FC2ブログ
「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
"いわい"で朝食に1杯目を食べた後。電車で1駅の赤羽岩淵へ。
駅を出て東へテクテク歩きながら、前はこんなアーケード通ったっけ?
赤羽岩淵中10周年?前にこんなのあったっけか?
前にここを通ったのは・・2009年!10年前か!ってことは、赤羽岩淵中
は開校したてで存在してるはずだが・・・、覚えてないわ。
まぁ、あの時は夜やったし見えなかっただけだろう。、

そんなこんなで・・・お店が近づくにつれて、人集りができているのが見
えてきた。・・・やっぱり、そうなるな~。

IMG95v (14)

赤羽岩淵岩淵の名店"すみた"に到着!
やはり早目に行かないあかんわな。結構な数の人が待ってます。
入り口前の待ち名簿に名前を書いて待ちます。あまり回転は早くない
ので、結構待ちます。

待っていると、前もって順番に店員さんが注文を取ってくれるので
『いか天ざる(900円)』を注文。
残念ながら、麺大盛の注文はできない・・・・。

そんなこんなで、1杯目を食べてから、お店に入るのに2時間。
お店に入った時には、麺切れ終了に向けて麺の残量と新たに来るお客
さんの調整に入っていた。

IMG95v (15)

そんなオペレーションを見ながら~、少ししてうどんが運ばれてきました。

先に食べた"いわい"の麺の系統とも違う、スラーッとエッジの立った艷
やかな讃岐麺。
チュルッと一筋食べて思ったのは前回と同じ「この麺、冷水でキンキン
にして食べてみたいわ~」って思った。
でも、これはこれで、とても瑞々しく、引っ張ればグググッと伸びのある
弾力。グミグミし過ぎず、絶妙なコシ付き。
むしろ、キンキンに冷やし締めないからこそ、こういう感じの絶妙な食感
になるんだろうなとは思う。
そうは思うが、1度ぐらいは冷水でキュッとってのが気になる。

IMG95v (16)

漬けダシも美味しい!!ダシの旨味しっかりあって、チビチビ飲めて
しまうわ。
そう思うと、麺が常温系なのも、このダシに繋がってくるんやな~と
解るわ。麺とダシのバランスがたまらんのですよ!!

あっと言う間に食べ終わってしまった・・。うーん、もっと食べたい!!
モリモリたべたい!
しかしながら、うどん大とかの注文を受けると、残りの量が減るから、
多くのお客さんに食べてもらう為に、大盛を受けない様にしてるんだろ
うなぁ。

【過去のすみた】
2009年07月09日・・東京都北区(赤羽) 手打うどん すみた

●店名:手打うどん すみた
●住所:東京都北区志茂2-52-8
●営業時間:平日 11:00-14:00(LO13:45) 18:00-21:30(LO21:00) 麺切終了
        土日祝 11:00-15:00 麺切終了
●定休日:日月

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
スポンサーサイト



テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

この日は山手線の北の方に行ってようかと、進軍してみた。
ってな訳で、まずは十条駅で下車。
北口改札から出て、右前方に見える十条銀座商店街をテクテク歩き、
左に曲がれるところで曲がって、そのまま真っすぐ。
地図で見ると、そこそこ距離あるんかと思っていたけど、意外に駅か
ら近いんやね。

まずやってきたのは、"いわい"というお店。どうやら、宮武ファミリーの
流れを持つお店らしい。
んで、最近2号店が出来たらしい。ここからだと・・・歩いたら10分ちょい、
1kmぐらいのところなんかな。

IMG95v (11)

まぁ、このブログ記事がアップされる日は、最高気温35℃の猛暑日予報
ですので、歩くには厳しいところもあるかな。

まっ、とりあえずそんな話は置いといて~、開店と同時にお店に入る。
開店前から行列が出来るという具合ではなかったが、開店後から続々
とお客さんがやってきてる。常連というか、しょっちゅう朝うどんしに来
てます感のあるお客さんも多い様に伺える。

大将が入り口横で麺を打っている、包丁切り!注文すると茹でたてを
お持ちしますのでお待ち下さいとのこと。

宮武ファミリーと言えば、やはり「あつあつ・ひやあつ・ひやひや」の
ネーミングでしょう!

IMG95v (12)

"いわい"でも、この名称は引き継がれていたのが、なんだか懐かし
いと言うか、嬉しいと言うか。
で、私が注文したのは、もちろん『ひやひや・中(400円)』!!!
トッピングは『とり天(150円)』だ。

ズビッと一口・・・・。これも、めっちゃ素朴な讃岐な~!!!
ツルツルっと口に滑り込んでくる。そして程よい張りのある麺肌を噛めば、
ムギィっと内側に向けて抵抗してくるコシ!
手切り故に若干不揃いな麺は、太いとこ細いとこの食感差が生まれ、
それが口の中で、「柔コシ!」と思った次には「剛麺!」って面白食感が
生まれる。
均一な方が好きな人もいるやろうけど、これはこれで面白い。

IMG95v (13)

ひやかけダシはクリアな味わい。雑味やエグ味のない丁寧なダシ。
その分、麺の印象が強くくるので少し柔らかい印象に感じる。
少しエグ味とか出てた方が、香川讃岐感がより出て、私としたら良いか
なと~って気もする。
でも、それをすると他のお客さんに合わなくなるんだろうけど・・。

ここも、香川感がしっかりあってええな~。
この感じこのまま2号店に行ってみるのもアリかと思ったけれども、
残念ながらこの日は、既に2軒目の目的地を決めていたから、また
今度

●店名:讃岐うどん いわい
●住所:東京都北区上十条3-28-7
●営業時間:10:30-14:30 17:30-20:30 日祝10:00-15:00
●定休日:月

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

今日はポッキーの日!!・・・って関係ないか・・・。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

何の前触れも無く始まった、東京編もいよいよラストになります。
東京にも行ってみたいお店は一杯あったんやけど、色々スケジュールの
具合もあって、昼は前の4軒で夜に今回のメインに計画した、春先に十条から
赤羽に移転した"すみた"。
東京No.1との呼び声高いお店なだけに、早期麺切れ終了を警戒してたのですが、
行く前に電話で営業確認するよりも、行って麺切れ終了になってた方がネタに
なる(何のこっちゃ)と思い、行ってみる事にしました。

その前に、関東地方に出てきている友人Iに「暇?赤羽に来い」と連絡を入れ、
なかば強引に呼び出す事に成功し赤羽駅に集合。

「これで麺切れだったらおもろいな」なんて話をしつつ、お店に向かう。

IMG6 (15)

ここまで麺切れのネタ振りをしていながらも、残念ながら・・いや無事に
まだ麺は切れておらず開いておりました。
が、満席!流石やな~、東京No.1かどうかは私にはわかんないけれど、
それに近いのは真実の様だ。しばし待って、入店~。

こんだけ満席な状態やと、うどん出てくるのにも時間かかるやろうから、
『おでん盛り合わせ(500円)』を注文し、うどんには『かしわざる』を注文。
うどん大にできないってのが、ちょっと残念やな・・・。
おでんを摘みながら、友人Iと昔話でもりあがる。

IMG6 (16)

おっ~!天ぷら(平天・さしみ天・白天・長天とも言う)がある!
しっかりと良い味の染み込んだ大根に、天ぷら、美味しいねぇ~。

おでんが無くなり、そうこうしていると『かしわざる』が運ばれてきました。

IMG6 (17)

このメニューがあるのが、流石はりやのお弟子さんって感じですね。
<<2009/7/14追記>>
別Pさんより、指摘がありました。
"すみた"は、"はりや"さんの弟子じゃなくて"源内"時代の兄弟弟子でした。
勘違いしちょりました。すいません。



にしても、この麺。美味そう~!!

IMG6 (18)

こちらの麺も、はりや同様に氷水等でキンキンにはしておらず常温系。
しかしながら、ムニュムニョーっと伸縮性のある、しなやかな弾力とコシ。
麺にちゃんと小麦の風味っちゅか、味の感じられる麺です。確かに美味い!
麺もそうやけど、ダシもはりやに近いっすなー。やや甘め。
やや小ブリなかしわ天は、比較的あっさりとした下味があり、程よい
ジューシー具合。柔らかくてウマー!
確かに噂通り、麺・ダシ・オプションとハイレベルでバランス良く総合点の
高いお店でした。満足じゃ~。

●店名:手打うどん すみた
●住所:東京都北区志茂2-52-8
●営業時間:平日 11:00-14:00(LO13:45) 18:00-21:30(LO21:00)
        土日祝 11:00-15:00
●定休日:月・第3日曜

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
⇒ 続きを読む

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ