「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
!!ATTENTION!!
本日のブログの内容は、"悪質な出会い系スパムについて"です。
一部に、不快と感じられる表現が出てくるかもしれません。ご注意下さい。


WILLCOMの契約・加入者は、2006年8月で4,190,100人とWILLCOMが発表しています。
中には「WILLCOMって?」って人もいるかもしれません。
WILLCOMはPHSのキャリアです(旧称DDIポケット)。

私は、そんなWILLCOMユーザなのだが、人に携帯(PHS)の番号を教える度に、
「えっ?070って何だっけ?」「そういえば、PHSってあったなー。」って
顔をされるのが面白い。
ユーザ数400百万というのは、恐らく、PHS電話利用者数だけではなく、
データ通信専用端末の利用者数も含んだ総数なんでしょう。つまり、PHSの
電話番号を常用している人は、実際400万人もいないと考えるのが自然かも。
まぁ、WILLCOMので4,190,100人に対し、電気通信事業者協会によると携帯電話の
DoCoMoは51,863,600人、auが23,919,400人、ボーダフォンが15,267,600。
携帯電話と比べると、桁が1桁違うんですね・・。

さてさて、本題に。
PHSを使って、あるフリーダイヤルに繋がらないとか、時々不便と言うか
「なんで繋がらへんねん!」って思う時はあります。ですが、ワンギリとかが
問題になってた頃は、時期がズレて、余波がちょろっと来る程度で、殆どと
言っていいぐらいありませんでした(私の場合、7年使っていて2回ぐらい)。
スパムメール(悪戯メール)も携帯よりはるかに少なく、快適な状況でした。


ですが、近年、WILLCOMの加入者数が増加するにつれ、スパムがWILLCOMの
アドレス宛てに送られて来る事も増えたと感じる様になりました。

そんな中、一昨日前ぐらいから、ウザイを通り越して「この先、どんな展開
するのかなぁ?」というスパムが1日数回送られてくる様になりました。
不快と感じる人には、うっとおしいメール以外の何物でもありませんが、
腹立たしいぐらいの稚拙感や無駄なストーリー性等があって、
マイナス方向になかなかの秀逸だと思います。

内容は、加納律子がなんとか必至に出会い系サイトに釣ろうとしている・
メール中のURLをクリックさせようとしている。というのがミエミエな
内容で面白いです。

うちには、今まで4種類が送られてきました。

1通目
『昨日私のアドレス宛てにメールが届いていて、宛先がこのアドレスになっていました。』編。
「メール送信先に間違いありませんか?
 私は加納といいます。どこで私のアドレスを知ったのでしょうか、
 掲示板でしょうか?

 私は不倫希望なので連絡先を教えてくれる人がまったくいませんでした。
 掲示板を通す事で秘密を守りながら会えると思っていました。
 その掲示板でブログを作ることができたので一応載せておきます。
 ttp://www.jpnbiz.com/r_box

 初めてなのに急に不倫をお願いしたりはしません、お話しだけでもいいですか?
 はじめはメールだけでもいいですから。
 加納律子」

2通目
『すみません、また返事をもらうコトはできますか?』編。
「先ほど間違ってメールを頂いた加納です。
 実は掲示板の書き込みというのも不倫として会って頂ける人を探していました。
 突然ですが、不倫関係で会って欲しいです。もうどうしても我慢出来なくって…

 淫らな女だとお思いでしょう。それならそれで私はかまいせん。
 そういう目的もあってのメールだったりブログだったりしますから。
 ttp://www.so-ra-e.com/r_blog
 ここから私の携帯に直接連絡してくれませんか?
 貴方には迷惑はかけません、お約束します。
 加納律子」

3通目
『それとも私のほうな女は嫌いですか?』編。
「返事を待っていましたが、何かお疑いですか?
 それとも私のような女はお嫌いですか?

 お会い出来きないでしょうか、詳しい話は電話でも携帯メールでも大丈夫です、
 番号などは私の方から連絡させて頂きますね。

 ちなみに夫には、ブログとかバレる心配はないので安心してください。
 でもこのプライベートアドレスはあまり使いたくないので、パスワードが
 かけられるメールボックスで安全に連絡をとりたいです。
 そのほうが貴方のためにも、と思います。
 ttp://www.so-ra-e.com/r_blog
 ここから携帯に直接連絡してもらえれば私は直ぐに返事が出来ます。
 夫にも絶対にバレずにいろいろな写真とかも送れますから。一度携帯に
 連絡して下さい。
 私連絡待っていますね。
 加納律子」

4通目
『夫がいないうちに連絡して』編。
「今は主人は出張でいないので連絡してくれませんか?
 このまま一方的にメールするのも迷惑だと思いますので一度私の携帯に
 連絡して下さい。
 もし無理ならはっきり言ってくれると私も諦めますから。
 どちらにしても連絡をくれませんか。

 ここから私の携帯に直接連絡してくれませんか。
 ttp://www.so-ra-e.com/r_blog
 私は携帯ならいつでも連絡が取れますから。
 出来れば直ぐに私の携帯に連絡して欲しいです。
 加納律子」

メールの内容は多少削りはしましたが、こんな感じです。
この先、どんな風に話が展開するのかが気になる所です。
送信元のメールアドレスは幾つかある様ですが、送信元のプロバイダは
どうやら中国?の様ですし、誘導先のブログは香港?の様です。

で、"加納律子 メール"で検索すれば、結構出てきますね・・。
その中には、まだ見ぬ文面も・・。
『携帯でずっと待っているのに…』編
『私負けちゃったのかな、ちょっとエッチな写真とかも載せてみたのに...。』編
『ずっとずっと待っているのに、早くしてほしい』編
『りつこです、貴方のために撮ったものがあります』編
『さっきの電話、貴方でしょうか、違いますか?』編
『携帯で直接連絡取るのは無理なんですか?』編
『お願いします、貴方しだいです。私が全て負担しますから』編
『いつまでこうして待てばいいですか』編

まだ、こんなにあるの!?って思うと、しつこいなぁ・・と感じる。
にしても、今更、こういうのにご丁寧にメール返信したりしてる人って
いるのかなぁ・・?

一応、スパムメールをテーマにしたから、注意書きしておきます。
こういうメールに対し返事・クレームを返信するのは、「このアドレスは、
ちゃんとメール読んでます」と言っているのと同じですので、くれぐれも
返信とかしない様に。
また、送信元メールアドレスが偽装されていたり、使い捨てのフリーメール
だったりして、プロバイダ等にクレーム入れても対応が難しい時が多々あります。
着信拒否にしたりして、無視するのが1番です。
(それでも、クレーム入れたい人は、ちゃんと調べてからにして下さい。)
もちろん、一緒に記載されているURLなんかにもアクセスしない様に!

あと、ここに出てくる加納律子という名前は、スパム送信側が、
勝手に作り上げた架空の人物で、実在の人物とは関係無いと思います。
スポンサーサイト
今日は、うどんが食べたい!
なんとなく、とり天ぶっかけが食べたくなったので、
また中津のたけうちうどんに行こうと出かけてみた。

が、14時前に店に着くと閉まってる。
おかしいなー戸の奥のシャッター閉まってたし・・。
3回行って2回休み。運が悪いと言うか、タイミング悪いと
言うか。

でも、うどん喰いたい虫は治まらず、新店開拓しようかとも
考えたが、近くの讃州に行く事に。

さて、讃州で何食べようかな。気持ちは“とり天”に向いて
いたので迷う。で、迷ったあげく。ざるチャーシューを注文。
すると、厨房からチャーシューを焙る芳ばしい香りが。

つけダシには、チャーシューは勿論、軽く焦がした葱、
温泉玉子が入っていて、もの凄く食欲をそそられます。
既に、お昼にご飯は食べていたんですが、この匂いで
一気にお腹が空いてきました。
今日は朝(昼?)から釜たけうどんに行ってきました。
開店の5~10分前に到着するも、既に何人もの人が並
んでいて、さらに私の後ろにも続々と列が出来ました。
勿論、開店と同時に満席。さらに外には、まだ列が
続いている状況。
今までにも、釜たけうどんがメディアに出た直後に
行列するのは何度ともなく見てきたが、ここまでの
状況は、かつて無かったんでは無いでしょうか。


さてさて、映画『UDON』公開から3週間が経った
ところで、ようやく見てきました!
映画としては「思ってた以上には良かった。」と
感じました。

でも、雀さんが御自身のブログに書いていたのと同じく、
冒頭の主人公が香川に帰るシーンには香川人として
感慨深いものがありました。
大阪に出てきて一番最初の夏休みの事。地元香川に
帰るのにJRを使い、岡山でマリンライナーに乗り換える。
そして、瀬戸大橋を渡り車窓から坂出の町・工業地帯
が見えて来た時、なぜかジーンときた。
丁度、その時のそういう気持になりました。
でも、何軒か食べに行ったこと無い店が出てきたの
には、ちょっと悔しい(行ってみてぇ!の意味)気持ち
になりました。


話は変わって、最近、大阪で道久製麺所を思い起こす
様な、剛麺が食べれるお店を発見しました。
これも近々『食べ歩日記』で。
昨日、とある用事で香川のHP掲載うどん屋一覧を
見ていた時に、ある事に気がついた。
「あれ?俺、SIRAKAWAとかHP載せてない?」
いつだったかは忘れたが、確かに食べに行った。
ちゃんと写真も撮ってる。なのにHPに載せていない。
載せ忘れている。

そりゃ、「良い点が見つからない」等の理由で、
あえて載せていないお店というのもあるにはあるが・・・。
恐らく、書こう書こうと思っている間にスタック方式(LIFO)
で別の作業が入り埋もれて忘れてしまったんだろう。

他にもそういう忘れてるお店があるんじゃないか?
と考えてみたら、思い出せる範囲で2軒あります。
まだ、ちゃんと調べて無いので全部で何軒忘れて
いるのかは解りませんが、日付は解らんとして
思い出せる範囲で書いていきたいと思います
差し詰め、「食べ歩日記 忘却の彼方」編と
言ったところでしょうか。

因みに、今それとは別に、お土産うどんについても
載せていこうかと書いています。
どちらも掲載できるかどうかは未定です。
昨日は、近鉄百貨店 阿倍野店で開催中の『第6回 四国四県味と
技めぐり』に行ってきました。
今回、香川の讃岐うどんとして出品しているのは、
『日の出製麺所』と『めりけんや』。そして、
イートインできる茶屋として『水車』が出品しておりました。

↑水車の肉うどん

で、目的は、日の出製麺所のお土産うどんを買うこと。
このうどんが美味いんだ。

15時ぐらいに日の出製麺所のブースを覗くと、社長の三好さんが
華麗な手付きで麺を伸されていました。
で、『究極のさぬきうどん』を2袋購入。


さてさて、映画『Udon』公開となって早や1週間ちょいと
なりましたね。もう見たという方も多いのではないでしょうか。
かという私は、まだ見に行けてません。
正しくは、行くべきか行かないべきかを悩んでいるといった
所でしょうか。うどん好きとしては見ておきたい、イチ映画好き
としては内容によっては酷評してしまいそうな気もするし
(見る前から"酷評してしまうかも"と考えるのは良くないな)。
とは言え、私にとっては地元・郷土料理を題材とした映画。
やっぱ、一度は見ておくべきなのかな。
いつ見に行こうかなぁ。

さらにBBSでも書いた『小説UDON』の他、映画『Udon』関連本や、
うどん関係の本も何冊か発売されている様ですね。
『小説UDON』/東野ひろあき著/メディアファクトリー
『UDONオフィシャルガイド』/「1週間」編集部/編/講談社
『UDONバイブル』/日経エンタテインメン/日経BP社
『特別版 恐るべきさぬきうどん』/あわわ
『麺通団のさぬきうどんのめぐり方 ブームの仕掛け人が送る、アヤしくもおもしろい讃岐うどん巡り最新情報!』/田尾和俊著/西日本出版社
『首都圏&讃岐のうどんの名店150軒 いま食べられるもっとも旨い店セレクション 最強のUDONツアーズ!』/はんつ遠藤著/駿河台出版社
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ