「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
サラリーマンにとってはお盆休み終わって平常モードの8月終盤のお話。
チビッ子達にとっては、夏休み最後のイベント。
ってことで、瀬戸大橋を渡って香川県へ。

香川へ行くと、食事の選択権は私にある。
ってことで、「今回はいつもと違う感じのうどん屋さんにしてやろう・・・・。
そうや!まだ、釜揚げは食べた事ないやろ。」ってな訳でも、善通寺の
"長田in香の香"をチョイス。

IMG92l (11)

11時ちょい過ぎに到着するも、駐車場はほぼ一杯。お客さんの列も入口付近
まで伸びていた。

私「じゃぁ、『たらい』にするか。」
相方「えっ!?小でも6玉って書いとるよ!?そんな食べるん!?」
私「まぁ、大やと多いけど、小やと丁度ええぐらいか、ちょい足りんぐらいやと
  思うよ。」
相方「えぇ?どんだけ食べるん!」
私「3人が1玉ずつ、俺が3玉。ほら丁度。でも、俺の予想やと足らんと思うよ。」

IMG92l (12)

『たらいうどん・小(1000円)』
私「このダシが、香ばしくてええんよねぇ。」
相方「確かに美味しい。いりこのダシが香ばしいのってこういう事なんやね。」

4人で黙々と食べる。
香の香は8年振り。前から麺はこんな感じやったんやっけか?
やっぱりダシの印象が大きくて、麺の印象が薄れがちですが、釜揚げにして
軽い麺肌の張りがあって、アルデンテな麺。

麺が無くなりかけると、自分の食べる分を確保すべく皆一斉に麺を取るスピー
ドが上がる。奪い合いが始まる。

IMG92l (13)


アッと言う間に最後の1本まで麺なくなり、たらいには茹で湯が残る。

相方「そういやぁ、うどんは蕎麦湯みたいにはせんの?」
私「ん~。やったこと無いな。駄目な訳じゃないけど、蕎麦みたいな風味は
  ないからねぇ。それに、たぶん塩分過多になるかな・・。」

そして案の定、ちびっ子1号が「もっと食べたい!」と言う。
私「見てみ、うどん注文するところ一杯並んでるやろ、とりあえず出て、別ん
  所に行こうか?」
ちびっ子1号「ほんと?じゃぁ、アイス食べたい!!」

私「えっ(; ゚Д゚)」

【過去の長田in香の香】
2008年05月27日・・5月24日 香川ツアー5/9 善通寺市 長田in香の香
他、HPの方にあり〼・・・。

●店名:釜あげうどん 長田 in 香の香
●住所:香川県善通寺市金蔵寺町1180
●営業時間:09:00-17:00
●定休日:水、木(祝日の場合は営業)

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterで稀につぶやき中。mitukiで検索すればそれっぽいのが出てくるはず・・
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

臨時休業だった斉賀製麺所を後にし、とりあえず善通寺方面に向かう。
その途中で、尽誠学園の近くにさしかかった時、
ふと「そうや。確か尽誠の野球グラウンドの裏な方やったよな。」と思い出し



こちらの大将のお店、白川うどん(本店)へ。
上の似顔絵は、入口横の白い看板に書かれています。





何にしようかな。今日は昨日程の暑さじゃないとはいえ、雨が降ったり止んだりして、
ジメっと暑い。そんな時は、すっきり『ひやひや(200円)』。
("そんな時"じゃなくても、冷たいうどんばっかりやけど)

葱と、なかなかカラフルな揚げ玉をかけて・・・




いただきま~す。

ズゴ~!
ガッシーン!!
剛腕大将の打つ剛麺!
グミグミ感がほとんど無く、硬コシ系の麺が好きな人にはたまらない、
顎が疲れるかと思うぐらいのがっしり剛麺!
麺を噛み切る時「ブチッ」っという擬音語が聞こえる様だ。

ひやかけダシは、冷やされた事でイリコの甘味、後でホロッとくるエグ味。
麺の風味とダシの旨味の双方が柔らかく口に広がって美味い。

で、お気に入りはこの天かす・揚げ玉。
赤っぽいのと黄色っぽいのと2数種類ぐらいの揚げ玉が混ざっていて、
これ自体にも味が付いている様に思える。ダシに入れていても、なかなか
ふやけずに、うどんを食べ終わってもザクザク感が残ってて、ダシの最後の
一滴まで、とても面白いアクセントになってくれる。

●店名:白川うどん
●住所:善通寺市櫛梨町500-1
●営業時間:10:30-15:00
●定休日:月

←バシバシの剛麺です! m(_ _)m

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

花鳥さんご一行との、讃岐うどん食べ歩きツアー、その5/9!

道久製麺所を後にし鳥坂峠から11号線を善通寺方面に向かい、長田in香の香へ。

うーん、なんかめっちゃ久しぶりな気がするなー。



食べ歩日記を遡ると、2002年8月17日の記録が最後。
その時とその前の2002年7月6日の「やっぱ、大にしとけば良かったなー」というのが
頭に残っており、今回は後悔(?)しない様に『釜あげ・大(350円)』を注文。

徳利からダシを器に入れて、ワクワクしながら待つ。
ダシをちょびっと味見。ん~やっぱり美味い!
このイリコの香ばしさ。たまりませんな~。
ダシの徳利は、テーブルの上に置きっぱなしになっているので、
若干温くはなっているが、私には丁度良いぐらい。

そうしてる間に木札の番号が呼ばれ、うどんが運ばれてきた。




ではでは、いっただっきま~す。

ダシの香ばしさと、釜あげ麺の香ばしさ。
熱々でハフハフいいながらも、ずるずる箸が進みます。
麺はモッチモチで軽くフワフワっとした食感の柔らか目。
ここまで、船の中から4軒約5玉喰うとるけど、あっさり食べれるわー。

やっぱ・・・冷たいのも食べたらよかったかな・・・。

しかし同じ釜揚げで比べた場合、麺だけを考えると孫弟子にあたる
大阪『桂ちゃん』の方が好きかもと思ってしまう。
まぁ、この辺は好みの問題やからアレやけで、桂ちゃんの麺を
香の香のダシで食べてみたいねー。

●店名:長田in香の香
●住所:善通寺市金蔵寺町本村1180
●営業時間:9:00-17:00頃
●定休日:木、第2・4水


←FC2ブログランキング参加中 m(_ _)m

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

花鳥さんご一行との讃岐うどん食べ歩きツアー、その3/9!

当初の予定では、「喰うかい→上杉食品→大平製麺所」の順だったが、
フェリーの到着が若干遅れたこと等も重なって、時間的に上杉食品をパスし、
善通寺の大平製麺所に向かう事に。

私にとっては2005年4月2日以来。3年ちょいぶりか!!



初めて行く人は、絶対に驚く製麺所として名高い大平製麺所。
朝だけしか製麺していないうえに、知らなければ見つける事は難しく&入って
いいのかわからない様な製麺所。

入り口をくぐり少し奥へと進むと「おおっ!」っという様な光景が広がる。

年期の入った釜と麺切り機。かっこええわー。





私「すいません。十何人おるんやけど大丈夫ですか?」
おばあちゃん「あー、お兄ちゃん前にも来てくれた方やね~。今、ちょっと
        器が足らんわ。洗ってくるきん、待って下さいねー。」
覚えていて下さったとは嬉しい話。


茹で上がった麺をベ匠の手つきで、おばあちゃんがちゃっちゃと玉取りしてゆく。
早速、麺を『1玉(60円)』もらい醤油をささっとかける。

見てごー、この瑞々しさ溢れるうどん。
もー、見るからに美味さが伝わってきます。




ずずず~っと至福の麺を口に運ぶ。

ガツンとくるインパクトある麺ではない。
ふんわりと優しいし口当たりでありつつ、粘り強くもっちりムニューっとしっかりしたコシ!
ジワーっと麺そのものの風味が広がります。やっぱ、美味いわ~。
家が近所やったら、仕事出勤前に毎朝食べて行くね。

大平製麺所も値上げか~。それでも、1玉55円→60円。
「もうちょっと上げてもいいんじゃ・・」と思うのは私だけ?



←食べたくなってきた? m(_ _)m

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ