FC2ブログ
「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
"四ツ木製麺所"で1杯食べた後。
続いて、前回、祝日だった為、泣く泣く撤退する事となった"賞讃"と
いうお店にリベンジへ。この日は普通の土曜日やから、大丈夫!!

お店に到着したのは、開店の数分前。
既に10人近いお客さんが並んで待っておられたので、私も並びます。
開店時間が来て~・・・店員さんが順にお客さんを席に案内してゆき
ます。

IMG96l (31)

私も店内のカウンター席に通されて、メニューを眺めます。
うどんメニューの所に、"あつあつ・ひやあつ・ひやひや"が選べる様に
記載されているのが嬉しいね~。
"ひやひや"は夏季限定の様なので、この時期なら間違いないでしょ。
気になったのは、"元気玉"??玉子かな・・??

しかし、豚肉の誘惑が・・・。
つーことで、『豚うどん豚肉W・ひやひや(830円)』を『大盛(120円)』を
注文してみました。

IMG96l (32)

暫くしてうどんが運ばれてきました!
麺の量、結構多いね!大盛は1.5倍・特盛は2倍なので、これは1.5倍
なのですが・・・。結構なボリューム感!

とりあえず、麺をズビビビっと食べてみますと~・・・・。
ん~・・・美味いねっ!!!
固いって感じのない、絶妙なコシ感。ナチュラルな讃岐って感じの麺で、
結構私好みなタイプ。
あんまりグミグミもし過ぎず、パンっと張った麺肌。その表面を過ぎると
グッとくる程よい抵抗感。とっても良い具合!

IMG96l (33)

そして、ダブルにした豚肉もタップリ。
そんなにドンっとイリコって感じでもない様に感じられますが、豚肉の
旨味が"ひやひや"のダシに混ざり合い、良い具合の香ばしさになって
くれます。その点、元々のダシの風味がどんなんかは解らなくなって
しまうが・・・。
が、シンプルに炊かれた豚肉も具として、とっても良い感じ!

比較するとすれば"甚三"の肉うどんかなって気がしますが、どちらも
良い具合で、後は麺やダシのイリコ感の好み次第かなってところやね。

●店名:さぬきうどん 賞讃
●住所:東京都葛飾区東四つ木2-18-4
●営業時間:11:00?-14:00?
●定休日:日祝

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでボソボソ言ってますんで、また見てやって下さい。
東148
スポンサーサイト



テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

この日は、前に行った時に祝日定休日で撤退したお店にリベンジしに
行く予定でして・・・。

あっちが開店時間が11:30なのに対し、こちらは土日11:00開店なの
で、前回と同じルートで、まずこの日の朝食に"四ツ木製麺所"で一杯
食べてからのリベンジという計画です。

IMG96l (28)

前に来た時も雨やったなぁ・・・。
ん・・・、前回来た時と外観写真を撮った位置が、ほぼ同じやなぁ。
まぁ、そんな事はどうでもええとして、開店時間になりお店に一番乗り!

さて、四ツ木製麺所では、普通の麺とは別に葛飾産の小松菜を練り
込んだ"小松菜うどん"がありまして、うどんに+80円で小松菜の麺
に変更にできるのです。
もちろん、前回はスタンダードな麺を食べているので、今回は小松菜
うどんで注文するつもりです。

IMG96l (29)

ってな訳で、『冷かけ(400円)+小松菜うどん(80円)』を注文して、
トッピングに『ムキえびかき揚げ(210円)』。

恐ろしくは無いが、恐ろしい事に、そうこうしている間に、お客さんが
どんどん集まって来て、うどんが運ばれてくる前に他の席では既に
宴会が始まってる!
前もそうでしたが、スゲェなぁ。まだ朝11時って事よりも、その時間
帯から人が集まれるお店であるってのが凄い。
本当に、地域に馴染んで、地域の人の憩いの場として成立し、人が
集いたくなるお店って事でしょう。
あっ・・とりあえず、話を元に戻そう。

IMG96l (30)

麺には結構粗目な小松菜が練り込んでありますね。はっきりと存在が
わかります。
通常の白い麺はシュッとストレートな感じでしたが、こちらは白と比べる
と太く感じ、太さにバラつきも伺える。色物麺やから、機械使えなかった
りするところがあるのかな?
そんな麺をチュルリと食べてみると、こちらの方がズシっとした食感の
様に感じられますな。

ダシの風味もあるので、小松菜が苦手な人でも、別に気にならないと
思います。でも、これを釜揚げか、釜抜き醤油で食べてみると、小松菜
の風味もより出てきて面白いのかもっ!って気がします。

【過去の四ツ木製麺所】
2019年12月06日・・東京都葛飾区(京成立石) 四ツ木製麺所

●店名:四ツ木製麺所
●住所:東京都葛飾区東立石 2-11-7
●営業時間:11:30-14:30 17:30-22:00、
        土11:00-21:00、日11:00-19:00
●定休日:月、火曜昼

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

極々稀にTwitterにも・・・。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さて、今度は葛飾駅界隈から中川を超えて、中川と江戸川の間へ。
中川公園を通り抜け、飯塚橋を超えて、とことこ~っと。
葛飾清掃工場の前を通り過ぎて、キュッと左に!!
この辺りは住宅街か~というところにありますのが~、"蓮"といううどん
屋さん。こちらも、民家ですな~。

時間は13時を過ぎた頃合いですが、数組のお客さんが。結構賑わって
おりますな。

IMG96h (57)

そんな具合で、私はカウンター席に座り、メニューを眺めますと~。
基本となる「かけ・ざる・ぶっかけ・生醤油・釜玉」は同じ価格で、麺の量で
価格が決定するシステム。もちろん、別料金のメニューもありますが。
麺の量は、小・並・中・大・特大・メガの6サイズ。
小が150g、並で250g。メガは1kg!!

ってな訳で、『かけうどん・中(430円)』。中は並よりちょっと多い350g。
それに『かしわ天(130円)』をトッピングしてみました・
で、かけうどんは「ひやあつ」でオーダーです。

IMG96h (58)

熱目なダシで程良く温もった麺は、引っ張ればヌーっと伸びる伸縮性。
しっとりとした麺肌が口内に優しく触れ、舌に乗っかる感じで、モッチリっと
した強い粘りコシな感が前面出て、モッチモチな食感が良い感じ。
温ならではの優しさがあるうどんですな~。

でも、個人的な好みと言うか、やっぱり最初は素直に冷たいうどんの状態
で食べてみれば良かったかという気持ちもあったり。
初訪問で"ひやあつ"ですら、少し冒険過ぎた気がしなくもない。
夏になれば"ひやかけ"も準備されてたりすると嬉しいな~。

IMG96h (59)

かけダシは、関西系な宗田節等の節と昆布が表に出た感じですが、
結構複雑と言うか、深みのあるテイスト。あまり尖った感じはせず、昆布
の丸みがそう感じさせてくれている様に思える。

そういう点では、麺とダシのバランスの良さが光る印象で、こういうモッチ
リな麺故にバランス良く感じられるんだろうな~。
なので、"ひやかけ"は、それはそれでどんな感じになるのか、少し想像
がつかず、どんな感じになるんやろう~って気になります。

●店名:うどん 蓮
●住所:東京都葛飾区水元3-10-17
●営業時間:11:30-14:30 17:30-20:30 土日祝11:30-15:00 17:30-20:00
●定休日:火・第3水

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでつぶやきをポチポチ書いてます。
東114

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

五葵でワシワシの麺を頬張った後のお話。
今度は亀有駅の東側にある、"菊家"といううどん屋さんを目指してみま
した。

一旦、環七通りまで出て~・・・・。
環七通りから横道に"さぬきうどん"の文字を発見!
(一応、環七通り沿いにも看板出てます。)

IMG96h (52)

つかつか~っと横道を入っていきますと、そこにあるのは、お店・・・ではなく、
と言うより綺麗な一戸建て。
しかし、ちゃんと暖簾が出ております。

IMG96h (53)

東京って・・・結構、完全に自宅っぽいお店多いなっ!!こっち来てからも、
パッと思い出せる範囲で何軒も。
少し不思議と言いますか、やはり場所や地価・賃料等を考えると、そういう
選択肢もありなのだろう(やむを得ずなところもある?)。小スペースのお店も
そういうところからの工夫の結果やろうし。

とりあえず、玄関から中へ入ってみます。
入って、右手がリビング・・もとい、客席エリア。右側が厨房の様だ。

そんなこんなで、メニューを見て『ごまだれうどん+胡麻ラー油(680円)』を
注文してみました!
ゴマだれに胡麻ラー油。それが合わない訳がない。

IMG96h (54)
IMG96h (55)IMG96h (56)


麺は超ソフティー!!前のがあるから、余計にそう感じるのもあるかも
しれないが、柔らかくモッチリとした食感。
コシの強いってタイプではないけど、プチプチな切れる様な死麺とも違う。
瑞々しさと、スルンっと喉を超えて行く、この食感はとても心地良い!!

胡麻ラー油はゴマだれとはセパレートで、ミルクピッチャーに入って出て
きます。追い胡麻はお好みの量でって感じですな。
私は・・・一気にダっと入ってしまったのもあって、結構大量に入れてしま
った訳なのですが、それ故に、しっかりとしたピリ辛がとても良いアクセ
ントになってます。
これまで食べた中でも、ゴマだれ系でピリ辛感のあるものはあったけど、
これはこれで良いなか~。

●店名:さぬきうどん 菊家
●住所:東京都葛飾区亀有3-27-22
●営業時間:11:30-14:30? 17:30-20:00?
●定休日:木

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでボソボソ言ってますんで、また見てやって下さい。
東113

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

葛飾区!
葛飾区と言えば亀有でして、亀有と言えば亀有公園でして、となると
やっぱり派出所。というイメージ。
ってな訳で、亀有公園に行ってみました。
噂?には聞いていたが、本当に亀有公園前に派出所は無いんやね。
普通の町の公園感半端ない!
駅前に交番はあるけど。北口の交番は、建物似せてるっぽい?

まっ、それは置いといて~。本題はこっち。
前々から食べてみたかった、吉田のうどんが亀有の五葵というお店で、
食べられるという話を聞いて、行ってみました。

IMG96h (49)

讃岐やと比較的色々なところで食べれるけれども、吉田のうどんとなると
比較的限られているので、山梨・富士吉田市出身の方は、地元の味を
求めて食べに来られたりするんやろうか。

開店前からお客さんが集まってきていて、開店と同時にほぼ満席状態に!
うどんの麺は、黒=吉田のうどん。白=讃岐うどんのどちらか選べる。
ここはやっぱり讃岐・・・??いや、でも・・・折角来たんやから・・・。
ってな訳で、『冷やしうどん・黒・大盛(650円)』を注文してみました。

IMG96h (50)

しばらく待って運ばれてきたうどんは~・・・確かに黒い!!
そして見るからにゴツイ!!!麺の茹で時間は、黒が10分、白が15分ら
しい。随分、朝茹での様ですな。

チュル・・・チュルっとと言うよりズゴッと食べてみますと~、ごつごつ!!
しなやかさ皆無のガチガチ・バキバキ!
ギュッと詰まった麺密度に、芯のある茹で具合。
ここまでになると、讃岐の剛麺ってのとも違う感じのゴツさ!!
道久製麺所とかの剛麺とは系統の違う剛麺という印象。
強いてグループ分けしてゆくと、先日食べた武蔵野うどんのとこ井と近い?
近いというより路線としては似てるところがある様に思える。

IMG96h (51)

ただ、この麺のハードな食感を、コシと呼んで良いのか?ってのは、私には
解らない。(私の中では、コシと言うより、固いに分類される)
ただ、このゴツゴツをワシャワシャ食べる感じ。
半端なく「麺喰ってる~!!」
って感じです。

マジで顎が疲れた・・・。

でも、なんでこういう状態の麺になったんやろう??
なにかしら過去を辿ってゆくと、ここへ至った経緯があって面白そうだ。

●店名:自家製麺うどん 五葵
●住所:東京都葛飾区西亀有3-20-14
●営業時間:11:30-14:30 17:30-21:00
●定休日:第1木、第2・第4日曜(連休の場合営業)その場合は連休明け日、第3・第5木曜夜、
       日曜夜(月曜日連休を除く)
●HP:https://udon-itsuki.com

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでボソボソ言ってますんで、また見てやって下さい。
東112

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ