「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
琴弾公園で散々遊んだ後、八幡交差点から財田川に沿って東に進むとあるのが
"本場かなくま餅 福田"です。
昔は曾祖母に連れられておやつにおはぎを食べにきたり、家族でうどんを食べに来たり
したものだ。私が小さい頃、物心ついた時には既にあったお店でして・・・というのも失礼
なぐらい、明治40年創業からの歴史を持つ老舗だ。

懐かしも懐かしや、2002年以来の訪問だ。
小さい頃に良く来ていただけに、懐かしさもひとしお。

ふむ。昔っから「かなくま餅」かなくま餅だったので、そんなに気にもしてなかったのだ
が・・・そもそも「かなくま」とは何ぞや・・・?

IMG85i.jpg

"鳥坂饅頭"の鳥坂は鳥坂峠とかあの辺りの地名由来だろうけど"かなくま"も地名か?
と思い、調べてみたらお店のHPに書いてた。
そもそもは「鹿熊」と下記、明治以降に「鹿隈」と改められた地名の様だ。
地図を見る限り、現在は地名としては使われていないのか見当たらなかったが、ここ
から少し西に戻ったところにあるゴルフ練習場やその近くの住宅地には「鹿隈」と
いう文字が伺える。

そんなこんなで、駐車場には県外ナンバーの車も多く、お店に入るとお昼時というのも
あってかなり賑わっています。
かなくま餅福田の名物と言えば、言わずと知れたうどんにお餅の入った「雑煮うどん」
でしょう。もちろん、香川らしく餡入り餅の入った「アン雑煮うどん」もあって、冬限定
では白味噌仕立ての「白みそアン雑煮うどん」というのもある。

IMG85i (1)

しかしながら、散々遊んで暑いのに暑いうどんは簡便。そんなこんなで私が食べたのは、
無難に『おろしぶっかけうどん・大(400円)』。

麺はしっかりとした張り感のあるパリッとした麺線。しかしながら、あまり内側に密度高く
詰まった感じはなく、内側の粘り感やモチモチ感も少ない。
そういう点からあまり剛麺な感じはないけれど、麺肌の張り感がしっかりしているので、
食感が弱いという事もない。
その分、噛むと跳ね切れる様な、プリプリっとした歯切れの良さが抜群に引き立っている
楽しい食感だ。

IMG85i (2)

それでいて、結構たっぷり注がれたぶっかけダシ。
これがなかなか絶妙な具合。強すぎず弱すぎず、そのまま飲めてしまうタイプなんだけ
ども、麺と絡んでも麺に負けていない。それでいて、勝ちすぎてもいない。
この絶妙なバランス感覚が秀逸!!

そんでもって、トッピングにサイドメニューの『赤飯(180円)』。

IMG85i (3)

これを一口食べた時に「あ~、うちのばあちゃんが作る赤飯の味だ。」と感じた。
・・・赤飯自体、そんなに地域によって中の具が変わるって事はないだろうから、
そんな味が変わる様なものでもないか・・・・。


食べ終わった後、車で数分の祖母の家へ、ひ孫を連れて行くのであった。

【過去の福田】
2002年05月01日・・第3回 讃岐饂飩巡礼88ヶ所の旅 13日目

●店名:本場かなくま餅 福田
●住所:香川県観音寺市流岡町1436-2
●営業時間:6:00-17:00 (うどんは10:00~)
●定休日:月
●HP:http://www.kanakuma-fukuda.jp/index.html

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterもやっとります。お暇な方はmituki_udonにフォロー下され。
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ


管理者にだけ表示を許可する
http://tellmituki.blog49.fc2.com/tb.php/1484-ef030cfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
琴弾公園で散々遊んだ後、八幡交差点から財田川に沿って東に進むとあるのが
[ まとめwoネタ速neo ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ