「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
梅荘讃岐うどん わを経て、本日の3軒目に向かう事にした。
目的のお店は"いしはるうどん"というお店。

カーナビに住所入れて検索っと・・・・って、あれっ!?ピンポイントで出てこない・・。
倉敷市児島唐琴の主要地しか出てこない・・。
まぁ、主要地まででも行けばなんとなく解るやろ。というこれまでの経験に
基づく安易な予感で、とりあえず児島唐琴へ向かい、その辺りへ到着した。

とりあえず、国道430号線を「明らかに違うだろ、行き過ぎだろ。」ってとこまで
走って、引き換えして・・・あっ、今んとこに「いしはる」って書かれた駐車場の
看板が見えた。さらに引き返し車を停めた。
よしよし。ここまでくれば、見つけたも同然だ。が、お店を見つけた訳では
ないので安心はできない。
と、周りを見渡していると・・・、西から来た車2台が立て続けに左折して入って
ゆく路地があった。「あれだっ!!きっとあれだ!!」
路地を入っていった先で、お店を発見。

IMG89i (8)

お店に到着しビックリした。丁度お昼の時間帯というのもあるのだろうけど、
お客さん一杯だ!!偶々、通りかかった人がお店に立ち寄ったというのでは
説明できない程。恐らく、ここへうどんを食べに来たって目的が多いとしか
思えないような状況。集客力のあるお店だ。

ここは天ぷらが有名というのは昔買った本に書いてあったので、天ぷら物を
食べるのは確定。って事で、『天ぷらぶっかけうどん(600円)』を注文してみま
した。

IMG89i (9)

うどんが運ばれて来た時、「しまったっ!!注文する時、冷たいのって言うの
忘れてたっ!!」と思ってしまったぐらいの熱気を感じた。
熱さの原因は麺ではなくって天ぷらだ。揚げたての超アツアツだっ!!
麺は水で締められた冷たい麺で、この天ぷらはかなりの存在感だ。

思わず、ガブッと海老天に噛りつくと、衣を寄せ揚げられた海老天はガリガリ
ザックザクでアッツアツ。口の中を若干ヤケドしてしまった・・・。
熱いけど美味んまいね。

IMG89i (10)

さてさて、麺はと言うと~。
これがもぉ~、岡山のうどんって感じのモッチリモフモフ食感。
麺肌からはシットリと柔らかいのに、内側には軽い粘り感のある柔軟なコシ。
このタンワリとした食感、私の好みとは違うタイプですが、食べ応えもあって
なかなかです。
んで、天ぷらに戻り、海老天からこぼれた天かすが麺と一緒に口に入ると、
モッチリっとした麺の食感と相対的にザクッとした食感が顎を襲い、面白い
アクセントになります。

うは~、お腹一杯だ~。今日はここまでっ!!

●店名:手打うどん いしはるうどん
●住所:岡山県倉敷市児島唐琴3-6-57
●営業時間:11:00-18:30
●定休日:月・第3日曜

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでつぶやき中。mitukiで検索すればそれっぽいのが出てくるはず・・
岡176
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

梅荘で軽く1杯食べた後、続いて児島駅方面へと向かった。
児島駅界隈へ来たのは、小学生の時に鷲羽山ハイランドへ行った時以来か。と
言ってもここからバスだったかタクシーだったかで直ぐに鷲羽山に向かったので、
駅周辺の思い出というのは全くってぐらい無い。それ以外は電車・車で通過す
る場所だった。

で、着いたのは"讃岐うどん わ"というお店。

IMG89i (4)

この辺はカーナビで見ると天満屋ハピータウンやヤマダ電機等、結構色々な
商業施設がありますな。しかし・・・この通り、綺麗に整備された商店街の様な
状況なのですが、結構人通りが少なく、閉店してしまっているお店もいくらか
あるのが気になりますなぁ・・・。
まぁ、そんな事は置いといて、目的はうどんだ。

時間はお昼ちょっと前、お店に入ってみると先客は一組の家族だけ。

IMG89i (5)

おっ!かけに冷があるじゃないですか。讃岐らしくしっぽくも気にはなりますが、
こうも暑いとやっぱりその選択肢は除外せざるをえないかな。
ってな訳で『かけ・冷(300円)』にトッピングは『鶏の唐揚げ 3個(250円)』を
注文してみた。

注文すると「今、茹でてますのでしばらくお待ち下さい。」って事だったので、
テレビを見ながら待つ。
テレビのニュースではお盆の帰省ラッシュが始まり、新幹線が混み合い、高速
道路の渋滞予想等が報道されていた。

IMG89i (6)

うどんが運ばれて見ると~、うどんの上には葱と天かすのシンプルな薬味。
生姜が乗ってないのが私としては好印象。
麺の量は香川讃岐サイズという感じで、少な目。

では、いただきま~すってな具合でズズッと食べてみると~、これがもう
ググッとした麺肌の張りの強さがあり、内側はあまりモチモチ感やグミ感の
少ない麺密度の高いガシガシっとした固コシ系な噛み応えのある麺だ。
この麺の感じだと、釜たまでも麺のビッした張りある感じが楽しめて、良く
合いそうだ。

IMG89i (7)

ダシはスッキリとしつつも、軽い香ばしさにほのかなエグ味もあり奥深い感じが
あるのですが・・が、旨味感が少し薄い様に感じたのがちょっと残念。
しかしながら、麺を食べてダシが弱いって感じはあまりしなかった。

注文した後でトッピングに唐揚げは失敗したかもと頭を過ぎった。
なぜならば、もう1軒行こうかと考えていたので、もっと軽目にちくわ天ぐらいに
しとけば良かったかな。なんて思ったのですが~。
小ぶりだが醤油ベースな下味も程よく揚げ立てアツアツの衣カリカリがなかなか
美味しいね。唐揚げがダシの風味に香ばしさをプラスしてくれる様だった。

●店名:讃岐うどん わ
●住所:岡山県倉敷市児島駅前2-10-8
●営業時間:11:00-15:00
●定休日:?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでも少し呟いています。mituki_udonで探してみて下さいな。
岡175

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さて、時はお盆ちょっと前。
基本的に"混雑すると解ってて、わざわざ混雑に巻き込まれに行きたくない
(音楽ライブ・フェスは除く)"というのが私のスタンスで、どっか行くなら混雑を
避けて行きたい。お盆や夏休みもそれが当てはまる訳で、夏休みだからと
言って特別どこかへ行こうという考えはない。簡単に言えば、帰省ラッシュに
巻き込まれるのが嫌いなだけだ。

が、今年は、お盆休みを前に嫁子供は先行して大阪に1週間程帰っていた。
久しぶり、1週間だけの独身生活だ。世間がお盆休みに突入し帰省ラッシュが
少し落ち着く頃に岡山に戻ってくる予定。
しかしまぁ、平日は仕事でそれどころではなく、唯一、唯一フリーなのがこの
土日だけなのだ。
折角の貴重なフリーとなれば、お出かけするしかないでしょ!!!

IMG89i.jpg

ってな訳で、最初に来たのは鷲羽山ハイランドも近い国道430号線沿いにある
"梅荘"というお店。もちろんうどん屋さん。
こちらは、詳しくどころかほぼ全くってぐらい知らないだけど、どうやら明治時代
に建設された由緒ある建物らしい。詳しくは「梅荘」や「野崎家別荘」でググッて
みて下さい。
しかしまぁ、↑の写真から見てとって頂ける通り、「山田屋」や「郷屋敷」の様な、
高級路線お座敷系のうどん屋さん。私としては、どっちかってーと「郷屋敷」って
感じの方が近いと思う。むしろ、それより隠れ家的な雰囲気が強い。

IMG89i (1)

んだもんで、メニューもご覧の通り。うどん単品で577円~1150円までと高め。
んで気になったのが「えび餅ぶっかけうどん」の"温・冷"にある50円の差は何?
「注文頂いてから麺を茹でる」旨が書かれているので、温も冷も変わらんだろう
って思ってしまうのですが・・・。
まぁ、そんな事はおいといて、『生醤油うどん(577円)』を注文してみました。
厨房のおばちゃんが「今、うどん茹で始めたところやから、少し待って下さいね。」
とのこと。流石に4桁のうどんには手が出せなかった。

IMG89i (2)

まずは、チュルっと一筋の麺を食べてみると、ほのかに風味が感じられる
感じとしては、スタンダードな香川讃岐系なテイストに近い感じで、ある程度
高い位置にあると感じられる。
固いって事はなくしっとりとした口当たりだが、なかなかしっかりとした強さ
あって、グッとしたコシ感が良いね。
時折、水の味のする麺もあるけれど、そういった感はほとんどなく、水が違う
のかな?って気もする。

IMG89i (3)

麺を確認したところで、薬味類をちょっぴり使って食べる。

・・・が、これが失敗だ。結構後悔・・・。
大根おろしがかなり辛いっ!!!!

これまでにも、こういう事は何度かあったんやけど、
口がピリピリして・・痛い・・。
辛さで感想ほぼ飛んだわ。

●店名:梅荘
●住所:岡山県倉敷市児島通生1200
●営業時間:11:00-14:00 17:30-21:00(夜は要予約)
●定休日:月(祝日の場合は翌日)

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでつぶやき中。mitukiで検索すればそれっぽいのが出てくるはず・・
岡174

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

ちよ志南吉方店で軽く1杯食べた後の事。
さぁて、まだ暫く時間はあるので・・・、思い切って前々から行ってみたかった
お店に行ってみる事にした。
ちよ志南吉方店よりほぼ真北、直線距離にして約2.2km。直線には進めないの
でクネクネ歩けば3kmちょいぐらいか。ってな事で、テクテク歩く事30分ちょい。
暑い・・・死にそうだ・・・汗が滝の様だ。もう、嫌だ。タクシー捕まえるか?等と、
苦行の様相を呈しながらも、なんとかたどり着いた"久松うどん はなしょう"。

IMG89g (4)

"久松うどん"って何ぞや?と思ったが、お店の北東側の鳥取城跡等ある山が
久松山で、その辺り一帯が久松公園なのか。
因みに久松公園の"久松"はYahoo!辞書によると「きゅうしょう」と読むらしい。

お昼時というのもあって、店内はお客さん一杯。

IMG89g (5)IMG89g (6)

とりあえず、『ちく天ぶっかけ(600円)』を注文してみた。
このちく天はあご入りのちくわで、餅天もついてくる。

しばらくして、うどんが運ばれてきました。

IMG89g (7)

麺の上には、あご入りちくわ天・揚げ餅・葱・わかめ・大根おろしに生姜。
あご入りちくわは、普通のちくわと比べてコストがかかるからなのか、少し小さ目。
その分、「ちくわドーン!」的なインパクトに欠けてしまう部分を補うのが餅天や
わかめの役割だろうか。

やや細身の麺は、気持ち透明感がある様に見える。
麺はムニュムニュっとした優しいグミの食感。こりゃなかなか美味いぞ。
ニュンニュン伸びる伸縮性があって、柔らかいのに切れないしっかりとしたコシ。
固さのない柔らかいグミの様なコシ。
食べるとツルンと喉を滑り降りてゆくような感覚が素敵。

なるほど、某グルメサイトでこの地区のランキングNo.1なのは理解できる。

IMG89g (8)

あご入りちくわ天は・・・あごちくメッチャ香ばしくてうまー!
揚げたてなので、ちくわの風味・飛魚の旨味・風味がしっかり感じられる。
これ美味いわ。それだけに、もっと大きなちくわ天だったら嬉しいなぁと思い
ながら食べ終える。

あぁ・・・また、こっから炎天下の中を歩いて行かないかんのか・・・。
それが億劫で仕方ない。

しかしまぁ、とりあえず鳥取のお話は2軒で終わり。
さぁて、もう直ぐお盆期間だ~!!

●店名:久松うどん はなしょう
●住所:鳥取県鳥取市東町3-362-1
●営業時間:11:00-15:00 17:30-19:30
●定休日:火(日~水は昼のみ)

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterも時々、ほんと時々・・・。
鳥7

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

愛媛行って広島行って。今度は鳥取へ~。
鳥取駅に着いたのはお昼前。この日は電車移動なのでフラフラとあまり遠く
まで行けない。しかも、この日は超暑い。
駅近辺でどっか食べる所を探してみるのですが・・・、やっぱうどんでしょ。

ってな訳で、向かったのは鳥取駅から10分ちょいにある"ちよ志 南吉方店"。
ちよ志は昨年後半に賀露本店に行ったけれども、お店も人気してたし、なかなか
良い感触だったので、こちらも安心できそうだ。という点からのチョイス。
ここまで駅から1kmもない距離なのに、汗だく。

IMG89g.jpg

お店は一般的なセルフスタイル。まだ11時代前半なのに結構お客さんが多い。

お店に入って、まずはうどんの注文。
メニュー表ではシンプルに「うどん・カレーうどん・ざるうどん・釜あげうどん」が
サイズ毎に記載されていた。「うどん」はかけうどんの事だろうな。
冷たいんはざるうどんか~・・と思っていたが、良く見ると「うどん」の下に「温・冷」
という記述を発見。かけに冷たいの!?冷やかけ?そう思って、『うどん大・冷
(380円)』を注文してみた。
トッピングには『まいたけ天(80円)』。

うどんのかけダシはお会計の後にセルフで注ぐ方式なので、ひやかけダシも
あるのかなぁ?と思っていたが、見当たらず。まっ、"ひやあつ"で良いかと
思ったところで、薬味コーナーぶっかけダシがあったので、それをサッと
かけていただきます。

IMG89g (1)
IMG89g (2)

なかなかズッシリとした重みを感じる麺を、ズズッと口に入れると、見た目以上に
麺の存在感というか、力を感じます。
気持ち太めに感じる麺は噛むとほど良い抵抗感があり、ぶりぶりっとした跳ねる
感のしっかりした活きの良い麺。それでいて、固さはなく、麺肌の張りに弾力感、
それに内側の軽い粘りコシがとても良い具合。
美味しいねぇ。人気するのは解る。
ダシは薄色だがやや濃いタイプで、ダシが感じられるのがポイント。

で、帰り際に入り口横の看板を見ると~。
・・アレッ・・?この絵、どっかで見たような~・・・??
山越のおばちゃんのイラストに似てるけど・・・。

IMG89g (3)

ちょっと違うか。

因みに看板にはセルフの順番が書かれていて、初めてでも解りやすい。

●店名:うどん ちよ志 南吉方店
●住所:鳥取市南吉方1-25
●営業時間:10:30-21:00?
●定休日:無?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

アカウントをお持ちであれば、ぜひTwitterで探してやって下さい。
鳥6

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

美の庵うどんのあきで食べた翌日の事。
お昼にお好み焼きを食べてウマ~となっての夕方のお話。

ここ最近、広島へ着たら夜まで少しばかりフラフラするのが通例になっていた
けれども、この日はすんなりと帰る事にしたのだ。
すんなり帰ると言っても、「やっぱり・・一杯ぐらいは」と思ってしまうのが、悲しく
ない俺の性か。もちろん、うどんですが何か?

事前調査していた訳でもなく、あればラッキー、無ければ立ち食いでいっか。
という気持ちで覗いてみたのは、ひろしま駅ビルASSE。こういう老若男女問わず
人が集まる様な所にはうどん屋さんぐらいあるはず。という、何の確証もなく
覗いてみたのだが・・・おっ!うどん居酒屋なるお店を発見。

IMG89f (10)

久束と書いて"きゅうそく"と読むらしい。お店前のディスプレイにはうどんが並んで
いるし、入り口右手側には麺打ちブースも見えるし。居酒屋色があまり強くないの
が、お酒飲まない私にとっても安心して入れる。

さぁて、何食べよっかなぁ~。

IMG89f (11)IMG89f (13)
IMG89f (12)

カルボナーラうどんとか創作系もあって・・でも、気になったのは土佐じょうゆ。
広島で土佐じょうゆと言えば乃きやを思い出す訳なのですが・・・もしかして
ここも乃きやさんの流れを持つお店なのか!?
土佐じょうゆで前フリをしてみたが、ここは無難に『冷々(430円)』を注文する私。

店員さん「これから麺を茹でてますので、お時間10分程大丈夫ですか?」との事。
もちろん望むところだ。ってな訳で、その間に電話機能の無いスマホでこのお店
の情報を探してみると~・・・、やっぱり乃きやさんの系列らしい。
って事は麺が期待できそうだ~っ!!!

IMG89f (14)

ほな、いただきま~っす!!
ってな具合で、ズズズイっと食べてみると~、これやっぱり乃きやだ!!
というのが第一印象。

麺は、乃きや美の庵に比べ、やや柔目なタイプと感じた。乃きや・美の庵は
麺肌からもっとバシッとした強い張りがある印象だが、こちらはややプニッと
した優しい口当たり。ですが、コシ感も2店と比べると優し目かなって思います
が、足りないという事はなく結構しっかりしています。

冷々のダシはエグ味の無い美の庵より乃きやに近い感じで、軽いエグ味が感じ
られる。スッキリしていて美味しいんやけど、旨みは一口目ピークに後は何だか
風味が薄らいでしまう様に感じた。

IMG89f (15)

麺に関しては、乃きや・美の庵と久束でどちらが好きかは好みになると思う。
いや・・まてよ、立地から考えると、2店に比べそこでうどんを食べにという
目的でくる人の比率は少ないと予想される。「飲食店フロアで食事しようか。
何があるかな?」で、うどん屋を選択する人がここに入るという方が多いので
はないかと。だから、そういう人達をターゲットにして乃きやの様にバキッと
させてないのではないか?だとすると納得できる。
結論。定食・御膳から居酒屋使い方もできる、かなり真っ当なうどん屋。
そんな感じだ。

●店名:うどん居酒屋 久束
●住所:広島県広島市南区松原町2-37 ひろしま駅ビルASSE 6F
●営業時間:11:00-23:00(LO22:30)
●定休日:無?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterではちょいちょい呟いています。
広70

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さてさて、美の庵でお昼ご飯を食べた後の事。
実の所、広島駅から広電で白島へ行くまでの間に、この辺りでもう1軒どっか
良さげなところが無いか調べていた訳で、幸いにも自家製麺をうたうお店が
白島キューガーデンの裏手側辺りにある事を発見していた。

IMG89f (7)

美の庵から歩いてほんの3~4分のところにある"うどんのあき"というお店。
看板とか綺麗やけど、まだ新しいお店なんかな?

とりあえず、店内に入ってみると・・・厨房に女将さんらいき方が1人。
おっ・・これはセルフ方式だろうか一般店なのかよく解らん・・・。が、1人の先客が
席に座ってうどんを待っている様子だったので、私も席に座ってみる事にした。
たぶん、一般店方式のお店だ。たぶん。

で、壁に貼られたメニューを眺める。この直熱いうどんは勘弁願いたい訳で、
メニューの横に別紙で張られていた夏季限定と思われる『ごまだれひやし
うどん(500)』を注文してみた。

IMG89f (8)

うどんが運ばれてきて最初に思ったのが、「山葵がバブルスライムみたい!」。
↑の写真じゃ、器に隠れて解りませんな。
まぁ、そんな事はさておいて、次に思ったのが「こうきたか~!」ってこと。
"ごまだれ"で"ひやし"だから、冷やしうどんでつけダシの変わりにゴマだれを
漬けて食べるやつかと思っていた。予想と違っていたけど、まっ、いっか。

麺の上にはゴマ・葱・刻み蒲鉾・刻み油揚げ、それと棒棒鶏っぽい鶏肉らしき
ものが乗っている。

それでもって肝心の麺は~、やや細身ながら捻れのあるゴツゴツっとした麺!!
これは驚きの固コシ系で、結構ハードなタイプ。広島で食べた中ではとく一
一番固く感じているが、そこまでではないものの、バキーッっとした噛み応え
があります。

IMG89f (9)

んでもって、ゴマだれのダシ。こちらはなんとも不思議な感じ。こないだのはなまる
うどん
もそうだったのだが、これまでゴマってなると結構がっつりとゴマの効いた
タイプがほとんどだったけど、これは違ってヤンワリタイプ。
ゴマと言われなければ見た目では味噌かとも思ってしまうだろう。気にせず
飲めば何の味か解らないかもしれない。
そういう点では、あまりインパクトはないけれど、これまでゴマって言うと
つけダシばかりだった気がして、これはこれで新しい物な気もします。

他のお客さんと女将さんが話しをしているのが聞こえた。
「うどん固くなかったですか?普段は茹でてから少し時間をおいてから出す様に
してるんですけど、今のはさっき茹でたばかりだから・・。」との事。
なるほどね。

●店名:自家製麺 うどんのあき
●住所:広島市中区東白島町9-10
●営業時間:11:00-15:00(日曜11:00-14:00)
●定休日:不定休

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

アカウントをお持ちであれば、ぜひTwitterで探してやって下さい。
広69

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

この日はお昼から広島入り。
広島に行く時は、ほとんど朝広島入りするので、その時間では営業している
うどん屋さんは駅の立ち食いとかしか開いていない状況なのですが・・・、
今日はチャンスだ。

事前に立てた予定では、広島駅着いたらまず歩いて乃きや弐の店へ行って、
そこからさらに歩いて広電白島電停の北側にある美の庵というお店に行って
みようかと予定立ててみた。
広島駅に着いて・・・あっちぃ・・・。駄目だよ、こんな炎天下の中歩いてたら
倒れるよこれ。ってなもんで、アッサリ予定が崩す。とりあえず、歩いて乃きや
弐の店
に行く線は放棄し、広電のって白島の美の庵を目指す。

IMG89f (4)

んで、着いた。
事前に調べた情報によると、こちらの大将は乃きやさんで修行され、2011年
10月頃にオープンしたらしい。なかなか期待できそうです。

お店に入ってみると、お昼も過ぎた時間帯というのもあって、他にお客さんは
いない状態。
メニューを見ると、夜は居酒屋使いのできるうどん屋さんの様で酒類豊富。
いやいや、そこは今重要じゃなくって・・。乃きやさんのお弟子さんというのも
あってか『冷かけうどん(350円)』を発見した。これでしょ。
ついでに『かしわ(鶏)点天(350円)』をトッピングにする事に。

注文すると店員さんが「麺を湯がいていますので、10分ほどかかりますが。」
とのこと。そりゃ、待つ以外の選択肢は食べず店を出るという選択肢しか無い
と思われるので、その選択肢は協議をするまでもなく脳内満場一致で否決。
店内にある本を見ながら待つことに。全店制覇本2や恐さぬの文庫本があった。

IMG89f (5)

んだば、いただきまーす!!
って、ズルズルっと勢い良く食べはじめますと~・・。一口目の印象としては、
「乃きやで食べるひやひやうどんと同じ!!」って感じました。
ってか、美味い!!
特に麺、噛むとムギュッとした抵抗ある強いコシが感じられるバキバキっとした
強い張り・弾力感。私の感覚では"固い"では無く強い張り・弾力という感覚なの
ですが、他の人の感覚では強過ぎて固いという感覚になるかもしれない。そんな
ギリギリのレベルだと感じる。
しかしながら、流石乃きやの流れという感じがします。
岡山でこの系統の麺って、食べた覚えがないな・・・・。

IMG89f (6)

でもって、冷やかけのダシ。これは乃きやより良いと感じた。
メニューには「利尻昆布、鰹節、うるめ節、鯖節、伊吹産いりこ」が使用されて
いることが書かれていた。
乃きやのひやひやダシは旨味よりもエグ味の方が先にくる印象で、食べ終わった
後でダシを飲むとエグ味が結構強く感じられた。
だが、こちらはエグ味感はそんなに感じられない。かすかなエグ味が香ばしさを
引き立てて、しっかりとした旨味が残って美味い。

麺も良し・ダシも良し。こりゃぁ、レベル高いな~。

●店名:讃岐手打うどん 美の庵
●住所:広島市中区東白島町2-13 喜代ビル1F
●営業時間:平日11:00-14:30 18:00-22:00 日祝11:00-15:00 17:00-20:00
●定休日:土

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでつぶやき中。mitukiで検索すればそれっぽいのが出てくるはず・・
広68

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

松山と岡山を行ったり来たりしていたバタバタも一段落し、久々に安息の
7月後半のとある土曜日。
南区千鳥町の1個100円のパン屋さんに買い物に行くという建前で、出かけて
みたついでに・・・。言わずもがな、こっちがメインだ。

IMG89f.jpg

以前のブログ記事にもチラッと書いてた、数ヶ月前に発見していた沼池製麺に
行ってみる為だ。
実のところでは、この前の週にも一度行ってみたことがあったのだけど、その時
は、もう15時ぐらいで既に暖簾が片付けられていた時があった。

この日、無事に開いていることを確認。
土日だけうどんメインで営業し、平日は食堂として営業している模様。
店内に入ると、いつからこの地で営業しているんだろうと考えてしまう様な、
いい感じに時間の経過を感じさせてくれるレトロな店内。なんとなく、さぬきや
と似た様な雰囲気。

IMG89f (1)

メニューを眺め、なんで「天ざる」なのに「天釜」という表記で無いのか?等、
疑問に思うところはあるが、メニューからして麺をウリにしているのが察せる
ラインナップ。
しかも、どちらかと言うと釜揚げ・釜抜き麺推しなのだろう。

とは言え、暑いのはちょっと苦手なので、ここは『生醤油うどん・大(300円)』を
注文です。

IMG89f (2)

しばらくTVを見ながら待って運ばれてきたうどんは、白い麺が綺麗ですな(光の
具合もあるけれど)。

瑞々しさのある麺を、まずは醤油をかけずにそのままチュルリっと食べてみると、
あまり麺に風味は感じられなかったが、ややプニプニッとしたモッチリ感のある
粘りゴシ系のうどん。
鋭さや弾力感はあまり感じられず、とってもソフトな口当たり印象の麺だ。

不味いかと言われれば決してそんな事はなく、美味いかと聞かれても私の好み
とは違うという意味もあり極上ではないとは思う。でも、でも。
でも、なんでか解らんけれど美味いと感じる。

IMG89f (3)

今、この記事を書きながら思い出してみると、雰囲気というのがプラスの印象
として加わっている気がする。
シュチュエーションからくる美味さってのとは違って、雰囲気。
このうどんは、日々食べる麺なんだ。そんな気がします。
感覚的には、家の近所にここがあって土日の昼食に気兼ねなくフラッと食べに
行く様な感じ。肩肘張らずに、「今日はうどんを食べに行こう!」って意気込み
もせず。「ほなちょっとお昼食べてくるわ~」って行って食べる感じ。

価格帯も比較的安価で好印象。だから、私の評価基準の中では結構ポイントは
高い。ええなぁ、もっと家の近所だったら良かったなぁ。

●店名:沼池製麺 (富乃家食堂)
●住所:岡山市南区福吉町27-32
●営業時間:11:00-(昼過ぎぐらいまで?)
●定休日:?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 
173

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さてさて、7月後半に2連チャンで愛媛県松山市入りしたお話もこれで
ラストとなる。

はなまる丸亀で、用事も終わりもう夕方。
これから岡山に向かって帰る訳なのですが、ここはやっぱり前回と同じ理由
軽くお腹に麺を入れて帰ることにした。
松山IC 周辺のお店をナビで調べてネットで営業時間や定休日を調べて。
向かったのは椿神社西入口近くにある"麦わら"というお店。

IMG89e (20)

お店に入ってメニューを見ると『冷かけ(330円)』を発見したので迷わず注文
することにした。
「お時間10分程かかるんですけど、大丈夫ですか?」の店員さんの問いに、
躊躇いなく「この後は岡山まで帰るだけなので大丈夫です!」なんては言えず、
「大丈夫です。」と控えめな回答。

暑く喉も乾いていたが、ここはひとつうどんが運ばれてくるまでお冷やを飲ま
ないという縛りを設けてみた。
仕事終わりで飲みに行く前にお茶等を飲まない様にしておく、アレである。
(まぁ、私はお酒飲まないんですが・・。)

IMG89e (21)

うどんが運ばれて来るなり、ダシを一口ゴキュッと飲んでみる。

うんま~い!!
たまらんなこれ。キンキンに冷えたダシが身に染みる。
そして口に広がる節の香ばしさ。エグ味嫌はなく、香ばしい旨味しっかりだ。
丁寧にダシを取り作られたのが解る。
「麺とダシを別盛りで、かつ、ダシはジョッキで。」なんて注文はアリだろうかと
考えてしまう。なんか、一気に涼しい気分になれた。

IMG89e (22)

麺はやや平たい形状で、エッジなく角は丸みを帯びている。それももあってか
鋭さのないとても優しく繊細な口当たりだ。
でも、グニグニとしたグミ感の強いコシはしっかり。麺肌の弾力というよりも
内側に強さがある様な印象。
なんだろう・・ガッと来る様な強さではなく、そう、なんかセクシーな感じ。
柔らかい女麺というよりは、芯の強い女麺というところか。
冷やかけを食べた印象では、麺・ダシともにGoodな一軒ですな。

さて、次はいつ愛媛に来れるかなぁ?
西条あたりまでなら近い内かもしれんなぁ。。。

●店名:うどん 麦わら
●住所:愛媛県松山市古川西2-8-1 西沢ビル1F
●営業時間:11:00-14:30 17:15-20:00
●定休日:木

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterもやっとります。つぶやきは稀ですが・・・。
愛媛17

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

朝、はなまるうどん松山山越店で食べた後、バタバタと慌しくアッと言う間に
お昼になってしまった。
お昼の休憩もそんなに時間が無く、特に街中方面まで出ると交通混雑に巻き
込まれて時間とられるのも面倒だし・・。うどん屋さんも目ぼしいお店は見当た
らなかった。まぁ・・今日は何でも良っか思いカーナビで適当なお店を探した。

ほう。近くにモスバーガーがあるじゃないか。久しぶりにモスでいっか。
と思い、車を走らせると・・・あっ・・・・。モスバーガーの向こうに、それなりに
見慣れた看板が目に入った。
んも~・・・しゃ~ないなぁ~。

IMG89e (17)

愛媛松山まで来て、はなまるうどんと丸亀製麺か~・・・。正直、ちょっとなん
だかなぁ~という気もするけれど、まぁ、仕方ない。冷やかけでも食べてスッキリ
気持ちを入れ替えるか。

ってな訳で、冷やかけフェアの『ざく切りトマトの冷かけ(330円)』に、トッピング
は『まいたけ天(100円)』をセレクト。

IMG89e (18)

まいたけ天をうどんに乗っけて、いただきまーす。

うわっ!?思ってたより美味い。これがまぁ、トマトがとても良く合ってるの
なんのって。
冷たいかけダシに溶け込むトマトの味。これが想像以上にスッキリした感じに
なって口の中に広がります。トマト単体・飾りとしてのトマトという感じではなく、
ちゃんとトマトと冷やかけが一体になっている印象。

IMG89e (19)

麺はバキバキでやや固コシ系なハードタイプ。
私としては好きな系統に近いのですが、こうも暑いとガシガシっとした感じより
グミ感のある麺でも良いかなって気もします。
やっぱり、丸亀製麺元々の麺は一押しである釜揚げを意識して、こういうタイプ
としているのだろう。

●店名:丸亀製麺 松山谷町店
●住所:愛媛県松山市谷町186-8 
●営業時間:7:30-22:00(LO21:30) ※9月2日より平日11:00(土日祝10:00)オープン
●定休日:無

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

ブログ、かなり稀にTwitter。
愛媛16

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さて、いってつ庵で食べた日から中1日。
岡山→うどん坊やしまいってつ庵→岡山→中1日→松山市という具合で
この週は岡山と松山市を行ったり来たりしていた訳なのですが、前のいってつ庵
の記事の最後にも書いた様に、今回もうどん屋さんの下調べができていない
状態での松山入りとなった。
しかも、食べに行ける時間・条件は前回と同等。
さて、どうする。

IMG89e (13)

ってな訳で、この日松山市に着いて10時から開いているお店として、まず行って
みたのはオレンジの看板でお馴染みのはなまるうどん。
・・・・なんで愛媛まで来てはなまるうどん・・・・という思いも頭にある。
というか、この時点ではここぐらいしか見つけられなかった。

まぁ、とりあえずは7月18日から期間限定メニューとして販売が開始されている
『すだちおろしとごまだれの2色ざる・小(399円)』に『コロッケ(116円)』をトッピ
ングして食べる事にした。

IMG89e (14)

・・・これはどうやって食べるのが良いんだ?
酢橘はどこに搾る?大根おろしはどこに入れる?と少し悩んでしまったが、冷静
に考えれば「すだちおろし」と「ごまだれ」なのだから、普通のつけダシの方に
入れるのが正解なのだろう。

じゃぁ、まずはゴマだれに漬けていただきまーす。
ゴマだれは結構濃い目。漬けて食べるには丁度良いが、そのまま飲むには濃い。
まぁ、そのまま飲む人はそうそういないだろうけど・・・。

IMG89e (15)

ゴマだれと酢橘を絞って大根おろしを投入したつけダシとを交互に食べ進めて
みたのですが・・。うどんを小で注文したのが失敗だったのか、折角の2種類の
つけダシがあるのに、堪能しきる前に面が無くなった様に感じた。
アッと言う間に無くなった・・・。そんな感じ。

折角のゴマだれを最後なので、最後まで楽しめる工夫があれば良かったなぁと
いう風に思う。

IMG89e (16)

話は少し変わって、どうやらはなまるうどんの麺は今年4月1日より「はなまる食物
繊維麺(特許出願中)」という麺に切り替わっているらしい。
うどん1玉でレタス1個分の食物繊維が摂取できるそうな。
7月に岡山高屋店で食べた時も解らんかったなぁ。
つーか・・・その記事がブログ内検索しても、管理画面で検索してもヒットしない
のは何故だ??


●店名:はなまるうどん 松山山越店
●住所:愛媛県松山市山越5-6-20
●営業時間:10:00-23:00
●定休日:無

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでボソボソ言ってますんで、また見てやって下さい。
愛媛15

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さぁて、これから岡山に向かって帰るかって思ったのは16時半頃だっだか。
「これから帰るに3時間ちょいか~。お腹すいちゃうよね。軽く食べておいた方が
良いかな。」と、自分に都合の良い理由を言い聞かせて、軽く一軒寄って帰ること
にした。
ナビで、松山IC近くでお店を探す。前に行った讃州屋も良かったけど、折角なので
違うお店にしとこう。で、候補に挙げたのはいってつ庵久米店。

IMG89e (9)

夕飯にはまだ随分早い時間帯というのもあって、お客さんは1組だけ。
カウンター席に座り、メニューを眺める。
・・・・うむっ。屋号から名前を取って付けられたのであろう『いってつ(750円)』。
これがどういううどんなのかよくわからん。一応、メニュー表に小さく写真が載って
はいるが、小さくて良く解らん・・・、とりあえず何か黄色い感じだ。
ここはひとつ冒険してみっか。ってことで、それを注文してみました。

IMG89e (11)

ふむ~、黄色の正体は金糸玉子でしたか。
んで、おにぎりの様な大根おろしの下にきんぴらごぼうの様なものが敷かれて
いる。

早速混ぜてズビビ~っと食べてみると、妙な違和感を感じたのだが、ゴボウの
シャキシャキっとした食感が面白いな。
細身な麺は、ややプラスチッキーな感のある麺で麺肌にパリッとした張りがあり、
グッとした強さがあります。 固コシ系な印象も受けるが、麺がそこまでの太さ
じゃないので、固い感じはない。

さて、食べながら1口目に感じた違和感は何だったのかを考えていたのだが、
原因は、大根おろしが冷たいことだと気付いた。

IMG89e (12)

大根おろしが冷たいけれど、麺が常温(常温の水で締められてる)なのだ、それが
何か悪い訳でもないが、口に入れた時の麺と大根おろしの温度差が違和感と
感じたのだ。

そういえば、ここの前の道路は前に通った気がするのだ・・・。飄月の道かい?
(今地図で調べたら正解)
やっぱり、うどん屋に絡む道は結構覚えてるな。

この日はこれで岡山へと帰った訳ですが、中1日で再び松山入り。
またしても、ちゃんと事前にうどん屋のサーチができず、今度はさらに散々?
な状態に。それはまた後日。

●店名:活うどん いってつ庵 久米店
●住所:愛媛県松山市久米窪田町384-3
●営業時間:11:00-21:00(LO20:45)
●定休日:年末年始のみ

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

アカウントをお持ちであれば、ぜひTwitterで探してやって下さい。
愛媛14

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さぁて、事前にチェックしていたうどん屋はうどん坊だけという、ほぼ無計画
なまま今回愛媛入りした訳で、頼みの綱はカーナビとモバイル環境。
とはいえ、カーナビも車買った時に買ったやつですから情報は古い。
とりあえず、カーナビで比較的近場なところを調べて・・・ネットでお店が存在して
いるのか・営業時間/定休日を調べる。そんな方法で、とりあえず行こうと決めた
のが松山中央卸売市場の北側にある"やしま"というお店。

IMG89e (6)

丁度お昼時というのもあって、店前の駐車場も一杯。場所柄、市場関係者が多い
のかなと想像していたが、どうやら近くにイオン系列のスーパーがオープンする
様で、その関係者らしき人も多くいらっしゃる模様。
(この記事がアップされている頃にはオープンしているはず)

とりあえず、お店に入りカウンター席の奥に座る。
そのまま『ぶっかけうどん(520円)』を注文し、厨房の様子を眺めておりましたら、
直ぐ隣の麺打ちブースで大将が麺手切り。かなり手慣れたスピードだ。熟練と
いう言葉が頭に浮かびます。
どうやら茹で釜は2つある様で、切られた麺は交互に投入されている様子。
そうこうしていると麺が茹で上がり、水で洗い締められ器に盛られ私のところへ
運ばれてきました。

IMG89e (7)

なるほど。きしめんの様な平打ち麺。
茹でたての麺を提供したいという心から、茹で時間の短縮のため平打ち麺に
なって。2つの釜を使って順番に茹でる事でさらに茹で上がりの間隔を短くする
ことで、さらにスピードアップしお客さんを待たせない様にしているのかな?
と想像。

食べてみるとグニュグニュっとした食感が感じられる。基本的にはヤワモチっ
なタイプと感じられるが、先のうどん坊と同様に口に入れられる麺が多い分、
麺が層となった状態で噛むので、それがグミの様な抵抗感として感じられます。
手打ち・手切りならではのいくらか太い部分が混ざっており、それが時折、ガシッ
とした食感として顎に伝わってきます。

IMG89e (8)

ぶっかけダシはヤンワリとしたタイプ。あまり辛みもなく鋭さは無い印象。
平打ち麺だからこそ、このヤンワリとした角のない柔らかなダシでも麺としっかり
絡み合っているので、ダシが弱いというという印象にはならない。

これは、この暑い夏の食欲が落ちた時でも、勢い良くでじゅるじゅるっと食べれ
てしまいます!!(じゅるじゅるって、なんか嫌な表現やなぁ・・。)

●店名:うどん やしま
●住所:愛媛県松山市久万ノ台478-7
●営業時間:11:30-20:30?
●定休日:日?

↓↓↓いつも応援ありがとうございますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterもお暇なら見てやってください。
愛媛13

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

「次はいつ愛媛に行けるのやら・・・。」と書いたのは6月22日の記事で、あれは
5月末のお話でした。予想に反し、意外に直ぐ7月の後半に訪れた次のチャンス。
しかも2回。
しかしながら、今度は前回来た時程、時間が取れないスケジュール感で時間が
取れるのは10:30より前とお昼、それと18時以降ぐらいだけ。
となると行けるお店の候補は、時間的に場所的に一気に絞られてしまう。
しかも、今回はあまり事前にお店を調べることができず、とりあえず10:30前に
食べられるお店として1軒だけピックアップ。

IMG89e (3)

ってな訳で、この日朝7時頃に岡山を出発し、10時ちょっと過ぎに西衣山駅の近く
にある『うどん坊』というお店に到着した。
こちらは10時から営業しているお店だ。10時から営業しているお店と言えば、
愛媛・松山名物鍋焼きうどんの老舗"アサヒ"と"ことり"も10時からだが
ただでさえ暑いのに熱い鍋焼きはちょっと勘弁。という事でスルーしてみた。
まぁ、その内1度ぐらいは食べてみたいのだが・・。

お店の外観は結構綺麗な印象だが、中へ入るとガラッと雰囲気は変わって昔
ながらのお店という雰囲気が漂っています。きっと、外観はリフォームしたの
かなって感じです。
この時間というのもあり、店内にはお客さんはおらず、女将さんが1人でテレビ
を見ていた。・・いや、なんかこんな時間に来て申し訳ない。

IMG89e (4)

とりあえず注文してみたのは『ざるうどん(500円)』。

厨房に大将らしき人はおらず、注文してから約3~4分ぐらいで運ばれてきたの
をみると、麺は湯で置きかな?。
とは言っても、恐らく10時開店時に合わせて茹でた麺だと想像できるから、
そんなに時間が経った状態ではないのではないか?

一般店というのもあって、麺の量は価格に応じて多め。
不思議にも麺の上に海苔が2枚。別に上手いこと思いついた訳でも、何か関連が
ある訳でもないが、なんとなくソフ●バンクを連想した。

IMG89e (5)

麺にはビッとした角があります。全体的に細身なタイプですが部分的にさらに
細くなっている部分があったりして、自家製麺なんだなぁという感じあります。
想像するに大将は朝の仕込みを終えて休憩中といったところなのでしょうか。

チュルリっとそのまま食べてみると麺に風味は感じられなかったが、見た目の
鋭さある印象とは逆に、しっとりと柔らかいタイプ。とは言え、コシ無くプツプツ
と切れる様な柔らかさではなく、軽くグミ系の弾力感があります。
麺1本では柔らかいという感じがあっても、麺が細いので比較的多くの本数が
口に入るので、束になるとなかなかほど良い抵抗感に感じます。

ダシは甘目なタイプ。でも、変に甘すぎず・しつこくなくって程よい具合なのが
好印象でした。

●店名:手打 うどん坊
●住所:愛愛媛県松山市衣山4-759-2
●営業時間:10:00-18:00
●定休日:日

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterもやっとります。お暇な方はmituki_udonにフォロー下され。
愛媛12

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ