FC2ブログ
「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
私には、なんやかんや収集癖がある。
色々集めてしまっている物の中にうどん屋の箸袋があるw。



そんなに数は多くないのだが、先日その箸袋を整理していたら、
『かな泉』の箸袋が3枚あった。
恐らく、紺屋町店と丸亀店のと。それと大阪の大丸梅田にある大丸梅田店のと。



↑上側が香川の。下側が大阪大丸店

デザインは一緒なのだが、作りが違う。
香川のは紙を折りたたみ袋にしたもの、大阪のは糊付されて袋になったもの。



それと、箸袋の裏面に書かれている店舗案内が異なる。


「へぇ~、裏面は違うんだー。」

『讃州うどんの庄 かな泉』のHPでは、大丸梅田店は掲載されていないの
は知っていたが、箸袋の店舗案内も違うのは今気がついた。


かな泉は、私が物心つく頃、記憶の中にある一番古いうどん屋だ。

今は閉店してしまっているが、香川県の西端近く箕浦駅付近にあった
『かな泉 箕浦店』によく連れて行ってもらった。

当時は愛媛県に住んでおり、三豊市内にある祖父の家から国道11号線を
通り愛媛に戻る途中。当時2才~3才ぐらい。

この、かな泉 箕浦店が近づくと必ずと言っていいぐらい、

「びびばべよー。」

と言っていた記憶がある。

『びび』とは、幼児語でうどんの意味であり、『ぴっぴ』と言われる事も多い。
("びび"は西讃方面でよく使われるらしい)

そこでは、よくお子様ランチみたいなのを食べていたのだが、うどんが食べた
かったのか、オマケとして付いてくる玩具が欲しかったのかは、
今となってはよく解りません。

そんな事を思い出してみました。

スポンサーサイト



おぉーv-356
大丸梅田にかな泉が入ってるんですねv-363
ありがとうございます、今度行ってきますv-291
【2008/03/30 Sun】 URL // てるてるぼーず #4w.JgMwE [ 編集 ]
>>てるてるぼーずさん
昼時になると、やはり多くの方が並ばれておりました。
お店の正面から、麺打ちの様子が見れるので、それに
釘付けになるお子様も一杯おられます。
価格としては、香川よりもちょい高目に感じます。。
2006年11月で『天ざる』が1260円でした。
(愛媛県の新浜店では、天ざるは750円。
高松空港の空港店では850円の模様。)
【2008/03/31 Mon】 URL // 光樹 #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://tellmituki.blog49.fc2.com/tb.php/289-dbbb8d8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ