「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
"光国"で食べた後、次は楽々園近くの"天霧"へ。
こちらは、天霧フランチャイズ株式会社グループのお店ですね。

IMG_8963.jpg

天霧って、昔、古高松界隈の西村ジョイの近くにもあった所と同じグループなのかな?
まだ、あるのかな?
違うか?
実は、小さい頃あそこのかけダシが苦手でした。
あそこで"かけ"を食べた後に車乗って車酔いした事があってから、天霧で
何食べても、その後に車乗ったら酔ってました。

まぁ、そんな事はいいとして。
店内に入ってみると、少しお昼は過ぎていたが店内はお客さんで一杯でした。

カウンター席に座り、すぐさまちょっと面白そうなメニューが目に止まったので、
すき焼き風たれに漬けて食べる『豚冷温つけ麺(650円)』を注文。

たしかに、ダシに漬けて食べるから"つけ麺"は"つけ麺"で間違いないんやろけど・・・。
"豚冷温ざるうどん"ってネーミングではダメなんじゃろか?
やっぱり、うどんもラーメンのつけ麺ブームに便乗したいってのがあるのでしょうか?
そうこう考えてる内に、うどんが運ばれてきました。

IMG_8956.jpg

まずは、麺だけチュルリといってみますと、ほのかに小麦の甘味を感じる。
麺に固さや鋭さはなく、しっとりとした口当たりでもっちり感が強いのが良い感じです。

                    ↓クリックすると拡大します↓
IMG_8959.jpgIMG_8962.jpg

豚肉、葱、ごぼう、玉葱等の具沢山な漬けダシは、しっかり濃い目の味わいで、
キリッと味が立っている。ごぼうが良い感じやね~。最近、なんだかごぼうが好きやわ。

●店名:さぬきうどん 天霧 五日市店
●住所:広島市佐伯区三筋1-1-2
●営業時間:11:00-22:00
●定休日:無

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
36
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

造幣局広島支局前にある、"うどん茶屋 光国"までテクテク歩いてみました。

IMG_8949.jpg

光国(圀)っちゅーと、誰でもあの時代劇を思い出すよね。
店の前に張られたメニューを見ると・・・。

IMG_8950.jpg

狙ってますなぁ。
四角で囲まれた枠の中に『光国うどん』に『角さんうどん』『助さんうどん』(笑)。
ちょっと面白そうなので、入ってみましょうか。
・・・って、面白そうでなくても、入ってみちゃうんだけどね(^m^;)。

店に入ると、おでんの良い香り~。
入り口横の壁には、印籠もありました(笑)。

IMG_8951.jpg

モッチリ柔コシの麺が続くのはキツイと思い、たまには味を変えて
みたいと思い『カレーうどん(630円)』にしてみました。

IMG_8952.jpg

カレーダシは、トロみの少ないサラッとした牛肉入り。
牛肉の味がカレーダシに染み出し、これはなかなか良い味していますぞ。

IMG_8954.jpg

細目の麺は、肌が荒れ荒れで見た感じ、いかにも・・・という感じがするが、
食べてみると、麺はモソモソっと粘り・もっちり・グミ感の少ないが、
なにやら歯応えはちゃんとある。これが、コシなのか固さなのかが
わかんねぇ・・・・。
ちょっと不思議な一杯でしたなぁ。

●店名:うどん茶屋 光国
●住所:広島県広島市佐伯区五日市7-13-28
●営業時間:12:00-22:30
●定休日:不定休

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
35

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

"はなまる"でまず1杯食べた後に、阿品・宮島口方面に向かって歩きます。
すこしして発見したのは、"茶山"といううどん屋さん。

IMG_8942.jpg

営業開始の11:30分を、ちょっと過ぎたぐらいだった様で入ってみた。
やっぱり冷たい麺が良いなぁ。

                   ↓クリックすると拡大します↓
IMG_8947.jpgIMG_8948.jpg

って事でカウンター席に座り『天ざるうどん(630円)』を注文。
その後、次々と駐車場に入ってくる車。アッという間に、テーブル席は全部・客席
の半分ぐらいがお客さんで埋まってしまいました。結構、人気店なんやね。
どんな麺が出てくるのか楽しみです。

蒸籠から玉を取って、水でほぐしざるに盛り付けられました。
たも網があったので、釜で麺を茹でてる感はあるのに・・・。
きっと開店時に合わせて茹で準備していたのでしょうか?

IMG_8946.jpg

ん~・・・、ざると天ざるの150円差は、海老天1つか。
しかも、残念ながら揚げ置きで、しっとり感があります。

IMG_8944.jpg

つけダシは昆布がしっかり効いていてなかなか旨味のあります。
麺はフワフワプニプニ、箸で持ち上げて切れるという程ではないが、
歯に何も抵抗を感じないぐらい、歯応えも口当たりも非常に軽い麺だ。
やっぱり、広島の人はこういう麺が好きなんでしょうか。

●店名:手打うどん 茶山
●住所:広島市佐伯区海老山町3-17
●営業時間:11:30-14:00 16:00-19:00
●定休日:日

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
34

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

広電五日市駅から歩いて2~3分の所にある"はなまるうどん 五日市店"。
以前は、ちょいとうどんが食べたい気分になったらフラ~っと週1ぐらいの
ペースで行っておりましたが、ここ最近は"はなまるうどん"に行って
おりませんでした。

IMG_8937.jpg

やっぱり、ここへ来たら"ひやあつ+コロッケ"が鉄板ですな。
って事で、トッピングコーナーで迷わずに『コロッケ(110円)』を取って
『かけうどん・小(105円)』を注文。
もちろん、かけうどんを注文する時は、「かけ小、湯煎無し。」でOK。

IMG_8941.jpg
IMG_8940.jpg

やっぱり、どこででも同じ味を味わえるってのは良いねぇ~。
"どこでも同じ"ってのは、確かにお店・作り手自身の個性に欠けるという点
では、自家製麺のお店と比べ面白さは少ないですが、逆にとらえれば
安定感がある。
場所が変われば、その土地土地の文化があある訳で、その土地に馴染ん
でいるダシの味ってのがある。香川の場合はイリコが有名な味。
ダシが食べなれた味やと、食べる側としてはとても安心感がある。
だから良い。

●店名:はなまるうどん 広島五日市店
●住所:広島県広島市佐伯区吉見園1-9 児玉ビル1階
●営業時間:8:00-22:00(4月1日より10:00-23:00に変更)
●定休日:?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
33

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

この日は3月20日。
WBC2次ラウンド1組順位決定戦第6戦の韓国戦の日でした。
結果は、皆さんもご存知の通りですが、この試合のプレイボールを私は
とある場所で見る事になってしまいました。

こないだ行った"とく一"へもう一度行ってみようと、開店時間の11時前に到着する様に、
今度は宿から歩いて行ってみました(前は車)。
家からトコトコ歩いて丁度30分で、"とく一"へ到着。

IMG_8935.jpg
(↑写真は、食べ終わってから撮影したものです。)

店の中では大将と女将さんが準備をしており、そこで時計を見てようやく気付いた。
宿を出て歩いて30分で到着して、今が9時半・・・。

「あれ?なんで?9時半?」

10時に宿を出発したつもりやのに、なんで今9時半?
単純な話、出発時間を1時間間違ってただけ。

他に行く宛も無いので、店前で待つ事に。
すると、しばらくして「まだ時間あるから、中で待って良いですよ。」との優しい
お言葉に甘え、店内で待つ事に。
そんなこんなで、10時プレイボールを"とく一"で見る事に。

IMG_8921.jpgIMG_8922.jpg

そして11時がきて営業開始。それと同時に、お客さんが続々やってきます。
私は『釜玉うどん(470円)』と『生醤油うどん(470円)』のまたしても2品注文です。

15分程して、まず『釜玉うどん』が運ばれてきました。

IMG_8924.jpg

丼の口が小さいので、麺と玉子を混ぜ絡めるのに少し苦労してしまいます。
麺の茹で上がりが近づくと、こまめに茹で具合をチェックして絶妙な茹で具合です。
太目の麺はしっかりエッジが立って良いモチモチ感があり、温でもグッとした歯応え
があるので、温でも"讃岐!"を感じさせてくれるウマウマ麺!
卵の絡みも良いですなぁ~。やっぱり、釜玉はこういうバキッとした麺に合うね。

IMG_8926.jpg


続いて2杯目『生醤油うどん(470円)』。

IMG_8930.jpg

今回は、前回の教訓(?)から「薬味全部無しで」と言っておいたので、
とてもすっきりした風貌。
そこに、1個90円の天ぷらの中から『ごぼう天(90円)』をトッピングします。

IMG_8933.jpg

相変わらずハードな麺は、剛麺好きの私のストライクゾーン外角低め辺りに
160kmの剛速球でバシバシ飛んできます。
前回はほんの少しかすかに塩気を感じたが、今回のは十分に塩抜け出来て
いて、ほのかに小麦の甘さを感じます。とても讃岐チックな麺は食べ応えが
あって良いなぁ。

生醤油等の冷たい麺の剛麺っぷりは、好みの分かれるところやと思いますが、
この釜玉は秀逸です。

もうちょっと宿の近くにあれば、かなり頻繁に行けるんやけどな。
歩いて30分やと、近い様なちょっと面倒な様な・・・。

●店名:食味へのこだわり 手打ちうどん とく一
●住所:広島市中区光南1-13-12
●営業時間:11:00-19:30
●定休日:月 第3日曜

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

前に行った北夢の近くにある"わら路"という一般店形式のお店に入ってみました。

IMG_8908.jpg

雰囲気的には高松の街中にあるうどん屋さんっぽい感じがします。
長い暖簾をくぐりお店に入ってみると、時間は18時過ぎでお客さんは今の
ところ私だけ。(私の後に1人入ってきました)

IMG_8911.jpg

とりあえず『天ぷらおろしうどん・冷(670円)』を注文し、待つこと3分少々でうどんが
運ばれてきました。

IMG_8913.jpg

海老天と大葉天、おろしと鰹節が麺の上に盛り付けられております。
この価格帯なら、せめてカボチャでもサツマイモでも、もう1種は欲しかったなぁ。
しかも、残念ながら天ぷらは揚げ置きで常温に。

IMG_8915.jpg

やや平たい麺をズズッと。
とても柔らかい口当たりて、伸縮性はなくコシも軽いけど、モチモチ・ぷよぷよ感を
感じることができます。ぶっかけダシは、あまり鋭さがなくマイルドな印象で、
優し目の麺との相性はgood!

●店名:手打ちうどん わら路
●住所:広島県広島市中区竹屋町3-29
●営業時間:11:00-20:00
●定休日:第1・3日曜

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
32

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

広島の至る所でみかける"ちから"といううどん屋チェーン店。
これだけ展開しとるって事は、"讃岐"とは別でも期待できるんじゃろか?
"こんぴらうどん えの"で軽く一杯では当然物足りないので、"えの"の裏手側に
ある鷹ノ橋商店街の中にある“ちから”へ行ってみた。

IMG_8899.jpg

店内は明るく綺麗。店員さんも女性ばかりだったので女性も一人で
入れる様な雰囲気の良いお店です。

厨房の台の上に、トレイに入った白い固まりを見て「あっ・・・」っと
思いながら『天ぷらうどん(490円)』を注文します。
そら、もう19時前やし、この時間は難しいわな。

トレイから麺を取り、しっかり温められて1分程でうどんが運ばれてきました。

IMG_8902.jpg

麺はやや細目で、角が軽くとれて丸っぽさがある形状。
フワフワ食感の箸でキュッと摘まめばフニッと切れてしまうヤワヤワで消化に
良さそう。海老の天ぷらは衣たっぷり。

IMG_8905.jpg

厨房の様子を伺うと、茹で釜っぽいのもあるし、タイミング良ければ茹で
たてに当たる事もあるのかな?
ある意味、極めて"立ち食い"テイストなうどん屋さんです。そう考えると値段が
ちと高めな気もしますが・・・。

●店名:うどんと和菓子の ちから タカノ橋店
●住所:広島市中区大手町5-9-16
●営業時間:10:45-19:30
●定休日:?
●HP:http://www.chikara.jp/index.php

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
31

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

広電鷹野橋電停から、鷹野橋商店街の1本北側の通りを西に入ったところにある
うどん屋さんに行ってきました。

IMG_8890.jpg

"こんぴらうどん"って、こないだ行った又兵衛と同じグループなのかな?
店内には同じ“こんぴらうどんの会”みたいな木製の看板みたいなのが飾ってある。

                 ↓クリックすると拡大します↓
IMG_8892.jpgIMG_8893.jpg

又兵衛と同じザルうどんを注文しようとしたら「釜揚げ、ザル、冷は無い」と
言われてしまった。残念、つけダシが無くなったのかな?
って事で改めて『生醤油うどん(500円)』注文したら、注文してから大将が麺を
茹で始めました。ラッキー。
かなりの確率で茹で置き麺を覚悟していたのだが、宴会客が店の大半を占めていた
ので、うどんの準備はしてなかったのかな?

しばらくして。・・・・あっ・・・しまった!
大将が、茹であがり水で洗い締めた麺をテボに入れて温めだした・・・。
ちゃんと冷でって言うべきやったな。

IMG_8894.jpg

温々の生醤油うどんは、湯切りが完全では無く器の底に茹で湯ほんのり塩気が
あったが、やや細身の麺は結構プリプリ感があり、麺の表面に張りのあるコシがある。
しまったなー!これはやっぱり「冷たいので」って言えばよかったな。
そう思うぐらい、なかなか良い感じの麺でした。

IMG_8896.jpg

お会計の時に店員さんが「美味しかったですか?」と聞いてきたので、少し話を
聞いてみた。同じ“こんぴらうどん”の又兵衛は、同じ所で修行してるっぽいけど
繋がりは無いって事。
ここの生醤油は「温の方が味が染みやすい」って事で温がデフォルトって事。
大将も、もう少し麺は太い方が良いと思ってるという事(土地柄・人に合わせると、
あまり太く&コシを強くできないらしい)。

●店名:こんぴらうどん えの
●住所:広島県広島市中区大手町5-6-27
●営業時間:11:00-22:00
●定休日:?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
30

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

この日のお昼は、完全にお昼の時間帯を外してしまった16時前。
なかなか、この時間帯に開いてるお店って少ないよね。
夜営業の時間には早いし、昼~夜を通営業しているうどん屋も少ないし。

IMG_8362.jpg

そんな時間帯やから流石にお客さんはおらずゆっくり。

じゃあ、今日は『イカ天ぶっかけうどん(690円)』にしてみようかな。
麺は茹で置きしておらず、オーダー後に店員さんから「今、麺を茹でて
おりますので」と。
15分ぐらいして、うどんが運ばれてきました。

IMG_8884.jpg

コロコロ一口大のイカ天がゴソッと乗っています。
イカ天は揚げたてのサックリで、一口代に切られたイカの身も柔らかくて結構軽い。
むしろ、イカが小さくぶつ切りな分、ちょっとインパクトに欠けてしまう感もある。
もっとガリガリに揚げたり、フリッターみたいにしても面白いかも。

IMG_8886.jpg

麺は相変わらずシュッとしていて良い感じやなぁ。
程良いずっしり感があり、軽い伸縮性のあるグミ感とモッチリ感の
バランスが良いね。

●店名:本格手打ち讃岐 乃きや 弐の店
●住所:広島県広島市中区橋本町2-27
●営業時間:11:00-22:00(日祝 -20:00)
●定休日:不定

【過去の乃きや 弐の店】
2009年02月28日・・広島市中区(銀山町) 乃きや 弐の店

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

3月15日のお話。
八丁堀の東急ハンズに買い物に出たついでに、ハンズの裏手側の
うどん屋で軽く食べておこうかな。
って思っていたが、"一風"は定休日、"得得うどん"は店内清掃してて
今日営業すんのかどうか不明やし。
って事で、店舗は違えど2日続けて"郷や"へ。

IMG_8878.jpg

今日は『冷しょうゆうどん・中(320)』にしようかな。
注文したら直ぐに麺を丼に入れ、醤油をかけた状態で渡してくれます。

まだ、開店してから間もない時間なので、天ぷらはまだかき揚げしか
出来てなかった。・・・せっかく、トッピング用の小皿取ったんやから
『おにぎり(80円)』でも取っとくか。

IMG_8879.jpg

ブログ初めてから、天ぷら以外のトッピング取ってる写真って初めて?
よく覚えとらんけど、少なくともかなりレアやな。

IMG_8882.jpg

麺は太いのがあったり細いのんがあったりと、手打ち感があります。
でも、太いのでもそんなに太くはなく、それで標準的なサイズ。
軽いグミ系コシの麺は、歯切れ感も程良く、中でもズルズル食べれてしまいます。

葱ザックザクやなぁ。

IMG_8883.jpg

●店名:さぬきうどん 郷や 八丁堀店
●住所:広島市中区八丁堀6-10
●営業時間:11:00-19:00
●定休日:第1・3日曜

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
29

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

横川から十日市を経由し、紙屋町方面に歩きます。
今日(3月14日)は、ぽかほかと良い日和。

なぜそう思ったのかは解らないが、なんとなく"ありそうな"気がして。
平和大通りから1本北側の通りを紙屋町方面に歩いてみると・・・。

IMG_8866.jpg

よし。今日の俺は、なんだか冴えてる。

“こんぴらうどん”っちゅーだけあって、やっぱり讃岐系じゃろうか。
でも"細切りざるうどん"てノボリも気になる・・・。

ドアを開け中に入ると、丁度お昼時というのもあってお客さんが一杯です。
こんだけ一杯な状況なら、よそから茹で麺を買ってきてなければ、
バッチリなのが食べられそうな予感。

                ↓クリックすると拡大します↓
IMG_8868.jpgIMG_8867.jpg

奥のテーブル席に座り、『ざるうどん(550円)』を注文。

5分ぐらいして運ばれてきたのは~。

IMG_8872.jpg

お!この麺どうよ!?
純白な麺は、とても瑞々しくスラーッととエッジが出ています!

IMG_8870.jpg

ずずっと食べてみると・・・「ん!・・・ん?」。
見た目から想像していた“ビシーッ!”という感じとは全然違った。
コシはとても軽く、フンワリした口当たりで、もっちりと粘強さは
あるけど程良い歯切れ感もある。
"優しい麺"と言うイメージ。
ダシは甘めながらも、キリッとしっかりした味わい。
ホワンと淡泊な麺なだけに、こういうダシだからこそ味が引き締まります。

●店名:こんぴらうどん 又兵衛
●住所:広島県広島市中区本川町2-1-20
●営業時間:11:00-19:00(土祝-15:00)
●定休日:日

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
28

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

横川の"うどんや"から歩いて十日市にあるセルフうどんの"郷や"へ。
"郷や"は、広島市内に3店舗あるセルフのうどん屋さん。

IMG_8858.jpg

残念ながら『冷やしかけうどん』は夏期限定で注文できず・・・・。
そら3月中とはいえ、まだ寒い日もあるし注文する人なんてそんなにおらんわな・・。
って事で、これならあるだろうと『冷やぶっかけうどん・中(320円)』を注文。

そして、なんとなくトッピングはスルーしとこうかと先のレジに向かおうとしたら、
驚きの天ぷらが目に止まったので、ちょいと戻って皿を取って、
また『げそ天(120円)』を取ってしまった。

IMG_8859.jpg
IMG_8860.jpg

げそ天をうどんに、ドーンと乗っけて~!

IMG_8863.jpg

なんか、このビジュアル良いね~!

早速、いただきまーす。
ダシにイリコが使われているのかな?麺をズズッと食べると、ほのかに
イリコっぽい風味を感じる。
キュッと絞まった麺はあまり伸縮性はなかったけれど、しっかりしたグミグミの
コシで美味いね。久し振りに広島の地域性の中でヤワヤワではなく、
グミ感の柔らかいのにコシがあるタイプの麺を食べた気がします。

●店名:さぬきうどん 郷や 十日市店
●住所:広島市中区西十日市町10-13
●営業時間:11:00-16:00
●定休日:第1・3日曜

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
27

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

横川駅から1つ南東の区画にある、"うどんや"というシンプルな店名のお店。
いつオープンしたお店かは解らないが、店前の暖簾?の色褪せ具合が良い感じ。

IMG_8846.jpg

店内は結構広々く、お手製感が漂っています。
カウンターで『ぶっかけうどん(350円)』を注文すると、ささっと麺を器に盛って
渡してくれます。そこに、大き目の『ゲソ天』をトッピング。
入り口付近の壁際の席に運んで、いただきまーす。

IMG_8853.jpg

時間が経っているのか、元々こういう感じの麺なのか、麺肌ば少しザラッと感がある。
そこに絡み付く鰹節も、私個人的には不要かな・・・。
少しエッジの出た麺線に沿った筋があった。でも食べてみると、とても軽い口当たりで
フワッとした弱いモッチリ感のある麺だ。固さもコシもあまり無く、麺からは讃岐っぽさは
無かった。ぶっかけダシは甘みがあり、しっとりと大人しい味わいのダシ。
やっぱり、広島の人は強いコシや固コシ麺はお好きじゃないのかな?

食べてる途中で気になった事が1つ。
「カチッカチッ!」という音がしたので、フと振り返ってみると・・・。
厨房内で煙草を吸うのはどうなんだろうか?
そこは料理人にとっては聖域なんじゃないの?
別に言える立場でもないしお店は大将の城やし、吸うなとは言わないが、
営業時間中・店内では吸わないとか・・・。
せめて。せめて店外で吸うとか客のいない時とか、客席から見えない場所で
吸うとか、配慮というかそういうとこには気を配って欲しかった。
その点が気になってしまいました。

●店名:讃岐うどん うどんや
●住所:広島県広島市西区横川町3-11-5
●営業時間:11:30-15:00
●定休日:日祝 第4土曜

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
26

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

今、広島でNo.1のうどん屋として呼び声高いのが、この"とく一"だ、という話を聞く。
なんせKing of 讃岐うどん"山越"で修行された方のお店だそうだ。
近くに電車(広電)の駅が無く、広島駅から行くには車か広島バス(光南町)じゃ
なければなかなか厳しい場所にあるお店ですが、さすが流行っております。
15時頃にお店に到着したのだが、この時間でも何人ものお客さんが入っていて、
後にもポツポツとお客さんがやってきています。
きっと、休日の開店時間とかお昼時は凄い行列になってるんだろうなぁ~。

IMG_8845.jpg

5席程のカウンター席とテーブル2つの、とてもこじんまりした店内で、
昔の庭のなかった頃の山越を思い起こさせてくれます。
天ぷらはセルフで、お店入って左側の棚の上にありますが、今日はここで2杯食べ
ちゃおと思っていたので、天ぷらはパスします。

って事で、『生醤油うどん(470円)』と『かけうどん(400円)』を注文です。
かけはもちろん"ひやあつ"で。
麺は基本的に茹でたて提供なので、嬉しい待ち時間が発生します。
カウンター越しに厨房の様子を眺めワクワクしながら、待つこと約15分。

まずは、『生醤油うどん』からっす。

IMG_8842.jpg

器はえらく小さ目ですが、量はなかなか。香川サイズの1玉より多いです。
基本的に薬味不要な私にとって、葱の多いのが私にはちょっと難・・・。
「薬味抜いて」って言えば良かったな。

IMG_8844.jpg

うは~。バッキバキ!
芯残しの茹で加減で、ゴツゴツっとしたハードな食感が凄まじい。
タイプとしては山越とも異なり、かなり固コシ系の硬いと感じる噛み応えある剛麺。
同系を探すなら、上戸うどんに近い感じかな。上戸うどんにはもう長い事行ってないので
記憶も薄れ気味だけど、私に残っている麺の感覚に近い。

で、続いて『かけうどん(ひやあつ)』。

・・・写真撮り忘れたー!不覚。

ダシはイリコじゃなかったね。でも、スタンダードな関西風という辺りとも違う、
少し不思議な感じがしました。麺は、冷より温で食べる方が丁度良い具合かな。
プリプリ感があり程よくガッシリした麺は美味美味です。

●店名:食味へのこだわり 手打ちうどん とく一
●住所:広島市中区光南1-13-12
●営業時間:11:00-19:30
●定休日:月 第3日曜

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
25

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

本番中国四川の担々麺は汁(スープ)が無いらしい。
ってのは知っていたが、広島ではそれに近い"汁なし担々麺"というのが流行って
いる様で、町中の所々で“汁なし担々麺”のメニューを目にする。
その流行りの基となったのが、舟入幸町の"きさく"というお店らしい。

IMG_8838.jpg

開店時間(11時)の5~10分ぐらい前にお店に到着してみると、既に10人程の
行列が出来ていました。その後も、やっぱりお客さんがどんどん集まってきます。
入り口横の券売機で『汁なし担々麺・大(550円)』と『ごはん(50円)』の券を購入~。
この手の名物メニューって、そこそこなお値段がしそうなイメージがありますが、
意外にリーズナブルな感じです。

食券をカウンターに出して厨房の店員さんに回収しともらえれば良いのですが、
一度に作れる器数分ずつの食券を回収して作るので、その次回分になるのは
食券を集めてもらえないので、忘れられてるのかどうか少しドキドキします。
そんなこんなで、私の食券が回収されて、『汁なし担々麺・大』が運ばれてきます。
ご飯はセルフなので、麺が運ばれてくる前によそいできとくのが吉です。

IMG_8830.jpg

器の底の油と麺を絡め、よーくかき混ぜて頂きま~す。

IMG_8833.jpg

美味っ!・・・辛美味!!
山椒がかなり刺激的!
辛いけど、山椒が好きな人にはたまらんやろうなー。この辛さの中で、ワサッと
入った葱も薬味として存在感があり、ちょっとした爽やかな感じにしてくれます。
細ストレート麺は"ハリガネ"とか"バリカタ"って言われるぐらい、もっとバッツン
バッツンに固めだった方が私は好きだったかも。

ちなみに私か注文したのは普通の辛さやけど、食券回収時に店員さんに
言えばもっと辛くしたり、あまり辛く無い様にもできる様だ。
で、麺を食べたら、ご飯を投入して、よーくかき混ぜます!
これはこれで、イケます。

IMG_8834.jpg

きさくの汁なし担担麺は楽天市場でも買えるみたいですね。
あぁ・・・・このブログ記事書きながら、また食べたくなってきた!!!
これは、なかなか病み付きになります。

●店名:汁なし担担麺きさく
●住所:広島県広島市中区舟入川口町5-13 佐々木ビル1階
●営業時間:11:00-14:00、18:00-21:00 (日は11:00-15:00)
●定休日:水


で、続いて行ってみたのは、舟入本町にある新広島らーめん 麺屋元就。
ここでは『元就ラーメン(600円)』を食べてみたのですが・・・・。

IMG_8841.jpg
IMG_8839.jpg

きさくの汁なし担担麺で口の中がピリピリしてたのもあってか、スープが
めちゃ甘く感じてしまってます。たぶん、これはきっと私の口の問題やな・・・。
たぶん、今は味が解ってませんって事で、要再訪です。

●店名:新広島らーめん 麺屋元就
●住所:広島県広島市中区舟入本町12-21
●営業時間:11:00-15:30、17:30-23:00 (日祝は11:30-21:00)
●定休日:木

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

横川駅から広島駅方面へ向かう途中の道で『自家製麺』の文字を発見~!

IMG_8723.jpg

外から見ても、中で食べている人の為の物なのでしょうけど、中を隠す様に
窓に張られた白いの。ちょっと入り難さがありますね。
でも、まぁ"自家製麺"という一言に期待しながら、ふら~っと立ち寄ってみました。
お店に入ると、直ぐ目の前におでんが置かれています。

今日はまだ揚げ物を食べてないし、『冷やしかき揚げぶっかけ(650円)』にしましょうか!
そして、しばらくして運ばれてきたうどんばこんな感じ。

IMG_8724.jpg

てっきりかき揚げは乗ってくるのかと思いきや、シンプルなうどんと、拳大より
一回小さいぐらいのかき揚げが2つ。

IMG_8728.jpg

やや平た目の長方形で白の強い色合いが強い麺で、麺肌が荒れてはいたが、
フワッとした口当たりで、粘りあるモッチリした微コシ。
かき揚げは揚げたて。玉葱メインでごぼう・人参・ピーマン・大葉が入っており、
大葉の風味が良いね。やっぱりかき揚げに春菊とか大葉とかちょっと癖のある
野菜が入ると好きかも。

●店名:手打ちうどん 栗広屋
●住所:広島市西区楠木町1丁目10-20
●営業時間:?
●定休日:?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
24

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

斗斗家を出てから、次のお店までは20秒。
斜め向かいぐらいにある"いってつ"というお店。

IMG_8713.jpg

何かちょっぴり不思議な雰囲気のあるお店ですな。
お店の雰囲気から、なんとなくそのお店がどんな感じなのか感じられたり
するのですが、それが全くわかんねぇ。

IMG_8715.jpg

『三色ざる(550円)』ってのは、麺か具か何が三色なのか気にはなりますが、
やっぱり今日は普通に『ぶっかけうどん・冷(500円)』を注文。
しばらくして、厨房から「えっ?冷たいの?」なんて声が聞こえたりしながら、
うどんが運ばれてきました。

IMG_8716.jpg

こっちは普通ぐらいの麺の太さやね。
麺の上には、鰹節・大根おろし・天かす、それに真ん中に種の抜かれた梅干し。

IMG_8718.jpg

麺にエッジは出ているのだが、結構肌荒れしちゃってます・・。
早速食べて見ると・・・、何か不思議な感覚に襲われます。

甘っ!!

ダシの味をペロッと確かめてみると、やっぱり甘い。
以前乃きやで食べた『冷や冷やうどん』も“甘い”という感想を持ったが、
あれはダシの素材からくる甘さだったが、それとは違うタイプの甘さ。
麺に歯応えはあるが、グミ感・モッチリ感・粘り感のコシって言うより、
麺の詰まり具合で食感が出てる感じ。どう表現すれば良いのかよく
解らない不思議な感じ。なんだろう・・・?
そこへ絡む甘味あるダシ。ある意味、この手のダシは突き詰めて行けば
何か面白い物になれるかもしれない。そんな新境地の一杯でした。

●店名:いってつ
●住所:広島県広島市西区横川町3-4-13
●営業時間:11:00-20:00
●定休日:木

↓↓↓いつも応援ありがとうございますm(_ _)m↓↓↓
 
23

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

今日は横川駅界隈を散策です。
横川駅前の東に伸びる商店街を抜け、星の道を少し入った所にある"斗斗家"へ。
家は近い範囲に2軒あり、片方は串揚げ・居酒屋、間に1軒ラーメン屋を
挟んでもう片方がそば・うどんのお店になっています。

IMG_8705.jpg

さーて、何を食べようかな。

                ↓クリックすると拡大します↓
IMG_8706.jpgIMG_8707.jpg

『なっとろうどん(950円)』ってのも気になるなぁ~・・・。でも、かなり良い値段・・・。
久しぶりに散々迷った挙げ句、普通に『ぶっかけうどん(600円)』を注文です。

注文して直ぐには出てこない事にホッとしつつも、5分ぐらいで運ばれてきました。

IMG_8709.jpg
IMG_8710.jpg

ありゃ?ここもやや平た目やけど細麺か。
しっかり丁寧に冷水で締められているが、麺はもっちりとした粘り強いコシがあり、
この手の緬に多い鋭さは無い優しいタイプのうどんだ。
ダシは意外とスッキリしており、全体的にとてもサッパリ感があります。

やっぱり、広島もあまり厳つい感じの緬は、あまり受け入れられ難い風土なのかな?
それが関西ではモッチリ・グミ感のある長熟成系の麺を進展させ、広島では
細さに向かったのかな?そんな気がします。

●店名:斗斗家
●住所:広島市西区横川町3-5-20 あすなろビル 1階105号
●営業時間:11:00-22:00
●定休日:水

↓↓↓いつも応援ありがとうございますm(_ _)m↓↓↓
 
22

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さぬきぶっかけ亭で食べて、今が14時ちょっと過ぎ。
時間的にもお腹の具合的にも、もうそろそろ一杯な状態になってきていたのですが、
なんとなく、"このままでは何か中途半端っちゅーか、物足りない"というか。
今日の締めに、どうしてもバシッとした麺を喰らいたいという気持ちで一杯。
この気持ち、ご理解頂けますでしょうか?

って事で、1月に行った井口の凡蔵へ再訪問。

IMG_8698.jpg

前回は平日の昼をだいぶ過ぎてたから、お客さんは私だけやったけど、
今日は休日というのもあってか、この時間でも数組のお客さんが入っていました。

前は冷たい麺食べてるから、今日は温かい『かけうどん(420円)』にしてみようか。
私「かけうどん、"ひやあつ"で。」
店員さん「はい。」
すんなり通じました。
広島でも、讃岐出身のお店では普通に通じますね~。

IMG_8699.jpg

前に食べた冷の麺は、讃岐の中でも珍しいぐらいガッシリした麺だっただけに、
かけダシもしっかり讃岐を意識したイリコダシかと予想していたが、予想外にも
スタンダードな関西風に近い感じでした。

IMG_8701.jpg

麺は、"ひやあつ"になされているので、当然、冷やの麺程のガッシリさは無いが、
それでもやや強目なプリプリ感に噛みきる快感があります。
また、プリプリ感の奥にある粘り強いモッチリ具合も良いですな。

やっぱり、イリコダシを想像してたので、最初の一口頂いた時には、
「あれ?」って気持ちになりました。
力強い麺にちょっと上品さのあるダシが、最初は少し均衡が取れてないかな
と思いましたが、麺は言う事無いですしダシもしっかり風味の効きつつもトゲトゲしさ
がなく美味しいです。

●店名:本場さぬき手打うどん 凡蔵 広島本店
●住所:広島県広島市西区井口明神2-1-19 101
●営業時間:11:00-15:00、17:30-21:00(日祝は20:30まで)
●定休日:不定休

【過去の凡蔵】
2009年01月15日・・広島市西区(井口) 讃岐うどん 凡蔵・・ちく天しょうゆ(650円)

↓↓↓いつも応援ありがとうございますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

宮島口から宮島競艇場の前を通り、2号線を広島市方面に向かいます。
本場開催中なら、少し見て遊んでったのに・・・等と思いながら、阿品にある
フジグランで一休み。
フジグラン中を見てまわると、2階フードコートに"さぬきぶっかけ亭"という
セルフスタイルのうどん屋さんを発見。

IMG_8691.jpg

う~ん・・・、厨房中央には白い大きな箱が置いてあります。
(↑上の写真の右の方に見えてるのではなく、カウンターに隠れています。)
あれは冷凍庫だろうなぁ・・・・。あんだけ巨大な冷凍庫を置いてあるって事は、
それだけ冷凍しておかなあかん物があるって事。
この印象はあまりポジティブなものではないが、とりあえず物は試しです。
『ぶっかけうどん(310円)』を注文してみました。

IMG_8693.jpg
IMG_8696.jpg

やっぱり、麺はプニプニ感の強い冷凍麺でした。
ダシは昆布風味の強い、やや甘め。
まぁ、冷凍麺も一長一短ですよね。
自家製麺のお店の様に個々の個性は無いものの、極端なハズレを引く事も無いし。
まぁ、お店で冷凍麺を出される事自体がハズレだとする方もいらっしゃいますが・・・。
やっぱり、一長一短ですね。

●店名:さぬき ぶっかけ亭
●住所:広島県廿日市市阿品3-1-1 フジグランナタリー フードコート内
●営業時間:?
●定休日:?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
21

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さてさて、またしても宮島界隈に戻ります。

丸亀製麺といえば、関西圏でもあまり賑やかな地域には少ないですが、
すこし郊外の方行けば何店舗もありますし、なかなかレベルの高いうどんを食べ
させてくれるセルフうどん店として、知名度急上昇の系列です。
といっても、私が過去に行った事あるのは、中百舌鳥にあるコーナンの所だけですが・・。

で、宮島観光を終え、船乗り場からちょっと歩いた所にある宮島口店。
駐車場も巨大な便利の良い大型セルフ店です。

IMG_8679.jpg

この日は、13時過ぎても行列しておりました。
うどんの注文コーナーから、厨房の茹で釜の横側を回って、入り口のドアの所まで。
私も列に並び、少しずつ進む行列に少しワクワク感を覚えつつ待ちます。
入り口入った正面辺りに、日本製粉の○特 大黒の袋が積み上げられていました。
京都乙訓郡の金比羅製麺には、日清の"薫風"が積み上げられていたし、
なんか、こういうをアピールしてるのかな?

ざっと厨房を見回してみると、カウンター内の店員さんは皆女性。
なんか、不思議な感じがします。

で、ようやく私がうどんを注文する番になり、『ぶっかけうどん(280円)』を注文。
それに、大きくて目をひいた『野菜かき揚げ(130円)』をトッピング。

IMG_8681.jpg

かき揚げは厚さがあってちょっと食べにくいけど、この大きさはインパクトがあって
良いですなぁ。ある意味、目玉・名物商品にしたいという狙いもあるのでしょうか?

IMG_8682.jpg

麺はやや太目でずっしりとしつつも、軽いモッチリ感があり中心に向かうにつれ、
グッと力強い噛み応えのある麺があります。ほのかに麺に小麦の甘さというか
風味があって良いねぇ。
"大型セルフ店と侮るなかれ"という印象を、まず感じます。

IMG_8685.jpg

かきあげは大きいがほとんどが玉葱で、サックリ軽い食感になっている、
ときおり人参・さつまいも・葱がでてくると、なんか嬉しい気分になってきます。
程良い甘味のあるぶっかけダシが、麺は勿論、天ぷらにも良く合っていて
美味しいねぇ。

●店名:釜揚げ讃岐うどん 丸亀製麺 宮島口店
●住所:広島県廿日市市宮島口西1丁目5-3
●営業時間:11:00-22:00(LO.21:30)
●定休日:無

【過去の丸亀製麺】
2008年05月14日・・大阪堺市北区(中百舌鳥) 丸亀製麺 コーナン中百舌鳥店

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
20

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

前に来た1月末の時も雨降ってたっけ?
巡礼達成者パーティーの時も雨やったし。やっぱり、私は雨男だ。

IMG_8772.jpg

お店に入ると、某お弟子さんの「アレ食べてもらいましょ!」「温と冷、2種類食べて
みて下さい!」って薦め、自動的に2種類食べる事になりました。
何が出てくるんだろう?ってか"アレ"って何だ?と思いつつも、厳しい師匠に鍛えられ、
顔に自信が満ちてきているのがはっきり解ります。
この先が本当に楽しみです。

いやいや別に"アレ"が何でもええんやけど、先に言っておかねばいかん事が。
「あっ、いや・・・、今、胃がやられてるんで、少な目にして下さい。」

って事で、1つめは温かいうどん『(勝手に仮題:あーた、ほんまにできたスペシャル)』。

IMG_8773.jpg

ここで写真を出してしまうと面白味がなくなるので、例の日までモザイクです。
すいません。
言えるのは「こんなの見たことねぇ!」ってインパクトがあるって事と、
素直に「良い味だ~。」って事。
麺も温なのにプリプリもっちりのしっかりしたコシがあって抜群の茹で加減。

続いて運ばれてきたのは冷たいうどん。『(勝手に仮題:魔法の生醤油)』。
(なんか、TVのタイアップメニューみたいやなぁ)

IMG_8781.jpg

「?」
って思ったのは、偶然なのかもしれない。
運ばれてきた瞬間に感じたのは、いつもの更科の麺の色じゃない?って事。
本来の更科の麺はもっと透明感があり、光の具合によっては、ほんの少しだけ
青身がかった様な色合いに見えるのだが、これはクリーム色っぽいのが強い気がした。
(窓から入る光の具合や、カメラのホワイトバランスの影響もあるんやけど・・・
こっちの一番下の写真と見比べてみて下さい。撮った時間帯は、
ほぼ同じぐらいで、外の明るさは今回の方が若干明るいです。・・・・微妙かな?)

IMG_8786.jpg

とりあえず、一口。・・・・!凄ぇ!ハンパネェ!!!
普段の更科のうどんを遙かに越える、剛麺を越えた超剛麺!
もちろん剛麺と言っても"固い"故の剛麺タイプというのではない。
"強烈なコシ"の一言につきる。びっくりする位の力強い伸縮性に、麺をどの方向から
噛んでも驚くぐらい強いコシが歯に襲いかかってきます。
麺そのものの味は、昼間に食べたのと似てる気がした。

すると、大将がニコニコしながら「どうでっか?」と奥から顔を覗かせます。
私「凄いです!でも、全然違いますよね?」
大将「でしょ(笑)。これ、初めて魔法の粉使ってみたんよ。」
なるほど!
さらに大将が言うには「今回は適当にやってみたんで、調整すれば、
もっとグーーーッといきまっせ。」

魔法の粉と小麦粉の魔術師の腕が合わされば、こんなになっちゃうんか・・・。
どちらも恐るべし・・・。

別に、私自身は魔法の粉を使う事を悪い事やとは思っておりません。
むしろ、うどん屋の希望や製粉会社の努力による成果の一品やと思います。
それによって、食べる側にも恩恵も受ける部分がある訳ですし。

でも・・・、やっぱりこれは更科の麺とは違うなぁ・・・。

※魔法の粉は、更科では通常使用しておりません。
 ↑のは試しに作ってみた麺で、通常に提供はされません。


●店名:三ツ島 更科
●住所:門真市大字三ツ島770-1
●営業時間:11:30-15:00 17:30-21:30 (麺切れ終了 LO21:00)
●定休日:月

【過去の更科】
2008年02月04日・・大阪府門真市(門真南) 三ツ島 更科 No4
2008年12月07日・・大阪府門真市(門真南) 三ツ島 更科 No3
2008年10月21日・・ワシが関西で一番美味いうどん屋やで~!呑み会
2008年10月21日・・大阪府門真市(門真南) 三ツ島 更科 No2・・和え麺(780円)
2008年08月02日・・更科と志のんと自作・・穴子天のひやかけ(750円)
2008年07月23日・・【西国33】6/33 三ツ島更科で決定!・・野菜天山かけぶっかけ(880円)
2008年03月01日・・大阪府門真市 三ツ島 更科・・小海老天雪見あんかけうどん
2007年10月07日・・極さぬ巡礼・後編(10月7日)-満願成就
他は、横の検索から探してみて下さい。

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

まだまだ、2月末・3月頭に行ったうどん屋が何軒もスットックされてる状態ですし、
宮島編もまだ若干(3軒ぐらい)残っているのですが、ここは少し順番を入れ替えて
面白味のある先週末のお話を2軒ばかし先に。

IMG_8762.jpg

京橋コムズガーデン前に先月20日より営業をスタートした情熱グループの新しいお店
"馳走うどん らぐ 麺ダイニング"。(3月4日にグランドオープン)
徳島の"沙羅"もそうやったけど、めっちゃお洒落な内装やなー。
やっぱりこういうのを見ると、うどんも"うどん+α"への新しい流れがより強くなって
きてるんやなぁと感じます。

メニューを見て少しびっくり。
                      ↓クリックすると拡大します↓
IMG_8749.jpgIMG_8747.jpg
IMG_8750.jpgIMG_8748.jpg

「ざるチャ900円か~。」

と思いつつも、やっぱりここは『ざるチャーシュー(900円)』を注文します。

IMG_8751.jpg

麺は軽く透き通る様な艶があります。見た感じ、グミグミ感がしっかりしてそうな
麺ですな。やから、情熱トルネードも難しそう・・。

                      ↓クリックすると拡大します↓
IMG_8760.jpgIMG_8754.jpg

麺はやはりかなりグミグミした食感で、柔らかく弾力性あるコシがあります。
麺を食べた時の食感の印象は違えど、食べた時に口の中での小麦の風味の
出方が師匠のお店と近い感覚になります。
香ばしく炙られたチャーシュー入りの漬けダシはちょいキリッと味が立っていて、
そのままではちと辛目に感じたが、温玉で幾分マイルドにはなります。

情熱グループの味が京橋で食べれるのはなかなか便利になりますね。
お酒類も一杯あったし会社帰りにちょっと寄り道、デートの食事になんてのも
お店の雰囲気的に十分にアリですよね。

●店名:馳走うどん 麺ダイニング らぐ
●住所:大阪市都島区東野田町2-9-1
●営業時間:11:30-14:30、17:30-22:00(日祝は11:30-20:00まで)
●定休日:月

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

道の両サイドにお土産物屋さんが並ぶ通りにある、手打うどんのお店が"しな川"。
(きよもりうどんの裏側の通り)
店前から入り口の横に、スライド式の麺切りカッターが置いてあるのが見えるけど、
使っておられない様子。

IMG_8630.jpg

11時にお店が開店し入ってみると、厨房の奥に生地を伸ばすローラーが見える。
外から見た時には気づかなかったが。店前から見えていた麺切りカッターの
置いてある所は狭かった。
昔はそこで作っていたけど、ローラー等の導入で使わない様に改築したのかな?

さて、何を食べようか。

                    ↓クリックすると拡大します↓
IMG_8641.jpgIMG_8639.jpg

牡蠣は食べたし、さっきは温かいうどんを食べたから、こっちでは冷たい麺に
しておこうかな。って事で、『ざるうどん(700円)』を注文。
やっぱり、観光地価格って感じがします。

IMG_8635.jpg

つけダシは甘目なのかな?薬味に山葵が付いてきています。

IMG_8637.jpg

麺にはすこしヌメりがあって、とても瑞々しさがあります。
淡泊な味わいでコシは軽目。噛みきる時に軽いもっちり感があります。
やっぱりダシは甘味があって、キリッとしています。
麺がちょっと弱い印象なだけに、キリッとしたダシとよく合っています。

●店名:手打うどん しな川
●住所:広島県廿日市市宮島町幸町東浜1128-1
●営業時間:11:00-
●定休日:?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
19

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

せっかく海を渡って宮島に来たんやから、この地ならではの食べ物もええけど、
やっぱりいつも通りうどんも試してみなね。(←なんかおかしい気もするけど・・・)

って事で、まず行ってみたのは、船の乗り場から厳島神社に向かって海沿いに
進んだ所にある"きよもりうどん"。オープンは2005年の7月頃らしい。

IMG_8618.jpg

店の入り口横には、宮島のお土産の定番"しゃもじ"に、ここの名物『あさりうどん』
の文字が書かれています。
メニュー表に書かれていたのですが、"あさりうどん"はこちらのお店の商標登録
メニューの様です。

IMG_8619.jpg

普通に冷たいうどんを食べようかと思ったが、折角ここまで来たんやし、
次はいつ来れるかわからんし。名物の『あさりうどん(700円)』いっときますか。
って、注文し5分ぐらい待ったところで運ばれてきました。

IMG_8622.jpg

「これは、あさり汁では!?」と思うぐらいあさりが沢山入っていて、
透明度の高いダシの中で麺が全く見えません。
店に入るまでは"何個か入ってるぐらいかなぁ?"って思っていただけに驚きです。

あさりをちょっと横にズラして、底の方からようやく麺を発見。

IMG_8627.jpg

早速頂いてみると、これがまたあさりの良い風味がたまりませんな!
麺も温の状態でもしっかりしており、箸で持ち上げてプツプツ切れる様な
ヤワではなかった。
ただ、厨房の奥で、チラッとプラの蒸篭の中にある麺があるのが見えたので、
麺はタイミング次第なのかもしれない。

あさりが食べても食べても、なかなかなくならない(笑)。
一体、全部で何個入っていたんだ!?と思い、殻を数えなおしてみると・・・、

全部で、36個!!!

価格を考えると観光地仕様なのか、広島で感じる価格帯よりはちょっと上に
ある様な気がしますが、この数といい、これはかなり満足感がある一杯でした。

●店名:きよもりうどん
●住所:広島県廿日市市宮島町1190-1
●営業時間:10:30-15:00
●定休日:日

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
18

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

2月末。
ぽかぽか陽気に誘われて、「何か食べにフラフラしてみよっか~」ってな具合に、
突然の思いつきで船に乗ってみました。

IMG_8607.jpg

わずかな時間船に揺られて、降り立った場所は世界遺産"厳島神社"のある宮島。

IMG_8652.jpg

宮島に来たのは・・・たぶん。たぶん、人生2回目。
1回目は25年以上前の事で、全く覚えておりません。

でも、ほんまに今日は喉かな天気やなぁ~。

IMG_8642.jpg

IMG_8663.jpg

IMG_8658.jpg

ひとしきり見て歩いたところで、まずは・・・・・揚げもみじ!!
これは、是非とも食べてみたかった。

IMG_8614.jpg

やべぇ!これ美味い!!
カラッと天ぷら風に揚げられており、熱を持ち甘みの増したこし餡がフンワリ
ホクホクっと。このカリッホクホクの食感がたまらん!
やべぇ・・これはハマる。で、もう一本・・・・。

続いては、やっぱりコレでしょう。

焼き牡蠣!

IMG_8669.jpg

生牡蠣!

IMG_8672.jpg

大粒で身がしっかりプリプリしてて、これもなんぼでも食べれそうや~!
焼き牡蠣のこうばしい香り、生牡蠣の素材そのものの甘み。
レモンとかタレなんて不要。このままで十分過ぎる。
全部で6個食べたけど、これはもっと食べたかった~。

宮島来てみて良かった~。



「って、宮島まで行って、いつもの白いんは食べてないんな?」
食べへん訳ないやろ。それは、また後日に。
タイトルの意味も追々察して頂ければ幸いです。

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

県病院電停から"手打ちうどん大閤"へ向かう途中に、まだオープンしたてらしい
ラーメン屋を見があったので、太閤で食べた後にフラ~っと入ってみました。
ちなみに、このお話はまだ2月25日のお話。順番に載せていったら、10日もズレ
が出てしまった・・・。

IMG_8575.jpg

『魚とんこつ(680円)』も魚好きの私にはとても気になる一杯ですが、私は
カウンター席の奥の方に座りここは右も左もつけ麺つけ麺の流行(?今更?)に
流されて、つけ麺を注文する事に。

IMG_8576.jpg

麺が茹でられる傍ら、七輪の上でチャーシューがバーナーで炙られます。
しっかり換気が行われているので、カウンター席までは炙りチャーシューの香りは
あまり感じられませんでした。
麺が茹であがり、しっかり締められた後、お皿に盛られます。

IMG_8577.jpg

平打ち系の麺は、やや芯を残し加減でハッキリした食べ応えのある麺ですな。
表面はプリッとしつつ、奥でグッとした食感が良い感じです。

スープは、今まで食べたつけ麺の中ではかなり好きな方かも。
(って、数えるぐらいしか食べてないけど・・・)
魚粉がしっかり効いていますが、スープが強過ぎずトゲトゲしさのない丸みのある
柔らかい印象のスープで、麺のバランスが取れていて私にはアリでした。
(ただ、ガツン!を求める人にはインパクトは弱いかな)

IMG_8580.jpg

ただただ1つ残念だったのが、折角炙ったチャーシューが冷えて固くなっていた点。
段取り・オペレーション側の問題なのか何なのかわからんけど、ここひとつで、
もっと美味しくなれるポイントやと思う。

麺を食べ終わって、スープをひとしきりストレートで味わった後、スープ割りして
もらうとこれがまた良い具合。
ラーメンの詳しい事は、よくわからんけど、私には結構美味しく頂けた1杯でした。

●店名:麺の家 こりく
●住所:広島県広島市南区翠5-7-19
●営業時間:11:00-15:00 17:30-22:30 日祝11:00-21:30
●定休日:?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

広島県立病院の目の前にある""手打うどん 太閤"。

IMG_8572.jpg

一応、お店のHPもあるが、まだ作成途中なのか途中で辞めたのかはわからないが、
どんなメニューがあるのかが分からない状態。
しかしまぁ、お店に行ってみる前に営業時間や定休日を調べていると、多少
なりとも、どんなメニューがあって・どんな感じなのかは掴めてくる。

こちらのお店では、大阪でもお馴染みのあのメニューが名物という事。

                      ↓クリックすると拡大します↓
IMG_8559.jpgIMG_8560.jpg
IMG_8561.jpgIMG_8562.jpg

太閤特選おじやうどん!
数種類ある"おじやうどん"の中でも、やっぱりここは『かきおじやうどん(880円)』でしょ!
広島は牡蠣で有名やし、食べるには今が丁度良い頃合やし。(食べに行ったのは2月25日)

普段なら絶対『ざるうどん』って言ってるところを、オイスターな魅力に惹かれて
『かきおじやうどん』を注文です。

注文して約5分。鉄鍋が運ばれてきました。

IMG_8564.jpg

とじられた卵のふんわり感と、緑の葱が色鮮やかで良いね。

IMG_8570.jpg

こちらのお店も、麺は平打ち。
なんで広島は、細麺とか平打ちが結構あるんやろか・・・、何かそういう県民性や
ベースとなるうどん文化があるのかな・・?気になるところです。
それはそうと、ゴロッと大粒な牡蠣が4個。ウマー!!
プリプリやし、中はとろける様にクリーミーで牡蠣と味噌ダシとも良く合ってます。
で、やっぱり"おじやうどんなので、"あっさり味噌仕立てで、サラッとした汁と麺の
下にご飯が沈んでいる。

最初に食べ始めた時には、ダシにあまりトロみが付いておらず、平打ち麺が
サラッとしたダシを絡め連れて来る。麺が無くなる頃にはダシに軽いトロみが
付いて、底に沈んでいたご飯が良い具合におじやっぽくなっているんです。
平打ち麺なのは、このダシのトロみの時間差を計算してのものなのでしょうか。

う~ん、キムチおじやうどんも気になります。

●店名:手打ちうどん 太閤
●住所:広島市南区翠5-17-18
●営業時間:11:00-15:30 17:00-21:00
●定休日:無

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
17

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

中電前からひとつ東、広島市役所・中区役所の裏通りの"歩いていこう"より
ちょっと北側にある"小町うどん"。

IMG_8445.jpg

なんとなく、雰囲気的には昔からある地元密着型の一般店の様な感じではあるが、
実はお手軽なセルフ店。

店に入ったのが1時30分ちょい前。
14時までのお店で、この時間帯は・・・と思ってみたが入ってみた。
大将「いらっしゃいませ!もう、ご飯物とか残って無いんですが良いですか?」と。
確かにご飯物は全く無く、天ぷら類も2~3種類しか残っていなかったが、
私にとっては、うどんが食べれれば問題無いか。

メニューをサッと眺めると、一番下の方に『ひやひやうどん』を発見。
もう、何を食べるかは決まった様なものです。
迷わずに『ひやひやうどん・中(346円)』を注文し、天ぷらは・・・『茄子天(80円)』を
取る事に。しかしながら、こちらのお店、天ぷら取る用のトングや箸が置いてあり
ません。普通の割り箸で取って下さい。

そうして、手渡される『ひやひやうどん』。葱をちょっと乗せて、席へ運びます。

IMG_8448.jpg

おおぉ~、至極スタンダードっぽい讃岐うどんって感じがします・
ダシもほんのり甘味のあるイリコに昆布が効いており、塩味も丁度良い具合で
ガツンとくる特徴的なインパクトは弱いものの、ダシのバランスが良くて美味しい。

IMG_8451.jpg

麺はやや標準よてりも細目な麺ですが、シュッとキレのあるコシが良い感じ
なのですが、どことなく柔らかい優しさを感じる麺。そして、軽いグミ感と
プリプリとした弾ける食感が秀逸。
ダシと合わせても、麺が勝ちすぎたり・ダシが勝ちすぎたりしておらず、
双方のバランス均衡が丁度取れた具合だと思います。

●店名:小町うどん
●住所:広島県広島市中区小町5-20
●営業時間:7:30-15:00(うどんは11:00から)(土11:00-14:00)
●定休日:日祝

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
16

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

広島駅から芸備線に乗って、玖村という駅で下車。
玖村・・・何て読むんだ!?

駅から7~8分。
都会の喧騒を離れ、ちょっぴり喉かな所にある"地粉うどん店 わだち草"。

IMG_8421.jpg

店内は昔ながらの家といった雰囲気があり、場所柄・お店のコンセプトに合っている。
しかも、お茶が美味いのが、かなり期待度UPです。

メニューには使用している素材等が明記されており、麺は自家栽培の
小麦"ふくさやか"と群馬産の農林61号を混ぜているらしい。

                       ↓クリックすると拡大します↓
IMG_8415.jpgIMG_8416.jpg
IMG_8413.jpgIMG_8414.jpgIMG_8417.jpgIMG_8418.jpg

そんな麺を楽しむ為に、ざる系を注文する事に。
その中でも興味深かったのが『くるみだれざるうどん(700円)』。

10分ちょいぐらい待って、運ばれてきたうどんは綺麗に盛ってあります。

IMG_8426.jpg


で、これが気になる、くるみだれ。
とりあえず、まずダシだけを一口。

IMG_8429.jpg

何コレ!ウマー!くるみだれウマー!!
胡桃の脂分からなのか、とてもダシに柔らかさがあり香りも良いし、香ばしい味わい。
これは久々に私の中で大ヒットです。

IMG_8427.jpg


麺はきし麺の様に平たく、長さは40cm程で揃っている
そして何より小麦の風味が高く、良い風味が口の中に広がってくれます。
ムニムニとしたグミ感あるコシで、麺が平打ちな分、グミグミ感を強く感じ過ぎずに
歯切れ感も良く口の中で麺が踊ります。
麺が平たい形状なのは、グミグミさせ過ぎず、程良い歯切れ感を出す為なのかな?
そんな麺に、くるみだれが良く絡み合って美味いんです。


これはもう1杯ぐらい食べたくなってくるね。って事で、『かけうどん(580円)』を追加。

IMG_8435.jpg
IMG_8444.jpg

運ばれてくるのと同時に、ダシの良い香りが漂います。
まずダシを飲んでみると、しっかりしたコクがあって美味いね~。
麺は絞まった冷たいざるの麺とは変わって、ふわっとモチモチ。
ダシがしっかりしている分、これは太麺(普通サイズの麺)で食べみたかったな。

●店名:地粉うどん店 わだち草
●住所:広島市安佐北区落合5-3-17
●営業時間:11:00-16:00、(土日祝は17:00-21:00も営業)(LO.30分前)
●定休日:木

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
15

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ