「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
さてさて、滝井の踊るうどんで食べた後、次に向かったのは、やっぱり紅屋。

IMG_7962.jpg

チヨ子とポンデライオンが迎えてくれます。

                    ↓クリックすると拡大します。↓
IMG_7966.jpgIMG_7964.jpg

店に入ると、新しいメニューが増えているに直ぐ気付きました。

                    ↓クリックすると拡大します。↓
IMG_7967.jpgIMG_7968.jpg

『鶏天ぶっかけ』と『元祖塩釜玉』。
鶏天の誘惑と、塩の面白さと。他のメニューを見ずに、どちらにするか悩んで
しまいます。
あ~・・・ど~しよ~。お腹の具合から、2杯食べる余裕はないし・・・。

                    ↓クリックすると拡大します。↓
IMG_7969.jpgIMG_7970.jpg

ん~・・じゃあ、紅屋でしか食べられないであろう『元祖塩釜玉(740円)』にしよう!
麺が釜に投入され、大将とお話しながら、茹で上がりを待ちます。
そうして出てきた1杯がこちら~。

IMG_7972.jpg

塩昆布、桜海老、大葉、葱が卵黄を囲む様に盛り付けられています。
麺には玉子が既に絡められており、上に乗った卵黄には麺がくっ付くのを
防ぐ効果もあるのでしょうか。

                    ↓クリックすると拡大します。↓
IMG_7973.jpgIMG_7974.jpg

玉子がええ具合に固まってきています。

こちらの塩釜玉は、醤油をかけずに頂きます。おっ!美味~!
モチモチ感のある麺に、塩昆布の塩加減が柔らかに加わり、
そして、大葉と一工夫された桜エビとの風味がgood!
食べる時にフワッっと桜エビの香ばしさが鼻に届きます。

実は、塩で食べるうどんと言うのは、私も以前に試した事があります。
1回目は塩をそのままふりかけて。2回目は少量のダシで溶いてぶっかけ風に。
3回目は塩昆布をふりかけてみて。
しかし、どれもNG。1回目・2回目は論外。3回目はなんか物足りない。

紅屋の塩釜玉も、私の3回目と同じ方向に向かった一品であるが、
その時に感じた物足りなさを、うまい具合に桜エビ等でカバーしています。

これから、紅屋の名物メニューとして定着してくると良いですね~。

●店名:手打ちうどん 紅屋
●住所:大阪府守口市紅屋町5-4
●営業時間:平日11:00-15:00 17:00-21:00
         土11:00-16:00
●定休日:日祝

【過去の紅屋】
2008年12月03日・・大阪府守口市(滝井) 手打ちうどん 紅屋 No.5・・キーマカレーうどん
2008年11月03日・・大阪府守口市(滝井) 紅屋 No.4・・ちく玉天ぶっかけ(780円)
2008年08月24日・・大阪府守口市(滝井) 紅屋 No.3・・ひやかけ(820円)
2008年07月20日・・大阪府守口市(滝井) 紅屋・・冷たいかけうどん(820円)
2008年06月14日・・大阪府守口市(滝井) 手打ちうどん 紅屋【6月16日OPEN】
                                       ・・ちく玉天ぶっかけ(780円?)
                                         かけうどん(580円?)

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

今日(29日)は、京阪滝井駅に寄り道して帰ります。
滝井へ行くやし、もちろんハシゴしてます。

まずは1軒目に踊るうどん本店へ。

IMG_7950.jpg

前回はまだお客さんが他におらず、「あれ?開いてる?入っていいのかな?」と
思ったが、今日は満席近くまでお客さんで賑わっていました。

IMG_7951.jpg

さぁて、何食べようか。
最近、踊るに来たらシンプルに舞茸だけのトッピングがお気に入り。
なので、今回もトッピングは舞茸天だけにしようかなと思ったが、ちょっと贅沢に
肉も付けちゃえって事で『肉まいたけ天生じょうゆ(850円)』を薬味抜きで注文。

IMG_7953.jpg

甘目に炊かれたお肉と、サクサクの舞茸天がガガッと乗っています。

麺は、前よりもツルツルさが増している気がします。
しかしながら、グニュングニュンとしなやかに伸び縮みする麺質であり、
やや細めな麺ながらも、しっかりとしたコシのある麺には美味さがあります。
食べながら「あー。やはり踊るの麺にゴマは合ってるんだなぁ」と感じた。
特に、私は基本的に薬味は不要派な人間であるが、口にやんわりと
広がる小麦の風味に、ゴマの食感・風味は良いアクセントになっていた
んだなぁと感じます。
またしても、半分ぐらい食べたところで、ようやく醤油をチョロっとかけ頂きます。

●店名:踊るうどん(滝井:本店)
●住所:大阪府守口市紅屋町6-7
●営業時間:11:00-15:30 17:30-21:00(土日祝は昼のみ)
●定休日:第2・4・5日曜

【過去の踊るうどん 本店】
2008年12月02日・・大阪府守口市(滝井) 踊るうどん 本店 No.3
2008年08月23日・・大阪府守口市(滝井) 踊るうどん No.2・・まいたけ天生じょうゆ(650円)
2008年05月28日・・大阪府守口市(滝井) 踊るうどん・・まいたけ天肉ぶっかけ(850円)
2007年08月18日・・極さぬ巡礼・後編(8月17日)・・まいたけ天温玉ぶっかけ
2007年07月17日・・七夕バドミントン・・まいたけ天肉ぶっかけ

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

今日の記事は、昨年のクリスマスから1ヵ月後の事。

ちょいと梅田へ買い出しに行った時の事。

とりあえず小腹が空いたので、ちょっと何かを食べようかと考える。
そんな時、たかたかkyoさんがブログにアップされていた、阪神百貨店の地下2階の
フードテリア内にある、讃州一番へ行ってみた。

IMG_7847.jpg

まだまだ、開店直後とあって地下2階フードテリアは空いていた。
ちょうど、この日は催事会場で有名駅弁フェアみたいなのをやってるから、
きっと今頃そちらは凄い賑わいになっているのでしょう。
そちらが一段落して、お昼が近づいてきてたらこちらも賑わってくるのでしょう。

たかたかkyoさんのブログにあった"こだわり"の紙は見当たらなかった。

店の前で、何を食べようか考えといると入口に『モーニングセット』の張り紙が
張ってあったので、ミニうどんとかやくご飯と小皿がセットになった
『モーニングAセット(420円)』を食べる事にした。

うどんを注文してから、1~2分で運ばれてくると、鰹昆布ダシの香りがホワ~っと広がります。

IMG_7850.jpg

細麺か~。
食べて店を出た後で、入り口付近に張られたメニューの張り紙を見ると、
確かに細麺でした。

                  ↓クリックすれば拡大します↓
IMG_7851.jpgIMG_7852.jpg

早速食べてみるとコシは無くフンワリと柔らかい麺。お客さんの層を意識しているのかな?
讃州一番と讃岐を想像させる名前ではあるが、ダシの雰囲気からしても、
大阪うどんという感じを受ける。
太麺もあまりコシの強くないタイプの麺なのかな?
百貨店と言うと若者向けというより、ご年配の方も多く来られるでしょうし、大阪の
ど真ん中と言う地域柄を意識したうどんに仕上げているんだと勝手に想像しています。

                  ↓クリックすれば拡大します↓
IMG_7848.jpgIMG_7849.jpg

●店名:讃州一番
●住所:大阪府大阪市北区梅田1-13-13 阪神百貨店 地下2階
●営業時間:9:00-21:30
●定休日:不定休(阪神百貨店に準ずる)

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

26日のお昼は、ふら~っと神戸元町へ。
丁度、中華街を中心に春節祭というのをやっていた様ですが、
そちらは気にせずに、やっぱりうどん!

民藝・・・。

IMG_7936.jpg

不定休と把握してたから、まぁ、しゃーないかな・・・。
しゃーない、ちょっと歩くけど、讃也へ行きますか。

IMG_7939.jpg

IMG_7940.jpg

前は“鶏天おろしぶっかけ”を食べたから、今日は別のをと思ってはいる
んやけど・・、やっぱ鶏天には惹かれてしまいます。
う~ん、どうしよ・・・。

そんな時に目が止まったのが、『本日のお得ランチメニュー(850円)』。
これは、うどんは『きつねうどん』か『醤油うどん』と『ミニ鶏天丼』か
『ミニかき揚げ丼』の組み合わせが選べるランチセット。

もちろん、醤油うどんの冷たいのと、鶏天の誘惑でミニ鶏天丼にする事に。
あっ、折角やから、うどんは大盛(+100円)で。

IMG_7941.jpg

                       ↓クリックしたら拡大します↓
IMG_7946.jpgIMG_7944.jpg

キュッとエッジの立った美味げな麺です。
まずは、醤油をかけずにズズ~っと、美味いね~。
前に来た時よりも、麺に鋭さが増した様な気がします。
グイグイっと伸び縮みする弾力があり、グミッとしたコシも良い。

IMG_7947.jpg

讃也では、醤油が2種類。
ちょっとずつかけて食べ比べてみると、黒い方(ヤマロクの菊醤)はしっかりと
濃さのある深い味わいの醤油。白い方(小豆島桶仕込み)は、黒い方に
比べ柔らかでマイルドな味わいの醤油と感じました。
(黒い方を先に食べたから白い方が淡く感じたのかもしれない)。
私の好みとしては、白い方かな。

鶏天丼も甘目のタレがかかり、カラッとした鶏天が美味いです。

●店名:さぬきうどん専門店 讃也 SAN-YA
●住所:神戸市中央区元町通5-5-14 オープンセサミ元町通 1階
●営業時間:11:00-20:00 (日祝11:00-17:00)
●定休日:不定休

【過去の讃也】
2008年03月24日・・神戸市中央区元町 さぬきうどん専門店 讃也・・鶏天おろしぶっかけ

↓↓↓バシバシッっと応援宜しくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

って、タイトル"今年2杯目"!?
1杯目は!?

1杯目は1月10日に行ったJR天満駅前にある"むつみ屋"でした。
美味しかったのですが、何を書こうとしたか忘れてしまったので、
書けないままにしておりました。

090110-163304.jpg090110-162413.jpg

やっぱ、食べた直後覚えている間に、ちゃんとメモっとかなあかんね・・。


で、本題。先日1月25日に開催された、新麺会2009。それの、ほんのちょっと前のお話です。

今年は受付の任を受け、少し早めに会場に入る必要がありました。
ですが、その前にちょっと腹ごしらえと思って、"薩摩っ子 北新地店"に入ってみました。

店に入ると若干豚骨臭さを感じますが、さほど強烈と言う程でもなく直ぐに鼻が慣れます。
『ラーメン(850円)』を注文すると、店員さんが「ニンニクは入れますか?」と聞いて
きてくれたので、反射的に「お願いします。」と

『ラーメン・ニンニク入り(850円)』

IMG_7886.jpg

あっ、これから新麺会やと言うのに、ついついニンニク入りにしてしもた(-_-;)。
価格は、関西のラーメンの相場から考えると、ちょっと高目な気がしますが、
場所柄というのもあるんでしょうか?東天満と道頓堀にも薩摩っ子はあったと
思うのですが、価格は同じなのかな。

IMG_7888.jpg

小ぶりなチャーシューも枚数でカバー。味も良く柔らかさもあって美味しいね。

麺は普通で、スープはクリーミーな白濁でサラッとした感じ。お店に入った時の
豚骨臭から、もっとガツッとした豚骨かなぁと思ったが、結構ライトなスープ。
そして、スープに浮かぶ白いのは背油ではなく、これがニンニク。底にも沢山沈んで
おり、ホロホロとした食感のニンニクが結構たっぷり入っていて、良いアクセントに
なっている。

店の外に出て、外観写真を撮ろうとしたところで、別府さんに見つかってしまいました。
別「もしかして、今食べたの?」
私「ちょっと、軽く。」
さて、新麺会に行きますか!

IMG_7889.jpg

●店名:薩摩っ子ラーメン 北新地店
●住所:大阪市北区曽根崎新地1-1-46
●営業時間:?
●定休日:?

この前日(1月24日)に気付いたんやけど、↓の写真のお店、閉店したんですね・・・。
閉まる前にもう一度食べておきゃーよかったかなぁ。

090124-103111.jpg

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

今年も関西うどん会の一大イベント『関西うどん新麺会2009』が
北新地のイタリア創作料理モリシタで開催されました。

IMG_7890.jpg

2004年にうどん好き10人ちょいでで始まった集まりも関西のうどん屋・マスコミ
関係者を巻き込みながら、年を重ねる毎に参加者が増え、今年は150人を越す
集まりとなりました。本当に凄まじい集まりになりました。
不景気や原材料費の高騰等うどん屋さんを襲う波は、私の様な食べる側には
計り知れない部分もありますが、そういう時やからこそうどん屋さん同士の
協力・情報・良きライバル関係等の繋がりは、とても大きな意味のある事だと
思います。また、お店で見る大将とは違う一面を見る・様々な話を聞く事が出来る
のもうどん屋さん+うどん好きの集まる会ならではと思います。

過去の新麺会・・・2008年2007年 ・・・あっ、2006年より前はブログ始める前か・・。

そんな中、今年は受付担当という大役を仰せつかり、受付にて
釜たけ看板娘ガーコさんと参加者チェック・集金をさせて頂きました。

IMG_7891.jpg

新麺会に来られるうどん屋さんの大将は、ある程度は知ってはいますが
厨房内のイメージが強く、私服で集まられると、「あれ・・、どっかで見た事あるん
やけど、どこの大将やったっけか・・・?」という具合に、思い出せない事もしばしば。


そんなこんなで、新麺会開始時間となり私も席に座ろうとすると・・・
・・・・座る場所あらへん・・・。

とりあえず、空席を見つけ座ると・・・・そこは、物凄い席でした。
向いにははんつ遠藤さん、隣にはMeetやあまから手帳・KANSAI一週間の編集部の方、
さらには魔法のレストランの方、一番びっくりしたのは、「あっ!この方、電車の
つり広告で写真見たことある!」という百貨店のバイヤーさんまで。
なんか物凄い所に座ってしもた~。

まぁ、そんな事はよしとして、新麺会の様子を・・。

IMG_7928.jpg
IMG_7929.jpg

うどん屋さんの紹介ありーの・・・

IMG_7899.jpgIMG_7904.jpg
IMG_7913.jpgIMG_7916.jpg

雀さんのうどん屋表彰タイムありーの・・・

IMG_7931.jpg

しもたー・・・、料理ほとんど食べてへん・・・。

IMG_7907.jpgIMG_7908.jpg

積もる話は尽きず、このまま何時間でも面白い時間を過ごせそうな
勢いなものの、あっという間の3時間。

IMG_7893.jpg

別府さん、たけちゃんさん、いつもいつも幹事御苦労さまです。
それでもって、ありがとうございました!

最後に1枚。お店の威厳にかかわりますので店名等の表記は控えさせて頂きます。
「俺、ちょっと寝るわ~。」
IMG_7935.jpg

↓↓↓ポチポチっと応援宜しくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
今日は1月21日。
昨夜(20日)も麦笑に行っていたので、2日連続で同じうどん屋へ行くという
私にとっては珍しい事態に。

それもこれも、20日に大将が「明日来たらtomさんが来るから、"ひやかけ"できたのに!」
と言ったから。そら、行けるなら行っておかねばー!って事で、行ってみました。

IMG_7829.jpg

お店に入ると、tomさんとほぼ同時ぐらいにお店に到着。

席に座るなり、まずは『ひやかけ(450円)』注文するやわなぁ~。

IMG_7833.jpg

ダシはめっちゃすっきりなのに、しっかりとダシが効いてて美味い~!
エグ味雑味はなくコクがあり、ゴクゴク飲めてしまいます。

                   ↓クリックすると拡大します↓
IMG_7835.jpgIMG_7838.jpg

キューっと引き締まった麺は、ガシッ!ムニュッ!っとめっちゃ良いコシしてます。
脳にゆっくり味わう暇も与えないぐらいの反射的勢いで、みるみる減ってゆく麺。

ずず~!ずずずぅ~! あかん・・・止まらへん!

食べ始めてどらくらいの時間が経っただろうか。2分もかかってないと思う。
それぐらいの勢いで、あっという間に器が空になりました。
もちろん、ダシにレンゲなんて不要。デッド飲みで完飲です。


で、ここからが、22日のブログ記事でチラッ書いた激レアな一品。

IMG_7840.jpg

これ。↑の黒い液体が激しくレアな一品。

これは、麦笑の住人(?) tomさん自家製の醤油なんです!!

2008年4月14日(13日?)より毎日毎日混ぜ、長い時間をかけて作成された醤油。
(2008年4月21日の様子 、 2009年1月19日完成)
そんな貴重な醤油をいただいてしまいました!!

冷たい麺に、ちょちょっとかけて・・・・ズゴー!
はっ!!写真撮ってなかった・・・。

IMG_7842.jpg

ブログには「味の保証はありまへ~~ん」とは書かれていたものの、
ちゃんとした醤油になっています。
それも、tomさん自家製醤油は、本当に混ざり気を感じないピュアな醤油。
しっかりと濃さはあるものの、非常に角が丸く柔らかな味わいの醤油でした。
これに淡いダシ合わせてダシ醤油にしても美味いだろうなぁ~。

↓温生醤油うどん(醤油抜き)で自家製醤油を味わうtomさん御一行。
IMG_7843.jpg

本当に、御馳走様でした!

●店名:うどん居酒屋 麦笑
●住所:大阪府大阪市東成区中道1-10-19
●営業時間:11:00-14:00 17:00-23:00(LO22:30)
●定休日:日祝

【過去の麦笑】
2009年01月22日・・大阪市東成区(森ノ宮) うどん居酒屋 麦笑 No.6・・とり天ざるうどん
2008年11月09日・・大阪市東成区(森ノ宮) うどん居酒屋 麦笑 No.5・・生醤油うどんセット
2008年10月10日・・大阪市東成区(森ノ宮) うどん居酒屋 麦笑 No.4・・日替定食
2008年08月19日・・大阪市東成区(森ノ宮) うどん居酒屋 麦笑 No.3・・涼なすぶっかけセット
2008年08月08日・・【西国33】33/33 大至急!麦笑・・天ぷらひやかけ(750円)
2008年06月21日・・大阪市東成区(森ノ宮) うどん居酒屋 麦笑 ②・・ひやかけ 大(550円)
2008年04月11日・・大阪市東成区(森ノ宮) うどん居酒屋 麦笑・・ちくわ天温玉ぶっかけうどん

↓↓↓バシバシッっと応援宜しくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

21日のお昼は、難波千日前の釜たけうどんへ。
まだ11時半前やから大丈夫やろ~と思ってたら、甘かった・・・。
10人ぐらいが表に並んでいました。
逆に、千とせにはこの時誰も並んでいませんでした。

順番待って、入店~。
迷わず『ちく玉天ぶっかけ(750円)』を葱・生姜・レモンの薬味抜きでオーダーします。
10分ちょいぐらい待って、うどんが運ばれてきました~。

IMG_7824.jpg

やや太さが戻ってきてる?
滑らかでツルツルの麺が唇を滑ります。

IMG_7825.jpg

うんま~~!!
ツルツル!モチッ!ムニッ!グッ!とした、太さがあるのに固さを感じさせない
コシの食べ応えがたまりません!
やっぱり、このツルツルさを楽しむなら、私にとっては薬味は要らんかなぁ。
そして、「あっ、ちょっと一度に飲み込むには多いかな?大丈夫かな?」ぐらいの
量の麺を飲み込む時、一瞬喉につっかえそうになるが、太い麺が喉をツルンと
滑る様に通ってゆく感覚、これが素晴らしい。(※危険ですので、マネしないで(笑))。
まさに、麺のコシと喉越しをダブルで楽しめるうどんです。

IMG_7827.jpg

帰る時には行列は無くなっていましたが、次々とお客さんが入れ替わっていきます。
そしてこの時には、千とせには行列が。
釜たけの行列を見て千とせにお客さんが流れ、次は千とせの行列を見て釜たけに
お客さんが流れる様な関係になっているのかな?

【過去の釜たけうどん】
2009年01月13日・・釜たけうどん@高津宮とんど祭り
2008年12月27日・・大阪市中央区(日本橋) 釜たけうどん No.5・・ちく玉天ぶっかけ
2008年11月24日・・大阪市中央区(日本橋) 釜たけうどん No.4・・ちく天生醤油うどん
2008年08月31日・・大阪市中央区(日本橋) 釜たけうどん No.3・・いか天ぶっかけ
2008年08月09日・・大阪市中央区(日本橋) 釜たけうどん No.2・・かけうどん?
2008年07月20日・・【西国33】1/33 釜たけうどんよろしくね!・・ちくたま天ぶっかけ(750円)
2008年06月05日・・大阪市中央区(日本橋) 釜たけうどん・・ちくたま天ぶっかけ(750円)
他あり、ブログ内検索で探してみてね

●店名:釜たけうどん
●住所:大阪市中央区難波千日前4-20 せんだビル1階
●営業時間:11:00-16:00(麺切れ終了)
●定休日:月

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

西九条駅出たら右側の階段を下り、降りた直ぐ右側にある立ち喰いうどんのお店。
こちらはちゃんと椅子もなくカウンターだけのお店だ。

IMG_7819.jpg

店に入りまずは食券の購入。冷たい麺として"ざるうどん(330円)"もあったが、
こういう所では温かい方が吉だろうと思い『天ぷらうどん(310円)』にしてみた。

お客さんを待たさないこのスピーディーさが立ち食いのええ所。
食券を大将に渡してから1分も待たずに、目の前にうどんが置かれます。

IMG_7820.jpg

丸っぽい、もっちりやわやわの麺。
揚げられてから時間が経過し、衣が固くなってる天ぷら。
だからこそ、ダシに漬けてもそんなに直ぐに衣がふやけないし、
ちょっとずつ衣を解しながら食べれば、天かすは不要です。

にしても、立ち食い系のお店ってそんなに数は行ってないけども、天ぷらは
だいたいこういう形してるよね?なんで?
でもって、中から出てくるのは小さな海老。
まぁまぁ、またそれが立ち食いって感じがして良いんやけどね。

IMG_7822.jpg

●店名:うどんの吉
●住所:大阪市此花区西九条3-16-18
●営業時間:6:00-21:00
●定休日:日祝

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

20日のお話。
昨年12月18日にフラてから、ちょっと慎重になりすぎていたのかな。
「開いててくれ~」と願いながら、フラ~っと森ノ宮の麦笑に行ってみた。

IMG_7796.jpg

良かった~、開いてた~。
いやいや・・・前回は、こう思ってから店のドアの張り紙でやられてるから、
まだまだ気は抜けない!!

しかしながら、ここでまた"貸切です"みたいな神がかったシチュエーションを
用意できる程、残念ながら私はそんなに才に溢れる人間ではない。
普通に開いておりました。

この時間(18時半頃)は、麦笑の穴場タイムの様だ。
まだまだ、宴会を始めてるお客さんもおらず、これからのピークタイムに向け
大将も串の準備をされていた。

メニューが新しくなっていました。

                    ↓クリックしたら大きくなるよ↓
IMG_7806.jpgIMG_7807.jpg
IMG_7831.jpgIMG_7830.jpg
IMG_7804.jpgIMG_7805.jpg
IMG_7803.jpgIMG_7802.jpg

やっぱり、とり天にはなにやら人を引き付ける不思議な魅力?があるなぁ・・・。
優柔不断の私が、特に迷う事もなく『とり天ざるうどん(800円)』を注文。
麺が茹でられる約十数分待って、運ばれてきました。

IMG_7808.jpg

ん~。麺が艶々と綺麗です。
天ぷらには、とり天4ヶとかぼちゃ・いんげん・海苔。

                    ↓クリックすると大きく見えます↓
IMG_7811.jpgIMG_7812.jpg

ニュ~っと力強く伸縮性のある麺は茹でたてで瑞々しく、風味もちゃんと感じられて
麺の美味さが心地良く感じられる。
ざるの漬けダシは、しっかりとダシの香りが豊かで、濃過ぎたり薄いという事もなく、
漬けダシなのにそのまま飲めてしまう美味さです。
そんな、麺とダシが合わさって美味ない訳がない。そのまま飲めてしまうダシも
麺と一緒に食べて弱く感じる事なく、麺との相性も抜群に良い。

IMG_7816.jpg


すると、大将が「どうですか?」と訊ねてきました。

さぁて、何て答えようか。
その結果、素直に美味かったのを伝えるのに飾る言葉は不要と判断。

私「美味いですよ!」

シンプルですが、それが一番。

大将「明日来たら、xxxが来るから●●●●できたのに!」
なんやって~!ほな、2日連続やけど行けたら行ってみるかな。
その時に激レアな一品を頂いたお話は、25日更新予定です。

●店名:うどん居酒屋 麦笑
●住所:大阪府大阪市東成区中道1-10-19
●営業時間:11:00-14:00 17:00-23:00(LO22:30)
●定休日:日祝

【過去の麦笑】
2008年11月09日・・大阪市東成区(森ノ宮) うどん居酒屋 麦笑 No.5・・生醤油うどんセット
2008年10月10日・・大阪市東成区(森ノ宮) うどん居酒屋 麦笑 No.4・・日替定食
2008年08月19日・・大阪市東成区(森ノ宮) うどん居酒屋 麦笑 No.3・・涼なすぶっかけセット
2008年08月08日・・【西国33】33/33 大至急!麦笑・・天ぷらひやかけ(750円)
2008年06月21日・・大阪市東成区(森ノ宮) うどん居酒屋 麦笑 ②・・ひやかけ 大(550円)
2008年04月11日・・大阪市東成区(森ノ宮) うどん居酒屋 麦笑・・ちくわ天温玉ぶっかけうどん

↓↓↓バシバシッっと応援宜しくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

天政で軽く1杯の後、ビックカメラでお買い物をしたのが19日の事。
さらにその後のお話。

お腹の具合もうどん1杯じゃ、ちょっと微妙なので、ナンバウォークを西に進み、
地下鉄なんば駅をさらに少し越えた所にある、"うどん王 ナンバウォーク店"へ
行ってみた。
こちらはご存じの方も多いかもしれないが、株式会社ダイニング・クエスト
展開するうどん屋グループ。

IMG_7788.jpg

19時ちょい前で、お客さんで賑わっていても良さそうな時間帯ではあったが、
この日はそういう雰囲気でもなさげ。

「これは、ハズレ引くパターンかなぁ~」と思いつつも、お店に入ってみた。
なかなか静かな店内に、「ええっ?入ってええの?」と少し不安になりつつ、
天ぷら・オプションコーナーをスルーして、レジ前へ。

IMG_7795.jpg

ここでは、レジの所でうどんを注文するシステムで『ざるうどん(450円)』を注文。
すると、厨房で蒸篭から玉を取るのではなく、麺を水で洗い締める様の大きなカゴ
から麺を取るのが見えた。
おおっ!?もしかして、Goodタイミングだったのかな?

IMG_7794.jpg

早速、麺だけを食べてみると、やっぱり茹でてからほとんど時間が経過していない感じ。
かなりプリプリっとした麺は、なかなか強い固コシ系の麺。
グミ・モッチリ感は少なく、讃岐うどんと言ってイメージされる様な麺質。
店に入る前には「ヤバいかな・・」と思っていただけに、予想外の良さでした。

IMG_7790.jpg

●店名:うどん王 ナンバウォーク店
●住所:大阪市中央区難波2-2 虹のまち1-9
●営業時間:?
●定休日:地下街定休日による

【過去のうどん王】
2008年08月20日・・大阪市中央区(北浜) うどん王 北浜店
2008年03月07日・・HPに掲載していないうどん屋 3/4

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

今日は怪しくはないけど、ちょっとおもっしょい所にあるうどん屋さんです。
いや、うどん屋さんってカテゴリーでは無いか。うどんの食べれる所です。

どうおもっしょいかと言うと、笑いの殿堂NGKこと難波グランド花月の地下1階にある。
ん~・・・、あんまおもんないか? もちろん、"NGKが2じゃなくて、場所の事ね。
・・・という冒頭まで作って行ってみた『花月食堂』。
食券券売機に休業中って貼られとった・・・。

って事で気を取り直して、ビックカメラの裏手側にある天政へ。

IMG_7783.jpg

こちらは椅子はあるけど、雰囲気は立ち食いの様なお店です。
いや、立ち食いカテゴリーに入るんじゃないかな。

18時半頃で、厨房をコの字型に取り囲むカウンター席は、ほぼ満席。
っても、お客さんの入れ替わりも早いので、そんなに待つ様な事も無い。

私も席に座り、『天ぷらうどん(270円)』を注文。先にお代を払っておきます。

店員さんが"大黒屋"と書かれた蒸篭から茹で麺を取り出して、しっかり熱々に
なるまで温められます。で、麺を丼に移して大量作り置きの天ぷらON、ネギもバサッと
乗っけて、ダシをドバー!っと注いで・・って、厨房のお兄さん、ダシ注ぐのが勢い
ありすぎて、手にかかんりょったけど大丈夫かいの。
まぁ、そんなこんなでスピーディーにうどんが目の前に置かれます。

IMG_7784.jpg

IMG_7785.jpg

麺も天ぷらも立ち食いクオリティーではあるが、これはこれで美味いね~。
体が温まる一杯です。

●店名:天政
●住所:大阪市中央区難波3丁目3-3
●営業時間:?
●定休日:?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

ささ、今日(16日)もフラフラと船場センタービル内をウロウロ。
再びこのお店の前を通りかかったので、入ってみました。

IMG_7767.jpg

肥後橋のお店で酸味あるぶっかけだしを頂いてから、昨年10月に船場店にも
1度来た讃岐うどん 千万喜です。
船場店では前回しょうゆ系を頂いているので、今回はこちらでもぶっかけ系の
うどんを食べてみようかな。

写真手前側の入り口を入ってまずは天ぷらコーナー。
18時過ぎで、この時は残っている天ぷら類は少な目。
残念ながら、コロッケは残っていなかった。
その中でも気になったのは、げそ天。思わずトッピングに取ったのがこちら↓。

IMG_7773.jpg

なかなかの大きさでしょ。
しかしながら、気になったのはこれの大きさじゃなくて、天ぷらコーナーに残っていた
他のげそ天。一番手前にあった写真のゲソ天を取ると、その奥から出てきたのは、
この半分ぐらいの大きさのゲソ天。
確かに、コロッケや練り物と違いサイズが不揃いになりやすい物ではあるが、
その差はなかなか大きかった。ですが、ここにも落とし穴。

で、うどんは何食べようかなぁ~。メニューはなかなか豊富なので、迷ってしまいます。
『おろしカツうどん(380円)』

IMG_7770.jpg

カツみたいなのが乗っており、赤いのは梅ソース。
ぶっかけダシは、やはり酸味が効いており少し違和感を感じるが、他とは違うお店の
個性と感じる部分。ぶっかけうどんのダシと言うより、冷やし中華等のタレの様な感じ。
梅ソースの酸っぱさと合わさって、夏に食べたらめちゃめちゃさっぱりとして合うんだ
ろーなーという具合。
カツは冷えていたが、ガリガリと天かす不要の食感でした。

IMG_7772.jpg

前回も思っていた事なのですが、なんとか天ぷら類の温かさをキープする事は
できんやろか?
げそ天もカツも冷えて固くなってるのが残念に思う。
特にゲソ天・・・噛み切るのに顎疲れた・・・。欲張って大きいのにするから・・。

●店名:讃岐うどん 千万喜 船場店
●住所:大阪府大阪市中央区船場中央1-4 船場センタービル3号館 地下2階南通
●営業時間:8:00-19:00
●定休日:日祝

【過去の千万喜】
2008年10月17日・・大阪市中央区(堺筋本町) 讃岐うどん 千万喜 船場店
2008年04月30日・・大阪市中央区(淀屋橋) 讃岐うどん 千万喜

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

今日(14日)のお昼、てるてるぼーずさんのブログでこの写真を見てから、
どうしても食べてみたくなったので行ってみた、情熱うどん讃州。

IMG_7755.jpg
やっぱ、↑この看板、かっこえぇなぁ。

店に入ると、大将がカウンター席に座った紳士となにやらお話中。
お名前を伺えば、巡礼達成者のアンタックさんではありませんか!
おぉ~、こんな所でお会いするとは。

とりあえず、今日は迷わず『釜チャーシュー(850円)』を注文。

大将から「普通のでいいの?(普通じゃないのは、坦々Ver)」と誘惑のお誘い。
かなり、心揺さぶられながらも、今日はグッと我慢して普通ので。坦々Verは次回!
しばしアンタックさんとお話しながら待ちます。

そうして、木桶に入った釜チャーシューが運ばれてきました。

IMG_7756.jpg

                  ↓クリックすれば拡大します↓
IMG_7757.jpgIMG_7758.jpg

釜揚げ麺!この麺!美味~!まじ美味~!
これは、なんというか流石としか言いようが無いでしょう、この麺。
温でも楽しめるしっかりしたコシ!かといって茹で具合が足りず固さが出てる
訳でもなく、絶妙な加減。麺の風味があって、プリプリです!

IMG_7764.jpg

麺そのまま全部食べてしまいそうになるのを抑えて、ダシにつけて頂きます。
ん~!チャーシューの旨味・香ばしさ、温玉の甘味がつけダシと合わさり、
これまた絶品です。そして、脇役的存在として扱われそうなつけダシの中のネギも
、これがまた良いんだ。“あって良かった”そう思う、この風味が良いアクセント。

これはハマった。
香ばしいつけダシを味わい飲みながら、余韻に浸ります。
そこで思ったのは、釜あげやからつけダシがあまり覚めてない。
また、白湯により若干つけダシが薄まり、そのままでも味わいやすくなっている。
もちろん、つけダシは最後まで美味しく頂きました。

IMG_7766.jpg

●店名:情熱うどん 讃州
●住所:大阪市北区豊崎3-4-12
●営業時間:11:00~15:00(麺切れ終了)、17:30~21:00(麺切れ終了)
●定休日:日

【過去の讃州】
2008年12月10日・・大阪市北区(中津) 情熱うどん 讃州 No.8
2008年11月26日・・ちょっと早目の忘年会 in 情熱うどん 讃州
2008年11月20日・・大阪市北区(中津) 情熱うどん 讃州 No.7・・ひやかけ(850円)
2008年11月07日・・大阪市北区(中津) 情熱うどん 讃州 No.6・・カレー釜玉・1.5玉
2008年10月20日・・大阪市北区(中津) 情熱うどん 讃州 No.5・・ざる坦々(950円)
2008年10月01日・・大阪市北区(中津) 情熱うどん 讃州 No.4・・ざる坦々(950円)
2008年09月08日・・大阪市北区(中津) 情熱うどん 讃州 No.3・・ざるチャーシュー
2008年08月08日・・大阪市北区(中津)情熱うどん 讃州 No.2・・ひやかけと鱧天盛りセット
2008年07月25日・・【西国33】10/33 ハッピー!讃州・・ざるかも(750円)
2008年06月06日・・大阪市北区(中津) 情熱うどん 讃州・・ひやかけ(800円)
他あり

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

広電高須電停から、また広島駅行きの広電に乗って、しばらく揺られます。
「おぉ!!これが、原爆ドームか!!」電車の中からですが、初めて生で見ました。
思ったより小さ・・・・いやいや、じゃなくって。戦争は反対ですね。

で、そのまま広島駅に向かう途中、的場電停で下車。
的場駅の電停から、横断歩道を渡った直ぐのところにあるのが"乃きや"。

IMG_7710.jpg

こちらは、雀さんの旧ブログにて『冷や冷やうどん』があるのを確認済み。
他にもメニューは豊富にあって、少し他のにしようかと考えてしまったが、
とりあえず今日は『冷や冷やうどん(350円)』にしときましょか。

こちらも、「これから麺を湯がきますので・・・」と、茹でたて確定。
おでんを摘むかどうかを、ひたすら迷いながら、15分ぐらいしてうどんが
運ばれてきました。15分もおでんで迷うなよ・・・。

IMG_7700.jpg

おおおぉ~。葱がたっぷりです。(葱も別皿の方が良かったなぁ・・・)
とりあえず、まずはダシを飲んでみます。

ズズっ・・・甘っ!

ダシの甘味が、かなり出ています!
それでいて、軽いアクセント気味にエグ味を感じます。
塩辛さは控えめ・・と言うより、甘さが勝ちまくっている。
温かいかけとかにすれば、また印象が変わってくるのかもしれないが、
昨年夏に関西で流行の兆しを見せた各店の"ひやかけ"のダシと比べると、
あまりスッキリという感じではない。そういう点では、関西に軍配が上がる。
今年は、もっと大々的にひやかけが流行るといいなぁ!

IMG_7706.jpg

麺は美味いね~!
ギュッとエッジ立った麺は、しっかり冷水&冷や冷やのかけダシで締められており、
ガッとくるかなり強目のコシがウマウマ~!ほんま、よー引き締まってます。
軽いグミ感・モチ感があり、他のメニューも頂きたくなるぐらいでした。

全体的なバランスを考えると、圧倒的に麺が強いと感じる。
やっぱりダシの甘味が強いので、麺を食べるとダシが弱く感じてしまう。

IMG_7709.jpg

ふ~、美味かった~。

●店名:本格手打ち讃岐 乃きや 壱の店
●住所:広島市南区的場町1-7-24
●営業時間:11:00-22:00、日祝11:00-20:00
●定休日:無?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
3

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

広電井口駅から今度は数駅広島駅方面に戻った、高須駅の近くにある
"くいしん棒"と言ううどん屋さんへ行ってみました。

IMG_7677.jpg

やはり、14時過ぎという中途半端な時間帯、お客さんは私だけの状態です。
入り口右手に麺打ちブースがあり、こちらも自家製麺の様子。

                 ↓クリックすると拡大します↓
IMG_7680.jpgIMG_7681.jpg

ですが、メニューを見ても冷たい麺のメニューがなさげな・・・。
『鴨せいろ』はやっぱり蕎麦ろうし。まいったな・・、どないしましょか。
表の看板にあった『くいしん棒 冬 オリジナル3題 「つけ鴨めん(600)」、
「八宝菜うどん(850)」、「盛々うどん(650)」』の季節限定メニューっぽいのも
も気になります。

が、ここはシンプルにメニューにも「釜からあげたてのうどんをおだししますから
多少のお時間を頂きます」と書かれた、『釜あげうどん(600円)』にする事に。

この状態でかなりタイミングが良かったのかな~?
店員さんの「釜あげいけますか?」の呼びかけに、厨房から「いけますよ!」と
返事が返ってきてたし。注文してから2分程で早々登場~。

IMG_7682.jpg
↑運ばれてきた時には、うどんの桶の蓋が閉じられています。
 うどん桶の右上のミッキーマウスの耳みたいになってるのが蓋ね。

あぁ!久しぶりに、この器!
大阪では釜揚げなんて、一忠ファミリーぐらいでしか食べた記憶がないんやけど、
一忠系ではご存知のとおり丼器に入って出てきます。
こういう器は、本当に久しぶりやわ~。
この手の器で食べるんは、もう何年前かわからんけど、今は閉店してしまった
高松市(国分寺)の天目うどんで釜揚げたべて以来やな。

早速、蓋をパカッと開けて、湯気の中の麺とご対面~。

IMG_7689.jpg

太さはやや太めなサイズではあるが、軽く透明感があり、
やや平た目のエッジが出た麺線。
早速、そのままで食べてみると、そんなに麺の風味は感じないが、
とてもフンワリとモッチリした滑らかな麺。ちょっとオーバーボイル気味?
恐らく、もうちょっとで茹で上がるところで、私が釜あげを注文したから、
慌ててその分を取ったのかな?
つけダシに漬けて食べると、ダシから味醂?アルコール系?の味が口に
残ったのが残念だったが、なかなか侮れないお店であると認識。

●店名:讃岐手打うどん くいしん棒
●住所:広島県広島市西区庚午北2-17-15
●営業時間:11:00-20:00(LO 19:30)
●定休日:木

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
2

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

広島でペロッっとお好み焼き1枚たいらげた私には、まだまだお腹に余裕があります。
そうしたら、こっからはやっぱり"うどん"な訳で、電車にのってトコトコ出発です。

広島で食べる讃岐うどんと言って欠かせないのは、まずは凡蔵が有名なところ。
もう、言わずと知れた丸亀の凡蔵ファミリーの1軒。つまりは、大阪のかどっこ
志のん、神戸の凡蔵等との兄弟弟子関係にあるお店です。

IMG_7659.jpg

広島電鉄宮島線井口(いのくち)電停で降りて目の前、横断歩道渡った所にありました。
上の写真の後ろ・背中側が直ぐ横断歩道になっていて、それを渡った所に井口電停。

お昼の時間帯を完全に過ぎてしまい、14時ぐらいにお店に入るとお客さんはおらず。

IMG_7662.jpgIMG_7663.jpg

ここはじっくり麺を楽しむ為に、『ちく天しょうゆ(650円)』を注文する事に。
すると、店員さんから「お時間かかりますが大丈夫ですか?」との事。
もちろん大丈夫!いや、大丈夫じゃなくても待ちますよ。

大将が店奥な製麺ブースで麺ん延ばし切りだしてくれました。
打ちたて・切りたて・茹でたての、"うどん3たて"!

そして、今度は「生姜と酢橘はどうされますか?」と聞いてくれた。
おお。わざわざ薬味の有無も確認してくれるとは。生姜は要らないので「酢橘だけ」。

そうして、15分もは待っていないと思うが、うどんが運ばれてきました。

IMG_7665.jpg

てっきり、ちくわ天はうどんに on してくるのかと思ったら、別皿でした。
ちく天 on ~!

IMG_7672.jpg

よしよし。幾分、見なれた姿になってきた。
ちくわ天は、丸々しておりカラッと揚がっいて、美味しそう~。

IMG_7669.jpg

麺の角が鋭くビシッと尖ってます!
ズズッと食べると、ガッシガシ!バッキバキ!の超固コシ。
これは、想像していなかったなぁ~。凡蔵としてイメージしていたのよりも、
道久や最初に食べた時の池上を思い出す様な製麺所系の超剛麺!
かどっこや志のん同様に麺密度の高いしっかり詰まった麺だが、麺の印象は
その2店とは大きく異なります。言わずもがな、私にはアリな麺質。
粉の風味も感じられ、固麺・剛麺好きにはたまらんでしょう。

ただ。ただ、言うなれば、大根おろしが辛かった。辛すぎでした・・。
"たまたま"なのかは分からないが、辛過ぎて途中で避けてしまいました・・。

●店名:本場さぬき手打うどん 凡蔵 広島本店
●住所:広島県広島市西区井口明神2-1-19 101
●営業時間:11:00-15:00、17:30-21:00(日祝は20:30まで)
●定休日:不定休

↓↓↓いつも応援ありがとうございますm(_ _)m↓↓↓
 
1

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

すっかり先週のお話。

いってきまーす。

090109-073055.jpg

IMG_7655.jpg
↑これは、ただ隣のホームにおったやつ。

Zoom-Zoom~!これは、3塁側になるのかな?

090109-161001.jpg

着いたー!

090109-090620.jpg


やっぱり、広島来たらまずはお好み焼き食べなね~。

丁度お昼時に、広島駅北側にある"大ちゃん 光町店"へ。
お店の写真撮り忘れた・・・。
流石に本番やね~。14席ぐらいの小さなお店に、お客さんがどんどんやってくるし、
テイクアウト(?)の電話もバンバンかかってきてる。

メニューは案内してくれた方が、『にくたまそば』と何やら暗号めいた注文。
どことなく、香川のうどん屋での「かけ小そのまま」等と言うのに似ている気がしますが、
これはお好み焼きに入れる具が「肉・玉子・中華そば」という事らしい。案内してくれた
方が言うには、「これを覚えていたら、広島のお好み焼き屋ならどこでも通じる」との事。

私は、厨房の大きな鉄板前のカウンター席に座り、お好み焼きが焼かれてゆく
様子を眺めながら待ちます。
生地を薄くクレープ状に伸ばし鰹節粉をパッパッパッ。
その上に大量のキャベツ・もやしと天かす等を乗せて焼かれてゆきます。

そうして運ばれてきました。マヨネーズを半分だけかけて、いただきま~す。

IMG_7656.jpg

ウマ~~ウマ~~
これは、侮ってたなー。美味いがな。
キャベツ・もやしの甘味がしっかりと感じられ、とてもあっさり。またソースがその
野菜の甘味を引き立てる様な感じ。麺もモチっとした部分と、よく焼けてパリッと
した部分とがあってこれまた美味い。
やべ~、これは軽く2・3枚はペロッといけてしまいそ~。

IMG_7657.jpg

生まれてからお好み焼きを焼き方で分別した場合、関西風(野菜と生地は
混ぜ混ぜして焼いたやつ)を基本として生きてきた人間やから(実家でも関西風)、
生地と玉子で野菜等をサンドする広島風お好み焼きだと、生地と具の一体感に
欠ける気がしてしまう。
でも、これはこういう物であって、このスタイルを「お好み焼き」と表現すると
私自身慣れるのにあと2~3回はかかりそうだが、今のところ「広島焼き」表現
すればすんなりと受け入れらる。でも、結論、名前・スタイルがどうこうじゃなくて、
美味いのでそれで満足。


さて。

広島行って、お好み焼きだけと思うなよ~!
このつづきはまた明日。

↓↓↓いつもありがとうございます。こちらもどうぞm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

昨日は毎年恒例の高津宮とんど祭りでした。
高津宮のとんど祭りと言えば、『たぶん(自称)日本一の屋台達』が名物と
なっており、大阪のラーメン界2大巨頭カドヤ食堂with天神旗や、炭火焼鳥の
う玉造の有名ケーキ店のブロードハースト等の名店が屋台で並びます。
そんな中、うどんの屋台として難波千日前の釜たけうどんが出店しています。

ポスターには11時からって書いていた様な気がしますが、他店では10時過ぎには
お客さんの呼び込みを始め販売をスタートさせている屋台もあり、釜たけうどんでも
麺を釜に投入してゆきます。
テント内には、釜たけスタッフやお弟子さん(情熱うどん讃州、たからや、紅屋)、
それに関麺の会、コラボ店のスタッフさん等、大勢の方がお客さんを待ちうけています。
1回目の麺が茹で上がる頃には、既に行列が出来てきていました。

開店直前に余裕を見せてくれる情熱うどん讃州の大将
近々、さらにお弟子さんが独立され情熱グループを拡大する様です。
また、時期が近づけば大将のブログ等で告知されるでしょうから、
そちらも要注目です!

IMG_7725.jpg

今年は特別メニューとして、イタリアンレストラン"la ballotta"とのコラボメニュー
犬鳴豚のサルシャチャと冬野菜のラグー 釜たけうどんバージョン(1000円)』、
"堂島 くすの木"とのコラボ『犬鳴ポークの煮豚のせもやしぶっかけうどん(800円)』、
やなもり農園の野菜たっぷりの『やなもり農園の梨大根 柿人参 里芋 牛蒡と
河内鴨のしっぽくうどん
(700円)』、それと南船場ゴヤクラとのコラボ
和風チキンキーマカレーうどん(700円)』。
それと、釜たけのスタンダードとなる『ちく玉天ぶっかけ(600円)』と
ちく天ぶっかけ(500円)』の計6種類。

                ↓クリックしたら拡大します↓
IMG_7727.jpgIMG_7730.jpg

さーて、私も行列に並びますか~。
ってか、どれを食べようー!!めっちゃ迷う!
10:20分時点の状態は、こんなもん↓です。

IMG_7729.jpg

並んでいる間に、何を食べるか考えていたのですが、「特別メニュー全部食べる」
という結論が出てしまいました。いっぺんに特別メニュー4種行きたいところやけど、
そんなに一気に持てないし、釜抜き麺やからとりあえず2つ。

まずは『犬鳴豚のサルシャチャと冬野菜のラグー 釜たけうどんバージョン』と
『犬鳴ポークの煮豚のせもやしぶっかけうどん』を注文。

IMG_7731.jpg

『(略)ラグー』犬鳴豚とジャガイモ(?)の角切りがゴロゴロ入ったトマトベースのl
a ballotta特製激旨ソースに釜たけうどんの釜抜きもちもち麺が絡み粉チーズが
かかっています。和洋コラボで今までの釜たけうどんとして食べた事のない、
不思議な感じでした。

IMG_7733.jpg

『犬鳴ポークの煮豚のせもやしぶっかけうどん』は、堂島くすの木とのコラボメニュー。
柔らかく脂身トロトロの煮豚は、これだけで一品になりそう。
そして、シャキシャキ感の残るもやしがもちもち麺に面白い食感をプラスし、
もやしと麺の相性も抜群!これ好きやわ~。(唐辛子は辛くないです)

再び行列に並び、またまた2杯。

IMG_7736.jpg

『しっぽくうどん』は、やなもり農園の野菜をゴロゴロ使用したしっぽくダシ。
梨大根にはじっくりダシの旨味が染み、柿人参は煮込まれていてもまだ
味がしっかりしている。こんなにも具が麺に勝ち過ぎも負け過ぎる事なく、
生きているしっぽくは初めてかも。個人的には今日の特別メニューの中では、
これが1番かな。

IMG_7737.jpg

『カレーうどん』は、スパイシーでかなり辛いけど、しっかり深みのあるカレーが、
麺によーく絡んで体が温まる1杯です!でも、私にはちょっと辛過ぎかも。
(紅屋の方が辛かったけど・・)


10:58分の様子↓。まだ、本来の開始11時前です。

IMG_7738.jpg

麺がどんどん茹でられてゆきます。

IMG_7744.jpg

そして様々な方が集まってこられます。

IMG_7746.jpgIMG_7748.jpg

雀さん花鳥さん&Yさんimo-san、キャスバルさん&プラスワンさんの毎年恒例
メンバーをはじめ、写真のアルティマさん&こんぶ飴さんやネタ師かっちゃまんさん
いわーんさん
麺聖さん、美味いもん食らうンジャーさん・食らうンジャーギャルズにお初にお目に
かかれ光栄でした。
(ギャルズのお二方は、昨年12月8日に讃州で『牡蠣とキノコのクリームUDON』食べ
ておられるのを目撃していました。)

そして、今年の強い味方。
昨年までの段ボールに手書きとは、一味も二味も異なり便利になりました!

IMG_7747.jpg

IMG_7752.jpg


で、うどん以外に食べた物と言えば・・・
あまんさん差し入れの天神旗の『焼きとんこつ』と雀さんの『カドヤ食堂 みそラーメン』を
ちょっとずつ頂きました。みそラーメンも美味しかったけど、焼きとんこつはかなり好み!

IMG_7721.jpgIMG_7728.jpg

で、高津の富くじを1枚だけ。

IMG_7754.jpg

この手のくじやビンゴには、あまり当たった経験が無いので、あまり期待はせずに
発表を見ます。あまり期待はせずにと言いながらも、発表で「申の~!!」と言われる
とドキッとします。

私は、お昼過ぎで撤退させて頂きましたが、スタッフのみなさん。
御馳走様でした~!

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

本日は、谷町九丁目の高津宮で『高津宮とんど祭とたぶん(自称)日本一の屋台達』
が、開催されています!難波千日前の釜たけうどんも参加しています!


昨日の記事の続きで、8日の事。
折角、うどん激戦区の大阪駅前ビルに来てるんやから、もう1軒(やっぱりか)
って事で、どこへ行くかフラフラしてみます。
そうしてたどり着いた第2ビル。すると、ある変化に気が付く。

あれ?ここって、前は粋麺の看板じゃなかったっけ?

IMG_7652.jpg

いつの間にか、“四国のさぬきうどん”の看板に変わっていた。
そして、粋麺の様子を見に行くと・・・・あっ・・・。

IMG_7651.jpg

あらららら・・・・。
でもって、こんな張り紙が。

IMG_7650.jpg

ってか、"四国のさぬきうどん"は"粋麺"グループだったんか。
なんて事を思いながら、四国のさぬきうどんへ再訪問。

IMG_7639.jpg


居酒屋や立ち飲み屋が賑わう時間帯なので、賑わっていると言う程では
なかったが、4~5名程のお客さんが食べていた。
前に来た時から、カウンター部分がちょっと変化しており、天ぷら類の棚が
うどんを注文する所から┏字型に手前に突き出した格好になっていた。

残念ながらこの時、コロッケは0。
天ぷらは諦め、前はぶっかけうどんを食べたので、今日は
『生しょうゆ・中(330円)』を注文。

IMG_7640.jpg

やっぱり、中が標準サイズ。中サイズでも量は少な目。
香川サイズよりちょい多目なぐらいかな。その分、価格は
この地域としては押さえられた設定になっている。

IMG_7647.jpg

前回食べた時には若干柔らかめな麺だったが、今日のは
前回に比べなかなかしっかりしていました。麺のエッジも軽く出ていて、
かすかに麺に風味を感じます。
うどん激戦区の大阪駅前ビルで、この価格帯なら第1ビルの"たかはた"や
第3ビルの"京極讃岐藩"が同じような価格帯で競合になっているのだと
思いますが、どのお店も安価でお手軽な讃岐うどんを食べられるお店として
頑張ってほしいですね~。

●店名:四国のさぬきうどん
●住所:大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル 地下2階
●営業時間:?
●定休日:?

【過去の四国のさぬきうどん】
2008年09月06日・・・大阪市北区(大阪・梅田) 四国のさぬきうどん

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

『第2回 関西讃岐うどん 西国33ヵ所巡礼』は無事終了致しました!
多数のご参加、ありがとうございました!


8日は、今日は踊るの梅田へ行っていました。


IMG_5913.jpg
↑この写真は2008年9月26日に撮影したものです。

"たからや"・"きすけ"に続いて、今年3杯目の舞茸天の乗ったうどんです。
最近、舞茸好きやなー。

IMG_5914.jpg

じゃあ、今日は『まいたけ天生醤油(650円)』に『三陸産わかめ(70円)』を
トッピングだ!!ちょっと豪勢な気分。
そしてしばらく後に出てきたうどんは、いつもと変わらず、綺麗に盛られている。

IMG_7627.jpg

ん~!麺の風味もしっかりしてて美味いね。
力強くビヨンビョンと跳ね返りある、かなりの弾力麺!
前回食べた時もそうだったが、本来の踊る麺よりもコシが強く出ている
状態だと思うが、私としては好きな感じになっている。

IMG_7636.jpg

なんと言っても、いつ来てもこの舞茸天が美味しい~!!
踊るうどんに揚げ物は舞茸天しか無いわけですが、だからこそ舞茸天が
トッピングとして『舞茸天=踊る』というぐらいの存在感を持っている。
今年入って、舞茸天を食べた3軒の中では1個1個が1番小ぶりではあるが、
このバリバリとした衣の食感が面白い。

帰り際に大将が「今日のお昼に花鳥さん夫妻が来てましたよ~」と教えてもらった。

●店名:踊るうどん 梅田店
●住所:大阪市北区梅田1-1 大阪駅前第3ビル 地下2階
●営業時間:平日11:00-15:30 17:00-22:30 日祝11:00-15:00 (LO15分前)
●定休日:不定休?

【過去の踊るうどん 梅田店】
2008年11月19日・・・大阪市北区(梅田) 踊るうどん 梅田店 No.3・・・まいたけ天生しょうゆ
2008年09月28日・・・大阪市北区(梅田) 踊るうどん 梅田店 No.2・・・まいたけ天うどん
2008年07月27日・・・【西国33】13/33踊るうどん(梅田)でがんばろう
2008年07月10日・・・7月9日 阪神-巨人戦・・・まいたけ天温玉ぶっかけ
2008年06月07日・・・大阪市北区(梅田) 踊るうどん 梅田店・・まいたけ天かまたま(700円)
                                       まいたけ天ぶっかけ(650円)

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

『第2回 関西讃岐うどん 西国33ヵ所巡礼』は無事終了致しました!
多数のご参加、ありがとうございました! 今年もぜひ!?


7日の話だ。
5日の仕事始めの日、腕時計が電池切れるで止まっていたのに気づいた。
腕時計が指していたのは、30日の12時16分。年末に止まってから全く
気づいてなかった。
たけうちうどんの大を食べた時に時間を計った、あの時計
で、5日の夕方に適当にボタン電池を買ったがサイズが合わず・・・。
でその後も、合うやつを近所の店とかで探したが見つからずに、
7日になってしまった・・・。やっぱり、時計が無いのは色々と不便。
ってことで、梅田ロフトのswatch屋さんで電池を買い、腕時計復活~。

さてさて、折角中津近くまで着たんやから、この後、考える事は一つ。

「3軒の内のどこへ行くか。」

確かきすけは今日から営業始めってことで、きすけに決定。

18時30分過ぎ。お店は今年の初日からとても賑わっています。
まだ、オープンして1年も経っていないけど、中津界隈での存在感が
出てきてますね~。

IMG_7609.jpg

以前、うどん好きのあゆさんがレポートしていた『うどん屋イチ「怪しげなトイレ」』
体験しにいったりしながら、何を食べようか迷います。

                  ↓クリックすると拡大します↓
IMG_7610.jpgIMG_7612.jpg

散々迷って『舞茸天ぶっかけ(700円)』。やっぱり舞茸美味しいよね。

IMG_7615.jpg

しなやかでスマートな麺は、柔らかくめっちゃ伸びます!

IMG_7620.jpg

引っ張ってみると、5cm以上は軽く伸び、10cm近く伸びるんではなかろうか。
そして伸び切れる瞬間、まるでゴムパッチンの様にビシッと跳ね返ってきます。
(ゴムパッチン麺・・・・勝手に自分でウケてしまいました・・・)
コシも力強く、柔らかいのに軽くグッとした噛み応えあるグミグミ感あるコシ。
舞茸天もカラっと揚げられており、傘の部分がカリカリと香ばしい~。
ただ、欲を言えば、もうちょい肉厚感が欲しいと感じる。
同じ量を3個に分けるんじゃなくて、2個にしても面白いかも。
(というのも、先日、たからやの舞茸天が肉厚でよかったってのがあるから)

●店名:うどん屋 きすけ
●住所:大阪市北区鶴野町4-11
●営業時間:14:00-23:00(LO22:30)
●定休日:火

【過去のきすけ】
2008年10月07日・・たけうちうどん店の大盛りに挑戦する気持ち・・釜たまうどん きす流
2008年08月11日・・大阪市北区 うどん屋 きすけ No.2・・鯛ちくわ天と温泉たまごのぶっかけ
2008年07月26日・・【西国33】12/33 大至急!きすけへ・・舞茸天ぶっかけ(700円)
2008年06月05日・・大阪市北区 うどん屋 きすけ・・鯛ちくわ天と温泉たまごのぶっかけ

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

『第2回 関西讃岐うどん 西国33ヵ所巡礼』は無事終了致しました!
多数のご参加、ありがとうございました! 今年もまたやるのかな??


6日のお話。
私にとっては、珍しい状態に陥る。
「めっちゃカレーうどん食べたい・・・」
基本的にカレーうどんなんて、カレーうどん専門店やカレーうどんの有名店に
行かなければ自ら進んで食べないメニューだ。
“カレーうどんが食べたいから、●●へ行こう”ではなく、
“●●へ行きたいor●●の近くへ行くから、カレーうどんを食べよう”
という場合がほとんど。
ましてや自ら食べたくなる前者パターンなんて、年何回あるかってぐらいなのに、
なぜだかそれが、突然襲ってきた。
(嫌いな訳でも、アンチカレーうどんって訳ではない)

よーし、そったらまだ行ってないお店で、この時間(15時頃)に開いてそうなのは・・・。
南船場の宮がみ屋に行ってみるかな。

IMG_7599.jpg

昼はカレーうどんがメインで、夜は居酒屋がメインになる様子。
16時までランチタイムの様で、セットメニューからスタンダードな
『銀しゃりSET(700円)』を注文。

すると、店員さんが「細麺と太麺どちらにされますか?」と聞いてくる。
立て続けに「細麺なら3分程で茹であがり、太麺なら10分少々かかりますが・・?」

「ふはははは、茹で時間の短いからといって、私が細麺を選ぶと思うか!?
待つに決まってるだろー!!」(←知らねぇつーの)
そんな事は口には出せないが、それぐらいの気持ちで迷わず“太麺”を即答。
いや~。でも、注文してから麺を茹でてくれるとはありがたい。

そして待つ事、約15分。

IMG_7602.jpg

カレーから厚切りのお揚げさんとゆで卵(少し半熟気味)が顔をのぞかせています。
しっかりとトロみがあり、最初は「あー、いい(程よい)辛さやな。」と思っていても、
次第に、汗が流れだします。
外はあんなに寒かったのに、いつの間にやら美味さと辛さで体はポカポカ!

IMG_7607.jpg

麺は、やっぱり太麺にして(私的には)正解でした。
表面側はモッチリとした食感だが、若干残こる具合に茹でられた
麺の芯が、良い感じに歯応えを生み出してくれます。

●店名:カレーうどん・カレー鍋 宮がみ屋 南船場本店
●住所:大阪市中央区南船場4-10-21 大阪エコービル 1階
●営業時間:11:00-23:00
●定休日:不定
●HP:http://www.miyagamiya.com/

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

『第2回 関西讃岐うどん 西国33ヵ所巡礼』は無事終了致しました!
多数のご参加、ありがとうございました! 今年もまたやるのかな??


釜一から北へ約250m、地下鉄長原駅より南へ約100mにある、桂ちゃん。
お腹の具合からパスしようかなと思ったが、折角来て開いてるのにスルー
すんのは勿体無い・・・ような気がする。

IMG_7590.jpg

まぁ、香川でそれまでに9軒食べた後の10軒目長田in香の香
「やっぱ、大にしとけば良かった~」って思ったぐらい、釜揚げは意外に
食べれちゃうメニューやから、大丈夫やろ~。

よし、『たぬき(700円)』いっとくか。
桂ちゃんの釜揚げは、麺の量で“豆たぬき<たぬき<おたぬき”というネーミング
になっている。いや、お店に入る前は「お腹の具合が」なんて思っていたが、
入ってみると、まだ食べられそうな気がしてね。
そういえば、今まで桂ちゃんでは、"豆たぬき"しか食べた事なかった様な気がします。

昆布・かつおの佃煮等を摘みながら、麺が茹であがるのを待ちます。
しばらくして生姜が登場、さらにその後、つけダシの入った徳利が出てきます。

IMG_7591.jpgIMG_7593.jpg

そして、最後にうどんが運ばれてきます。
それまでに、生姜をおろしたり、ダシをダシ用の器に注いでおいたりして、
食べる準備を済ませておくのが吉。

ダシを注ぐ時は徳利を持ち上げて入れようとせずに、徳利をテーブルの外に
向けて傾けながら注ぐと簡単です(皆知ってるか)。

IMG_7594.jpg
IMG_7595.jpg

釜揚げなのに、このビシーッ!バシーッ!とした麺。

そしてこの香り高いダシ。これが、美味いのなんのって。
このダシに薬味を入れる事すらた躊躇ってしまいそうな、深く濃厚な
昆布と節の旨味に溢れています。
かつて、心斎橋にあった"しんぼり"の頃の香川の長田の様な「イリコ!」って
ダシも好きやけど、今のダシも好きです。
でも、どちらかと言えば好み的には「イリコ!」って方かな

まずは、ダシに薬味は何も入れずに頂きます。

IMG_7598.jpg

絶妙の茹で加減により、もっちり・フンワリし過ぎずにとてもしっかりした麺。
そのまま食べても、シャンとした食感に釜揚げ特有の麺の風味が楽しめます。
香川の長田・長田in香の香やわら家、大阪の一忠系をはじめ幾つかの
釜揚げ専門店で釜揚げうどんを食べてきたが、釜揚げで食べるなら
桂ちゃんの麺が一番好きだ。

そして、2/3ぐらい食べたところで、生姜と葱を少々入れて、ダシの変化を
楽しみます。やっぱ、揚げ玉は要らないかな・・・。

麺を食べ終わった後には、ダシをそのまま頂いて余韻を楽しみます。
ふ~~、美味かった~~。

●店名:釜揚げうどん 桂ちゃん
●住所:大阪市平野区長吉長原東3-1-68
●営業時間:11:00-15:00 17:00-21:00
●定休日:木
●HP:http://www.keichan-udon.jp/

【過去の桂ちゃん】
2008年08月06日・・【西国33】29/33 おねがいします 桂ちゃん・・ざる 豆だぬき(600円)
2008年04月16日・・極さぬ巡礼(3月27日)・・豆だぬき(600円)

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

『第2回 関西讃岐うどん 西国33ヵ所巡礼』巡礼達成者パーティーへの参加申込は
1月7日締めきりになってます!お急ぎ下さい!


昨年末に香川で発売された『さぬきうどん 全店制覇攻略本 2009年度版』。
時間差で大阪の書店でも並んでいるのを発見。

本日のお昼に堺筋本町の紀伊國屋書店にて購入。



確か家にあるのは2005年度版かその次ぐらいから買っていなかったので、
久し振りのデータ更新。これが大変・・・。ここは食べたっていうのと、
あの店は無くなったor載ってないってのをまとめていかねばねば・・・。

しばらくは、これを見ながら香川気分を満喫できそうやけど、見てたら
絶対に食べたくなる&帰りたくなる危険な一冊です。

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
『第2回 関西讃岐うどん 西国33ヵ所巡礼』は、無事に終了しました!
多くの方にご参加頂きまして、本当にありがとうございました!
巡礼達成者パーティーへの参加申込は1月7日!本日消印分までです!


やっぱり八尾南まで来たなら、そんなに遠くない桂ちゃんもハシゴしときたいよね。
って事で、たからやから桂ちゃんへ歩け歩け。っても、1.3kmぐらい?

あっ・・・、そーいやー去年の巡礼の時にはスルーしたうどん・そばのでっかい
お店が途中の中環沿いにあったなぁ。どうしよっかな・・・?
私の審麺眼(←なんじゃそりゃ)は「桂ちゃん行くんでしょ?なら今日は迷わず
桂ちゃん行った方が・・・」と言っている。
まぁ、次はいつ来れるか分からない。ってかもう来ないかもしんない。
なら入っといた方が、という事で入ってみた。

IMG_7578.jpg

店内は広く、厨房をぐる~っと囲む様にカウンター&テーブル席が配置されている。
メニューは豊富で、寿司4貫のセット系もあります。

         ↓クリックすると拡大します↓
IMG_7588.jpgIMG_7581.jpg


そんな中から、『ぶっかけうどん(600円)』を注文。
注文から、約3分程ですんなり運ばれてきたうどんには、海苔とたっぷりの
葱と鰹節が乗っており、真ん中には卵黄が鎮座していました。

IMG_7583.jpgIMG_7587.jpg

たまたまだよね?タイミングが悪かっただけだよね?そりゃ、お昼時からは
外れてるんだから。運ってやつかな?
麺はやや細目。表面の張りは軽く残っていたが、抵抗なくスッと歯が通る。
箸で持ち上げてブツブツ切れる様な状態ではないが、時間の経過が感じる麺だ。
とはいえ、恐らく客層としては、若者よりもややご年配の方の方が多いのでは
ないかと予想すると、こういう柔らかな麺の方が受け入れられやすいのかも
しれないねぇ。

●店名:味処 釜一
●住所:大阪市平野区長吉長原東3-1-45
●営業時間:?
●定休日:?

↓↓↓こちらも是非ご覧下さいm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

『第2回 関西讃岐うどん 西国33ヵ所巡礼』は、無事に終了しました!
多くの方にご参加頂きまして、本当にありがとうございました!
巡礼達成者パーティーへの参加申込は1月7日までです!


昨日1月5日は、仕事初めという方も多かったのではないでしょうか。
かく言う私も、その一人。長期休み明けの億劫な気持ちも少しはある一方、
今年はバタバタした一年になりそうなので、新たな気持ち・気概をもって
頑張らないかんなぁという気持ちでもあります。

そんな中、1月4日から営業されている八尾南の"たからや"へ行ってみました。

IMG_7562.jpg

お店に入ったのが5日の13時。
この時間にしてなお満席状態で、今年人気上昇中を感じさせてくれます。
幸いにもそんなに待たずに席が空いたので、カウンター席に座り、
こちらのお店では、ちく玉天ぶっかけなす天ぶっかけと食べてきているので、
今日は『まいたけ天ぶっかけ(700円)』を注文。

IMG_7564.jpgIMG_7565.jpg

厨房の様子を眺めながら、しばらくして登場したうどんは、麺がネジネジと
丁寧な盛り付けられており、そこに大きな舞茸の天ぷらがドンドンドンッと3つも
乗っています。この大きさはなかなかの迫力。

IMG_7567.jpg
IMG_7574.jpg

麺は標準からやや細目かなと思うが、まぁ標準的な太さ。
チュルリと滑らかな麺肌が、唇を滑り口の中に飛び込んでくる様に錯覚してしまう。
しっかり熟成された麺はムニッと伸びる弾力。噛むとちゃんと抵抗があるものの、
そんなに強いコシではなく、しなやかな柔優の食感。
私としては冷で食べるには、もうちょいグッとコシ強な麺の方が好きではあるが、
この麺は温でたべたらプリプリ感と粘りあるコシが良い具合に出てくるんだろう
なぁ~と思う。

舞茸の天ぷらは、サクサクッと軽く柔らか。
ダシがしっかり効いて上品な甘味を感じるぶっかけダシに天ぷらを半分浸して、
食べるのもこれがまた相性良くてウマウマ~!

●店名:うどん亭 たからや
●住所:八尾市若林町3-104-7
●営業時間:11:00-14:00、17:00-21:00
●定休日:?

【過去のたからや】
2008年08月05日・・【西国33】28/33 ファイトたからや・・なす天ぶっかけ(650円)
2008年06月02日・・大阪府八尾市(八尾南) うどん亭 たからや・・ちく玉天ぶっかけ(700円)

↓↓↓ビシーッ!っとクリックお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

『第2回 関西讃岐うどん 西国33ヵ所巡礼』は、無事に終了しました!
多くの方にご参加頂きまして、本当にありがとうございました!
巡礼達成者パーティーへの参加申込は1月7日までです!


なんばウォークの饂飩四國を出た後、なんばのジュンク堂へ。
数年ぶりに『さぬきうどん全店制覇攻略本2009』を買いに探しに行ってみたが、
まだ入ってきてない様だ。

で、とりあえず釜たけうどんへ行ってみる。
もちろん、今日はまだ正月休みというのは承知の上。

IMG_7560.jpg

釜たけうどんは1月6日からの営業です。
それと、1月12日は毎年恒例の高津宮のとんど祭です。
張り紙の通り、他店とのコラボで普段とは違うメニューが楽しめそうです。
でも、今年は私は行けないかも・・・。
※昨年のとんど祭りの様子

さてさて、釜たけうどんを通り過ぎて、ちょい南にある"うどん大王"へ。

IMG_7554.jpg

こちらも14時過ぎという時間帯にもかかわらず、カウンターに並ぶ列が、
店の外にはみ出しそうな勢いで賑わっています。
うどん大王では、先にオニギリや天ぷらのオプション類を取って、レジ前で
うどんを注文する流れになります。
私はオプションに『コロッケ(70円)』を取って、『ざるうどん・並(350円)』を注文します。

IMG_7556.jpg

どっしりとした重みのある太さ十分の麺です。

IMG_7558.jpg

麺は変わった?
なんか、えらくゴワゴワっと・・・。なんせ、とてもガッシリした麺に感じた。
茹で具合によるものなのかもしれないが、芯に固さがあり、もうちょい茹で
時間を長くしても良いんじゃないかなぁとも思う。

かつては、香川栗林にある上原屋本店より麺を仕入れている旨のポスターが
店内にあったと思うのだが今日は見当たらなかった。
それよか、厨房の釜の横にあるプラ蒸篭には"大麺"の名前があり、その中には
ビニール袋に入った生麺。麺の仕入れ先を変更したのかな?
それとも、正月やお盆等の臨時用なのかな?

●店名:打ちたて直送 うどん大王
●住所:大阪市中央区難波千日前8-12 ショッププランナー国際ビル1階
●営業時間:10:00-21:00
●定休日:無

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

『第2回 関西讃岐うどん 西国33ヵ所巡礼』は、無事に終了しました!
多くの方にご参加頂きまして、本当にありがとうございました!
リンク先より巡礼達成者パーティーへのご参加方法をご確認下さい!


今日は1月3日。まだまだ正月三が日とあって、どこもお客さんが一杯。
ナンバウォーク以外のお店でも、普段行列してるのを見たこと無い様な
お店でも、入り口前で人が待ってたりする賑わい様。

IMG_7548.jpg

こちらのお店も、お昼を過ぎてなお満席で、席が空いているかどうか
様子を眺めているお客さんもちらほら。
地下鉄日本橋駅からナンバウォークを1分ぐらい進んだ所にある、饂飩の四國。
カウンター席のみで、キャパは大きくはないが、麺の量は1玉・1.5玉・2玉まで
お値段変わらずというのが嬉しいお店です。

ナンバウォークには東店と西店があり、こちらは東店。
基本的にはどちらも同じなのだが、過去にこの2軒をハシゴして
同じメニューを注文した時に、西店の方ではうどんの上にゴマがかかって
出てきた様に記憶している。まぁ、今でもそうなのかは不明。

で、私は『ちく天生醤油うどん(620円)』を注文。もちろん、2玉で。
今年は、ここからうどん食べ歩きカウンタースタート!!

そうして、ほんの1~2分でうどんが運ばれてきました。

IMG_7550.jpg

半分に割られたちくわ天が2本。=ちくわ1本のボリューム。

IMG_7553.jpg

麺には結構エッジがでていて、ややグミ系の柔らかいがムニューっと
伸びる弾力性を持った麺で、あなどれません。
ほんのりと微かな塩気と小麦の風味。ご年配のお客さんも多いお店なので、
あまり強すぎない麺具合が良い具合だと思う。
しかしながら、薬味の酢橘が・・・・、あんまり香り味がしなかったのが残念。

●店名:饂飩四國 東店(なんばウォーク内)
●場所:なんばウォーク 3番街南通り
●営業時間:?
●定休日:?

↓↓↓クリックして応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

『第2回 関西讃岐うどん 西国33ヵ所巡礼』は、無事に終了しました!
多くの方にご参加頂きまして、本当にありがとうございました!
リンク先より巡礼達成者パーティーへのご参加方法をご確認下さい!


正月は過ぎてしまいましたが、正月の食べ物と言えば、
おせち料理も良いけれど、やっぱり雑煮です。

雑煮と言えば、地域やご家庭によって、様々な味・具がありますよね。
「味噌仕立てか?すましか?」や「どんな具が入るか?」等様々ですけど、
皆さんのところではどんなのでしょうか?

うちでは、白味噌仕立ての餡入り餅で、人参・大根等具沢山の雑煮にしています。
※今年は白味噌が無かったので、合わせ味噌で作りました。

IMG_7463.jpg

具沢山過ぎて、餅が隠れてしもうた・・・。
ジャガイモ、人参、大根、豚肉、ゴボウ等々。

IMG_7466.jpg

白味噌に餡入り餅は、香川の雑煮としては比較的メジャーな
組み合わせなんじゃないかな・・・・?たぶん、メジャーやと思います。
それでいて、他の雑煮派の人からすると、「甘い味噌に甘い餡入りって(笑)」と
バカにされがちな組み合わせですが、これが美味いんですよー。
ちなみに、餡餅雑煮は農林水産省が選定した『農山漁村の郷土料理百選』
にも選定
されているんですよ!

最初は「えー、甘いのに甘いのて・・」と怪訝そうな表情だった相方も、
今年は「うちも餡入り餅にしといて」と結構、気に入っているご様子。
やから、美味いんやって!

【他のお雑煮の記事】
2008年01月02日・・・あけましておめでとうございます。
2007年12月19日・・・郷土料理百選

↓↓↓クリックして応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ