「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
先日、OTODAMA 07にてCoccoを初めて見ました。
当ブログ「ODODAMA 07」の方にも書いた様に、それは感動すら覚える
本当に素晴らしいステージでした。

そんなCoccoは1997年にシングル『カウントダウン』でメジャーデビュー。
2ndシングル『強く儚い者たち』のヒットで一躍有名となり、翌年発売の
2ndAL『クムイウタ』でオリコン1位を獲得する。しかし、2001年に活動
停止を発表、Mステで歌い終わると走り去ったのは有名。
絵本を発売等の様々な活動を経て、昨年2006年に皆が待ち望んでいた
活動再開を果たし、現在『甘い香り』が映画「遠くの空に消えた」の
主題歌にもなっています。

OTODAMAから帰って、Coccoの『ベスト+裏ベスト+未発表曲集』を
じっくり聴きなおしています。
本日のBGMに選んだのは1997年にリリースされた『強く儚い者たち』。
Coccoの代表曲とも言える1曲ですが、やっぱ、重い・・・。

私は、その人の音楽に触れた時に"この人は怖い"と感じたアーティストが
2人いました。それは椎名林檎とCoccoです。
もちろんその2人が嫌いな訳ではありません、むしろ好きなアーティストです。
ですが、どちらのアーティストも初めて聞いた時に"歌の世界観が怖い"と
感じたのをはっきりと覚えています。
なので、CoccoのCDもじっくり聴き込むという事ができませんでした。
(『Raining』なんて、どういう状態で書いた歌なのかわからん。)

『強く儚い者たち』も、素晴らしく美しいメロディーにCoccoの歌声が
映える1曲ではありますが、歌の内容・歌に込められたメッセージは
ちょっとドロドロしたものがあります。
あー、なんちゅーか、それを言葉で表現するのは難しいが・・・
優しさに縋り揺れる心の弱さと、忘れ心を埋める為の心の強さ。
みたいな、"人"を描いた歌(と私は解釈している)なのですが、
メルヘンチックな言葉・世界の中に突如現れる現実。
これが彼女の、感情・思い・考え・気持ち等、様々な心の様子
なのでしょうか。
何にせよポジティブさもネガティブさも全てを合わせてCoccoなのです。

でも、やっぱり、復帰後の音は変わったのを感じます。

スポンサーサイト
遠くからでもちゃんと見てたアーティストだけ・・。
セットリストはあやふやです。

●マキシマム ザ ホルモン
1発目から盛り上がりましたー。
レイザーラモンRGさんをイジるMCも面白かったし。
ホルモンさんを知らない人には"ポカン"だったのかもしれませんが、
参加していた中ではホルモンTシャツやタオルを持った人が
一番多かった様に思えました。
『ロッキンポ殺し』『ぶっ生き返す』『恐喝~kyoukatu~』
『絶望ビリー』『恋のスウィート糞メリケン』『恋のメガラバ』等

●YO-KING
40代アーティスト1人目!
実は、ソロはあまり知らないんです。
なので、後方でご飯を食べながら「真心で出てたらなぁ」とも思い
ながら聞いていたのですが、やはりベテラン。言葉が力強いですよね。
『HEY! みんな元気かい?』等

●TOMOVSKY
40代アーティスト2人目!!
私が大学生の頃、音楽仲間にトモフスキーが良いってるという人が
いましたが、私自身、トモフスキーさんは、ほとんど曲は聴いた
ことありませんでした。
でも、本人も楽しんでる空気がビシビシに伝わってきて、
曲は楽しく・心地よく、知らなくても楽しむ事が出来ました。
『うたう41歳』『無計画とゆう名の壮大な計画』『スポンジマン』等

●奥田民生
そして、3番目の40代出演者となった奥田民生さん。
ギターのトラブル等もありながらも動じないのは、やはりこれまで
積み上げてきた経験なんでしょうね。
多くの人が知っている"イージューライダー"や"さすらい"等の曲や
新曲も織り交ぜ、全ての人が楽しめるステージとなっていたので
はないでしょうか。
(その分、ファンには物足りなく感じた部分があったのでは?)
それにしても、ギター上手い。本当に、箸を使う様な極自然な感じ
で弾いてる姿は、渋さが溢れていました。
『イージューライダー』『スカイウォーカー』『さすらい』等

●筋肉少女帯
40代アーティストのトリは再結成した筋肉少女帯!!
その名前や解散していたのは知っていましたが、まさか、そのライブ
を見る事が出来るとは思ってもいませんでした。
いやー、オーケンカッコええー。
ハイテンションな曲と叫ぶVo。絶妙なMC。何よりも、MCの時に
息切れしていたのも良かった。
MCには「こんな僻地で変なおじさんたちを見たという記憶を胸に
刻んで帰ってください」というのも言っていたけど、
俺も、そういう全力疾走なおっさんになりたいなぁと感じる次第です。
『踊るダメ人間』『日本印度化計画』『元祖高木ブー伝説』
『戦え!何を?!人生を』等

●MONGOL800
そういえば、モンパチも見るの初めてです。
昔、トップか何かの洗剤のCMになっていた『あーなーたーに、
会いたくてーぇ、会いたくてーぇ。』という曲を聴いた時、
「誰だろう?いい歌だなぁ」と思っていました。
そして丁度その頃、知人から「モンゴル800ってバンド良いよ」
という話を聞いていて、CDショップで手に取ったモンゴル800の
『MESSAGE』というALに『あなたに』というタイトルの曲が。
「あっ!これだ!」と思って買って、しばらくヘビーロー
テーションになっていたのを覚えています。
やっぱり、演奏もさることながら、コーラスが絶妙ですよね。
『小さな恋の歌』『あなたに』等

●SCOOBIE DO
初めて聴きましたー。もちろん、TVなんかで見た事はあったのですが、
ここまで踊れるロックだとは思っていませんでした。
「ここは混浴だ!」と言って、1人のお客さんをステージに上げ
一緒に踊ったりと、初めてでも楽しめる音楽でした。
こういう発見があるのが、フェスの良いところ!

●スネオヘアー
初めて見たのは3年ぐらい前のモンバス。その時、曲からイメージ
していたスネオヘアーと、実際のキャラの違いに驚いたのを覚えて
います。それを相方にも味わせてやろうと、木村カエラそっち
のけ(SETSTOCKでも見たから)で、露天風呂ステージへ。
浴衣姿で登場!そして、登場と同時に下ネタ含むスネオワールド炸裂!
大浴場ステージのマイクチェックや機材チェックの音に対して
「うるせー!」とか「そこら辺の暇な人、"うるさい"って言って
きて。」とか、演奏しているより喋ってる方が長かったのでは!?
と思う様なMCで笑いを誘いつつも、演奏中には夕暮れの明かりの中、
ゆるやかな世界を広げてくれました。
案の定、相方はそのキャラにショックを受けつつも、スネオ
ワールドに引き込まれていました。
因みに、曲は全部知らないのばかりでした・・・。

●THE BACK HORN
THE BACK HORNはこれで3回目。それら過去に見てきた中では、
間違いなく1番のステージでした。相方にいたっては「ワンマンも
1回行ったけど、それより良かった」と。演出・照明・演奏・音圧等
全てにおいて、圧倒的なステージでした。
これが、本当のTHE BACK HORNのパワーなんだと感じられる
ステージでした。
『ブラックホールバーステイ』『コバルトブルー』『美しい名前』『声』等

●Cocco
恐らく、今年のOTODAMAでベストアクトにCoccoを挙げる人は多いの
ではないかと思います。
私自身も、OTODAMAでのこのステージを本当に見れて良かった。
本当にそう思います。
全身を使って歌を表現する唄から訛り交じりのMCまで、最初っから
最後まで聴き入って・見とれていました。
私の拙い言葉では表せないぐらい最高なステージでした。
『強く儚い者たち』『樹海の糸』『音速パンチ』等

↓2007年8月25日 9時22分
泉大津駅から少し歩いた所の会場へのシャトルバス乗り場
既に、長蛇の列になっています。


↓2007年8月25日 9時41分
泉大津フェニックスに到着!入場待ちの列に並びます。
右に見えるのがステージの裏側。


↓2007年8月25日 9時44分
黄色いテントが入場ゲート。
左側には出演アーティストのノボリが。
これ、めちゃめちゃ欲しいっす!!!


↓2007年8月25日 15時13分
筋肉少女帯出演前です。
スタンディングエリアから後ろを向いて撮ってみました。


↓2007年8月25日 15時14分
同じく、筋少前です。
ステージ横にはOTODAMA 音楽魂の文字。


↓2007年8月25日 18時09分
露天風呂ステージにてスネオヘアー待ちです。
その頃の物販ブース。やはり、この時間にはグッズも売り切れが
いっぱいある用で、閑散としています。


↓2007年8月25日 19時03分
やばーい。THE BACK HONEが始まってしもた!早く戻らねば。


↓2007年8月25日 19時51分
残すはCoccoだけ。あと1人でOTODAMA'07も終わるのかと思うと
寂しくなってしまいます。


↓2007年8月25日 21時14分
Coccoが終了し、OTODAMA'07のメインステージのスケ
ジュールも終了です。




25日、泉大津フェニックスで開催された『OTODAMA 07』に行ってきました。
私にとっては5種類目8回目のフェスとなりました。

いやーもー、いろんな意味で最高でした。
あまりにもはしゃぎ過ぎて、翌日はぐったりと1日寝っぱなしでした。

25日朝。
私の持っていたチケット番号は後ろの方。でも、物販が長蛇の列になるのを避ける為・
入場までにグッズを買っておく為にも、早めに家を出発しました。
南海乗り換えの為に新今宮でJRを降りると、クーラバック等を持って"フェス行きます!"
みたいな人がチラホラと。
相方と「あの人達もそうやな。」等と話ながら、きっと我々も他から見れば、
そう見られていたに違いありません。

会場に着くと、既に多くの人が物販に並び、整理番号順の入場待ちの列に並んでいます。
私達も、相方と分担してOTODAMAオフィシャルグッズのTシャツとタオル。
Coccoのこっこ命Tシャツ、奥田民生Tシャツを購入。
これで安心して入場の列に並べます。

入場して、シートエリアにシートを引いて、クーラボックスや着替え等貴重品以外は
置きっぱなしで、トップバッターのマキシマム ザ ホルモンに向けて戦闘準備です。

にしても、今日は暑い!!!
因みに、今日は、お茶を2Lペットボトルで2本(計4L)持ってきました。

一般的なフェスにはあって、OTODAMAには無い物がありました。
それは、ステージ横の大型モニターです。
一般的なフェスでは、大抵、ステージ横に大型モニターがあって、演奏の様子が映されてて、
遠くからでも見えたりするのですが、OTODAMAにはそれがありません。
>>理由についてはこちら

行く前は「後方からでも見えるし、あった方がいい。」と思っていたのですが、
SETSTOCKの時の自分を思い出してみると、ステージ前のスタンディングエリアに
いるにも関わらず、チラチラとモニターを見ていたなーって事に気付かされます。
実際、OTODAMAに参加してみるとステージ一点凝視なんですよ。
ステージに集中出来る度合いが全然違う。モニター無い方が集中できる。
ただ、目の悪い私にとっては、後ろに下がると良く見えなくなるのが残念でしたが・・。

そんな感じで、レイザーラモンRGの入浴宣言の後、マキシマム ザ ホルモンに突入。
1曲目の『ロッキンポ殺し』からテンション上がりまくり。
ガッツリ楽しみ、暑さと激しさで既にちょっとバテました。

そんなこんなでフェスは進んで行ったのですが、マキシマム ザ ホルモンの後、
YO-KINGとTOMOVSKYはご飯を食べながらシートでゆっくり鑑賞。
既に、持ってきたお茶は半分の2Lを飲み干していました。

奥田民生は前の方へ、そのまま筋肉少女帯とMONGOL800を見て。SCOOBIE DO・
スネオヘアーを見る為に露天風呂ステージに移動。この頃には、持って来たお茶は
全て底をついてしまったので、屋台で500mlペットボトル2本購入。

THE BACK HORNを見に大浴場ステージに戻って、Theピーズを見れなかったのは
残念でしたが、最後のCoccoは感動ものでした。

Coccoを見るのは初めてでした。
正直なところ、もちろんCoccoはの音楽は好きです。復帰以降はちゃんと聞いていた
のですが、活動休止以前の音楽は、その世界観が怖いと感じてしまう面があり、
あまりちゃんと聞いていませんでした。
ですが、このステージを見て全てが変わった気がしました。
本当に素晴らしいステージでした。
音・声・風になびく衣装・照明等、様々な要素が重なり美しく神々しさすら感じる
ステージでした。今まで見たフェスの中でも、1・2を争うステージだったと思います。

活動休止前の曲も数曲歌ってくれましたが、活動休止前・後問わず、
ネガティブであれポジティブであれ、感情を音にするCocco。
歌う事でそれを表現するCocco。
それを見て「なんで俺は、いままでこの人の曲をちゃんと聴けなかったんだろう。」と感じ、
少し寂しくなったのと感動で涙ぐんでしまいました。

このステージを見れただけで、OTODAMA来て良かったと満足できるものになりました。

やっぱり、夏フェスはこうでなくっちゃ!
来年も、行きたいぞ!! OTODAMA!!

んでもって、この1日で2人で飲んだ水分量は、2Lペットボトル2本、500mlペットボトル3本で、
計5.5Lになりました。
今日、祖父の家から葡萄(ニューピオーネ)が2ケース8房届きました。
早速、1房食べたのですが、甘くて美味い!!



祖父の家は農家で、昔っから米・野菜の他に葡萄なんかを作っている。
(以前は桃も作っていたが、10数年前からは作っていない)
だから、毎年この時期にはニューピオーネが。ちょっと時期が遅れて
デラウェアが送られてきます。それも大量に。
この時期はただでさえ小さな冷蔵庫が葡萄で一杯になります。
なので、昔っから葡萄等の果物系を店で買った事がありません。

とは言え、これはこれで嬉しく助かるのですが、毎日1房は食べて
いかないと、冷蔵庫が空かないし、葡萄が傷んでしまいます。
小さい頃は、毎日毎日、葡萄を食べるのが嫌だった頃もありました。
食べても食べても減ってる気がしないし、食べ飽きた感もあったし。
でも、大阪へ出てきて自分で生活する様になって、スーパーで
初めて葡萄の価格を知った時は衝撃的でした。
「うそ?なんでこんなに高いの?」

相方に、そういった話をすると「贅沢な!」と言われるのですが、
そんなもんなんです。

因みに、米もスーパー等で買った事がありません。
今週末・3日後は、OTODAMA 07です!!
時を同じく、地元香川ではMONSTER baSH 2007が開催されます。

以前、ブログに書いた様に私はOTODAMA 07の方に参加するのですが、
「もう3日後」・「まだ3日後」で言えば、もちろん「もう3日後」な訳です。
セットストックの時も、遠足前の様な気分になったのですが、今回も同じ様に
ソワソワして、すでに荷物の準備をし始めたりしちゃってます。

1日フェスで泊まりは無いので、荷物は少ない。

鞄に入れるのは・・・・。
替えのTシャツとタオルは用意した。日帰りだから下着は要らない。
念の為の雨カッパとゴミ袋(雨の時に鞄等を入れておく用)。
それでもって、日焼け止めクリーム ←これ必須。

当日の飲み物は、前日に買ってペットボトルごと凍らせて、
クーラーボックスみたいなんに入れて持って行く。

んー・・こんなもんか。

あっ、チケットとバスチケット。
これ一番大事。

20軒目 唐庵 (通算48軒目)



今年の丸1日フルに休めたお盆休みは、17日だけでした・・・。


お盆休みがすっ飛びそうなドタバタの中、なんとか、1日だけお盆休みをゲット。

17軒目 讃岐一番 (通算45軒目)


18軒目 踊るうどん (通算46軒目)


19軒目 きぬ川 (通算47軒目)


そして、きぬ川から歩いて更科へ。暑いぞ!!

あっ・・・・



これで、更科はトリに決定。
前々からどの店を最後にするかというのを迷っていて、"唐庵"に
しようかと思っていたのでしすが、今日は今日で残念でしたが、
これで決まりですな。
やっぱり、最後は「ウマーイ!!」って言えるうどんで巡礼を結願(?)
したいじゃないですか。

でも、暑かった・・・。

13日の夜、私が会社から帰ると相方が言う。
相方「なー。夜、流星群見にちょっと出かけへん?」

私「あー。なんたら流星群ってやつ?」

出かけるもんだと思いこみ、飯を食って服を着替えていた。

相方「何?もう出るん?」

私「へ?」

相方「ピークは13日の夜から14日の明け方ぐらいがピークやで?」

私「あっ、そうなんや・・。うん。」

私は、残念ながら14日も仕事。相方もその事は承知のはず。
あまり、夜更かしは出来ない。

まぁ、なんやかんやで13日11時頃から、家から暫く歩いた
所の河川敷で観察してみる事にした。

やはり、大阪。
香川と違って、明るい。街の灯りが明る過ぎる。

目の錯覚か街灯りの残像か、はたまた本物なのかわからんが、
ちょいちょい流れ星が走った様な感覚に陥る。

14日0時30分をまわり、そろそろ眠たくなってきた。
私「俺、明日もあるけん、そろそろ帰・・・」
相方「あっ!」
私「んあ?」
相方「今、流れた!」
私「まじでー!見てなかった・・。」
相方「今のは、本物の様な気がする。・・・・たぶん。」

結局、私は見れず仕舞い。

そんな河川敷から撮った1枚。

さてさて、本日のBGMはマキシマム ザ ホルモンです。
おそらく、私がいままで"本日のBGM"として書いて来た中では、
もっともパンク・ロック寄りのバンドではないでしょうか。
昨年は『恋のメガラバ』がスマッシュヒットとなり、今年3月に
発売したAL『ぶっ生き返す!!』は未だにCDショップでPOPが
立っていたりします。

BGMに選んだのはAL『ぶっ生き返す!!』の前のアルバム
『ロッキンポ殺し』の最後に収録されているこの曲。
"歌と6弦と弟"ことマキシマムザ亮君の光るメロディーセンスと
"ドラムと姉と女声"こと亮君の実姉ナヲの、ちょっと切ない
声質が合う英詩曲です。
が、歌詞カードには「アーティストの意向により歌詞は割愛いた
します。」との事。
なんで!!??

まっ、ホルモンさんらしくていいか。



でも、そんな音楽ばっかり聴いてるわけじゃないで。
↓こういうコンサートに行ってきました。



アンプを通さない音も、ええなぁ~。

今日は、OBPで開催されている読売テレビのイベント『わくわく冒険島』に行ってきました。




キム兄こと木村祐一さんレシピのカレーと焼きそば。
焼きそば、美味かったー。



林先生こと林繋和さんのスイーツ。
トロピカルアイスキャンデーとマンゴーシューグラッセ。
美味しかったけど、なによりも、本物の林先生がおったのが、良かった。
某百貨店に時々来る、有名中華料理人より嬉しい。


会場で撮った、夏なのに秋っぽい写真。


今日は、会社帰りに1軒だけ。

16軒目 はるしん (通算44軒目)


本日は、『オーサカキング』に行ってまいりました。
オーサカキングとは、毎日放送主催のイベントで、番組にちなんだ飲食屋台やゲーム露天が
あったり、音楽のライブ、毎日放送マスコット"らいヨンちゃん(らいヨンキング)"の
ショーイベントがある今年で4回目の人気イベントです。



夕方頃にオーサカキングの会場、大阪場公園に到着。

まず、アイス饅頭を購入。
暑さでアイス溶けて、服や手がベタベタになる。

次に、宮崎地鶏炭火焼を購入。
ふむ。柔らかい。

そして、メインステージでnobodyknows+のライブを見て。
感想は、ここでは書かない。

んでもって、メインイベントの『THEらいよん王さまステージSHOW (大フィナーレ)』を見る。
このらいヨンちゃん(らいヨンキング)のテレビ局のマスコットらしからぬ脱力っぷりは、
かなりイカしております。


兵庫のどっかの道の駅で食べた黒豆ソフト。と、つばめ。


帰り道で購入したムッシュ マキノのケーキ。
キャラメルムースとモンブランの何とかしゃん(名前忘れた)。




12軒目 峠茶屋 (通算40軒目)


13軒目 麦きりトクオカ (通算41軒目)


14軒目 わけい (通算42軒目)


15軒目 がいな製麺所 (通算43軒目)





8月25日(土)泉大津フェニックスで開催されるOTODAMA 07の、
正式タイムテーブルが発表されましたね。

大浴場ステージ  露天風呂ステージ
浴宣言11:00 レイザーラモンRG
11:10 マキシマム ザ ホルモン
12:05 YO-KING
13:00 TOMOVSKY
         13:35 DOES
14:10 奥田民生
         14:50 SOUTH BLOW
15:25 筋肉少女帯
         16:00 鈴木圭介
16:30 MONGOL800
         17:05 SCOOBIE DO
17:40 木村カエラ
         18:20 スネオヘアー
18:50 THE BACK HORN
         19:30 Theピーズ
20:05 Cocco

こらヤバイわー。
あんまりゆっくりできる時間は無いわな。
11時からラストまでテンション上がりっぱなしに
なってそうです。

チケットの組数は後ろの方なので、入場して荷物置いたら
即ステージ前方へ。

ホルモンさん、YO-KINGさん見て。TOMOさんとDOESさんには申し訳ないが、
少し後ろでご飯食べながら見て。
そしたら、民生さん、筋肉少女帯さん、MON8さん、カエラさん、スネオさん、
BACK HORNさん、ピーズさん、Coccoさんと連発。
セットストック以上に忙しく、大変な1日になりそうだ。

翌日曜日は、ぐったり1日中寝てるだろうな。
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ