4番出口を出て、東側の鍋屋横
丁交差点を少し北に入ったところ。
先の"四国屋"からだと、十貫坂上交差点から鍋屋横丁通りを北に
約7分ぐらい歩いたところにあります。

IMG96t (36)

一応調べてみたところ、この2つの四国屋はご兄妹の関係だそうで。
こちらがその妹さんのお店だそうな。
雰囲気的に支店とかそういう感じでもなさそうで、別のお店という感
じですし、この近場で同じ屋号でというのは、少し混乱してしまいま
すな。

って事でお店に入ってみました。
お昼の時間帯ですが、もう13時が近い頃合いでしたが、お客さんは
一杯な様子。
入口左手の券売機を眺めて、、ん~、、、どうやた冷たいうどんは無い
様だ。(冷たいんは夏季限定とのこと)

IMG96t (37)

また"肉きざみ"を注文してみようか迷ったけど、珍しく『きつねうどん
(700円)』の食券を購入してみました。
一番の推しメニューっぽい「はかせうどん」ってのも迷ったけどね。

きつね・・・何年ぶり?これはレア記事ですぞ!
って思ったけど、2018年に岡山の"ぼっこう"で食べてるなぁ。あそこ
は熱々やから麺をダシの中から退避させる場所が欲しいんよね。

席に座り、うどんが出てくる前にとサラダと五目ごはんが出てきま
した。そして、暫くしてうどんが到着~。

IMG96t (38)

ごん太麺!!
こげらとか五郎ぐらいのインパクトある鋭い雰囲気の麺。
おそらく温のうどんに合わせた麺ってのもあるやろうし、冷ややとゴツく
なっちゃうやろうから冷は夏季のみに絞ってるのかな。ってか、冷たい
んは麺を細麺とかに変える可能性もあるかな。

これまたダシが深さのあるドッシリとした具合ですなー。
きつねは、そこまでコテッとした甘辛さには感じなかったが、それがダシ
の輪郭を隠さずいいね。

●店名:手打うどん 四国屋
●住所:東京都中野区中央4-1-23
●営業時間:11:30-21:00 (LO20:30)
●定休日:日祝

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓


Twitterでつぶやき中。mitukiで検索すればそれっぽいのが出てくるはず・・
東180
スポンサーサイト



テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さて、新中野駅南側の"四国屋"で食べた後ですね。
どうしょっかな~、折角やし駅の北側の"四国屋"も行っておこうかなぁ
と考えていた。
が、どうでもいい話なんやけど、それを記録として当ブログに残す際に、
「四国屋」が連続してしまうのも、ちょっとなぁ~と思ってしまった。
後から見直した時にタイトルだけ見て、「あれ?ミス?」って思うやん。

なので、「空いてたら。並んでなかったら。」って事で、"花は咲く"を覗
いてみる事にした。

IMG96t (33)

あっ・・。誰も並んでない。
お店に近付いてみると・・、テーブル席とかは一杯やったけど、カウンター
席が1・2席空いてるが見えたので、そのまま見事に店内へ吸い込まれて
しまった。
いや、最初っからそう決めてたとは言え、抗えないよね。

って事でカウンター席に座り、ビシーッと迷わず『かけうどん・冷(550円)』
と『ちくわ天(180円)』を注文してみました。

メニュー表に書かれていたのですが・・・ダシは、「かつお・まおり昆布・
うるめ・いりこ・ゲソ」・・・ゲソ?。

IMG96t (34)
IMG96t (35)

ゲソは初めて聞いた気がするけ。。。。スルメとか干したやつなら理解
できるかも。

そして、麺を啜ると、バーン!!しっかり感じられるダシの深み。
そのバーンってくる感じも表面からバーンって来るって感じではなく、
水の深いところをダシの魚達が泳いでるって感じ。
水面からでは見えないけれども、なにか奥の方に「何か沢山いる!」
ってホラーみたいな表現がっぴったり合うようなイメージかな。
そういう深さがあり、その深いところで複数の具が溶けて混ざり合っ
て馴染んでるって感じ。

麺もシュビンッ!と程良く鋭く、強い弾力系なコシ感。
ある意味、麺については予想通りというか、こういうクオリティで出て
くるってのは解ってるので、「やっぱ来たな!」という感じかな。

【過去の花は咲く 新中野本店】
2019年05年23日・・東京都中野区(新中野) 讃岐のおうどん 花は咲く

●店名:讃岐のおうどん 花は咲く 新中野本店
●住所:東京都中野区中央4-6-12
●営業時間:11:00-15:00 17:00-21:00 土日祝11:00-15:00 17:15-21:15
●定休日:第3水

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでボソボソ言ってますんで、また見てやって下さい。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さて、先のブログ記事で書いた"甚三"で食べた後、「イリコだしと
豚肉の肉うどん美味い」って事を。Twitterに呟いたところ、新中野
の"四国屋"というお店の事を教えて頂いたので、早速、その翌日
に行ってみた。

一応、過去に新中野に来た時に、地図上で"四国屋"ってお店が
2軒あるのはチェックしていたのだが・・・。
すごい妄想・偏見なのですが・・・「四国」ってのが屋号に付くお店
って、少し地雷な感じがして・・・。でもね、過去のブログ記事とか
を探してみても、そんな地雷踏んだって事も無いんやけどね。

IMG96t (30)

無いんやけど、なんとなくそういうのを感じてしまうところがあると
いう妄想。というのもあって、その時は行かなかったというのもある。
ってか、その時は、もう一方、新中野駅から北側の方が駅に近い
から、そっちを候補にしていた訳なのですが・・・。

って事で、その教えて頂いた"四国屋"に行ってみました。

おぉぉ・・・。このレトロさ。暖簾の擦れ破れ具合が、歴史を感じます。
で、お店に入ってみると~・・おおぉ~!!中も凄い!
レトロ感があれば良いって訳じゃないですが、こういう時間の経過を
感じられるのは、それだけお店が続いてきた=それだけお客さんが
来てると言って過言無いと思う。

IMG96t (31)

って事で、お店中央の厨房スペースを囲む様にカウンター席があり、
その1席に座り、迷わず『肉きざみ(900円)』を注文しました。
一応、お店の方に"ひやあつ"可能か聞いてみたら、可能との事でし
たので"ぬるめ"でオーダー。
麺を茹でる釜とかは、お店の奥の方にあるっぽいですな。客席中央
は仕上げスペースという感じかな。

そして、暫くしてうどんがカウンター越しに渡されました。

麺はやや細目なんですね~。
その麺をチュルっと食べてみると~・・・・あ~~~~染み渡る~!!
ちゃんと麺が活きており、程よいプリプリ感があります。鋭さはなく、
しっかりとダシに馴染むという感じですね~。

IMG96t (32)

そして、このダシ!!メッチャ美味いがな。
フンワリとイリコの効いたダシ、そこに豚肉・揚げ・長葱が入っている。
これが美味いの。旨味、甘味、香ばしさ、それらがバーンっと主張し
てくるって感じではないけども、優しく調和の取れた美味さ。
そして何よりも「おっ!」って思ったのが、長葱の風味が凄く良いアク
セントになってる。

店内には、香川のうどん屋の印の入った古い地図が張ってあったり、
忌野清志郎さんのポスター写真が張ってあったり。渋いわ~。
なんちゅーか、この雰囲気もうどんもたまらんね。

●店名:手打うどん 四国屋
●住所:東京都中野区本町4-36-3
●営業時間:11:30-15:00 18:30-24:00頃 
●定休日:日祝

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓


Twitterではmituki_udonでやっとります。
東179

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

"大門"→"チャーリーとうどん工場"とハシゴしまして~・・・。
次にやってきたのは、こちらも今年5月に中野駅北側にオープンした
"えびすやうどん"に行ってみました。

どうやら、6月には大門駅直ぐの"築地銀だこ"に間借りする形でも、
芝大門店がオープンしている模様です。

IMG96l (10)

お店に入ってみますと・・・。うおっ!狭っ!!
狭いと言うか、細長いっ!!厨房も細長いっ!!!
なかなか奥に入るのは大変かもしれない。そんな店内を最大限工夫
する形で、席や機材が配置されている様です。
そんな店内は、ほぼ満席状態。そんな中で、一番奥の席が空いてい
たので、他のお客さんの席後ろを細くなりながらソロソロと奥に入り、
一番奥の席に座ります。

まぁ、とりあえずここは、入口頭上の看板等にも書かれてる、お店ウリ
な『カルビぶっかけうどん・冷(780円)』を注文してみました。

IMG96l (11)

まず、麺をズビッと食べてみると~・・・。モチー---!!
なんじゃこのモチモチ麺っ!!!
モチーッ!!ムチーッ!!とした、餅の様に粘り強いコシ感っ!!
フワっと柔らかい麺肌は、口当たりも優しく、とってもソフト。ソフトなのに
噛んでみるとモチーッとした強さのある食感。
いや、口当たりからしてそういう麺質なのは解るけど、そのモチモチ感
が、所謂、パネェってやつなの。

これ、面白いな~。・・・もちろん、素直に書いてしまうと、最終的には
好みの問題って所に行きついてしまうのだろうけど。

IMG96l (12)

で、麺の上には、葱・海苔・卵黄に、ころころとしたカルビ肉。
1つ1つは小振りなのですが、結構たっぷり入っています。これは、提供
前に厨房のフライパンで炒められているのですが、少し焦げた部分が、
程よくコクをアップさせてます。それが良い感じっ!!
しかも、甘めのぶっかけダシや、卵黄がその焦コクをマイルドにしてくれ
ます。

驚きの麺も良いが、この香ばしさも良いですな~。
中野まで来るのは、ちょっとよいしょがいるけど、芝・大門やったら、結構
行けるかな~。

●店名:えびすやうどん博多 中野店
●住所:東京都中野区中野5-57-4
●営業時間:11:00-23:00
●定休日:?
●HP:https://ebisuyaudon.com

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterではmituki_udonでやっとります。
東143

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さて。この日、"大門"で1杯目を食べた後。
一応、この日の1番の目的としていたのが、中野駅の南側のレンガ通り
入って直ぐあたりにある"チャーリーとうどん工場"というお店。
2020年5月頃に

こちらが11時30分オープンやから、11時オープンの"大門"を先に行って
おくのは自然な流れ。極々自然なルート設計ですよね。
どこにも不自然さは感じられない。

IMG96l (7)

まぁ、そんな感じで、お腹もこなれたところで、メインの"チャーリーと
うどん工場"に入ってみました。
店名の由来は、他で色々と書かれているので省略。
入口横の「営業中」の看板が釜の蓋。しかも、釜ごとってのが面白
いね。しかも、その釜が2つもある。これは単純にオブジェなのか?

入口入って左側に券売機があるので、『かけ中盛・冷(530円)』に
『げそ天(120円)』の食券を購入してみました。

IMG96l (8)

食券を店員さんに渡し、カウンター席に座って待つ間、テーブルに
貼られたメニュー表を見ると、「一般的な讃岐うどんのイメージ(コシ
=硬い)とは違う、ノビのあるコシ、細麺の喉越しをご堪能下さい。」
と書かれている。ごもっとも。確かに、その良さが出てるお店もある
が、変に固いお店も見受けられる。

そんな風に書いてるって事は、あんな感じかな?とか想像しながら
いると、うどんがカウンター越して配膳されました。

って、あれ?普通ぐらいのサイズの麺。細麺って事はないかなぁ。

IMG96l (9)

そんな麺をチュルっと食べみますと、ムッチリ!!!
あんまり身の詰まった様な感じはせず、確かに伸びのあるグミっと
した感じのある食感ですな。
ちゃんと熟成感もあって、固いという感覚はしなかった。
冷かけダシも節・昆布が感じられ、旨味たっぷりやなっ!!

麺の系統・うどんとしては比較的スタンダードな位置にあるかなと思い
ます。"大門"とも違う位置にあるし、この次に行く予定のお店とも違う
系統だろうし。
中野駅周辺、、熱いなっ!!

●店名:かチャーリーとうどん工場
●住所:東京都中野区中野3-34-24
●営業時間:11:30-15:30 17:00-20:00
●定休日:?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterではmituki_udonでやっとります。
東142

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ