「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
20130401お昼追記------------------------------------------------------
まっ、今日は4月1日ですから。
-----------------------------------------------------------------------

こんな日ですけれども、ようやく情報として出しても良い日となりましたので、
皆様にご報告致します。

この度、当ブログからの派生でうどんの本を出版させて頂くこととなりました。


約2年前から準備を進め、原稿と言うかネタを書いては直し書いては直し・・・。
私「もー無理です・・。これ以上、俺には面白くできません・・・」
担当「アホか!まだまだ面白くできるわ!ネタが無いんやったら作れや!」
私「いや、それは出来ん!!」
没を食らっては直し続け、「あの野郎・・ぜってぇ●す!」と荒んだ事もありま
したが、この文才も表現力も無い私が本気モードで作ってまいりました。

基本的にはブログに載せてないお店が多いです。ブログに載ってるお店でも、
文章は新たに作ったもの。というのも、テーマとしては「各47都道府県のNo.1
うどん店を勝手に決めてしまおうじゃないか。」というもの。
たぶんこれまでのところ、こういった全国対象の本は無かったのではないで
しょうか?新たな試みです。
現在、そのラーメン版・そば版も別のプロフェッショナルが作成中です。

というのは表向き。
もう一方にあるのは、地域毎のうどん文化について。
これを言い出すと、"雛が先か卵が先か"的な巡る話になるので細かい事は
書かないけれど、もっとお店側も自由に色々やってみていいんじゃない?
ってとろこ。もはやこのご時勢、"うどん"という言葉からイメージされる様な
概念は取っ払ってもいいんじゃないかと思うの。

このブログでは一応は私の個人的な日記でしかない訳ですが、ちょっぴりは
「見た人が食べたくなってくれれば。」という思いはある。
逆に、この本には、作り手側に「こんなんもあるのか。」「こんなんうちもやって
みたいな。」「俺なら、これをこうする!」って思って頂けるきっかけとなれば
私にとっての成功と言えましょう。
そして、ご当地うどんをはじめうどん文化全体が活性化してゆけば万々歳。


まぁ、まだ本当に書店に並ぶのか!?というところもありますが、一応、2013年
6月・8月・10月の前・中・後の3編予定です。
元々は1冊のつもりだったのですが、1冊にするにはボリュームが多すぎるってな
もんで、まず「北の方」編。2番目「真ん中の方」編。最後に「南の方」編の3部作
になってしまいました。

えぇ。行きましたとも。ありとあらゆる交通手段で。歩いたり自転車だったり、
バスや自動車だったり新幹線だったり、飛んだり跳ねたり、飛行機だったり。
一つ悔やまれるのがセグウェイでは公道を走れなかった事。
中でも一番キツかったのは、在来線で岡山から札幌まで丸2日ちょい・・・・。

当ブログとは違う観点で、かつ違う文章形態で、写真を交えたちょっと旅行記
プラスご当地うどんの歴史や進化・考察等についても 読み物としてもお楽しみ
頂ける様なテイストで届けする予定となっています。

長時間移動というのもキツかったが、一番キツかったのは、ネタはあってもそれ
をブログネタに出来なかったこと・・。



<前編・冒頭(予定)抜粋>

WARNING!!WARNING!!WARNING!!WARNING!!WARNING!!WARNING!!WARNING!!
なかなかマニアックな中身となっているかと思われますが、その辺りは
ひかずご覧頂ければ、そしてうどんが食べたくなって頂ければ幸いです。
WARNING!!WARNING!!WARNING!!WARNING!!WARNING!!WARNING!!WARNING!!

この本をご購入頂いた方、誠にありがとうございます。
立ち読みの方は、この本を手放さずそのままレジに向かうように。

本の書き出しとして読者をひきつけるものは全く無いのは承知で、この本の主旨
について説明させて頂く。興味が無ければ5ページへ進んでいただき、超暇に
なった時にでもサラッと読んで頂ければと思う。

うどん大好きな30代サラリーマン光樹が、常々思っていること。
「全国で一番美味いうどん屋はどこだろう?」
まぁ、何をもって一番美味いと判断するかというところについては、あくまでも
「私の好み」になってしまうということは冒頭でお断りしておくし、その辺、異論は
受け付けない。

普段住んでる地域からうどんの食べ歩きをしている私ですが、30代サラリーマン
が休日を潰し、かつ家族サービスもおざなりにしながら一気に全国を食べ歩き
周りました!!

さて、じゃぁ、どうやってそのNo1うどん屋さんを決めるか。
今は便利な時代で、パソコンや携帯電話から手軽に色々な情報が集められる。
各都道府県別に数十のうどん・グルメのブログやHP、雑誌等を参考にし、また
はそのブログやHPの筆者さん等への聞き込みを行い、評価が高いと思われる
お店を各県5店舗チョイスした。5軒では少ないと思ったけれど10軒はお腹にも
お財布にもキツイ。
そんな感じで47都道府県×5県の評価対象235軒。
それと地域によっては、ご当地うどんor名物うどん1~2軒を評価対象外で加え。
で、掲載トータル273軒と、とても中途半端な数字となっております。

うどんであればジャンルは問わない。とりあえずその県で美味しいとされている
チョイスしたお店へ行き食べた。
行ったお店で食べるものは、店員さんに「ここのオススメは何ですか?」と聞いて
教えてもらったもの。

評価のポイントは大きく別けて2つ。「美味しい」という当たり前の部分と、もう1つ
が「味とコストパフォーマンスの兼ね合い」。
1000円のものと100円のものを同列には考えていません。そりゃ1000円でええ
材料を使った方が美味しくなりやすいのは当然でしょ。
逆に100円のものを工夫していかに美味しく出来るかというのも作り手の腕の
見せ所だと思うし。そういう点を大きく評価しつつ、色々な工夫や食べたくさせる
何かで加点が加わってゆく。
だから、高級食材であれば良いというものでもないのが、そういう評価は私の
身の丈に合った「庶民的~♪」なんて自負したりもしている。


当初は1冊というつもりでしたが、1冊に47都道府県分全部載せるのは本が
分厚くなり過ぎるので、前編「北の方」中編「真ん中の方」後編「南の方」の
3冊に別ける事になってしまいました。なので、総括は後編になってしまいます。
お住まいの地域の本だけ買わずに全部買えよ。そして、「●●県には、こんな
うどんがあるんだ!美味しそう!」なんて涎をたらせ!

それと、冒頭の最後ではありますが、この本を作るにあたってご協力頂いた方々、
お話を伺ったり掲載させて頂いたお店の方々、お店選びの参考にさせて頂いたHP・
ブログ等の作者様、ヒアリングにご協力頂いた方々。
多くの方にご協力頂きなんとか形にすることができました。この場を借りて深く
お礼を申し上げます。

ではでは「第1章 北海道は雪の様な白さ!?」より、行ったつもりになって
お楽しみ下さいませ。

<以上、前編・冒頭(予定)抜粋>


現在、政策は大詰めとなってきており、ただいま表紙デザイン等を打合せ中
でありまする。


サンプル。
april.jpg

いや~・・・これは無いよなぁ~・・・ごちゃごちゃし過ぎ・・。


まぁ、また続報をお届けできるかと思います。


↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterもお暇なら見てやってください。
スポンサーサイト
あはは。すごい!すごい!
サイン付きで手に入れたいです。
出版発表記念サイン会は、ジュンク堂ですか?
紀伊国屋でしょうか。旭屋書店だと行きやすくていいんですが。

うふふ。・・・いつか実現してください!
春はこれがとっても楽しみです(^^)
【2013/04/01 Mon】 URL // うどん好きのあゆ #GCA3nAmE [ 編集 ]
おめでとうございます
長年にわたる活動がついに花開くわけですね
発売日には草の根分けてでも探しだし買い求めるつもりです
【2013/04/01 Mon】 URL // ひろ #TGHntJu2 [ 編集 ]
このネタ、いつから作り始めたのか、テキストファイルのプロパティを見たら、
作成日が2012年4月11日でした。

>>うどん好きのあゆさん
今年もありがとうございます。
来年はもっとがんばります。

>>ひろさん
発行部数が非常に少ない為、お買い求めにはご予約頂けると・・・。
本屋さんで「『美味しいうどんが食べたいんや!』を予約したい。」と
言ってうどん屋さんを案内されないようにご注意下さい。


実は、各章のタイトルまでは作っていたのですが、あまりにも文章が
長くなりすぎるので、それは端折りました。
【2013/04/01 Mon】 URL // 光樹 #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://tellmituki.blog49.fc2.com/tb.php/1649-ebb4b10c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ