「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
『第2回 関西讃岐うどん 西国33ヵ所巡礼』の情報はコチラをご覧下さい。

27日のお話です。

大阪のおうどんを語るにおいて、外せないのは松葉家というどん屋さん。
まぁ、語る気もないし、今更私如きが説明しなくてもいい程の有名店で、
明治26年創業・きつねうどん発祥の大阪うどんの老舗である。
って、説明入っとるやなないの!

今は代替わりにより、うさみ亭マツバヤという名前になっているが、お店の入り口の
ドアには『きつねうどんの古里』といった内容が書かれている。

IMG_70031.jpg

いつも通り冷たい麺にしようかと思ったが、流石にここへ来たら
『きつねうどん(550円)』か『おじやうどん(750円)』を注文するのが、
普通の攻略法だろう。

                  ↓クリックすると拡大します↓
IMG_70032.jpgIMG_70033.jpg

って事で、私もスタンダードに『きつねうどん』。
注文してから1分ちょいで出てまいりました。

IMG_70034.jpg

ダシの色は大阪うどんらしからぬ黒目の色合い。
松葉家で修業された南森町の"てんま"のきつねうどんとも色合いが随分違う。
だが、見た目から受けるイメージ程は辛くはなく、昆布・節のやんわりしたダシ。
そこに一欠片の柚子皮。その柑橘風味がダシにスッキリさをもたらしています。

あぁ。お揚げさんが美味い!これは美味い。私のきつねランキングの中で上位に入る。
結構厚みがあり、もっちりジューシーなお揚げさんは、しっかり甘味ある味付けが
されており、かじった後に口に残る甘さが程良く心地よい。

IMG_70035.jpg

麺は、箸でキュッと摘めば切れてしまう、コシの抜けたヤワヤワの麺。
私がお店に入った時間が時間というのもあるんだろうが、香川でこの麺が出てくれば
「・・これは失敗だ・・・」と思ってしまうであろう。
まぁ、しかしながら、これが大阪うどん!って気もしますが、どうにも固コシ・ちゃんと
コシのある麺が好きな私にとって物足りなさを感じてしまう。どちらかと言うと
「麺(うどん)食べた」というよりも「汁飲んだ・揚げ美味い」という印象が残る。
でも、やっぱりこれがダシが命と言われる大阪うどん文化といわれるうどんと、
私が小さい頃から食べてきた讃岐のうどん文化との違いなんだろう。

●店名:うさみ亭マツバヤ
●住所:大阪市中央区南船場3-8-1
●営業時間:11:00-19:00(金・土は19:30まで)
●定休日:日祝

←ぜひこちらもご覧下さい m(_ _)m
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ


管理者にだけ表示を許可する
http://tellmituki.blog49.fc2.com/tb.php/617-3e936f1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ