FC2ブログ
「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
『ミシュランガイド東京』が発売されましたね。
ミシュランガイドは、歴史ある料理の格付け本ですが、初のアジア進出です。

和・フレンチ・イタリアン・スペイン・中華等、東京の1200~1500軒もの
レストランを調査され、素材の質・料理法と味付けの完成度・料理の個性・
格の質とバランス・一貫性といった点で評価がなされている様です。

発表がニュースとして取り上げられたり、星を取ったお店には予約が殺到して
いるといった報道も出ていますね。
まぁ、そういったお店にも機会があれば行ってみたいもんです。

ミシュランガイド東京2008

朝日新聞『ミシュラン東京版発売 星150店「納得」「疑問」の声』

ミシュランも基本的には料理が評価の対象という事になってますが、
そういったミシュラン以外の料理格付け本でもファミリー向けのレストラン
なんかも、調査対象になっているのでしょうか?
もしなっていないのであれば、それはフェアだと思っていません。

そういったお店の料理は、一流の職人が手間隙かける時間的なコストがかかり、
良い食材にもコストがかかる。必然的に、料理の単価は上がってしまう。
そういった様な要因から、掲載されるお店は高級店と言われるお店が多く
なってしまうのではないでしょうか。
そういうお店に「ふらっと夕飯喰いに来ました。」とはいかないでしょう。


『値段高くて美味いのは当たり前』だと私は考えています。

私が外食を行い、そのお店を"良い・普通・悪い"で判断をする時に思う事は、

「これをこの値段でまた食べたいか?」
「これに何円までの対価を出せるか?」

というのを考えます。

味やサービス等の付加価値を含む総合的な評価を"質"という言葉で表し、
仮に質というものを数値化した時に、
10,000円の料理を食事し、その質が 10,000 と感じたとします。
次に、100円の料理を食べて、その質が 100 だった場合、
それは10,000円の質100と同等の価値と考えます。

『10,000質/10,000円 = 100質/100円』

仮に100円の料理に対し、質が 110 だと感じたとすると、
『10,000質/10,000円 < 110質/100円』
となり、「100円の割りには良いよね」となります。
即ち、10,000円の料理よりもパフォーマンスが良い事になります。

"値段<質"の状態と感じた場合、それが"良い"という評価だと思っています。

当然ながら、質自体 10,000 と 100 がイコールではありません。
『10,000質/10,000円 = 100質/100円』の時に、価値は同じというだけです。
つまり、「値段高くて美味いのは当たり前」なのです。

"値段=質"というのはあくまでも普通。
"値段<質"だと、「また、この店に来たいね」と思うでしょうし。
"値段>質"では、「この値段では・・・」となります。

ある意味、ここで言う"質"というのは"満足感"と言い換える事が出来ると思います。

讃岐うどんブームが起こった一因としても、『質/値段』において、分母が小さく、
人々の懐に優しい価格帯であり、その割に分子が大きと感じた人が多かったからでしょう。

高級料亭であっても、イタ飯屋でも、ヌーヴェル・キュイジーヌのお店でも、
また、ファーストフード店やラーメン屋、牛丼チェーン店だろうが、
セルフのうどん屋であっても、

食べた後で、

「ご馳走様でした。」
「あー、美味しかった。また来たいね。」

と素直に言えるだけの満足感があったかどうかというのが、
最大のポイント、評価すべきポイントだと考えています。

スポンサーサイト



極さぬはエエ本やね~(笑)
【2007/11/23 Fri】 URL // 雀 #NMgcaBO6 [ 編集 ]
そういう意味では、味も価格も上の方から下の方まで
バランス良く納まった本ですよね。
【2007/11/25 Sun】 URL // 光樹 #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://tellmituki.blog49.fc2.com/tb.php/207-77235561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ