「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
さぁ、こうなればもう1軒というのは、お約束。
時間・場所が許すのであれば、このまま1軒で終われる訳がない。ってな
訳で、この近くにも数件うどん屋さんはありますが、とりあえず最寄の"一平"
に行くことにしてみた。ってか未踏破店やし。

お昼時も終盤戦ぐらいのタイミングというのもあって、お客さんは少な目。

IMG92g (7)

こちらのお店は、今でも「かけ小100円」で頑張られている貴重なセルフ店。
大は150円、そして、天ぷら類も1つ100円。お財布にとても優しい。

お店に入って奥の天ぷらコーナーを確認して・・あった!大きなかき揚げ。

カウンター越しにうどんを注文するのですが、カウンターに小さめな「ひやかけ」
やったか「冷たいかけだし」やったか、なんて書いてたか忘れたけれど、なんと
て「ひやかけ可」の旨の掲示がありましたので、『ひやかけ・小(100円)』を注文。
そんで『かき揚げ(100円)』を取った。

IMG92g (8)

丼の口を越える様な大きさのかき揚げ。
真ん中に小エビ2尾が入ったかき揚げは、もちろん厚みはない。隙間があって
軽く揚げられているけれど、・・これで厚みあったら・具がギッシリやったら大変
じゃん!(お店的に)
これは、見せ方の勝ちという感じかな。普通のかき揚げにしてしまうと、そんな
に大きくない・普通ぐらいはず。
大きなフライヤーは無く、揚げ物鍋で1枚ずつ揚げてくれてるのだろう。
でも、これだと見た目のインパクトもあるし、印象的に「この大きさで100円!」
って思える。

IMG92g (9)

さてさて、うどんの方は麺には軽く縮れが伺えるけど、口当たり・食感共に鋭い
印象はしない。むしろ、軽めで優しい印象の「It's a TyuruTyuru」って感じ。
麺肌滑らかでいて、柔らか身の中に軽くムニッモチッとした様なコシ感がある。

冷たいかけダシは、昆布とイリコかな?こちらも柔らかく素朴な印象。
研ぎ澄まされた様な感じはなく、ありのままの手作りという感じが一杯だ。
まぁ、そういう風に感じたのは、先に"あさひ"で食べてしまった直後だったと
いう影響もあるんやろうなぁと思う。

●店名:うどんの一平
●住所:香川県高松市福岡町3-6-23
●営業時間:10:00-14:00
●定休日:日祝

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitte・・・いまだに、よー解ってないし。
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ


管理者にだけ表示を許可する
http://tellmituki.blog49.fc2.com/tb.php/2170-83f39c28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ