FC2ブログ
「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
さて、2019年も後は岡山に戻りのんびりするだけ、というこの日。
"つるこし"→"釜楽製麺所"を経て、この日最後の3軒目。
「年末年始は、そんな出歩けんかもしれし。もしかしたら、この日が2019年
ラストの食べ歩きになるかも・・・。」「これが2019年ラスト1杯になるかも。」
という思いを持っていた。

そんな、2019年ラス麺になるかもしれない1杯に、"慎"をチョイス。

IMG96g (7)

もちろん、ここが3軒目としたのは事前に計画炭。
だって、行列必至のお店やから、ここが開店する前に1~2杯食べて、来れ
る様に行程を組んでいたのだ。

開店時間が近付いてくると、お客さんが続々集まってきて、アッと言う間に
長蛇の列になる。やはり、並ぶスペースの都合もあり、お店の前に10人程
並ぶと、列の続きは少し離れた所に案内される。
しかも、列に並んでいる人、結構な数の外国人。その割合にビックリする。
中国とかアジア系の人が多い様だ。

そうこうしていると、お店が開店時間となり、一瞬で満席になります。

IMG96g (8)

正直、店内は広いとは言えず、客席も少ないと思うところですが、恐らく
うどんの茹でる量や席の回転からすると、これが丁度良いのだろう。

シンプルに麺を食べたかった私は『しょう油うどん(680円)』を注文して、
トッピングには『たけのこ天・2枚(200円)』としてみました。

やはり、巻き巻きの盛り付け。
巻かれると、麺が引っ張り出し難いので、少し食べ辛い部分はあります
が、写真映えが良い。私の隣の席に座っていた外国の方も、うどんが目
の前に運ばれてくると「Oh~」言いながら、それを観察しておられた。

IMG96g (9)

醤油をササっと回しかけて~、麺を手繰る。
そして食べると~・・・これが、美味い。
前回は伸縮性・グミ感が強く感じたけれど、今回のは、わずかにガシッと
感が含まれている様に感じられた。いや、傾向的にはしっかりグミ系コシの
麺ではあるんですけどね。
季節的なところで、麺を変えてるのかな?前回は春やったから冷たいう
どんに合わせ、今回は冬やから温のうどんに合わせてという具合で。

ふむ。・・改めて、良いね!!
洗練系・関西讃岐系が好きな人には、一度食べてみて頂きたいところ
ですな。

【過去の慎】
2019年05月20日・・東京都渋谷区(新宿) うどん屋 慎

●店名:うどん屋 慎
●住所:東京都渋谷区代々木2-20-16
●営業時間:11:00-23:00(LO22:00) 金土11:00-24:00(LO23:00)
●定休日:無(年末年始除く)

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

ブログ、かなり稀にTwitter。
スポンサーサイト



テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

"つるこし 京王モール店"で岡山の手延べ麺を食べた後、今度は地上に
出て、ヨドバシ新宿西口本店の裏側のブロックにある"釜楽製麺所"とい
うお店に行ってみました。

ちなみに↓の写真は、開店時間前に撮ったもの。
お店も年末年始モードに突入していたのか、開店時間に変更があり、
先に"つるこし"へ行ってみた訳なのだ。
通常は、7:30の朝早くから開いているのは良いね。

IMG96g (4)

屋号もそうですが、メニューの価格帯からすると、〇亀を意識しているんだ
ろうなぁ~と思ってしまった。とりあえず、店内に入ってみると、お客さんは
チラホラ。

ちなみに、こちらは"三光マーケティングフーズ"が運営するお店。
御徒町の"つるもちうどん"と同じグループとなります。
釜楽製麺所は、ここと信濃町駅前の2店舗あるので、グループとしては、
うどん業態のお店が3軒という事になりますな。
その3軒の中で、2つの屋号を使い分けてるのは何故やろう・・・?
ある意味、普通に考えると同一屋号で複数展開して、知名度を上げて
ゆく戦略というのが基本かと思うが。
まっ、食べてみれば少し何か感じるところがあるかもと、『ぶっかけうど
ん・並(350円)』に、トッピングは『大判コロッケ(130円)』。

IMG96g (5)
IMG96g (6)

器が比較的小さ目なので、並でも麺が一杯入ってる様に見えます。
そして、その麺にはエッジがしっかり出てて、いい感じの状態であること
が伺えます。
そんな麺を、チュルっと麺を食べてみますと~、ズッシリ感はあるけれど
もハードな感じはせず、とてもプニプニ感が強い。

"つるもち"とは、麺の感じも異なりますが、一番にダシが違うんかとい
風に感じた。"つるこし"は香・コクの強いタイプという認識ですが、こち
らのんは、結構スッキリタイプと切れ味の良いタイプという感じ。
そういうポイントとしている部分の違いで屋号を使い分けてるんかな
って考えたりします。

●店名: 釜揚げうどん 釜楽製麺所 新宿西口直売店
●住所:東京都新宿区西新宿1-12-6
●営業時間:07:30-22:00
●定休日?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでボソボソ言ってますんで、また見てやって下さい。
東101

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さて、2019年の忘年会ラッシュも終わり、仕事納めも終わり、後は岡山
の家に帰るだけって時期となりました。
が、帰る新幹線は夕方だったので、朝はチョロチョロっと食べに出かける
事にしたのさ。
もしかしたら、それが2019年ラス麺になるかもしれんしね。

IMG96g (1)

って事で、その日の1軒目は、新宿駅の京王モール内にある"つるこし"
といううどん屋さん。
"新宿さぼてん"が有名なGREEN HOUSE HOODSという会社が展開する、
お店なのですが、国内ではここ1店舗。後は、シンガポールに2店舗の
合計3店舗。
国内より、海外でって方がプレミア感もつくし競合も少なく良いのかな。

そんな訳で、開店してまだ数分しか過ぎていない時間帯というのもあって、
他にお客さんがいない店内に飛び込んだ。
セルフスタイルの店内は、奥に長い作り。

IMG96g (2)

ってな訳で、『ざるうどん(400円)』を注文し、トッピングには『春菊天ぷら
(120円)』をチョイスしてみました。うどんは、注文してから直ぐに出てきた。
って事は・・・タイミングによっては・・と勘ぐってしまうが、これだけ人のいる
立地やから、それほど心配する事ではないのかな。

さてさて、麺は岡山県の鴨方の手延べうどんを使用している様だ。
同じ手延でも稲庭と比べると太い麺。いや、稲庭でも太いんがあったりす
るんかは知らないが・・・。が、普通のうどんからすると細目な麺線。

IMG96g (3)

手延べらしい、角の無い麺は、口の中に優しくしっとりと吸い付いてくる
様な感覚があります。ピトッとくっ付く様な感じやね。そして、とても瑞々
しい。
讃岐の様なパンチのあるタイプではないけれども、シットリとフンワリと、
そして程よいコシ感の弾力。
これはこれで、外国の方にも食べてみて頂きたいタイプやな~と思いま
す。
が、この次の次に行くお店は、外国人だらけ!!それはそれで面白い。


でもって、一応、これで東京のカウントが東京100軒目になったかな。

●店名:UDON つるこし 新宿京王モール店
●住所:東京都新宿区西新宿1-1 京王モール
●営業時間:07:00-22:30(LO22:00) 土日祝03:00-22:30(LO22:00)
●定休日:無(休館日は休み)

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterではmituki_udonでやっとります。
東100

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さて、"はつとみ"で1杯目を食べた後、江戸川橋からとことこと歩いて、
飯田橋へと向かいます。
で、2軒目にチョイスしたのは、"さぬきうどん まめ哲"というお店。
ここも事前にピックアップしていたお店なので、予定通りの行動だ。

IMG96b (13)

青い扉や屋号のフォントがカフェの様な可愛らしい感じのお店です。
さて、店内に入ってみると、お昼時でしたがまだそれ程混みあっておら
ず、私が入った後で、3組ぐらいのお客さんがパタパタっと入ってこられた。
中には常連さんもいらっしゃった様で、店員さんが「いつもので良いです
か~?」と聞かれていた。

まっ、私も何を食べようか迷ったのですが、ここは1番人気と書かれていた
『三元豚の"だししゃぶ"ぶっかけ(600円)』を注文してみました。

IMG96b (14)

麺の上に、並べられた豚しゃぶ。そこに、葱・大根おろし&おろし生姜の
薬味トリオ。見た目的にはシンプルに伺えます。

とりあえず、上の豚肉を少し避けて、麺をチュルっと食べてみますと~。
おおっ!バシッとよく張ったしっかりとした麺肌。口に触れる触感が心地
良いな~。
そして、噛めば、麺肌の張りからくる弾力に、グミ感のあるコシ感。
その強さたるは、程よいとしか良い様が無いぐらいに、絶妙なところで、
強過ぎない。しかも、弱さはない。良い具合のコシ感なのだ。

IMG96b (15)

そして、三元豚のだししゃぶも、良い旨味っ!!
豚肉のしっかりとした食感に、噛めば噛むほど旨味が出てくるって感じが
します。いや~、、これ、肉ダブルで注文しても良かったかな~って思って
しまいますな。

これは、某グルメサイトの点数が「なんでそんなに低いんや?」って思う
ハイレベルっぷり。
近場に来た時にいは、再訪問したいお店の一つですな。ってか、こっち
方面に来る用事って次はいつあるのか・・・。

●店名:さぬきうどん まめ哲
●住所:東京都新宿区新小川町8-4
●営業時間:11:30-15:00(LO14:40) 18:00-21:00(20:30)
●定休日:日祝、土はFacebook参照
●HP:https://ja-jp.facebook.com/fdmametetsu


↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓


Twitterでつぶやきをポチポチ書いてます。
東81

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さてさて、とりあえず東京・関東で有名なお店を制覇しておこうと、
色々と動いている訳ですが~。
この日は、まず四谷三丁目の"松井製麺所"で1杯目を食べた後、
新宿方面に向かい、次にやってきたのは、東京メトロの新宿御苑
前駅の近くにある、"切麦や 甚六"というお店。

IMG95t (6)

松井製麺所が11時開店なので、開店と同時に入ってパパっと食べて
来たら、良い具合か?と計画しており、その計画通り。開店時間の
少し前にお店に到着。
私が到着した直後から、お客さんが続々と集まりだしてきた。そして、
開店時間になり、店内はほぼ満席となる。
うどんを主に、お酒もあるし一品物もあるし、お店の雰囲気からする
と、うどん居酒屋と言うよりはうどん料理屋という感じかな。

そんなこんなで、私は『冷かけうどん(600円)』を注文してみました。
それだけでは少し寂しいので、『野菜かき揚げ(300円)』をトッピング。

IMG95t (7)

「打ちたて・切りたて・揚げたて(天ぷら)」の3タテがこだわりの様。
そこに"茹でたて"が無いってのは、少し「??」な気もするが、打ちたて・
切りたてって事は、必然的に茹でたてにもなるって解釈で良いのかな・・?
まぁ、とりあえずは開店時の1釜目となるので、しばらく待って、うどんが
運ばれてきました。

まず、冷かけのダシを一口飲んでみると~、これがまぁ、ふんわりと優し
い味わいのダシ。讃岐のイリコ系ダシではなく、鰹等の節系の上品で
風味豊かな味わいのダシ。
イリコガツンが好きな私としては、パンチに欠ける様に感じる部分もある
が、お店の雰囲気と合っている様に思う。

IMG95t (8)

そして麺。しっとりとしたシルキーな口当たりで、角の無い優しさ。
ややグミ系なコシ感で食感ですが、しっかりと伸縮性があって、ひっぱれば
伸びるようだ柔らかい弾力があります。そして、それがそのままコシ感と
して程よく抵抗を感じさせてくれてる印象。
これがバシッとした強い・ハードな麺だとダシが負ける様に思えるが、
そういった強さのある麺ではな分、トータル的な調和の取れた1杯という
感じですな。

そりゃ、私の好みからすると松井製麺所に軍配が上がりますが、客人
を連れていくには良いお店かも。

●店名:切麦や 甚六
●住所:東京都新宿区新宿1-17-1
●営業時間:11:30-16:00(LO15:30) 17:30-23:30(LO22:30)
         土日は24:00(LO23:00)まで
●定休日:?
●HP:http://r.goope.jp/jinroku-gyoen

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓

東46

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ