「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
ささ、"広島ぶらり粉モンの旅"の前半戦を終え、後半戦までは中3日あったのですが、
その内の1日は、広島であんだけ食べておきながら、こともあろうか「またうどん!?」
と瀬戸大橋を渡り高松へ行っておりました。

朝早めに知人と共に岡山を出発し、とりあえず高松に着いてサクッと用事を1つ済ませる。

知人「さぁて時間あるし、どっか美味しいうどんや連れて行って」
光樹「ははっ!了解いたしました。では、殿は香川で最も有名なうどん屋と言われて
   いる"山越"というお店に行かれた事はありますか?」
知人「わからん!」
光樹「左様ですか。では、まずはそちらへご案内します。」

ってことで、高松から綾川へ向けてブイ~っと車を走らせる。

IMG75 (21)

お店に到着したのは、丁度12時頃。
休日であれば朝から結構な行列が出来てたりするんやけど、平日であればお昼でも
今はこれぐらいなんか。それでも、県外ナンバーの車の多い事、多い事。
多少、行列に並び待つ間、私の知る限りの山越の零れ話をしつつ、列がどんどん
前に進んでゆきます。

女将さん「次の方、ご注文は?・・・次の方?・・・次の方?」
光樹「『釜玉・小(200円)』と、『冷たいかけの小(200円)』。」
女将さん「次の方」
知人「かまたまの小。」
女将さん「次の方?」
知人「・・・ちゃんと覚えとるんやろうか?」
これも職人技というか、5人ぐらい先までのお客さんの注文を聞いて、出際良く
出してくれる。

うどんを受け取りお会計を済ませ、外へ運びます。
釜玉にはぶっかけ(つけ)ダシ?、かけには温かいかけダシをかけて頂きます。

IMG75 (22)
IMG75 (23)

う~ん。。陽の光が強過ぎて、ちょっとまぶしい写真になったなぁ・・。
露出をいじるべきだったか。
今となってはもうしゃーない。兎にも角にも、熱々のうどんを目の前にして、
早い事食べてあげないと!!釜抜き麺の命は結構短い。

ずずー!!ずずー!!
熱々の麺に常温の玉子が絡まる事で、玉子に麺の熱が奪われ、玉子が軽く
半熟状態に。でもって、麺の温度も下がるので、幾らか食べ易くもなる。
やっぱりこういう時に写真を撮るといかんなと思うのが、ちゃんと麺が
熱々のうちに玉子を絡め混ぜてやらないと、半熟具合に偏りが出てしまう。
反省。

IMG75 (24)
IMG75 (25)

でもって、冷たいかけの小。
"冷たいかけ"と言っても、注文時の「冷たい」か「熱い」というのは、麺が
熱いか冷たいかの違いであって、かけダシをかけるのはセルフです。
熱い麺に熱いかけダシをかければ"あつあつ"、冷たいダシをかければ"あつひや"。
冷たい麺に熱いかけダシをかければ"ひやあつ"、冷たいかけダシで"ひやあつ"。
その組み合わせは、お客さん次第。
まぁ、冷たいかけダシと言っても、冷え冷えしたものじゃなく、常温なんやけどね。

なんだか、『冷たいかけの小』を食べると、なんだか昔を思い出し原点に立ち
戻れる様な気がする1杯です。

【過去の山越】
2008年07月12日・・香川ツアー7月5日3軒目 山越

●店名:山越
●住所:香川県綾歌郡綾川町羽床上602-2
●営業時間:9:00頃-13:30頃
●定休日:日

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでも少し呟いています。mituki_udonで探してみて下さいな。
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ


管理者にだけ表示を許可する
http://tellmituki.blog49.fc2.com/tb.php/1225-f115b3a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ