「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
いよいよ明日9月1日より、『第4回 関西讃岐うどん西国三十三カ所巡礼』始まります!!
詳細は↑のリンクより、詳細をご確認下さい!!

----------------------------------------------------------------------------------

"よしや"で食べた後、「1軒ではお腹具合も心もとないので。」という言い訳を
当然の様にしながら、車を走らせつつ次に行くお店を探す・・・探す・・・。

特に意識してた訳ではないが県道18号線を高松方面に向かい、国道438号線で
坂出方面に北上するルートを通ったので、「ならばあそこにしよう。」って事で、
坂出市との境界線近くで高松自動車道の直ぐ近くにある、私にとってはまだ
未訪問のお店"彦江うどん"に行く事にした。

IMG81u (5)

↑これじゃぁ、どこのお店かわからんが・・・・。

お店にたどり着いた時に「あれ?」と思った事がある。
上の写真には写っていないが、以前見たことのある写真の記憶では自動販売機の
右に立っている看板は「ひこえ」になっていたと思うのだが。この日見た看板は
「彦江」になっていた。
坂出市にも近いし、元々のは昨年10月で閉店した坂出市の彦江製麺所と区別する
為だったのかな?

もう少しでお昼時というのもあって、駐車場は車で一杯になりつつある状況。
どちらかというと、地のお客さんが多いという印象かな。

とりあえず店内に入ると、入り口とは対角辺りの左手奥から進む様だ。
まずトッピングコーナーで見つけた『煮玉子天(50円)』が気になったのでチョイス。
そんでもって、うどんの注文カウンターの辺りに「冷かけ」の文字を発見したので、
『冷かけ・小(150円)』を注文する事に決定。

IMG81u (6)

いただきま~す!
これがちょっと予想外、もっと昔ながらの讃岐麺な感じのガツガツっとした麺を予想
していたのだが、良い具合のモッチリ感のあるある粘りゴシな麺。
固いという印象は全く無く、心地よい弾力感のあるコシ。麺を噛んでも、ググッと
程良い抵抗感がありビッと噛み切れる感触。
この麺の強過ぎず弱過ぎずなコシ感が、本当に絶妙な感じ。

IMG81u (7)

そして、気になった『煮玉子』の天ぷら。
磯辺揚げになっているが、外からでも内側の白身部分に色が着いているのが解る。
ガブッとかぶりついてみると、これが結構しっかりとしたええ味が付いてます。
中身が半熟であれば・・と思うところですが、これはアリですな~。

冷やかけのダシは甘味のあるタイプだったが、食べた後でさほど印象に残る
という感じはなかった。きっと、煮玉子のしっかりした味のものを食べたという
影響かもしれんね。

近場で考えてみると、大通り(国道438号線)を北へ約4kmゆけば日の出製麺所が
あり、南西に約4kmでなかむらうどんがあったり、結構この辺りを中心に半径5km
もすれば結構有名店がポロポロあるだけに、名のあるお店を食べあるこうと
すると素通りされてしまいがちな場所かもしれんなぁ。
そういう立地ではあるものの、これだけの麺を食べれるというのはある意味
穴場的なポジションのお店かも。

●店名:手打ち 彦江うどん
●住所:香川県丸亀市飯山町東坂元645-4
●営業時間:10:00-14:00(麺終)
●定休日:月(祝の場合は営業)

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでつぶやき中。mitukiで検索すればそれっぽいのが出てくるはず・・
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

いよいよ9月1日より、『第4回 関西讃岐うどん西国三十三カ所巡礼』始まります!!
今年は、9月1日~12月25日までの約4ヶ月間で、対象店50軒中33軒を食べ歩く
スタンプラリーです。

----------------------------------------------------------------------------------

さてさて、8月中旬の事。この日は「UDON HI スタンプラリー」で、よしやさんに
攻め入る事を予定し、丸亀・飯山界隈をうろうろしておりました。

そんな時、フッと頭を過ぎったのは・・・「そういえば、お盆もひと段落して、有名店の
混雑も落ち着いているんじゃないかな?」なんて事。
そう思って、県道18号線から岩崎牛乳・岩崎タクシーの交差点を南に下ってみた。
が、お店の前へ続く細い路地へ差し掛かった時、既に大行列が見える。
「うわ~・・・。そんな甘くなかったなぁ~。」あっさり引き返し予定通りよしやへ向かう。

IMG37 (21)
↑これは過去に撮ってたやつ

お昼前の時間帯にもかかわらず、こちらもお客さんは結構一杯です。
やっぱり、あれだけのうどんを提供できているんだから、人気が高まってくるのは
必然かな。お昼のピークタイムになったら、こちらにも行列が出来るのだろう。
なんて考えながら、暖簾をくぐります。

ここへ来るのはこれで3回目。過去2回、ひやひや+たまごコロッケの組み合わせ
ばかりだったので、今日はちょっと変えて『かけうどん(ひやあつ)小(200円)』と
『ちくわ天』をトッピングにしてみた。

IMG81u (3)

うは~、ひやひやの時の張り感やしっかりとした感じとはうって変わって、
このひやあつは、口当たりはやや軽い感じになるが、プリプリっとした飛び
跳ねる様な食感がさらに増している。
そこに、麺の太さが均一ではない手切りの影響が加わって、スッと歯が通る
細い食感と、ややガシッとした感が残る太い麺の不均一さが、口の中で
微妙な変化をもたらしてくれて面白い。

IMG81u (4)

さてさて、話は食べる前に戻って、お会計の時。
「UDON HI スタンプラリー」のスタンプをもらおうと、スタンプカードをレジの店員さんに
出すと「大将?上戸さんってどうなるん?」とスタンプを押す前に大将に確認中。

私「???」
店員さん「上戸さん、お店閉めちゃってるんですよ~。」
私「えっ!?そうなんですか!?」
大将「上戸さんのスタンプは、無しで大丈夫やと思いますので!もしダメって
   言われたら、『よしやの大将がそう言ってた』と言って下さい。」

ええ~!上戸うどん観音寺店、閉店~!!
知らなんだ・・・・。

という事で、上戸うどん観音寺店は無し、尾崎には恐らく行けないというのを
加味すると、後は綾川の松岡だけか。

【過去のよしや】
2011年04月18日・・丸亀市飯野町(宇多津?) 純手打ちうどん よしや No.2
2009年12月01日・・丸亀市飯野町(宇多津?) 純手打ちうどん よしや

●店名:純手打ちうどん よしや
●住所:香川県丸亀市飯野町東二343-1
●営業時間:7:00-15:00
●定休日:火

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでも少し呟いています。mituki_udonで探してみて下さいな。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

つーか、今年の8月・・何回瀬戸大橋を往復したんだ・・?ってぐらい往復してます。
え~っと、、、これからの予定も含めて8月中に9往復!!?
その割りに、うどん屋にはそんなに行けてない気がするなぁ。
ETCの利用料請求が怖い・・・。

って事で、もう直ぐ9月になろうかと言うのに8月中旬まだお盆の頃のお話です。

本当は、8月の瀬戸大橋を渡るのは8往復の予定だったんやけど、この日、急遽
渡讃の用事ができてしもうた。お昼ごはんはいつも通りうどんだ。


↑これは2005年に撮ってたやつ。

もう直ぐ1時になろうかという時間でも、お客さんが一杯の観音寺の七宝亭。

このお店の名物はというと「甘党の店」とあるだけあって『おはぎ』が美味しい。
それでもって"えび天"は鉄板。小学生ぐらいの頃には、ここに来る度に『天ざる』
と『おはぎ』を食べていた様に思います。それぐらお気に入り。
そういえば、前回ここへ来た2005年にも『天ざる』を食べてるな。
あれ・・・6年も経ってる・・?

で、今回も『天ざる』にしようかと思ったのだが・・記憶を辿ってみると、七宝亭では
今までに『天ざる』の他には『かけ』と『粘力』しか食べた事ないない様な気がする
ので、今日はちょっと変えて『鶏唐ぶっかけ・大(700円)』にしてみようか。
(鶏という辺りが、いつもとそんなに変わってない気が・・・)

IMG81u (1)

麺の方はというと、これは2005年の時にも思った事なんやけど、昔と比べてやっぱり
変わった気がします。昔といっても私が小さかった頃なので20年ぐらい前。
子供の頃の印象なので曖昧だが、昔は麺がもっと長く、ゴツゴツっとした力強さが
あった様に思うのだが、今の麺はどちらかというと、力強さよりも熟成感のある
しなやかな弾力が強い様な気がします。

この麺はこれはこれでアリっちゃアリなんやけど、私の記憶の中にある七宝亭の
うどんとは、ちょっと違う様な気もする。
アリっちゃアリと書いたのは、これはこれで美味いという事。
固いという印象はまったくなく、程よくモッチリとした食感。麺を引っ張ってみると、
ニュ~っと伸びる様なタイプではなく、ビンッビンッと軽いゴムの様に跳ねる弾力。

IMG81u (2)

でもって、メインの具、鶏唐ですが・・・揚げたての熱々!!
ちょっと小振りではあるが、カラッと揚がっていて、一口かじるとバリバリっと
した衣の食感が良く、内側はええ具合にジューシー。
気をつけて食べないと口の中、火傷してしまいそう。
この辺、名物となりえた"えび天"を出すだけあって、天ぷら・揚げ物にもこだわって
いるお店という感じですな。

ただ、なんか美味しいだけに、もっとガッツリ食べたいって気になります。


『蛸バジルうどん』も気になったんやけど、温うどんやからなぁ~。。
冷たいんもいけるんやったら、挑戦してみたんやけど。
私の後ろの席に座った、6人の家族連れは『蛸バジルうどん』を4つ注文してた。

●店名:手打うどん 甘党の店 七宝亭
●住所:香川県観音寺市吉岡町12-1
●営業時間:10:30-20:00
●定休日:水

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでつぶやき中。mitukiで検索すればそれっぽいのが出てくるはず・・

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さてさて、香川のうどん屋ハシゴの途中どうでもいい話を挟んでみましたが
今日は(今日から)、またしても通常モードへ。

山下うどん@国分寺まるやで食べた後、高松市街地に入る手前でもう1杯。

IMG81t (6)

って事で立ち寄ったのは、昨年2010年9月オープンの郷東のさぬき麺市場。
私の知るところでは、さぬき麺市場ってここだけやと思うんやけど、新規参入
なんかな?それともどこかの系列なんやろうか??
昨今、こういうのを出店できるのって、ほとんどがどこかチェーン店というケース
が多いだけに、新規参入としたらとても面白いと思う。

で、お昼はもう結構過ぎている時間帯にもかかわらず、お客さんは一杯。
カウンターのうどん注文場所の前には、ぷち行列状態。
私は『ざるうどん(270円)』を注文。タイミング良く、茹で立てだ。
そんでもって、トッピングは『とり天(100円)』。もはや、この手のセルフ
うどん店では大きなとり天は定番やね。やっぱり人気のトッピングの様だ。
多くの人が小皿に取っているのが見えた。

IMG81t (7)

じゃぁじゃぁ、いただきます!!
麺肌も滑らかで、なかなかみっちりとした麺密度しっかりな麺質。
それでいて、軽い粘り感と程よいモッチリ感のあるコシ。
やや芯が残っているのかな?と思う歯応え。
結構、強いという印象のある麺ですなぁ~。
はなまるやまるいちといったセルフうどんチェーンとは違った麺質で、これは
これで面白いと思うし、人気ぶりもなるほどという感じです。

IMG81t (8)

でもって、私が取ったとり天は、揚げたてのアツアツ!!
結構な大きさがあっても食べてて胸焼けする様な脂ギッシュな肉質でもなかった
ので、結構食べやすい。が、若干パサパサっとしている様な気も・・・。

お店の作りとしては、流行の●●製麺に似てると思う部分もある。
入り口と出口が別れていて、店の正面中央に厨房スペースがあって。
製麺工程や作ってるところが見えるというのは、見てて面白いと思うし。
ある意味、こういう形を最初に始めたところは、相当考えてレイアウト
したんやろうなぁとつくづく思う。私もうどん屋やるんなら、厨房内が
見えるスタイルにしたいとは考える。

●店名:さぬき麺市場
●住所:香川県高松市郷東147
●営業時間:6:00-20:00
●定休日:無
●HP:http://sanuki-menichiba.jp/index.html

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterもお暇なら見てやってください。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

こないだ大阪に行った際に、ringoさんから「ブログは淡々とあのペースでいくの?
子供の事とか・・・」と言われたので、少し淡々とというところから離れた雑記を・・・。
(基本的には淡々といくつもりです。ってか淡々とじゃなければ、日々頭を捻り続け
る事は出来ず、ここまで続けてらんなかった気がする。)

IMG81v (1)

8月の某日、ちびっ子を連れて玉野市のおもちゃ王国に行ってみた。

炎天下の中、アトラクションの行列に並ぶ。
20分ぐらいは並んだやろうか。もうあと数人でうちらの番。
そんな時に「あっち行く!観覧車行く!」。えっ!?・・・ここまで並んだのに!?
そうして、ダダこね泣き喚くので、折角並んだ列を離れると、さっきまで並んでいた
アトラクションのに「乗りたいの~」と言ってまた泣き出す。

機関車トーマスの乗り物にも「乗る~!」言うときながら、いざ直前になって
「怖いの~!」といって泣きゴネる・・・。

ビビリというか、おとっちゃまというか・・・。知ってたし、こうなる事も多少は予想
していたが・・・。

IMG81v (2)

なだめつつ、結局最初にアトラクションに乗ったのは、入場してから1時間以上
経ってからになりました。
そんで1つ乗ってからは、いくらか「楽しい」ってのを理解したのか、いろいろ
乗る様にはなったのだが、一番良く遊んだのは、砂場でした・・・。

で、お昼ご飯。
「よし。お子様ランチでも食べるか?」と、飲食店へ行くと・・・「値段たけぇなぁ・・。」
いや。そうだって事は解っていましたよ。それも予想の範囲内です。
一応、他に何があるのかグル~っと見て回って、麺サロンなるうどん屋さんを
発見。店舗の外に大型の冷凍庫が置いてあって・・。いや、仕方ないよね。

一応、ちびっ子に「何が食べたいん?」と聞いてみると、「ちゅるちゅる(うどん)」
との事。うちのちびっ子、誰に似たのか、うどん大好きなんです。

その回答も予想できてましたよ。でも、俺にはここのうどんが、なんとなく想像
できちゃうんだよ。

「お子様ランチの方が良くないか?ハンバーグあるで。」
「ちゅるちゅるがいいの。」

こうなったら、言う事を聞かない頑固なんが、うちのちびっ子。
何とか、お子様ランチへの誘導を試みるが、あえなく惨敗。

IMG81v (3)
IMG81v (4)

●店名:麺サロン
●住所:岡山県玉野市滝1640-1 おもちゃ王国内
●営業時間:?
●定休日:?



で、前の土日、国営まんのう公園へ、MONSTER baSH 2011へ行ってきました。

IMG81v (5)

眠がるちびっ子を連れて、朝早くから岡山を出発。
ちびっ子を連れては初参戦。去年のSETSTOCK10は相方の義母さんに岡山まで
来てもらって、1日だけ預けて行ってきました。
が、今年はちびっ子連れて2日参戦を計画!!

やっぱりちびっ子連れということもあって、暑さ対策はかなり気を使った。
持って行った飲み物、アクエリアス2L×6本。
日よけのパラソルと、白熊の気持ち。冷えピタ等。

でも、曇ってて暑くもなかった。むしろ心地いいぐらい。

IMG81v (6)

初日は、ちびっ子を抱っこしながら、サンボマスターを前の方のスタンディング
ゾーンへ見に行く。手を叩いたり、皆が手を挙げるのを見て、一緒に遊んでいる。
すると途中で「ちゅかれた。。」と自己申告。
そらそうや、普段ならお昼ねの時間や。それに、普段よりも朝早かったからな。
抱っこしながら、そそくさとパラソルのところまで戻って寝かす。

相方が「THE BAWDIESは見たい」と言うので、相方は前の方へ。俺は寝てる
ちびっ子の子守をしながら、パラソルで聞いている。
すると、やはり聞いた事ある歌だからなのか、寝てたちびっ子が目を覚まして
手を叩いたりしている。

IMG81v (8)

↑アーティストグッズ物販の行列を横に、ふわふわドームで遊ぶちびっ子。

で、そんなこんなで、やっぱり最後まではキツイやろう。って事で、Coccoまで見て
初日は引き上げて、うちの田舎に帰る。


初日の夜に、明日の着替え等を準備していたら、相方が「合羽忘れた・・・」。
ちびっこ用のアンパンマン合羽はあるが、俺ら2人分のを忘れたらしい・・・。


で、2日目は朝から雨。
レオマの臨時駐車場へ向かう道中、コンビニ等で合羽を探すがどこも売り切れ。
夏フェスの日中に寒さと戦うことになるとは思ってもみなんだ・・・。
こんなに条件悪かったのは、1回目のロックインジャパンの台風以来か。

途中、多少雨が降っていなかった時間もあったが、基本的には雨。
寒いよ・・・。着替えても、すぐに雨に濡れて寒くなる。

私としては、トリのACIDMANも見たかったが、この雨の中だと俺らもキツイが
ちびっ子も大変だろうという事で、マキシマムザホルモンを見たら帰る事にした。

そしたら、丁度、マキシマムザホルモンの始まる頃には、雨もほぼあがった状態
となり、「最後に、体温めに前の方行って、ヘドバンに加わってくるか!」ってな事で、
ちびっこを抱っこしたまま、スタンディングゾーンへ。
始まってしばらくの間は、ちびっ子も手を挙げて、頭振って楽しんでいたみたい。
しかし途中で、ちびっ子が「もう寝る。」と言いだし、完全熟睡モードへ。
たぶん、抱っこしている俺が、それなりにユラユラしてたので気持ちよく眠くなった
のもあるやろう。

でも、・・・よう、この爆音の中で寝れるなぁ。

完全熟睡モードに入られては、抱っこしてても、ちびっ子の体がズリ落ちてくる
ので、またしてもパラソルの所へ戻り、まだ続いているマキシマムザホルモンを
聞きながら帰る準備を。

IMG81v (7)

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterではmituki_udonでやっとります。
この記事がアップされる頃には、きっと満濃公園にいるはずの私。


さてさて、山下うどん@国分寺を出て、高松へ向かう。
山下うどんの記事でも書いた様に、今日のところは"一福"や"石川うどん"を
スルーして、33号線もうちょいで鬼無町という辺りにある"まるや"へ。

IMG81t (3)

"まるや"と言えば、私にとってすっかりHPにも載せ忘れてしまっているお店です。
で、思い出したかの様に、とりあえず載せたブログ記事がこれ

その前回が2002年頃のはず。そん時、釜たまを食べて美味しかった印象があり、
「これは良いお店だ。また寄ろう」と思っていたにもかかわらず、もうちょっとで
10年になろうかというブランク・・・。
で、その時は"まるや"も、まだオープンして間もない頃だったはず。

とりあえず、「どんなんやったけなぁ~」と記憶を掘り起こしながら、店内に
入ると、若い大将が「いらっしゃいませ!」との声。
あれ・・・?あり?前はいくらかご年配の大将だった様に記憶しているが・・。
世代交代?

まぁ、そんなこんなでとりあえず、『かけうどん・小(180円)』を注文して、
トッピングは『コロッケ(100円)』。

"ひやあつ"で食べようかと湯煎はスルーして、ダシのポットのところへ行くと、
その横に水滴の着いたヤカンが置かれている。
う~ん・・・これは、冷たいダシ?もしかして"ひやひや"いけるん?
そう思って、ヤカンからダシを注ぎます。

IMG81t (4)

ではでは、いただきま~す!!

うは~!!軽くエッジ経った麺は、とてもしなやかなでモッチリとしたコシ感。
適度に熟成された感があり、あまりグミグミっとはし過ぎておらず、程よい
粘り感がとても良い。その分、麺の張り感というか、バシバシっとした歯で
噛むと跳ね切れる様なタイプでは無いように感じた。

以前釜たまを食べた時は、もっとズッシリとしてバツバツっとした噛み応えの
麺密度高い様な感じやったと記憶しているのだが、もう10年も前の事なので
その辺はアテにはならん。

IMG81t (5)

にしても、ええコシしてますわ~。これは粉の影響か?
というのも、麺の風味は良く判りませんでした。

ヤカンからかけたダシ。これはもしかして・・・ぶっかけうどん用?
普通のかけダシからこういう感じなんかもしれんけど、いくらか濃い様に
感じました。
その影響もあってか、麺の風味の有無は判らなかったというところ。
仮に内麦・夢2000とかならASWよりしっかり風味が出るはずなので、ある程度は
解る様な解らん様な・・・。
でも、この麺の食感は、そっちか長熟成系やと思うんやけどなぁ。

●店名:手打ちうどん まるや
●住所:香川県高松市国分寺町新居8-6
●営業時間:7:30-15:00
●定休日:月

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterでも時々何か言うとります。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

世間的にはお盆休みのUターンラッシュも一段落し、暑さにやられながらも仕事
モードな人も多いんでしょうな~。

なんて、私がまだ休みであるかの様な思わせぶりな書き方をしましたが、実際は・・・。
というより、お盆休みって何時だっけ?という様な状況。
今日はのんびりできるかと思っていたら、「助けて~」と電話がかかってきたり・・・。

まぁ、そんなこんなで、この日も瀬戸大橋渡った訳です。
「UDON HI スタンプラリー」もありますが、今日は目的地が高松市内なので、
スタンプラリーとは別。坂出北ICで降りて、33号線でのんびりと高松へ向かう。

って事で、とりあえず1杯目。

IMG81t.jpg

この辺りを通ると、最近は"一福"や"石川うどん"を選びがちですが、今日の
ところはなんちゅーか、古風というか素朴な味のうどんが食べたいと思ったので、
今日は国分寺山下へ。

時間は1時半を回ってしまい、お店もお昼の時間帯が終わって一段落という頃。
お店に入りカウンターの所で「『かけうどん・小(200円)』麺そのままで。」と注文
すると「後4分待ってもらえますか?」との事。
おっ!ラッキー。

IMG81t (1)

そして、少し待って茹で立てうどんを受け取り、トッピングには『ちくわ天(90円)』。

白く艶々した麺は、やや細い部分がありぃの、ちょっと太めな部分があったりと、
太さにまばらな感じはあるのですが、ビシッと綺麗に角が出てる感じはゴツゴツ
っとした食感を食べる前から想像させてくれます。

いざ食べてみると、ある意味想像通り。軽くワイルドな角のゴツゴツっとした
口当りがとてもええ感じ。しかしながら、結構しっとりとした感じで、モチモチ
感や粘り感は少なく、コシ感もやや少なめ。しかしながら、その麺肌の張り感は
素晴らしく心地よい。強過ぎず柔過ぎず絶妙な張り感。

IMG81t (2)

そしてダシ。
そうそう、今日はこういう感じのが欲しかったんだ。
上原製麺所のかけダシと同系統のもので、醤油のパンチが効いた様な素朴な
感じの私が田舎風と感じるダシ。お吸い物なんかとして飲むものに使うには、
ちょっと違う感じのダシなんやけど、素朴系な麺との相性は抜群です。

全体的に"洗練された"タイプのうどんではなく、果てしなく"素朴"なテイスト。
肩肘張らずにフラッと入って食べれるうどんという印象が良い!

●店名:国分寺・山下うどん
●住所:香川県高松市国分寺町国分1033-2
●営業時間:11:00-15:00
●定休日:日

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterもやっとります。つぶやきは稀ですが・・・。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

とりあえず、徳島編が終わったので、ここで一息入れようか。
ってな事で、どうでもいい話を。


今週末はMONSTER baSH 2011ですな。
7月の前半には、「今年はモンバスにしよう!」って決めておりました。
暑いの苦手な私にとっては、ここ最近の暑さは苦痛以外の何物でも無いの
ですが、その為やったらいくらかは我慢できる。(かもしれない。)


しかしながら、あれだ。
あと3日後だと言うのに、今年はなんだかテンションがあまり上がってこない・・。
もちろん楽しみではあるんやけど、「これだ!!!」というところが無いから
なのかもしれない。
そういう意味では、音魂にすれば良かったかも?とか迷いもまだ残っている。

でもまぁ、今週末な訳でして。
先に「テンションがあまり上がってこない」と書きつつも、各アーティストの
予想セットリストを作って遊んだりしながら、ジワジワとは遠足前の様な
気分にはなってきております。

とりあえず、今年はTHE BAWDIESとPerfumeかなぁ。
どちらかと言えば、2日目の方がはっちゃけそうな事になりそう。

とりあえず、日焼けには要注意・・・。

それと・・・・国営讃岐まんのう公園・・・PHSの電波入んのか?
今、WillcomのHPでエリア確認ツール検索したら、竜頭の里んところで「最寄のアンテナ
まで約1980mです。」って出た・・・。きっとダメじゃん・・・。

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterもやっとります。つぶやきは稀ですが・・・。
丸池→名麺堂本店→名麺堂北島店→八笑と来て、次は一歩へ。

一応、ここが「UDON HI スタンプラリー」の徳島県6店舗中で"徳島最後のお店"
になる予定。
と言うのも、残りの1点"尾崎"がオープンするのは、この日よりも後の事。
となると、オープンしてからもう1回徳島に来ないと達成出来ない訳で、今のところ、
そのもう1回の予定が全く立てられない。
そういうのを込みで、日の出製麺所で「UDON HI スタンプラリー」の紙を貰って
計画を立てた時には、「何かのついでに来るってのは無理だろうなぁ。1軒残して
達成出来ずってとこか・・。」という風に思っていた。
最初っからそういう風に想定している上での事なので、仕方ない。
でも、徳島へ来るチャンスがあれば・・・と、虎視眈々と狙ってはいる。

IMG81s (15)

そんなこんなで、一歩へ到着。
ってか、なんで"文化の森"?まっ、いっか。

昨年12月にオープンしたお店は、まだ新しい感じが残っています。
こちらも、お店の外から製麺の様子が伺える仕様。(入り口の左側)

ここまでくれば"ひやかけ"オンリーを目指してみるのも面白い?ってな事で、
『ひやひや(280円)』に『ちくわ天(100円)』をトッピング。

IMG81s (16)

早速、いただきます!ってなもんで、ずずずっと麺を食べ始めます。

おお!!結構、ダシにパンチがありますなぁ。麺よりも、そっちの方が一口目の
印象として強く感じました。名麺堂本店で食べた時と同じぐらいやろうか。
そう思ってダシを飲んでみますと、一口目に感じた印象とは違って、エグ味や
雑味のないスッキリとした感じのひやひやダシ。
なんか一口目に麺を食べた時の印象とは全然違う、ちょっと不思議な感じ。

IMG81s (17)

それでもって麺はと言いますと、見たところゴツゴツっとした力強そうな感じで、
剛麺系っぽいなぁと予想していたのですが、食べてみると見た目程ゴツゴツっとした
印象もなく、どちらかと言えば粘り感の強いタイプ。
程よい粘り感やグミ感があって、比較的スタンダードな香川讃岐に近い麺という
感じでした。

そんで、私が一番気に入ったのは、このちくわ天。なんか美味い!!!。
身がしっかりしてるって感じ。照明の影響もあるんやろうけど、身の色も白じゃなく、
やや灰色がかっている様にも見えた。なんだろう?


さぁて、次は香川の残3軒。
なかなか予定組み難いなぁ・・上戸うどんは箕浦じゃないので、多少は近くて
助かります。

IMG81s (18)

●店名:うどん 一歩
●住所:徳島県徳島市八万町弐丈47-1
●営業時間:11:00-17:00(麺切れ終了)
●定休日:火

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでつぶやき中。mitukiで検索すればそれっぽいのが出てくるはず・・

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

朝一、名麺堂 北島店で朝食を食べた後。
いつの間にやら、時間はお昼を回ってしまいました。

って事で、今度は鳴門市のうどん乃 八笑へ到着~。
着実に「UDON HI スタンプラリー」のスタンプを増やしてゆきます。

IMG81s (12)

↑のオレンジ立て看板の左側辺りのスペースが製麺スペースになっており、
女性店主が中で作業をしておられました。
こちらも名麺堂で学ばれた方のお店なので、恐らく"ひやひや"もあるだろうとの
予想の上、店内に入ります。

入って右側んところでスタンプラリー4杯目の『ひやひや(290円)』を注文。
トッピングには『まいたけ天(90円)』をチョイス。

IMG81s (13)

おや。。
見た感じ、名麺堂の様なビシー!!バキー!!っとした感じの麺じゃないねぇ。
食べた感じも、見た感じの通り、しなやかで柔らかいコシ感。程よい伸縮性に
モッチリ感。そこまで麺密度が高い訳でもないので、名麺堂と比べるとコンセ
プトも異なればそもそもの元が違ううどんという印象。
(帰ってお店のHPを見たら、木下製粉"白バラ"を使用とのこと。名麺堂は確か
日讃製粉の"緑あひる"だったはず。)
麺を鍛えて強くしたというよりも、優しく作ったという様なイメージかな。

IMG81s (14)

ひやひやのダシは、ほんの少し・ほんの僅かにほのか~なエグ味感が含まれた
香ばしさがあります。そういう点では、ここまで徳島で食べた4杯のひやかけの
中では、好きなタイプに一番近いダシでした。

こちらのうどんは、私自身徳島・鳴門であまり地のうどんを食べてはないので、
よく解らん部分もあるんやけど、完全に名麺堂テイストな香川讃岐寄りのうどん
じゃないのは、いくらかは地のうどんを意識された様なうどんなんじゃないか
なぁという気がします。
HPの"店主ごあいさつ"に書かれている「八笑にうどんを食べに来ておいしかった
と言って笑って笑顔でお客さんに帰ってもらいたい」。老若男女問わず地元の人に
来てもらえる様に、地元にも受け入れられる融合点を探られたんじゃないかなぁ
と考えます。

●店名:うどん乃 八笑
●住所:徳島県鳴門市大津町吉永17-11
●営業時間:11:00-麺切れ終了
●定休日:木
●HP:http://www.udon-no-yawara.jp/

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでつぶやき中。mitukiで検索すればそれっぽいのが出てくるはず・・

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

「今日も暑い1日になりそうだ・・・。」
朝っぱらから照りつける太陽。
そんなこんなで、翌朝。「UDON HI スタンプラリー」の徳島攻略2日目。

IMG81s (9)

こちらが、オープンしたのは2009年12月。
2009年!?えっ!?・・・やっぱり、そんなに経つのかぁ~。
やっぱり、以前徳島へ頻繁に通っていた頃から2年近く経っているという感覚が
わかない。まだ、去年ぐらいの事の様に思う。
ここがオープンする1週間ぐらい前まで頻繁に行っていたのだが、その日以来
ぱったりと行く機会が途絶えちゃってた。いや、厳密には行ってない訳じゃない
んやけど、なかなかこの辺までは来れなかったんよね。

北島店は朝6:30からオープンしてくれてるというのが嬉しい。
近所に住んでたら頻繁に朝食に通って、ぜったい重宝するだろうなぁ。

とりあえず店内に入ると、朝のピークは過ぎていたのか、お客さんは他におらず。
そらそうやわなぁ。普通のサラリーマンはこの時間は既に通勤時間帯の移動中
やろうし。もう少し早い時間なら、他にお客さんが多くいたのかもしれない。
そう思う時間。

よしよし。やっぱり『ひやひや(290円)』だ。
朝からとり天はガッツリすぎてキツイと思われるので、ここは大人しく『ちくわ天
(110円)』をチョイスすることにした。

IMG81s (10)

うは~。こちらも見るからに、ビッ!!とした鋭さのある麺やねぇ~。
いいねぇ~。こういう感じ、好きよ。

写真におさめ、勢いに任せていただきます!!!
ふま~!!タイミングによる差はあれど、昨日食べた本店に比べ、こちらの方が
かなりガッシリしていた。粘り感・グミ感は同じ様に少ないタイプなのだが、
麺密度高めなズッシリとした食感。見方を変えると、やや固い目という麺質。
昨日のを"軽い食感"と表すなら、こちらは"重い食感"という感じかな。やや
ヘビーな感じでありつつも、小気味好い麺の跳ねる感じが良い。
そして、麺肌から伝わるバキバキっとした張り感は「名麺堂!!」という感じ。

IMG81s (11)

ひやひやのダシについては、同じ系列というだけあって同じ様な印象を受けた
んやけど、昨日の方がしっかりしてる様に感じた。いや、麺の印象が強いので、
それで印象弱く感じただけなのかもしれない。
しかしながら、名麺堂のイリコの効いたこのダシ。程よい素朴感と程よく澄ま
せた感が同居している。
私の好みとしては、もっと荒々しさがあってもええかと思うのですが、あんまり
そっちに突っ込むと、普通のお客さんの好き嫌いの差が大きくなってしまうので、
こういうところでバランスを取っていくというのも大切と思う。

よし。ここまで来たら、残り2軒も"ひやひや"で攻めてやる!!

●店名:うどん工房 名麺堂 北島店
●住所:徳島県板野郡北島町鯛浜字西中野98-1
●営業時間:6:30-15:00 17:00-21:00
●定休日:無

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでボソボソ言ってますんで、また見てやって下さい。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

丸池製麺所の次は、名麺堂の本店へ。
この時点で時刻は既におやつの時間を回っている。
まぁ、なんでこんな時間になってしもたかは、横に置いといて・・・。
ってか、置いておいても、ネタにできる程の訳も理由も無いので、すっ飛ばす。

IMG81s (6)

あれ・・?前回来てから、もう2年経ってるの?いや・・そんなはずは?
と思うのだが、前回の記事が2009年だから、2年経っちゃってるのか・・・。

とりあえず、ここでも"ひやひや"です。
『ひやひや・大(390円)』に、『とり天(110円)』をトッピング。

IMG81s (7)

麺を勢い良くズズズズz~!!
っと頂きますと、フワ~っと口に広がるイリコダシの風味。
イリコ特有のエグ味は出てなくって、柔らかな甘味が引き立っています。

そんでもって麺。
これがもう、パッツンパッツン!!の超歯切れ感の良い麺です。
おやつの時間帯を過ぎてるタイミングの影響もあってか、過去に食べた時の様な
ガッシリとした感じが無かったのが残念やったけれど、麺の肌の張り感が抜群に
良く、噛めば口の中でプリプリっと跳ね切れてくれます。
というか、過去にここで食べたんの中でも一番パッツンな麺やった様に思われる。
そういう点では、弾力感・グミ感というのはほとんど感じられず、とても軽い食感の
麺という印象。

IMG81s (8)

やっぱり、大きなとり天は食べ応えがあります。
胡椒がピリッと効いていて、身は柔らかいので、大きい割りには食べ易い。
しかしながら、ここ最近、随分と胃袋が小さくなったせいもあってか、先の
丸池製麺所で大を食べて、ここでも大+とり天を食べたら、お腹一杯・・・。
もう食べれん。今日はこれで終わりだ・・・。

●店名:うどん工房 名麺堂
●住所:徳島市中常三島1-16-3
●営業時間:11:00-20:00
●定休日:無

【過去の名麺堂】
2009年08月05日・・・徳島市中常三島(徳島) うどん工房 名麺堂 No.3
2009年07月22日・・・徳島市中常三島(徳島) うどん工房 名麺堂 No.2
2009年02月10日・・・徳島市中常三島(徳島) うどん工房 名麺堂

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterにも、ときどきポツリと呟いております。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

久しぶりにちょっくら徳島方面を攻めてみるか。
ってなもんで、こないだ日の出製麺所で貰った「UDON HI スタンプラリー」を持って
出かけたのが、8月の頭の事。

IMG81q.jpg

8月頭に徳島行くというスケジュール的に、8月4日オープン予定の"手打ちうどん
尾崎"へは行けないのが前々より解っていたので達成はできない(予定)だが、
とりあえず巡ってみる事にした。
あっ・・因みに、香川県の残り3店舗はまだ未定なので、タイミング的に行ける
のかというのは不明だ。

1軒目は日の出製麺所。
そんでもって、2軒目は板野ICから程近い丸池製麺所。

IMG81s (3)

とりあえず、前回来た時に美味しかったと記憶している"ひやひや"を。その
印象を改めて思い出す様に、食べるのは『かけうどん・ひやひや・大(350円)』
と決めていた。「もう3分程で麺が茹で上がりますので。」
って事で、茹で立て状態でいただきます!

IMG81s (4)

ずずず~!!!

あ・・あれ?こんな口当たりやったっけか?
確かに前回来た時も昔の池上製麺所とは違う系統の麺だったけれど、こんなに
ポワンっとした軽い感じの口当たりやったっけか?
しかしながら、グミっとしたコシ感はしっかりしていて、軽めの弾力感に伸縮性。
やはり、師匠のお店とは違う系統の麺だけど、これはこれで大将自身の麺に
仕上げられてるといった印象です。

そんでもって、"ひやひや"のかけダシ。
洗練されたダシというより、素朴感のあるタイプ。
麺とのバランスが丁度良い具合で、ダシが麺に負けていないのが良いね。

IMG81s (5)

ただ気になったのは、麺を洗い締める時に麺表面のヌメリがちゃんと落とさ
れていなかったよいう点。そのヌメリでダシが濁る濁る。
麺を食べ終わる頃には、丼の底が見えへんぐらいのもんでした。

【丸池製麺所 板西店】
2011年12月13日・・徳島県板野郡(板野) 丸池製麺所 板西店

●店名:丸池製麺所 板西店
●住所:徳島県板野郡板野町大寺字大向北98-8
●営業時間:10:00-麺切れ?
●定休日:水?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでつぶやき中。mitukiで検索すればそれっぽいのが出てくるはず・・

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

そういえば先月の中頃から、はなまるうどんの"ひやかけ"が始まっていたんやね。

IMG81s.jpg

と言っても、コンセプト的には「夏だから冷たいの」というとではなく、「健康」が
テーマらしい。しかしながら、はなまるうどんにとって初の"ひやかけ"。
これはいっちょ食べてみとくか。って事で、行ってみた。

ちなみに、はなまるうどんのHPを見ると「“ひやかけ”とは、ひやしかけうどんのこと
です。」と書かれている。が・・・そもそも"ひやしかけうどん"がどういう状態の
ものなのか知らない人もいるのではなかろうかと思ってみたり・・。
いや、逆に"ひやしかけうどん"というネーミング自体は一般的に認知されたという風に
とらえれば良いのか?

『しじみひやかけ・小(399円)』。

IMG81s (1)

具のメインとなるしじみ。
昔「二日酔いには、しじみの味噌汁。」なんて事を聞いた事があるので、たぶん、
肝臓とかに効く成分が入っているんじゃないかな?

そして、ダシの中に浮かぶダシのジュレが涼しそうな雰囲気をだしています。
いっそのこと、シャーベット状にしても面白いんじゃないかと思う。

夏に飲んだ帰りに、締めの一杯としてスッキリ・サッパリと、これを食べていくん
も良いかな。

IMG81s (2)

麺の方はと言いますと、程よくズッシリとした感じのある、まぁいつも通りの麺。
タイミングによる差はいくらかはあれど、この安定感は安心に繋がります。
ですが、ズッシリと引き締まった感じはやや薄れている様にも感じたので、茹で立て
という訳ではなかったという印象。

そして、ダシ。
失敗したなぁ~と思うのが、「生姜抜きで。」と言わなかったこと。
結構、たっぷりな生姜が乗っていたので、それでダシの味が変わってしまった様に
感じました。でもってジュレは、それ自体があまり塩分の味付けはされていない様に
思った(ダシの影響?)というのもあって、麺・ダシと一緒に食べるのが良いかと。
しかしながら、ジュレ自身にもしじみのダシが含まれているのか、通常のかけの
ダシと比べて異なる味のコクが増しているという印象。

【過去のはなまるうどん 岡山新保店】
2011年03月20日・・岡山市新保(備前西市) はなまるうどん 岡山新保店 No.9
2011年01月18日・・岡山市新保(備前西市) はなまるうどん 岡山新保店 No.8
2010年11月17日・・岡山市新保(備前西市) はなまるうどん 岡山新保店 No.7
2010年09月21日・・岡山市新保(備前西市) はなまるうどん 岡山新保店 No.6
2010年06月16日・・岡山市新保(備前西市) はなまるうどん 岡山新保店 No.5

●店名:はなまるうどん 岡山新保店
●住所:岡山県岡山市南区新保1192-5
●営業時間:10:00-23:00
●定休日:?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterもお暇なら見てやってください。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

先週の某平日の事。

そういやぁ、この前5月末に大阪に行った時も、その直前に行ったお店はココ
だったなぁ。今回も、ココに来た後に急遽大阪に行く事になっちゃった・・。

夕方になって、やたらと小腹が空いたのでちょっと一杯の気持ちで寄ってみた。

IMG80i.jpg
↑これは過去に撮ったやつの使いまわし。

やっぱりここへくると、かけうどんをチョイスしちゃう。
ざるうどんが350円、ぶっかけうどんで400円。それを考えると、無難でありながらも
これでええ様な気がして・・・。

って事で、いつも通り入り口横の棚から『かけうどん・小(230円)』を取って、
今日は『アジフライ(130円)』をトッピング。
もちろん、湯煎はせずに"ひやあつ"にします。

IMG81r (2)
IMG81r (3)

今日のは、ちょっと時間経過していたのかな?
9回目10回目の麺と比べると、ややしんなりとした感じでポワッとしている様に
感じた。前回に比べるとコシ感が薄いのかな?そんな印象です。


・・・う~ん。
すんません。なんか上手く書けませぬ。
実のところ7月31日の記事は、週末の前に作っておいたもの。
これは週末後、今週に入って書いてるもの。
なんかまだ動揺している感じ。
次回には、なんとか通常通りにできる様に立ち直りませう。

【過去のたぬき屋】
2011年05月28日・・岡山市北区(大元) たぬき屋 No.10
2011年02月23日・・岡山市北区(大元) たぬき屋 No.9
2010年11月04日・・岡山市北区(大元) たぬき屋 No.8
2010年07月18日・・岡山市北区(大元) たぬき屋 No.7
他にもあります。

●店名:たぬき屋
●住所:岡山県岡山市東古松2-2-1
●営業時間:11:30-20:00
●定休日:木

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterでも時々何か言うとります。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

なんちゅーかなー・・・。
この前の土曜日の朝。普段通り、のんびりといろんなブログを巡回していた。
そんで、imoさんのブログを開いた時。
偶然。偶々、第4回巡礼案内記事のコメント数が妙に伸びてる事に気づいた。

なんでだろう?なんか特殊な発表でもあったのかな?そう思ってコメントを開くと、
飛び込んできたのは悲報だった。

「はぁ?何?なんで?訳わからん!」

新麺会の時は、いつも通りやったやん!?

お別れをしに新幹線に乗って大阪に向かう道中。色々と思い出す。


imo-sanさんとの出会いはいつやったか・・すっかり忘れてしもとるやないの。

あれは、もう10年近く前になるのか。
当時は、関西在住で讃岐うどんを食べ歩くグループ(?)っちゅうか、そういう人達は
今みたいな大きな集まりじゃなく、いくつかグループがあったと思っている。
対立してたとかそういうのではなく、まだ接点がなかったというだけのこと。
私とimo-sanさんのグループは別。
別府さんやたけちゃんさんの仲介(?)もあって、それらのグループが合流。

「はじめまして」の状態でも、うどん好きという同類の人間が集まると、自然と話は
バカみたいに盛り上がる。

「徳島の貞光から谷米まで歩いて行ったんで!光樹君も一緒に貞光から歩こうや!」
(距離にして約15k。行きは約7kmで標高差約430mを登る。)

当初の印象は「歩いて谷川米穀店まで行く変わった人」。そらビックリでしたよ。
私はどちらかというと、いかに効率的にうどん屋を巡るかを主に考えていたので、
「なんでそんな事を!?」と思うと同時に「そんな楽しみ方もあるんや~。この
人達は本当に香川・讃岐うどんで遊び・楽しんでるなぁ。」と、つくづく感じた
ものです。

三ノ宮から高松行きのフェリーに乗ったら、フェリー内でバッタリって事もあったな。
思わず「なんしょんですか!?」。そら、うどん食べに行くしかないよな。
もちろん私も花鳥さんと一緒にうどんを食べに向かうところでした。

新麺会や達成者パーティーなんかのイベントの時には、タイガースの黄色い服を着て
他の人を気づかいつつ、盛り上げてくれる。
その印象とは逆に語りだした時の真剣さには物凄い迫力がありました。
私が結婚した時、子供が産まれた時にも深みのあるお言葉を頂きました。

短い間でしたが、思い出してみればその内容は尽きません。

imo-sanさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

IMG_2759.jpg

「♪ちゃっちゃら~」って音と一緒に『どっきり成功』って看板を持って現れてくれれば
と思う次第です。 そっちの方がいいです。

しかし、生ける物として生まれたからには、早かれ遅かれいつかはやってくる事。
私がそちらに行く頃にお酒を飲める様になっていたら、「こっちにはこんな
うまい酒とうどんがあるんやで!」って、引っ張りまわしてやって下さい。
ありがとうございました。
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ