「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
さて、この日は徳島駅近くで一泊~。
"やま"で、遅い遅い昼食を食べた後、色々と用事をこなしててたら、既に
時計は20時に近づいていた。スッカリ遅くなってしまった・・・。

用事なければ、名麺堂まで行くのも良いかと思っていたのだが・・・。
ふむ・・、こんな時間だと開いてるお店も限られるし・・。
おっ!そごうの中に鳴門船本があるな。まだ、間に合う。

そごう自体は19:30で閉まるけど、9階レストラン街は開いてる。

IMG93c (4)

「どこから9階へ上がるんや?」ってので時間くってしまったが、20:30のラスト
オーダーには十分間に合った。

以前、船本うどん(本店?)に行った時は、小さな隠れ家的うどん屋さんという
感じでしたが、こちらは場所柄もあってか雰囲気が全然違うね。
看板に「和食」とあるし、定食も多く、うどんは和食店のオマケの様なポジ
ションという感じもしなくはない。

でも、一番シンプルな『鳴門うどん(鳴るちゅるうどん)』が380円というのは、
お財布に嬉しい。なので、それを注文。

IMG93c (5)

"鳴るちゅる"と言うのは、チュルチュル食べるうどんというのと掛けている
のだろうけど、讃岐の様な「噛んで」や「喉越し」と言うのとは、同じうどん
という括りにして良いのかどうか悩んでしまう様な、違った感触。
コシの弱い・・いや、感じられないぐらいの柔らかく、抵抗感なくスーっと腹
の中に落ち・溶けて・染み込んでゆく様な感じ。
↑の表現の中で、この時、私が感じたピッタリのは「染み込んで」かな。
ダシがじゃなくって、麺がね。

IMG93c (6)

なぜ、麺はこういう乱切りな感じなのだろう。細目の刀削麺の様な・・・、
いや、刀削麺より、ビロビロ~って麺。
細い・薄い・やや太いところがあって。太いと言っても私の中での標準的な
麺よりは細い。それが、食感の妙になってるとも思うが。その太いところは
太いところで、ほのかな抵抗感があって、細いところは存在すら溶ける様な
優しさ。
ダシは熱々でよく解らんかったけど、澄んでる感じの味わい。讃岐とも関西
ともちと違う印象。

●店名:和食 鳴門船本
●住所:徳島県徳島市寺島本町西1-5 そごう徳島店9F
●営業時間:11:00-15:00 17:00-21:00 土日祝11:00-21:00  (LOは各30分前)
●定休日:無??

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでつぶやき中。mitukiで検索すればそれっぽいのが出てくるはず・・
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ


管理者にだけ表示を許可する
http://tellmituki.blog49.fc2.com/tb.php/2297-efd00253
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ