「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
さて、久しぶりの鳥取県のうどん屋さんになりますかな。
年に1~2回は鳥取県に行く機会はあるが、フラッと歩くチャンスはあまり
無い寂しい具合でして。
そんなこんなで、約4年ぶりの"ちよ志 南吉方店"。

IMG_93a (7)

まだ、お昼ちょいと早目な頃合いですが、チラホラとお客さんが集まって
きてる感じで。恐らく12時越えたら一気にドッとお客さんが来て、一気に席が
埋まるんだろな~。と容易に想像できる。

ってな具合で、『うどん・大・冷(390円)』を注文して、丼をもらいます。
トッピングは~・・『まいたけ天(100円)』にしよう。
ダシは・・・前回はぶっかけダシをかけて食べたので、今回は温かいかけ
ダシを注いで"ひやあつ"で頂くことに。

IMG_93a (8)

ダシを注ぐのもセルフサービスで、こちらも本店と同じく"甘口"と"辛口"の
2種類が用意されています。
以前、本店で甘口傾向だったと記憶しているので、今回は辛口を多目にし
ようと・・。先に甘口を注いだのが失敗だった。
先に甘口のかけダシを注いだら、予想以上に多く注いでしまって、結局の
ところ甘口:辛口=7:3ぐらいになってしまった。

IMG_93a (9)

やや太目な麺線でツルリと滑らかな麺肌。ダシで麺が少し温まった影響なの
か、タイミングの影響なのかは解らんけれど、見た目の太目な印象程は麺に
ガシッとした感じはせずに、内側にしっかりいた粘り強い感じに思えた。
なので、ヤワヤワし過ぎておらず、噛み応えがある。

前回と同様に粘りゴシな系統ではあるが、少し印象が違った感じ。

って、トッピング・・・前回も『まいたけ天』やないかぁ~・・・。
ワンパターンと言うか、ブレてないと言うか・・・。

【過去のちよ志 南吉方店】
2013年08月23日・・鳥取県鳥取市(鳥取) うどん ちよ志 南吉方店

●店名:うどん ちよ志 南吉方店
●住所:鳥取県鳥取市南吉方1-25
●営業時間:10:30-21:00?
●定休日:無?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

アカウントをお持ちであれば、ぜひTwitterで探してやって下さい。
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

ちよ志南吉方店で軽く1杯食べた後の事。
さぁて、まだ暫く時間はあるので・・・、思い切って前々から行ってみたかった
お店に行ってみる事にした。
ちよ志南吉方店よりほぼ真北、直線距離にして約2.2km。直線には進めないの
でクネクネ歩けば3kmちょいぐらいか。ってな事で、テクテク歩く事30分ちょい。
暑い・・・死にそうだ・・・汗が滝の様だ。もう、嫌だ。タクシー捕まえるか?等と、
苦行の様相を呈しながらも、なんとかたどり着いた"久松うどん はなしょう"。

IMG89g (4)

"久松うどん"って何ぞや?と思ったが、お店の北東側の鳥取城跡等ある山が
久松山で、その辺り一帯が久松公園なのか。
因みに久松公園の"久松"はYahoo!辞書によると「きゅうしょう」と読むらしい。

お昼時というのもあって、店内はお客さん一杯。

IMG89g (5)IMG89g (6)

とりあえず、『ちく天ぶっかけ(600円)』を注文してみた。
このちく天はあご入りのちくわで、餅天もついてくる。

しばらくして、うどんが運ばれてきました。

IMG89g (7)

麺の上には、あご入りちくわ天・揚げ餅・葱・わかめ・大根おろしに生姜。
あご入りちくわは、普通のちくわと比べてコストがかかるからなのか、少し小さ目。
その分、「ちくわドーン!」的なインパクトに欠けてしまう部分を補うのが餅天や
わかめの役割だろうか。

やや細身の麺は、気持ち透明感がある様に見える。
麺はムニュムニュっとした優しいグミの食感。こりゃなかなか美味いぞ。
ニュンニュン伸びる伸縮性があって、柔らかいのに切れないしっかりとしたコシ。
固さのない柔らかいグミの様なコシ。
食べるとツルンと喉を滑り降りてゆくような感覚が素敵。

なるほど、某グルメサイトでこの地区のランキングNo.1なのは理解できる。

IMG89g (8)

あご入りちくわ天は・・・あごちくメッチャ香ばしくてうまー!
揚げたてなので、ちくわの風味・飛魚の旨味・風味がしっかり感じられる。
これ美味いわ。それだけに、もっと大きなちくわ天だったら嬉しいなぁと思い
ながら食べ終える。

あぁ・・・また、こっから炎天下の中を歩いて行かないかんのか・・・。
それが億劫で仕方ない。

しかしまぁ、とりあえず鳥取のお話は2軒で終わり。
さぁて、もう直ぐお盆期間だ~!!

●店名:久松うどん はなしょう
●住所:鳥取県鳥取市東町3-362-1
●営業時間:11:00-15:00 17:30-19:30
●定休日:火(日~水は昼のみ)

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterも時々、ほんと時々・・・。
鳥7

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

愛媛行って広島行って。今度は鳥取へ~。
鳥取駅に着いたのはお昼前。この日は電車移動なのでフラフラとあまり遠く
まで行けない。しかも、この日は超暑い。
駅近辺でどっか食べる所を探してみるのですが・・・、やっぱうどんでしょ。

ってな訳で、向かったのは鳥取駅から10分ちょいにある"ちよ志 南吉方店"。
ちよ志は昨年後半に賀露本店に行ったけれども、お店も人気してたし、なかなか
良い感触だったので、こちらも安心できそうだ。という点からのチョイス。
ここまで駅から1kmもない距離なのに、汗だく。

IMG89g.jpg

お店は一般的なセルフスタイル。まだ11時代前半なのに結構お客さんが多い。

お店に入って、まずはうどんの注文。
メニュー表ではシンプルに「うどん・カレーうどん・ざるうどん・釜あげうどん」が
サイズ毎に記載されていた。「うどん」はかけうどんの事だろうな。
冷たいんはざるうどんか~・・と思っていたが、良く見ると「うどん」の下に「温・冷」
という記述を発見。かけに冷たいの!?冷やかけ?そう思って、『うどん大・冷
(380円)』を注文してみた。
トッピングには『まいたけ天(80円)』。

うどんのかけダシはお会計の後にセルフで注ぐ方式なので、ひやかけダシも
あるのかなぁ?と思っていたが、見当たらず。まっ、"ひやあつ"で良いかと
思ったところで、薬味コーナーぶっかけダシがあったので、それをサッと
かけていただきます。

IMG89g (1)
IMG89g (2)

なかなかズッシリとした重みを感じる麺を、ズズッと口に入れると、見た目以上に
麺の存在感というか、力を感じます。
気持ち太めに感じる麺は噛むとほど良い抵抗感があり、ぶりぶりっとした跳ねる
感のしっかりした活きの良い麺。それでいて、固さはなく、麺肌の張りに弾力感、
それに内側の軽い粘りコシがとても良い具合。
美味しいねぇ。人気するのは解る。
ダシは薄色だがやや濃いタイプで、ダシが感じられるのがポイント。

で、帰り際に入り口横の看板を見ると~。
・・アレッ・・?この絵、どっかで見たような~・・・??
山越のおばちゃんのイラストに似てるけど・・・。

IMG89g (3)

ちょっと違うか。

因みに看板にはセルフの順番が書かれていて、初めてでも解りやすい。

●店名:うどん ちよ志 南吉方店
●住所:鳥取市南吉方1-25
●営業時間:10:30-21:00?
●定休日:無?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

アカウントをお持ちであれば、ぜひTwitterで探してやって下さい。
鳥6

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

岡山駅からスーパーいなばに乗って、鳥取へ行ってみました。
その数日前から鳥取では雪降ってるってのは聞いていたのですが・・・。
佐用駅だったかを過ぎた辺りから、すっかり真っ白雪景色。
雪が数センチ積もったという記憶は数えるぐらいしかないので、それなりに
珍しい風景に見えてしまう。

そんなこんなで鳥取駅に到着。
昨日までが雪、今日は晴れ。おかげで雪は溶け始め足元はズクズクです。

IMG87x.jpg

そんなこんなで、そんなにあんまり出歩く事もできず、いくらか自由な時間が
できた時にはすっかり夜。帰りの電車出発まで後1時間というところ。
普段の私なら飛ぶようにうどん屋を目指すのですが、あまり知らない土地で
足元悪く、さらに夜ともなれば、なかなか出歩くも勇気がいる。

とは言え、食べないという選択肢を選ぶのも悲し過ぎるので、とりあえず
鳥取駅にある砂丘そばへ行ってみた。
まぁ、座れる"立ち食いうどん店"という様な感じのところです。

IMG87x (1)

券売機食券制で、とりあえず名物かつスタンダードなうどんメニューと思われる
『砂丘うどん(360円)』の券を買い、店に入り店員さんに渡します。
↑のメニュー表の右に砂丘そばの紹介がありました。

食券を渡して約1分程で、うどんが運ばれてきました。

IMG87x (3)
IMG87x (2)

うどんは熱々です。が、外が寒いので体が温まっていい感じです。
麺は予想通り歯応え無くプツプツっと軽く切れる、まさしく立ち食いうどんの麺
って感じ。まぁ、お店に入る前には想像付いて解ってた事ですが、私の趣向から
は・・・・というところ。

ダシは、結構キリッとしていて、はっきりとした風味があります。ですが、あまり
ドぎつい感じはなく程良い感じが良いところ。
で、あご竹輪、食感は普通の竹輪とそんなに変わらない気がしたが、口にいれた
瞬間の風味が「あれっ?普通の竹輪じゃない。」という感じがあります。

ふぅ~、温まった~。

●店名:砂丘そば
●住所:鳥取県鳥取市東品治町? 鳥取駅北口
●営業時間:?
●定休日:?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterは気が向いたときに。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

日が暮れるのが早いね。もう外は真っ暗なのでもっと遅い時間かと思ってし
まうが、まだ18時前だ。
岡山へ戻る道中のトイレ休憩&飲み物の補充に立ち寄った、スーパーモール
鳥取へ立ち寄ってみた訳なのですが・・・・。

IMG87o (9)

あぁ~、、まぁ、これは入ってみろって意味なんでしょうね。
因みに岡山に帰って調べてみると、"さとううどん"といううどん屋さんも、この
敷地内のあるの?

さてさて、外から伺うには、時間的にはおやつには遅し・夕飯には早しという
頃合いなのか、お客さんは他に一人もいない状況。
そうなってくると、心配なのは麺の状態か。しかし、躊躇してては先へは進めぬ
って事でお店に入ってみました。

入り口入った所のあるメニュー表を前に何を食べようか迷います。

IMG87o (10)
↑これはテーブルのところにあったメニュー表。

気になるメニューは・・・『バターうどん』かなぁ。玉子は入っていないから、釜玉
の派生メニューというのとは違うっぽいな。また、気になるのが「温玉最強」と
「鳥取人はカレーが大好き」というコメント。
でもまぁ、ここはスタンダードに『ぶっかけうどん・冷・小(230円)』にしてみようか。
基本的なセルフ方式でうどん注文の場所で「ぶっかけうどん冷たいんの小」と
言うと女性店員が一瞬「えっ?」っという様な表情をしたのに気付いた。

トッピングには『ちくわ天(100円)』。

IMG87o (11)

そうか。あの「えっ?」って表情は、通常の並盛りは"中"になるからなのか。
どうりで、麺少ねぇなぁ~なんて思った。
メニュー表にも書かれてるし、気付かなんだわ・・・。
まぁ、帰って夕飯食べるし、ちょっとした間食という感じで、今日は小でいいかな。

麺のサイズ的には標準的な感じで、やや黄色味がかった滑らかな麺ですな。
とりあえず、まずは麺をチュルリっといただきます。

IMG87o (12)

ふむ・・・、初めて来るお店でベストな状況がどうだか解らないけれども、
やっぱりタイミングが悪かったのかんだろうなぁ。という印象。
麺にコシ感はあまりなく、スッと歯が通る。そこに固さ・弾力感といった抵抗感は
感じられなかった。
んでもって、ダシは結構しっかりしててキリッとしているけれども、あんまり
トゲトゲしさが無くって良いなぁ。つけダシと全く同じものなのかな?

まぁ、讃岐とうたっている訳でもないし、元がこういうのを目指した麺なのかも
しれないので、タイミングなのかもよくは解らないが、この辺りまで次に来る機会
があれば良いなぁ。と思うところ。

●店名:セルフうどん まる
●住所:鳥取県鳥取市古海514-1 スーパーモール鳥取内
●営業時間:10:30-20:30
●定休日:?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでボソボソ言ってますんで、また見てやって下さい。
鳥4

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ