FC2ブログ
「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
さぁて、前回「とりあえずうどん村のうどんを制覇しておこう」と思い立って、前回
『肉うどん』を頂きました。

とりあえず、前回には「冷やかけ」の張り紙を確認しておりましたが、当初の目的を
達成する事に専念する。それまでは、うどん村での冷やかけは控える。
・・・・という覚悟を持ってのぞみたい所存です。

IMG85j (2)

って事で残りは、村ぶっかけ・湯だめ・肉ぶっかけ・カレーうどんの4種類。
前回の最後の考察で次回食べるのは"湯だめ"か"カレーうどん"のどちらかにしようと
考えておりましたが・・・。とりあえず、どちらが"熱い"のかを考えた時に、どっちもそん
なに変わらんのやろうけれど『湯だめ(320円)』を先に食べてみる事にした。
すると、そっから驚きの展開が。

大将が「おダシは冷たいの温かいのどちらにしましょう??」

えっ!?何っ!?冷たいダシ?なんだって!?選べるの!?
そう言えば釜揚げ食べた時は、特に聞かれなかったな。って事は湯だめだけって事か。

小さい頃(確か小学校低学年ぐらい)、私の中で"湯だめブーム"があって、親にうどん屋
へ連れて行ってもらうと、湯だめばっか注文してた時期があった。
その頃から、「湯だめ・釜揚げのダシは温かいもの」という先入観があった。
ふむ。固定概念はぶち壊さないと、新しい価値観は生まれない。
「じゃぁ、冷たいので。」

IMG85j (3)

って事で、初の冷たいつけダシの"湯だめ"です。

釜揚げは麺肌はモッチリとしつつも、内側の芯にしっかりとした歯応えがある感じ。
やはり湯だめは釜揚げとは異なる印象だ。
タイミング等の影響もあるんだろうけど、麺が一旦水で締められている事により、食感は
釜揚げとは結構違う。釜揚げの麺肌モッチリ感が張りに変わっている様な口当たり。
なので張り感の分、釜あげと比べビシッとシャキッと、シュッとした麺になっている。

IMG85j (4)

物は試しと、冷たいつけダシを選んでみた訳ですが・・・。
ラーメンのつけ麺の冷や盛り(麺は冷たく、スープは温かい)では、食べている内にスープ
がぬるくなってしまいます。この場合は、結果は一緒でも過程はその逆。
ダシは冷たく麺が温かい訳ですから、麺をダシに漬けた時、麺は再び多少はキュッとなる
訳ですよね。それはええんですが。当然、ダシはぬるくなってゆく。
なので、食べ始めは良いんやけど、後半は少しボヤ~っとした感じに変わってゆく感じが
私はします。う~ん・・・やっぱり温かい方が良かったかもしれない。

いや、でも逆にダシを冷たいままにしておける方法があるなら、ダシに漬けた時に麺を
締める要領でこれはこれで面白い試みが出来るはず。逆もしかり。

【過去のうどん村】
2012年04月14日・・岡山市北区(大元) 讃岐のこだわり うどん村 No.22
2012年02月19日・・岡山市北区(大元) 讃岐のこだわり うどん村 No.21
2011年12月18日・・岡山市北区(大元) 讃岐のこだわり うどん村 No.20
2011年09月19日・・岡山市北区(大元) 讃岐のこだわり うどん村 No.19
他にもありますので、検索してみて下さい。

●店名:讃岐のこだわり うどん村
●住所:岡山県岡山市北区奥田本町15-13
●営業時間:11:00-19:00
●定休日:第2・4火

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでつぶやき中。mitukiで検索すればそれっぽいのが出てくるはず・・
スポンサーサイト



テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ