FC2ブログ
「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
さて、この日は飯田橋方面に出かける予定がありまして、お昼ご飯
を食べながら飯田橋に向かおうという作戦で、まずは東京メトロ有楽
町線の江戸川橋で下車。

1軒目は、"釜揚げうどん はつとみ"というお店。
ここは事前に調べて、狙っての1軒目。
事前に調べていた情報では、どうも「宮崎のうどん」らしい。

IMG96b (10)

宮崎の郷土料理に"魚うどん"ってのがありますが、屋号の頭に"釜あげ
うどん"ってあるし「釜揚げ」もメジャーな食べ方なのかな?
とりあえず、「宮崎県 うどん」でググったら、"釜揚げうどん"って頭に付く
お店が先頭から2軒続いてでてきた。

お店に入って、メニュー表を見ると、釜揚げ以外にもメニューはありまし
たが、ここは素直に推しなのであろう『釜揚げうどん(680円)』を
『大盛(100円)』を注文してみました。
注文してから、少し待ってうどんが運ばれてきました。

IMG96b (11)

おっ!?うどんはやや細目ですな。やや縮れもあるニョロニョロって感
じですね。
そして、漬けダシには、既に葱と・・・・葱と・・・これは大根おろしかな?
おー・・素の味は解らなくなるが、こう食べるのがここの流儀というやつか。

いざ、麺を一筋食べてみますと~。
これが、めっちゃ優しい。芯は無くフワっとしていたモチっとした食感。
言ってしまえば讃岐系とは全く違う麺ですな。なので、好みで別れるとこ
ろはありそうです。
正直なところでは、私の好みのタイプとは違うのですが・・・、漬けダシに
漬けて食べると、評価一変した。

IMG96b (12)

漬けダシの大根おろしに、最初は違和感があった。
あったけれども、そこから出てるのであろう風味が、酸味に近い様なクセ
をつけダシに付け足してくれており、これが何とも言えないサッパリ感を
演出してくれている。
あまり、つけダシとかに色々入れたくない派なのですが、これはアリやな。
麺を食べ終わった後に、つけダシを飲むと、大根おろしの風味が活きて
いるのが解るし、これが美味い。
ただ、・・・・麺を食べてると、つけダシが薄まるので、途中で継ぎ足した
くなってしまいます。

あっ、たぶん、これで食べログの"うどん100名店"の東京都内にある
お店は制覇になるのかな。

●店名:釜あげうどん はつとみ
●住所:東京都文京区関口1-48-5
●営業時間:11:30-14:00、17:00-22:15(LO) 麺切終了
●定休日:日祝

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterでも時々何か言うとります。
東京80
スポンサーサイト



テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さて、本郷三丁目の"うどん TOKYO LIGHT BLUE HONGO-3"で1杯目
を食べまして~・・・やはり、良い感じのうどんに刺激され、もっと食べた
い気分に。このまま終われない。

ってな訳で、探して行ってみたのは、味噌煮込罠というお店。
完全に「みそにこみ わな」かと思ってた。味噌煮込と罠で別れるんだと
思ってたのだが。。。赤い垂れ幕の下に「MISO NIKO MIN」って書かれ
てる。「みそにこみん」かー!

味噌煮込みうどんを食べるのって何年ぶりだろ。2009年に広島で食べた
ん以来か。10年前・・・。

IMG95t (21)

お店に着いたのは、まだ開店時間前でしたが、開店時間が近付くにつれ
お客さんが集まってきた。開店時間になって、1巡目ほぼ満席状態に。
味噌煮込みうどん専門店の様ですが、一応、夏季は冷たいきしめんも
ある様で・・・。メインの味噌煮込みも、キムチ・インディアン(カレー)・
イタリアン(トマトソースとチーズ)という変わりダネもある。

でも、流石にとりあえず最初は一番スタンダードに『味噌煮込みうどん
(850円)』やろ!!こういう専門店でなければ普段チョイスはしないな。
注文すると、カウンター奥の厨房で5つぐらい?が同時に作られ始める。

しばらくして目の前に運ばれてきたのは、まだグツグツ!湯気モサモサの
熱々状態。そらそうか、煮込みやもん。

ほあぁ!この香り!!めっちゃ味噌が香ばしい!!

IMG95t (22)

煮込みや打込み系の麺は普通の麺とは違うので、表現上と評価が逆に
なるのが面白いが、煮込まれて茶色く色付いた麺は、ボソボソっとした
伸びグミのない麺。
やや平打形なのは煮込み時間の短縮化なのか、そもそも名古屋の味噌
煮込みはこうなのかは解らないが、薄っすらと芯が残る。そのそれがいつ
も食べる饂飩のコシとは違う歯応えとなる。そのまま普通のうどんとして
食べるには、ちとキツイやつだが煮込むにはGood。
そして、なによりも思っていた程、味噌が強い・クドいことはない。でも、
しっかり味噌で美味い。

やべぇなぁ・・普段は絶対チョイスしないメニューやけど、久しぶりに食べ
るとメッチャ美味いやん。
最後、付いてくるライスを残った汁に投入して、おじや風に。
これもまた美味いんだ。

●店名:酒と味噌煮込み 味噌煮込罠
●住所:東京都文京区本郷3-31-15
●営業時間:11:30-14:30 17:30-22:00
●定休日:日祝、土の夜

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

ブログ、かなり稀にTwitter。
東51

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

あれは何時頃やったやろうか忘れてしもたが"こくわがた"・"おにやんま"
っちゅー、立ち食いうどん屋やけど、良い麺の食べれるという話を聞いて
いた。
いつぞやの機会に"おにやんま"に行く事は出来たが、"こくわがた"は
未訪問となっていた。それから、関西でも立ち食いスタイルやけど、
ちゃんとしたうどんの食べられるうどん屋ってのは増えたが。

で、「こっちにおる、この機会に行かな!」って思っていたら・・・。
「んなっ!?リニューアルの為、一時閉店!!?」

IMG95t (18)

そんなこんなで、リニューアルオープンした後に行ってみました。
・・・今まで色んなうどん屋さんに行きはしたが・・・ここまで青いのは初めて
かもしんないww。そして、うどんって文字が無ければ、うどん屋って気付か
んかもしれんな。
それに、屋号が英字のお店もいくつかは知っているが、これまた"うどん"
って付いてないと、うどん屋って想像できんな。

お店に到着した時には、まだ開店時間のしばらく前。ちらっと周辺をウロ
ウロ時間潰して、開店時間の少し前にお店に戻ると、既に中で食べてる
お客さんがいたので、私も店内へ。

IMG95t (19)

お店に入って左側の券売機で『かけうどん・冷(380円)』と、トッピングに
『鶏天(150円)』の食券を購入て店員さんへパス。
少しして、揚げたての鶏天が油切バットで渡される。揚げたてでお皿に
油がベッチョリってのもアレなので・・・これだと効率的な気がする。

で、うどんがカウンター越しに渡されます。
ズビッと一筋食べると~・・・。これがまた、讃岐なんっすわ~。
フワっとしたイリコダシの甘みが広がりまして、スッキリやけど気持ちは
ホッコリな。雑味なく、前面に出る甘みと、軽い香ばしさがコクとして
感じられます。

IMG95t (20)

そして、麺。やや細目でスラ~っとした綺麗な麺線。軽い麺肌の張りに、
伸縮性あるグミっとしたコシ感。
ゴツゴツ感や固さな感じは一切なく、チュルチュルやがな~。スルスル入
るがな~。

実は、私としては、お店のイメージ的にもっとパンチのあるワイルドな感じ
を想像していたのですが・・・。想像とは逆にお上品さすら感じられる丁寧
な作りで、それが立ち食いスタイルでサラッと食べられるってギャップが
面白い。
麺もダシも、洗練系に寄ったタイプで、目隠しして・・目隠しせんで食べた
としても、きっとこのお品代は想像できんやろな~。
頭の中では「イメージ完全に違ごた~!」って叫んでる。

●店名:うどん TOKYO LIGHT BLUE HONGO-3
●住所:東京都文京区本郷2-39-7
●営業時間:7:30-22:30 土日祝11:00-15:00
●定休日:無(不定)

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterでも時々何か言うとります。
東50

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

この日、11:00に根の津に飛び込み1杯目を食べた後。
そりゃ、根津駅周辺と言えば、もう1つ有名店がある訳でして、躊躇わず、
2軒目に"根津 釜竹"(かまちく)へ向かった。

お店に着いたのは11:45頃。11:30オープンやからどうかな~?って思って
いたが・・・。
お店に到着すると、当然の様に結構なお客さんが並んでいた。
開店と同時に満席となって溢れてるって事やろうなぁ~。

IMG95r (13)

根津 釜竹と言えば、その祖は大阪の羽曳野市にあった"釜竹"と言う
のも有名(?)なところ。残念ながら、大阪の釜竹は2014年ぐらいやったか
に閉店されてしまっている。
私にとっては、大阪に居る時(第一期)に行けなかったのを超悔やんで
るお店の一つだったりする。
が、悔やんだところで私如きにどうにかできる訳でもなく。

しかし、ここに来れた事で、その悔いも少しは晴れるかな。

そんなこんなで、私並び待つ。結構待った。
↑の外観写真から、↓のうどん写真まで、ジャスト1時間。マジで。

IMG95r (14)

私が注文したのは、『大盛ざるうどん(1080円)』。
いやぁ、釜竹と言えば、釜揚げなイメージがあったから、釜揚げにしよう
かと、メッチャ悩んだんやけどねぇ~。やっぱり、冷たい麺の欲求が勝っ
てしまった。
にしても、"ざる大"で、4桁円か~・・・。すげぇなぁ・・・・。

注文して暫くして、薬味セットと葱、つけダシが運ばれてきた。葱が小さ
な器にタップリと。普段は不要なのですが・・この葱、めっちゃ瑞々しい。

そして肝心な麺。一口食べた瞬間に「あっ、素朴系なんや~。」と感じた
んやけど、素朴で一括りにはできない感じがある。

IMG95r (15)

程良い弾力、程よい麺肌の張り、程よいコシ。
決してガツンとくるタイプの麺ではない。が、当然の様に弱い麺でもない。
大阪の羽曳野の釜竹には結局行く事ができなかったので、違いや比べる
ことが出来ないのが残念。
が、このハイレベルなスタンダード系の麺には唸ってしまいます。

つけダシは~、これもお店のイメージ通り丁寧な印象。深みのあるコク。
それほど鋭い訳でもないが、弱い訳でもない。
麺もダシも、絶妙なバランスで成立してると言う感じ。

なんちゅーか、素朴なうどんやけど、凄く高い位置でバランスの取れた
上品さがあります。

●店名:根津 釜竹
●住所:東京都文京区根津2-14-18
●営業時間:11:30-14:00(LO) 17:30-21:00(LO20:30)
●定休日:月 (日は夜営業無し)
●HP:http://kamachiku.com

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterでも時々何か言うとります。
東39

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さて、行ってみたいお店は山程ありまして。
山程あっても、実情としては実際には行けないお店の方が圧倒的に多い。
それは、時間や移動・お財布等な事情で難しいってのが悩ましいからだ。
そんな具合で、9年ぐらい居た岡山ですら、市内の近場は行けても、遠方
になると、なかなか行けなかった。
そんなのもあって、関東に居ても、なかなか遠方は難しいが、近場で行
けるところは。

そんな感じで、この日は根津駅で降りた。

IMG95r (10)

まずやってきたのは"根の津"。開店時間まで、まだ30分以上あったので、
つつじで有名らしい根津神社をプラっと散策して、お店に戻る。
それから続々とお客さんが集まりだした。

やっぱり、どこでも有名なお店は開店前から人が集まりますな・・・。
開店時間となり、お客さんが一気に店内に流れ込み、満席となる。

メニューを見て、とりあえず『肉つけ麺(720円)』を注文してみました。
こちらも、開店時間=注文から麺を茹で始める様で、しばらく待ってから
うどんが運ばれてきました。

IMG95r (11)

運ばれてきたうどんは、やや平たい気味ですが、角かあまり削れておらず
ビッと角が立ってて鋭い様に見受けられる。
そんな麺をチュルっと一筋食べてみると~。これが、またたまらなくスタン
ダードな香川讃岐系。
お店の雰囲気も加わり、お上品な感じという印象は付いてくるのですが、
ビシッと角が鋭くソリッドな口当たり。
グミ感や粘り感は少なく、麺のビシッとした感覚の割には固い感じもない。
やはり、素朴感の中に研ぎ澄まされた麺という感じがあります。

IMG95r (12)

んでもって、つけダシ美味い!
しっかり香ばしいのに、刺々しく刺さる感じがしないのが驚き。
そして、コロコロと入った角切りの茄子も、良いアクセントになっている。
茄子なので味に大きな変化を加えるというのではないけれども、味がしっか
り染みていて、噛めばジワーっとダシが染み出してくる様な。
茄子はどちらかと言うと、具と言うより余韻を増長させてくれる様なツールと
いう様な印象だ。

●店名:さぬきうどん 根の津
●住所:東京都文京区根津1-23-16
●営業時間:11:00-15:00 17:30-21:30(LO20:50)
●定休日:月

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterではmituki_udonで時々ブツブツやっとります。
東38

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ