FC2ブログ
「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
さて・・・Twitterに下書きも出来てないと呟きつつ、とりあえず1つだけ
ですが、パパっと投稿~。
この次は・・・また少し間隔が空いてしまうと思う。

さて、新橋の甚三で食べました、その後の話。
まだ、新幹線の時間まではたっぷり余裕がありまして・・、なんか程よく
時間潰せるとこないかなぁ。
なんかたるかなぁ~。道端でポチポチとスマホで調べてながら・・・。

IMG95w (13)

食べる所に時間潰すところ、探せばかなりの数ある選択肢の中から、
どうやってこの選択肢にたどり着いたのかは、そして今となっては、
正直覚えてない。
まぁ、これが良い、悪いって訳ではないが、久しぶりに"つるまる饂飩"
ってチョイスも面白いかと思った。・・・・のかもしれない。

丁度、お店の前の日テレプラザでは、何かのイベントが行われており、
結構大勢のお客さんがステージを見ていらっしゃった。

が、私はそれにわき目もくれず、スタスタとお店に・・・。

IMG95w (14)
IMG95w (15)

まだお昼前でしたが、これだけ人が賑わってるところですから、お昼の
ピークでごったがいするj前に食べてしまおうというお客さんも多かっ
たのでしょう。
店内は、お客さんで一杯。比較的、小さなお客さんも多い様に思える。
他にどういうお店があるのか見てはないけれども、うどんですし、老若
男女とわない選択というところなのかな。

まぁ、普段、ブログ記事を作る時に、適当にツラツラと文字列を作って、
そこから削ってをしてゆく訳でして。ちゃんと読みなおして無い時なん
かは、誤字脱字・文章繋がってないところがあったりwww。
で、だいたい、こういう前置きの後で、本文があるのですが・・・・。
そこが、まだ出来てない・・。まっ・・・しゃーないか。

因みに、私は『おろし醤油うどん(360円)』に『ちくわ天(110円)』を頂き
ました。

●店名:つるまる饂飩 日テレプラザ店
●住所:東京都港区東新橋1-6-1 B2
●営業時間:11:00-21:00(LO20:30)
●定休日:?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterでも時々何か言うとります。
東70
スポンサーサイト



テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さて、これはまだお盆前・・・・いや、お盆かってぐらいののお話ですな。
お盆休みの前日になっても「休んで良いの?居た方が良いの?」って
ので、決めきれずにいた。
夜になって、ある程度のメドも立ち、「じゃぁ、俺、明日から休みに入る
よ?」って決まった訳なのですが・・・。

当然、新幹線の予約も取ってなかったので、駅に行って「岡山までで
どこか指定席開いてるところ。」って予約入れたものですから、新幹線
の時間まで、随分、余裕ができてしまった。

IMG95w (10)

さて、空いた時間で何しようか・・・。あんまり遠くまで行くのはしんどいし。
比較的近場でご飯食べつつ時間を潰して・・・を満たせる場所を調べる。
どっちかと言えば、食べるところ優先で。
で、見つけたのは新橋。
東京でも、ジワジワ色々なお店に行く事が出来ているが、その中での
お気に入りの1つ"甚三"の新店が5月に新橋にオープンしていたので。

お店に着くとお店前に、生卵サービスのクーポン付のチラシが置いて
あったので、それをもらってみた。
券売機で『冷スペシャル(690円)』にクーポンの生卵付き。
スペシャルは、鶏天と豚肉の組み合わせ。

IMG95w (11)

これだけでも、麺が隠れてしまうぐらいのモリモリ感。
そこに・・生卵を落とすと~・・・・・あああっ!!!!!!!!!!!!!
白身がドウルンッと肉の上を滑り丼の外にこぼれる・・・・。あああぁ・・・・・。
しっかりと、真ん中にくぼみを作ってから割ればよかった・・。勿体ない事
をしてしまった・・・・。不幸中の幸いか、黄身は丼に留まって良かった。

そんなこんなで、ズビッと麺を啜ると~・・・。
うん。良いねっ!!やっぱり、私好み。麺は本店・浜松町と比べると、僅
かに細いかなって思えるやけども、ムギュっとした噛み応えに歯切れ感
はたまりません!

IMG95w (12)

そして、肉の旨味がダシに優しく広がるの。
ダシの旨味に、豚肉の風味。さらに、そこに加わる生姜の風味も、豚肉と
相性が良いのは言うまでも無いよね。
なんか、色々な旨味が1つに合わさって、1つの器の中に凝縮されている
様な感じ。
もちろん、麺は主役として存在感があり、噛む楽しさがあり。それをコー
ティングするダシ。

うむ~・・・やはり東京の中でも、私の中での1番って言われると、なかな
か決められず困ってしまうが、間違いなく上位、3本・5本の指には入る
具合の私好みかな~。って思う。

●店名:自家製さぬきうどんと肉 新橋 甚三
●住所:東京都港区西新橋1-19-3
●営業時間:11:00-15:30 土11:00-14:00
●定休日:日祝

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

極々稀にTwitterにも・・・。
東69

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

浜松町の甚三で食べた後~。
やはり1軒で終わらないのは、いつものパターン。そのまま第一京浜
(国道15号線)を新橋駅方面にトコトコ歩いて~。環二通り・外壕環状
線を左へ。ほんで、ちょっと行って右っ!
どっちが表か裏か解らないけれども、桜田公園の周囲にある、
"おにやんま 新橋店"に到着。

IMG95u (18)

時間はお昼時ちょい前というのもあって、まだ、店の外まで並んでる
状況では無かったが、店内には多くのお客さんがいらっしゃるのが
伺えた。
券売機はお店の外、↑写真の左側にあって、とりあえずここは鉄板
の『とり天ぶっかけ冷・並(450円)』食券を購入。
お店は入口と出口が別れる一方通行な方式で、入口すぐに注文カウ
ンター、お店の奥側がスタンディングな客席スペースになっている。

店内に入ると、注文カウンターに数人の待ち列ができていたが、
流石の回転スピードで、うどんを受け取るまで2分かかったかどうか
ってぐらいか。

IMG95u (19)
IMG95u (20)

うどんの上に鶏天がトントントーンと3つ乗せられています。
ビッとエッジの出た麺は、結構ビヨンビヨ~ンっとした伸縮性・弾力性の
あるグミコシな麺。やけども、必要以上にグミグミしてない感じで、歯切
れ感も良い。

欲を言えば、もっとガッツリ感が欲しいかと思ってしまうのですが、そも
そもワンコインでお釣りが返ってくる額やし、贅沢は言えないか。
ってか、Moreガッツリなら、トッピングで足せばええやん。

偶々なんかもしれんけど・・・、学生さんかな?結構若いお客さんが多
かった様に思う。平日昼と休日昼とでは客層が違う感じなのかな?

●店名:おにやんま 新橋店
●住所:東京都港区新橋3-16-23
●営業時間:07:00-23:00 土日祝07:00-22:00
●定休日:無(臨時休業有)

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでつぶやき中。mitukiで検索すればそれっぽいのが出てくるはず・・
東56

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

この日は小雨降る中、浜松町へ。
浜松町で下車して思い出した!そうや!こないだ、ここで駅から出るのに
迷ったんや!という寂しい経験を思い出した。
で、その時には"もり家 東京店"に行ってるんやけど、そう言えばなんで
ココへも来なかったのか?と一瞬疑問に思ってたしまった。が、答えは
シンプルで、夜は営業してないんやった。

IMG95u (15)

ってな訳で、やってきたのは"甚三"というお店。

↑の写真をよく見ると写っているのですが、屋号の前に「肉」の文字。
(写真中央部の黒い幟の屋号の上に赤い文字でね。)
ウリは肉うどんの様子。
それも、どうやら普通の「肉うどん」は豚肉の様で、牛は「牛肉うどん」と
牛・豚の2種類がラインナップ。
さらに、牛か豚かどっちにするか悩む人用(?)に「合い盛り」もある。
これは・・・余計に迷うやないか。

IMG95u (16)

入り口入って左側に、券売機がある。
もちろん、牛か豚か迷ったさ。迷ったけれども、後ろに人が並んでいた
ので、とりあえず、私は『冷・肉うどん(620円)』の券を購入です。
店員さんに食券を渡して待ちます。

気持ち太めに見える麺は角がガシッと立っていて、噛めばバッツンバッツン
の歯切れの良さがメッチャ心地よい!
でもって、バッツンバッツンな麺やけど、固い感じは無い。スルスル入るわ。
このかんじの麺は私の好みに近い方向性。
これは近所にあるなら通うタイプやな。

IMG95u (17)

豚肉の味付けは淡く、それほど付けられて無い様に感じられる。
その分、豚の旨味・甘味がしっかり感じられて、良いなぁ~。そしてその
旨味がかけダシにも良く合ってる。
冷かけダシと合わさっても、豚肉の風味邪魔する・される感じがなく、
豚の旨味と、ダシ香ばしさがしっかりと引き立てあっている。
そういう点では素のかけダシは、ちょっと弱目な具合なのかもしれない。
であれば、"温"か"ひやあつ"の方が、より香り立って良いのかも。

どういう系譜のお店なのか、少し調べてみたら、どうやら神保町の"丸香"
のご出身だそうで。麺の感じは違う印象やけども、なるほどね~。

●店名:自家製さぬきうどん 甚三
●住所:東京都港区芝大門2-6-10
●営業時間:11:00-15:30(麺切終了) 土11:00-14:00(麺切終了)
●定休日:日祝
●HP:https://udon-jinza.com

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterではmituki_udonでやっとります。
東55

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さて、浜松町の"もり家"で1杯食べて、浜松町駅へと戻ってきた。
もり家に行く前に駅をウロウロしている際に発見した"親父の製麺所"と
いうお店にも、折角なのでついでに入ってみる事にした。

浜松町駅構内にあるお店とあって、お店の前を通る人は多いし、店内に
も、そこそこお客さんが入っていた。
・・・・親父の製麺所って他のとこでも、どっかで見た気がするな~・・・。

IMG95p (23)

後で調べてみたら、どうも"親父の製麺所"を展開しているのは、"株式
会社日本レストランエンタプライズ"という会社。
店舗情報を見ると、色々なJRの駅の構内に出店している模様。
そうか、前に武蔵小杉で見たんだ。
で、その"日本レストランエンタプライズ"の会社情報を見ると、どうやら
JR東日本(東日本旅客鉄道株式会社)の子会社みたい。だから、駅に
出店してるんやな。
そば・うどん・ラーメン・カレー・和洋中・バー・カフェ等、沢山の店舗ブラ
ンドを展開している。うどんだけで4ブランドを展開。そうか、品川駅の
"手延べうどん水山"も、このグループなんか。

IMG95p (24)
IMG95p (25)

さてさて、そんな訳で私もお店に入り、直ぐ気付いたのが、うどん注文
カウンターの奥にいくつも並んだ丼。丼には既に麺が入れられてスタン
バイOKな状況。
うどんを注文すると、それらを冷やして・温めてってしてくれるんやろう。

そんな訳で、『ぶっかけうどん(370円)』を注文。並んだ丼の一つを取り
麺を冷水で捌いて渡してくれる。
とりあえず、トッピングに『とり天(150円)』をチョイスして、いただきまーす。
麺は自家製麺ではなく、「香川で製麺したものを店舗で茹で」ていると
HP書いてあった。
タイミングの問題かな・・・・。

●店名:本場さぬきうどん 親父の製麺所 浜松町店
●住所:東京都練馬区東大泉4-3-18-102
●営業時間:7:00-22:00 土日祝7:00-21:00
●定休日:無(年末年始は別)

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterでも時々何か言うとります。
東32

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ