「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
さてさて、阿南市から徳島市・鳴門市をウロウロして、鳴門ICから岡山に向けて
帰路に着いた訳なのですが、もちろん休憩地点は津田の松原SA。
ブログ記事のタイトル、津田の松原SAは不規則な書き方をしてるから「No」が
よく解らん・・。なので、とりあえずNo.3ぐらいにしとく。

もちろん行きしなにも津田の松原SA(上り線)に立ち寄って一休みしたんですよ。
でも、残念ながらあなぶき家は営業時間前でまだやってなかったんよね。

IMG37 (8)
↑これは過去の使い回しだ~!!

時間はもう直ぐおやつ時。この時間帯でも、うどんを食べてるお客さんはチラホラ
見受けられるが、やはり食事時とは様子が違うのだろう。
そう言えば・・・、お昼時にここに来た事ってあったっけ・・??
多分無かった様な・・・。上り線の方でしたが、初めて第3回八十八箇所巡礼
来たの時は、多分お昼前ぐらいだった様な気がする。その後、さぬき市物産
ワイナリーに着いたのが13時過ぎだった様な気がする・・・。
まっ、思い出話は横っちょの方に置いておこうか。

ってな訳で、『ぶっかけうどん・小(350円)』を注文してみました。
トッピングには『牛肉コロッケ(130円)』。

IMG90f (9)

ふむ~・・・やっぱり葱が乗ってるのと乗ってないのとでは、写真の見え方や
印象が全然違うねぇ。葱無しだと色合いのアクセントが無いので、弱々しい
というか、品祖というか。正直、美味しそうに見えないねぇ・・・。

最初っから葱が乗ってるのなら仕方ないのですが、私は食べるのに葱不要
なんだけどねぇ・・。
実際問題、私としては葱を乗せる乗せないは、いつも悩むところ。
葱セルフのお店で、乗せてるのは写真の見栄えの為と言っても良いぐらいだ。

IMG90f (10)

麺は箸で持ち上げた感じ、ドッシリとした重量感がある様には感じなかった
けれども、これが食べてみると結構バキバキっとした固コシ気味の麺。
麺肌にはグッとした張りがあるけれども、バキっとした内側の感じの方が
強く印象に残った。
時間帯が時間帯なので、麺が長持ちする様にやや茹でを浅くしてたり調整
してたりするのかな?

そうだぁ・・岡山庭瀬のあなぶき家にも、また行ってみんといかんなぁ。
与島SAのうどん屋にも寄ってみようかなぁ~。そんな事を考えながら、
ペロリと平らげて、結局そのまま岡山へ帰ったのでした。

【過去の津田の松原SA】
2010年10月24日・・さぬき市津田町 津田の松原SA 上り&下り No.2
2009年11月27日・・さぬき市津田町 津田の松原SA(下り線)
2009年11月05日・・さぬき市津田町 津田の松原SA 上り線&下り線
2009年08月06日・・さぬき市津田町 津田の松原SA(下り線)

●店名:津田の松原SA(下り線) あなぶき家
●住所:香川県さぬき市津田町鶴羽939-1
●営業時間:10:00-21:00(土日祝は8:00~)
●定休日:無

↓↓↓いつもありがとうございますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterではmituki_udonで探してみて下さいな。
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

第4回 関西讃岐うどん西国三十三カ所巡礼』始まりました!!!!
チェックシートやお店のお休み情報等は↑のリンクから。掲示板もあり、最新情報が
投稿されている可能性もあるので要チェックです。

----------------------------------------------------------------------------------

さてさて、更新は約2日に1回ペースできて1ヶ月以上、ほぼ岡山以外のネタで
続いておりますが、まだまだ続く予定です。途中何回かは岡山のうどん屋が
入ると思うけど、1ヶ月近くは岡山以外ネタが溜まっている予定。

で、この日やってきたのは、さぬき市の"みさと"といううどん屋さん。
こちらのお店は東部流通センター内、香川東部地方卸売市場のところにある
朝6:00から営業しているうどん屋さん。
一応、東部流通センターの敷地内にありますが、一般の人も入る事ができます。

IMG81v (13)

私がお店に入ったのが、朝の9時過ぎ。
恐らく、この"市場"という場所が賑わうのはもっと早い時間というイメージがある。
たぶんそれは間違ってはいなんやろう。というのも、朝の9時過ぎでシャッターが
開いて中の見える香川東部地方卸売市場は閑散としている様に見えた。
きっと、この時間では市場関係者の方々も引き上げているという時間なのだろう。
それもあってか、店内は先客1名という状態。新聞を見ながらのんびりされている。
やはり朝6時の開店直後からが賑わう時間なんだろうか?
お店は15時(麺切れ終了)までやっているので、もしかするとピークは朝だけじゃ
ないのかな?

って事で、入り口入って左側の注文カウンターで『ぶっかけうどん(300円)』を
注文し、トッピングには『ちくわ天(80円)』をチョイス。

IMG81v (14)

むむ~・・麺はいくらか時間が経過している様に感じた。
やっぱり、タイミング悪かったかなぁ・・・。もっと早い市場が賑わっている時間の方が
確実なのかという印象。

純白の麺は、程よくエッジ立ったシュッとした麺線。
麺肌のプリプリっとした張り感、跳ねる食感はしっかりしてるんだけど、
麺の粘り・弾力というコシ感は、残念ながらこの時はあまり感じられなかった。

市場とかこういうところにあるお店は、相場として美味しいお店である傾向が
強いので、今回は完全にタイミングの問題というところだろう。

IMG81v (15)

しかしながら、おっ!と思ったのは、このダシ。
これがあっさりとしたタイプのぶっかけダシなんやけど、麺との相性がめっちゃ
ええと思う。あくまでも、この日食べた麺の状態との兼ね合いもあるんやけど、
すっげぇ柔らかい印象やのに、麺と絡んでも負けている感はないの。
逆に、麺が良い状態だったらどうなるんだろう?とは思うんやけど、なんとて
このバランス感は良かった。

朝6時にこの辺りか~・・・。機会あるかなぁ~?

●店名:讃岐うどん みさと
●住所:香川県さぬき市長尾西1160-2 (東部流通センター内)
●営業時間:6:00-15:00
●定休日:日?木?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterでも時々何か言うとります。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

高松自動車道、高松中央ICから約25kmぐらい東側、引田ICから約15kmの
ところにある津田の松原SA。
まぁ、何度かこのブログにも書いたし、津田の松原SAにセルフの讃岐うどん屋
さんがあるのは有名な話。

先週頭に徳島まで行って帰ってした時のこと。
徳島で食べた物はまた後日書くとして、やっぱりというか・・当然というか。
行き帰りの上り線・下り線の両方に立ち寄ってきました。

津田の松原SA 上り線。
通りかかったのは、12時ちょっと前。お昼前に軽く摘み食い。

IMG73a (6)

『かけうどん・小(290円)』と『コロッケ(120円)』。

IMG73a (7)
IMG73a (8)


津田の松原SA 下り線。
今度は、19時頃。

IMG73a (12)

『かけうどん・小(290円)』と『メンチカツ(100円)』。

IMG73a (13)
IMG73a (14)


お昼は、お昼のちょっと前だったのでタイミングが良かったのか、なかなかプリプリ
ピチピチの麺で良い感じでした。夜は、やはり時間が時間だったと言うか、ちょっと
残念。まぁ、当たり外れというのも讃岐の醍醐味と言えなくもないのかなぁ・・?

【過去の津田の松原SA】
2010年11月27日・・さぬき市津田町 津田の松原SA(下り線)
2009年11月05日・・さぬき市津田町 津田の松原SA 上り線&下り線
2009年08月06日・・さぬき市津田町 津田の松原SA(下り線)
2009年05月09日・・最近のお話
2009年02月08日・・さぬき市津田町 津田の松原SA(上り線)
2003年03月27日

●店名:津田の松原SA あなぶき家
●住所:香川県さぬき市津田町鶴羽939-1
●営業時間:10:00-21:00(土日祝は8:00~)
●定休日:無




↓↓↓いつもありがとうございますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterではmituki_udonで探してみて下さいな。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

『第3回 関西讃岐うどん 西国三十三ヶ所巡礼~!!』今年も開催中!!
チェックシートやお店の営業情報はリンク先をご覧ください!!


おおおっ!? 暖簾出てる!!!

IMG40 (13)

かつて、製麺所を中心に巡っていた時期がある。
今でも行くお店の候補を決める時に、その傾向は変わってないと思うのだが。
とりあえず、『さぬきうどん全店制覇攻略本』に載ってる製麺所区分のお店に
全部行こうと思ったのが2002年の事

そっから、順々に踏破してゆき、全店制覇攻略本2002年版において残ったのが
高松の"森製麺"と坂出の"三嶋製麺所"とさぬき市の"大山製粉製麺所"の3軒。
三嶋製麺所と森製麺は2002年11月25日に踏破。残1軒。
そうこうしてる内、もうこの時に発売されてたのかどうかは忘れたが、
全店制覇攻略本2003年版に新たに掲載された三豊の"須崎"。
それで、後2軒。

もちろん、それまでに何度か大山製粉製麺所まで行ってみたのだが、運が悪かった
のか、ことごとく暖簾の出ていない状況。ほんと、4回ぐらいは行ったと思う。

そうこうしてる内に、"須崎"を2004年8月20日に踏破
この時点で発売されてた最新の全店制覇攻略本・現在発売されてる最新の全店制覇
攻略本に、新たに追加された製麺所があるのかどうかは確認していなかったが、
とりあえず行こうと思った時のリストで残った1軒が、ここ"大山製粉製麺所"でした。

なかなか大川の方まで来る機会がなかったので、2003年以降、足が遠のいて
いた状況だったのですが、ついに暖簾が出ている状況に遭遇!!


迷わず、駐車場に車を停めて突入です。
客席奥のカウンターのところでお店の人に『ぶっかけうどん(180円)』を注文。
なんかトッピングしようかなとも思ったが、ここはシンプルに何も付けずに
頂きます。

IMG40 (14)

うはっ、美味っ!
ツルツルっとした柔らかな口当たりながら、ムッチムチっとした張りに伸縮性、
もっちりっとした粘りあるコシの麺。ダシこそは「まぁ、こんなもんかな。」って
感じではあったけれど、これが残り1軒の麺かと思うとしみじみ味わえる麺だわ~。
           (↑2002/2003年時の全店制覇攻略本の製麺所区分)

IMG40 (15)

決して鋭さのあるタイプの麺ではないけれど、このモッチリしたタイプの麺は
鍋とかに入れてもしっかり味を吸い込んでくれて美味くなりそうや。
麺そのままでも美味しいし、そうやって汎用的に使える万能な感じも、ここの
特徴かもしんないね。

●店名:大山製粉製麺所
●住所:香川県さぬき市大川町富田西2596-4
●営業時間:11:00-13:30
●定休日:土日祝

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでも少し呟いています。mituki_udonで探してみて下さいな。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

10月と11月に・・・・

IMG37 (8)

何回ここに・・・・

IMG37 (9)

ほぼ毎回、上りと下りで一休みするから・・・・

IMG37 (10)

立ち寄ったんやろか・・・・

IMG37 (11)

覚えとらんが・・・

●店名:津田の松原SA(下り線) あなぶき家
●住所:香川県さぬき市津田町鶴羽939-1
●営業時間:10:00-21:00(土日祝は8:00~)
●定休日:無

【過去の津田の松原SA】
2009年11月05日・・さぬき市津田町 津田の松原SA 上り線&下り線
2009年08月06日・・さぬき市津田町 津田の松原SA(下り線)
2009年05月09日・・最近のお話
2009年02月08日・・さぬき市津田町 津田の松原SA(上り線)
2003年03月27日


↓↓↓いつもありがとうございますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterではmituki_udonで探してみて下さいな。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ