FC2ブログ
「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
花鳥さんご一行との、讃岐うどん食べ歩きツアー、その7/9!
松岡を出てうどん会館で、ちと小休止。

『さぬきうどんアイスの超こってり(150円)』



知らない人は「えー?」と思うかもしれないが、結構有名。
アイスの中に見える黒いのはイリコ。白い塊はうどん。
これが、食べてみるとなかなか美味い。っていうか、意外に普通の味。
私は、超こってりが結構好き。


当初の予定では、この後、坂出のがもうに向かう予定だったが、
うどんのお土産を買う為に予定変更。当初の予定には入ってなかった、
坂出の日の出製麺所へ向かう事に。

時刻は、11時50分。

うどん会館から日の出製麺所。どうやって行ったら早いかなぁ。
12時30分までに着ければ、うどんも食べられる。

うーん・・、陶の交差点から田村の前を通って坂出方面に入った方が
ええんかなぁー?それやと、時間的に厳しい可能性もあると思うし・・・。

せんさんに聞いてみると、
「栗熊の方から行った方がええんちゃう?
(多分、32号線から県道22号線に入って坂出に向かうルート)」
そうかー。そっちの回りの方が早いか。

確か、32号線から438号線を左折すれば、真っ直ぐで日の出製麺所の前に出れる。

Yさんモテモテですねぇ~。



しかしながら、ここで1つ懸念事項が・・・。
日の出に寄って「がもう」に向かったら、到着は多分1時ちょい過ぎるぐらいに。
1時越えたらがもうは厳しいなぁ・・・。
そん時は行くとしたら、近くの山下か、国分寺の山下か一福か・・・。
それか、時間的に帰りの余裕を考えて、最終目的地へ向かうか・・。
まぁ、なる様になるやろー。
スポンサーサイト



花鳥さんご一行との、讃岐うどん食べ歩きツアー、その6/9!
お腹の具合も、だんだん調子出てきましたぁー。

長田in香の香から、綾川の松岡へ。
どうやら松岡で香川の重鎮せんさんと合流予定との事。

319号線から琴平に出て、32号線で滝宮へ向かう。



んー。変わってへんなー。



そして、せんさんと合流。



「ズゴ~~~×3」って食べよる。


私は、『冷やしかけ(200円)』を注文。
それと、ここ来たら、やっぱこれも食べときたいやろー。
って事でゲソ天をトッピング。器と麺の白にゲソ天の存在感がすげぇ。




長田in香の香と比べると、やや細目に感じてしまうが、
ビッとエッジの出た艶やかな麺線。

食べると見た感じとは違う、かなりギュっと締まったがっしり系の麺。
そして、麺の軽い縮れ・捻れが口の中で踊る様な感じ。
うまはぁぁぁー!!!ええなぁ。やっぱええなぁ。

近年、関西の(大阪系)讃岐うどんのクオリティーも高水準になってますが、
やっぱり、こういう味わいのお店は、なかなか少ないからねぇ。

池上系のうどんは関西でも食べれる様になったが、宮武系のうどん屋は
関西にはまだない。近くで食べれる様になったら嬉しいんやけどなぁ。

●店名:松岡
●住所:綾歌郡綾川町滝宮1722
●営業時間:10:00-14:00
●定休日:不定


←遠慮せず、どうぞ m(_ _)m

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

本日も、『5月24日 香川ツアー』の途中ですが、一記事割り込ませます。
28日の朝には、香川ツアー6/9更新できるはずです。



さてさて、大阪駅前第3ビルに支店を出すという事で最近話題の、踊るうどん。
その事と、多分昨日"梅衛門"でノビのあるうどん食べたんの影響もあってか、
昼頃からウニョ~ン麺が食べたくて、仕事帰りにピュ~っと滝井まで
京阪電車でガダゥンゴドゥン揺られながら行ってきました。


滝井の駅に着いたのは18時15分。
駅からお店を見下ろすと、店の外に並んでる人が。

駅を出て、私も列に並んだが・・・おっ?・・あれ??


暖簾は出てる。

店の電気が点いてない。

店前の札は仕度中。

店内に人の雰囲気もないし。


夜の営業は17時30分からだったはず、今は18時15分ちょい過ぎ。
あれ・・、どしたんやろ。

暖簾出てるから、休みっちゅー事はなさそうやし、暫く待ってみようか。



18時40分前頃。
大量のネギを袋にさげて、原付で大将登場。
暖簾出したまま休みかと思ってヒヤヒヤした。


って事で、『まいたけ天肉ぶっかけ(850円)』を注文。




ツヤツヤっとニュルニュル

すげーなー、この麺。
箸で麺を引っ張り出すと、そっからウニョンウニョン伸び縮みしてる様な
ビョンビョンの弾力。
そして、口に含むとピトッと口内に吸い付く様に優しく舌に乗っかる。
で、噛むとグッグニッっと良いコシ。
麺の雰囲気程、食感がグミグミしておらず、麺が歯を押し返す様な
抵抗があるものの、程よい歯圧でプツプツッっと噛み切れる。
(擬音語って難しいなー。)

そして、“踊る”で私が好きなのは、肉の甘辛さが混ざったダシ。
これがたまらんぐらい好き。




約7年前、寝屋川に住む友人宅へ向かう時に京阪電車の窓から見て、
「『踊るうどん』ってなんや!?どんなんや?」って思ったのを懐かしく感じますが、
まさかこんなに凄いうどん屋になるとは想像もしてませんでした。

今思うと、私の好みのうどんとは方向性がまったく違ううどんでも、
美味けりゃー素直に美味いと思える様になったのは、大阪に出てきた
からこそ得られた感覚だろうと強く思う。
中でも、『釜たけうどん』の影響は大きいかな。見た目"ごつい"んやけど、
その独特のモチモチ感と喉越し。しっかりした麺でも、固い系とは違う。
元々、私が好みとしていた麺とは方向性が異なる。でも、美味い。
だから「うどんのコシ・美味さって何なんやろう?」と考えさせられ、
麺種の多様性・方向性について「こういうのもアリやな」と感じさせられた
のを覚えてます。

もし、大阪に出てくる前の私が、今の『踊るうどん』のうどんを食べていたら、
「・・??なにこれ・・?なんか変というか不思議。」で終わっていたかもしれない。

そんな事を考えた、1日でした。


←いやぁ、うどんって本当にいいもんですねぇ m(_ _)m


テーマ:うどん - ジャンル:グルメ

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ