FC2ブログ
「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
さて、これはまだお盆前・・・・いや、お盆かってぐらいののお話ですな。
お盆休みの前日になっても「休んで良いの?居た方が良いの?」って
ので、決めきれずにいた。
夜になって、ある程度のメドも立ち、「じゃぁ、俺、明日から休みに入る
よ?」って決まった訳なのですが・・・。

当然、新幹線の予約も取ってなかったので、駅に行って「岡山までで
どこか指定席開いてるところ。」って予約入れたものですから、新幹線
の時間まで、随分、余裕ができてしまった。

IMG95w (10)

さて、空いた時間で何しようか・・・。あんまり遠くまで行くのはしんどいし。
比較的近場でご飯食べつつ時間を潰して・・・を満たせる場所を調べる。
どっちかと言えば、食べるところ優先で。
で、見つけたのは新橋。
東京でも、ジワジワ色々なお店に行く事が出来ているが、その中での
お気に入りの1つ"甚三"の新店が5月に新橋にオープンしていたので。

お店に着くとお店前に、生卵サービスのクーポン付のチラシが置いて
あったので、それをもらってみた。
券売機で『冷スペシャル(690円)』にクーポンの生卵付き。
スペシャルは、鶏天と豚肉の組み合わせ。

IMG95w (11)

これだけでも、麺が隠れてしまうぐらいのモリモリ感。
そこに・・生卵を落とすと~・・・・・あああっ!!!!!!!!!!!!!
白身がドウルンッと肉の上を滑り丼の外にこぼれる・・・・。あああぁ・・・・・。
しっかりと、真ん中にくぼみを作ってから割ればよかった・・。勿体ない事
をしてしまった・・・・。不幸中の幸いか、黄身は丼に留まって良かった。

そんなこんなで、ズビッと麺を啜ると~・・・。
うん。良いねっ!!やっぱり、私好み。麺は本店・浜松町と比べると、僅
かに細いかなって思えるやけども、ムギュっとした噛み応えに歯切れ感
はたまりません!

IMG95w (12)

そして、肉の旨味がダシに優しく広がるの。
ダシの旨味に、豚肉の風味。さらに、そこに加わる生姜の風味も、豚肉と
相性が良いのは言うまでも無いよね。
なんか、色々な旨味が1つに合わさって、1つの器の中に凝縮されている
様な感じ。
もちろん、麺は主役として存在感があり、噛む楽しさがあり。それをコー
ティングするダシ。

うむ~・・・やはり東京の中でも、私の中での1番って言われると、なかな
か決められず困ってしまうが、間違いなく上位、3本・5本の指には入る
具合の私好みかな~。って思う。

●店名:自家製さぬきうどんと肉 新橋 甚三
●住所:東京都港区西新橋1-19-3
●営業時間:11:00-15:30 土11:00-14:00
●定休日:日祝

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

極々稀にTwitterにも・・・。
東69
スポンサーサイト



テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

いささか、ブログの更新が滞ってます・・・。
しばらく不定期・間隔が空いたりするかも。

さてさて、8月初旬のとある日のこと。この日は大森駅へ。
昨年末やったかな。引っ越しの家探しとかで、丁度、ワタワタしてた
時期でしたな。まぁ、今もワタワタしている訳ですが。
大体、行く先々でどこか食べれそうなうどん屋さんをチェックしている
のですが、その前の時は調べた時は、このお店無かったよね。
調べてみたら、今年の3月オープンだそうで。

IMG95w (7)

これまで、うどん屋らしからぬ雰囲気のお店というのも、色々経験はし
たけれども、ここも何やらうどん屋さんらしからぬお洒落さのある雰囲気。

お店に入ると、入口左側に小さな券売機。
店内は、立ち食いカウンターのみの7人ぐらいがMAXかという感じ。
『鶏天ぶっかけ(500円)』を『麺大盛(100円)』の食券を購入してみました。

オーダーから数分して、うどんが運ばれてきます。

IMG95w (8)

やや浅い器に麺が巻いて盛られていますが、それよりも、ダシに浮かぶ
油。これは、天ぷらの油では無さそうで、後からオイルがかけられている
模様。恐らく、ダシにコクや風味を強烈にプラスする効果でしょうか。

でもって、麺は細目。食べた感覚は、バツバツっとした歯切れの良さが
際立って、口の中が楽しい食感に溢れます。
系統的には"き田たけうどん"を、少し太くした様な感覚でもあるが、あち
らの方が伸びる感じがします。

そして、ダシはイリコがかなり効いてます!!これが、"ぶっかけダシ"と
言うべきなのか、"ひやかけダシ"と言うべきなのかは謎。
ですが、雑味やエグ味はなくって旨味たっぷり。それほど甘味に偏らず
に旨味という感じが強い。

IMG95w (9)

そして、一番「!!?」となったのは、上に降られた山椒。
これが良く合ってます。今のところ、"ひやかけ"に山椒ってのは無かった
様に思うので、それも一つ斬新に感じられます。
全体的に、ちょっとこれまでに無かったな~と言う、新しさを感じます。

後で解った事なのですが、こちらの店主・オーナー?は元々、有名なラー
メン屋さんだった様で、ラーメンからうどんへの転身(?)のだそうで。
異種からの参入により、今までの固定化された概念に捕らわれない新
種として、これからも新しい試みが見えるかもしれない。
そういう意味でも、要チェックや~なところです。

●店名:麺屋 坂本01
●住所:東京都大田区山王2-1-5
●営業時間:11:00-23:00 土日祝11:00-21:00
●定休日:無?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでボソボソ言ってますんで、また見てやって下さい。
東68

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

"頑陣"で1杯目を食べた後、もちろんこのままで終わる訳が無い。
とは言え、「次はここ!」って決めていた訳ではなかったので、とりあ
えず、賑やかな桜木町方面に向かってみる事にした。

「おっさんm俺1人で横浜ランドマークタワーって、ガラじゃねぇwwww」
と自分を揶揄してみながら~・・・。しっかり"おのぼりさん"を感じつつ
やってきたのは~。

IMG95w (4)

横浜ランドマークタワーのドックヤードガーデン(地下2階)にある、
"うどん宮武"。
"宮武讃岐うどん"を展開するフォーシーズが展開する、居酒屋+
うどん業態"の店舗ですな。

暑い中をテクテク歩いてきたのもあって、ここは冷たいのでキューっと
やりたいところ。ビールじゃないよ、"ひやかけ"だよ。
しかしながら、そうったメニューは「冷やしすだち(800円)」しか見当た
らなかった。

IMG95w (5)
IMG95w (6)

ってな訳で、『しらすわかめぶっかけ(600円)』を注文してみました。
「冷やしすだち」になると一気にお値段跳ねあがる気がして、少し躊躇
してしまった。
うどんに着きましては、宮武讃岐うどんでのノウハウもあるやろうし、
安定している様に思います。って、これも店舗で作っているんかな?
製麺機とか、厨房の様子は見えなかった。

あと、気になったのは・・・・、お客さんのどれぐらいの割合が、観光で
ここに来た人なんやろうか??
あんまり地元で昼食食べに来ました!って感じの場所では無い様に
思うが・・・。

●店名:呑み屋 うどん宮武 横浜ランドマークタワー店
●住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1
     横浜ランドマークタワー ドッグヤードガーデン B2F
●営業時間:11:00-23:00
●定休日:不

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

ブログ、かなり稀にTwitter。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

この日は、少し方向を変えて横浜方面に行ってみた。
やはり目的地のウエイトは観光地とかよりもうどん屋さん。目的地の
うどん屋さんがあって、その周囲にある観光地を見るってパターン。

ってな訳で、この日やってきたのは横浜ランドマークタワー界隈。
っても、最寄りの桜木町駅ではなく、その一つ先の関内駅まで行って、
やってきたのは"頑陣"

IMG95w (1)

車通りのある道から、一つ路地に入ったところにあり、お店を見つけ
るのに手こずってしまった。

店前に貼られた「だしソムリエ」が気になります、しかも、どうやら"あご
ダシ"の模様。
お店に入って、入口入って左側の券売機の前で悩む。
お店の推す"あごダシ"も気になるが、恐らくそれは温かいかけダシを
指すやろうから・・・でも、セオリー通り冷たいうどんの方が・・・。

結局、『鶏ちく天・冷・大(790円)』の食券を購入。

IMG95w (2)

麺の量は、小200g、並300g、大400g、特500gまで無料で選択可で、ペン
で食券に量の番号をマークして、店員さんに渡します。
注文から、数分してうどんが運ばれてきました。
ベーンっ!!と乗ったちくわ天に、鶏天がコロコロっと。んで、鰹節と海苔
と葱がワッサリと乗っています。

太さのある麺は密度の高い、かなりズッシリ・ガッシリとした固コシ。
ゴツゴツっとした口当たりで、噛めばブリンブリンっとしたしっかりとした
活きの良い麺肌の張り感に、内側の芯にガッとくる軽い固さが感じら
れる。
やや剛麺系に近い様に表現できる部分もあるけれど、それほどガチ
ガチな剛麺って感じでもない。

IMG95w (3)

恐らく、温かいかけで、自慢のダシに合わせる様に、温の麺でもしっ
かりとしたコシを出せる様に、こういう麺質に調整してきているのかな
って感じます。

でもって、ぶっかけダシも少し驚いた。
結構、塩気が強く感じられるのですが、あまり鋭くは感じず、ジワーッ
とコクあって美味しい。そのまま飲むには塩辛目な気もするけれど、
嫌な感じが残らないのが良いね。
「冷」が"ぶっかけうどん"の様ですので、素直に"ひやかけ"で食べて
みたいな~と思う次第。
・・・そう言えば、"あごダシ"の"ひやかけ"って食べたこと無い様な・・。

●店名:自家製生うどん 頑陣
●住所:神奈川県横浜市中区住吉町6-74
●営業時間:11:30-14:30 17:30-20:00
●定休日:日祝、年末年始等、土曜日の夜

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

ブログ、かなり稀にTwitter。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

"やしま"→"山下本気うどん"とハシゴして~・・・お腹は腹八分目。
この辺で打ち止めしても良かったのですが、折角来たもんやから、
渋谷のタワレコでも寄って帰ろうかととフラフラ。

フラフラついでに、まだ1杯は余裕ってな訳で、もう1軒寄る事にした。
はなまるうどん 渋谷公園通り店。

IMG95v (29)

2002年9月にオープンしたはなまるうどんの東京進出1号店。
同年4月に岡山県の倉敷児島店で県外進出を果たし、そこから5ヵ月後
に、「かけ小・100円」の価格そのままで、東京初出店となっている。
もちろん、これ以前より真っ当な讃岐うどんを提供するお店があったのは
間違いない事だろうけど、私の感覚ではここで、"讃岐うどん美味い・安い"
が爆発的に認知されたのではないかと感じている。

『温玉ぶっかけ(290円・税抜)』

IMG95v (30)
IMG95v (31)


あぁ。あったあった。
これって、過去にHPかブログに乗せてたっけか??
詳しい訪問日時は解らなくなってしまっているのですが・・・、
2002年か2003年か。
結構な行列してました。

IMG95v (32)
IMG95v (33)

●店名:はなまるうどん 渋谷公園通り店
●住所:東京都渋谷区宇田川町2-1
●営業時間:10:00-22:00
●定休日:無?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

ブログ、かなり稀にTwitter。
東67

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さて、渋谷の"やしま"でモーニングがてらの1杯を食べて、続いて
渋谷駅の南東側にある"山下本気うどん"へ行ってみた。
前に、目黒にあった頃に1度行った事があるが、いつの間にか
こちらに移転・増店している様だ。
それで気になって目黒のお店は、まだあるんやろうかと調べてみ
たが、どうやらあちらは閉店している様だ。

渋谷駅に戻り、明治通りを南に。並木橋交差点のところにある。
まぁ、目黒の方と比べても、お店の場所として分かりやすい。

IMG95v (26)

ちなみに、山下本気うどんを展開しているのは、株式会社ガーデン
という企業。"家系ラーメン壱角家"をはじめ、"情熱のすためし"や
"肉寿司"等のラーメン・肉を中心に展開するグループだ。
う~ん・・・私としてはグループのお店に言った事無いかな・・・。

さて、時間はお昼時とあって、店内はお客さんで満席に近い状態。
店員さんが、厨房・客席・レジと目まぐるしく・息つく暇なく動き回って
いる。飲食店も人材確保やコスト高が課題となっているのは明白で
すが、あまり絞ると注文待ち・レジ待ちのお客さんが・・という事にも
なるし難しいところですわな・・・。

IMG95v (27)

そんなこんなで、私は『鶏天ざるうどん・大盛(790円)』を注文してみ
ました。
うどんが大盛まで無料で増量できるので、少し躊躇いはしたが、大盛
で注文です。

しばらくして運ばれてきたうどんを、一筋ちゅるっと食べてみますと~、
これが比較的スタンダードなタイプの洗練系讃岐麺。
引っ張れば抵抗感がありつつも、ニュッっと伸びがあり、しっかりとし
たコシのある麺。麺肌の張りも良く、グミ感・弾力感が、程よい具合で
配置されているという印象。

IMG95v (28)

印象としては、前に目黒で食べたのに比べると、麺がガッシリした
様に感じられる。
どっちかと言えば、私としては麺のメリハリがハッキリしているこっち
の方が好きかな。

つけ出しも、しっかりダシの旨味が出てます。
選んだメニューがこれやからってのもあるんやろうけど、感覚的には
スタンダード系なうどんで、スタンダードな中でも麺・ダシ・トッピング
共に、高いレベルでバランスが取れている様に感じられる。

この先、山下本気うどんも多店舗・FC展開されていくのかな??

●店名:山下本気うどん 渋谷並木町店
●住所:東京都渋谷区渋谷3-15-8
●営業時間:11:00-23:00(LO22:30) 土日11:00-22:00(LO21:30)
●定休日:無?


↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterでも時々何か言うとります。
東66

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さてさて、この日は渋谷へ。
特に何か別の目的があった訳ではなく、フラ~っとご飯を食べに
行っただけの事。
そんな中で、自分がTVで見た渋谷の町を歩いているかと思うと、
異常なまでに違和感を感じる。

そして、この日の1軒目にやってきたのは・・・・、私が渋谷にいると
いう違和感を、さらに超える様な・・・"やしま"というお店。

IMG95v (23)

言ってしまえば、"カオス"という言葉がピッタリな店内。
「ここはうどん屋??何でこんな凄い事になってるん?」と思う様な。
↑の写真を見て頂いても、ドアに貼られたビラと言うかフライヤーが、
かなりうどん屋らしからぬ雰囲気を醸しだしている。
ってか、ドア左のスライムは一体・・・・?

まぁ、店内はもっと凄い。たぶん、1日居れる。ずーっと居ても飽きない
やろうな~ってぐらいに。
でも、やっぱりうどん屋さんな訳で、麺打ちブースがある。
どう凄いかは、興味があれば調べてみて下さいな。
ってか、1度行って見て欲しいレベル。

IMG95v (24)

そういう凄い店内でありながら、メニューは結構普通。
いや、「ミートソースうどん」とか「麦みそうどん」とか少し変わりダネメニュー
もあるけれど、店内のインパクトに比べたら、少し薄れてしまう気もする。

ってな訳で、私が注文したのは『かけうどん・冷(630円)』。
そこにトッピングしたのは『味付玉子天(150円)』。

麺は超グミグミ麺っ!冷水で締められたのではなく、常温水で絞められ
て、引き締まり過ぎていない具合の、伸びのあるコシがたまらんっ!

IMG95v (25)

やや平たい形状の麺で、ちゃんとうどん屋なのが感じられる手打ち麺。

しかし、麺を一口食べて不思議に感じたのが、かけダシ。
こちらも常温タイプなのですが、塩気は薄い。超薄く淡い。
仕上げ忘れてる??ってぐらいに、淡い具合。
初訪問の為、これが通常なのかは不明なのですが、逆に、ちゃんと
作られているお店なのは理解できる。

いやぁ・・・うどんを食べ終わっても少しの間、お冷を飲みながら、
店内をキョロキョロ、眺めてしまったわ。
違う席に座ったら、また違う面白さがあるんやろうな~。

●店名:やしま 円山町店
●住所:東京都渋谷区円山町10-13
●営業時間:11:00-22:00(LO) 火11:00-17:00
●定休日:無?

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterではmituki_udonで時々ブツブツやっとります。
東65

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

"こがねうどん酒場"で冷かけをサラサラっと食べた後、このまま1軒
で終わるのは勿体なかろうと。
しかし、元々は"恵比寿おのはん"と"こがねうどん酒場"の予定やっ
たから、第3の候補を探す。

ってな訳で、次の目的地にセットしたのは"博多うどん酒場イチカ
バチカ 恵比寿店"。

IMG95v (20)

こちらも某100名店にピックアップされているお店なので、いつかは
行ってみようと思っていたが、私の好みと違うのは明白なので、機会
があれば・・・と思っていた次第。
まぁ、ここがその機会やわな。

お昼前の店内は、結構賑わっている。
私にとっての讃岐うどん屋さんみたいに、福岡・博多の方にとっては
地元を感じられるお店なのでしょう。
他のお客さんの注文が聞こえるところでは、"豚バラ串"と"うどん"と
"かしわ飯"の博多気分満喫な注文をされている方も多い様だった。

メニューを見ると、冷たいうどんは、つけうどんと素麺しか無いんやね・・。
そんならスタンダードに『ゴボウ天うどん(700円)』を注文するっきゃないか。

IMG95v (21)

おおっ~、これが噂に聞く、博多のヤワヤワ麺か!
たしかに、タウンタウンでユルユルな麺。太くはあるけど、箸で持ち上げる
と切れる様な柔らかさ。もちろん、噛むにも力はいらないぐらい。
しかし、フワフワの中に軽ーく軽ーく粘る様な感じがある。
同じ福岡括りでも、豊前の裏打会系と全然違うね。
(あっ、裏打会では温かいうどんは食べた事ないけどねっ!)
まぁ、解ってはいたが私の好みのタイプとは全く違う。違うが、これはこれ
なのだ。

ダシは、多くの節から取られており、複雑ながらも上品な深みある味わい
ですな。そこに、ゴボウ天から滲み出る油分が、上品なダシにパンチを
加えてる様に感じられる。

IMG95v (22)

この柔らかい麺は・・・お店で作ってるのかな?
生麺からここまで茹でると、結構時間かかると思うけど・・・。
注文してから、そんなに待ってもないし。茹で麺の状態で準備している
んやろうか??
その辺りの厨房の様子が見えなかったので、仕組みがよく解らん。

しかしだな・・・豚バラ串食べればよかった!!

●店名:博多うどん酒場イチカバチカ 恵比寿店
●住所:東京都渋谷区恵比寿南1-8-9
●営業時間:11:00-15:30 17:00-26:00 土12:00-24:00 日12:00-23:00
●定休日:無

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterではmituki_udonでやっとります。
東64

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

この日は恵比寿界隈を攻める事にした。
まず、最初の目的地にセットしていたのは、高瀬の小野うどんの支店?
"恵比寿おのはん"。でしたが・・・・。
開店時間前に準備をしている様子が無く、開店時間が来ても開かず・・。
祝日やし、そういう時もあるか・・・。

ってな訳で、次の目的地にしていた"こがねうどん酒場"に行ってみた。

IMG95v (17)

こちらのお店も、こがね製麺所の店舗一覧に乗ってるって事は、直営
店って事なのかな??
しかしながら、営業時間を見ると、夜かなり遅くまで営業しているし、
うどんだけじゃない新たなスタイルを模索?という事なのかな。

さてさて、お店に入ってみますと、とても落ち着いた居酒屋さんの
様な感じ。まぁ、夜の営業の方が長いし、そっちに合わせる方が
普通やわな。

んで、『ひやかけうどん・大盛(390円)』を注文してみました。
リーズナブルな価格帯なのに、大盛無料なのが嬉しいポイント。
トッピングは『とり天(100円)』だ。

IMG95v (18)
IMG95v (19)

ズビズビっつと麺をすすると、ダシの香ばしさある甘みが広がる。
麺はやや麺密度高めな具合でして、内側に強い抵抗感が感じられる!
ムギュとした抵抗感のある噛み応えで、歯を押し返す様な強い反発の
コシが良い感じ!!
少し前に食べた森下店の方と比べると、こちらの方がハード気味な
気がするが・・・気のせいかな??

ひやかけダシは、エグ味とは判定できないかなって程度の微かなところ。
スッキリとしつつも、それがアクセントととなって、ダシに強さを感じさせ
てくれます。
その僅かなところで抑えていることで、万人受けする感じ。
でも、サッパリし過ぎずに、後味・余韻が良い具合に残るのも良い感じ
ですな。

●店名:こがねうどん酒場
●住所:東京都渋谷区恵比寿4-27-16
●営業時間:11:30-14:30 18:00-翌3:00 (LO2:30)
●定休日:無

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓

東63

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

"いわい"で朝食に1杯目を食べた後。電車で1駅の赤羽岩淵へ。
駅を出て東へテクテク歩きながら、前はこんなアーケード通ったっけ?
赤羽岩淵中10周年?前にこんなのあったっけか?
前にここを通ったのは・・2009年!10年前か!ってことは、赤羽岩淵中
は開校したてで存在してるはずだが・・・、覚えてないわ。
まぁ、あの時は夜やったし見えなかっただけだろう。、

そんなこんなで・・・お店が近づくにつれて、人集りができているのが見
えてきた。・・・やっぱり、そうなるな~。

IMG95v (14)

赤羽岩淵岩淵の名店"すみた"に到着!
やはり早目に行かないあかんわな。結構な数の人が待ってます。
入り口前の待ち名簿に名前を書いて待ちます。あまり回転は早くない
ので、結構待ちます。

待っていると、前もって順番に店員さんが注文を取ってくれるので
『いか天ざる(900円)』を注文。
残念ながら、麺大盛の注文はできない・・・・。

そんなこんなで、1杯目を食べてから、お店に入るのに2時間。
お店に入った時には、麺切れ終了に向けて麺の残量と新たに来るお客
さんの調整に入っていた。

IMG95v (15)

そんなオペレーションを見ながら~、少ししてうどんが運ばれてきました。

先に食べた"いわい"の麺の系統とも違う、スラーッとエッジの立った艷
やかな讃岐麺。
チュルッと一筋食べて思ったのは前回と同じ「この麺、冷水でキンキン
にして食べてみたいわ~」って思った。
でも、これはこれで、とても瑞々しく、引っ張ればグググッと伸びのある
弾力。グミグミし過ぎず、絶妙なコシ付き。
むしろ、キンキンに冷やし締めないからこそ、こういう感じの絶妙な食感
になるんだろうなとは思う。
そうは思うが、1度ぐらいは冷水でキュッとってのが気になる。

IMG95v (16)

漬けダシも美味しい!!ダシの旨味しっかりあって、チビチビ飲めて
しまうわ。
そう思うと、麺が常温系なのも、このダシに繋がってくるんやな~と
解るわ。麺とダシのバランスがたまらんのですよ!!

あっと言う間に食べ終わってしまった・・。うーん、もっと食べたい!!
モリモリたべたい!
しかしながら、うどん大とかの注文を受けると、残りの量が減るから、
多くのお客さんに食べてもらう為に、大盛を受けない様にしてるんだろ
うなぁ。

【過去のすみた】
2009年07月09日・・東京都北区(赤羽) 手打うどん すみた

●店名:手打うどん すみた
●住所:東京都北区志茂2-52-8
●営業時間:平日 11:00-14:00(LO13:45) 18:00-21:30(LO21:00) 麺切終了
        土日祝 11:00-15:00 麺切終了
●定休日:日月

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

この日は山手線の北の方に行ってようかと、進軍してみた。
ってな訳で、まずは十条駅で下車。
北口改札から出て、右前方に見える十条銀座商店街をテクテク歩き、
左に曲がれるところで曲がって、そのまま真っすぐ。
地図で見ると、そこそこ距離あるんかと思っていたけど、意外に駅か
ら近いんやね。

まずやってきたのは、"いわい"というお店。どうやら、宮武ファミリーの
流れを持つお店らしい。
んで、最近2号店が出来たらしい。ここからだと・・・歩いたら10分ちょい、
1kmぐらいのところなんかな。

IMG95v (11)

まぁ、このブログ記事がアップされる日は、最高気温35℃の猛暑日予報
ですので、歩くには厳しいところもあるかな。

まっ、とりあえずそんな話は置いといて~、開店と同時にお店に入る。
開店前から行列が出来るという具合ではなかったが、開店後から続々
とお客さんがやってきてる。常連というか、しょっちゅう朝うどんしに来
てます感のあるお客さんも多い様に伺える。

大将が入り口横で麺を打っている、包丁切り!注文すると茹でたてを
お持ちしますのでお待ち下さいとのこと。

宮武ファミリーと言えば、やはり「あつあつ・ひやあつ・ひやひや」の
ネーミングでしょう!

IMG95v (12)

"いわい"でも、この名称は引き継がれていたのが、なんだか懐かし
いと言うか、嬉しいと言うか。
で、私が注文したのは、もちろん『ひやひや・中(400円)』!!!
トッピングは『とり天(150円)』だ。

ズビッと一口・・・・。これも、めっちゃ素朴な讃岐な~!!!
ツルツルっと口に滑り込んでくる。そして程よい張りのある麺肌を噛めば、
ムギィっと内側に向けて抵抗してくるコシ!
手切り故に若干不揃いな麺は、太いとこ細いとこの食感差が生まれ、
それが口の中で、「柔コシ!」と思った次には「剛麺!」って面白食感が
生まれる。
均一な方が好きな人もいるやろうけど、これはこれで面白い。

IMG95v (13)

ひやかけダシはクリアな味わい。雑味やエグ味のない丁寧なダシ。
その分、麺の印象が強くくるので少し柔らかい印象に感じる。
少しエグ味とか出てた方が、香川讃岐感がより出て、私としたら良いか
なと~って気もする。
でも、それをすると他のお客さんに合わなくなるんだろうけど・・。

ここも、香川感がしっかりあってええな~。
この感じこのまま2号店に行ってみるのもアリかと思ったけれども、
残念ながらこの日は、既に2軒目の目的地を決めていたから、また
今度

●店名:讃岐うどん いわい
●住所:東京都北区上十条3-28-7
●営業時間:10:30-14:30 17:30-20:30 日祝10:00-15:00
●定休日:月

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

今日はポッキーの日!!・・・って関係ないか・・・。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ