「何か食べたいものある?」の問いに、9割以上の確率で「うどん」と答える奴のブログです。
炬燵は恐ろしい道具・・・。

炬燵に入って、ちょっと横になったら時間が飛んでしまう。
フと気が付けば、テレビのシーンが飛んでいたり、いつの間にやら
チビっ達は遊びに出かけて居なくなっていたり・・・。
炬燵に入って横になったら、ほんまアッと言う間に意識を持って行か
れてしまう。

恐ろしわ・・・。

※炬燵で寝るのは危険らしいので、ご注意下さい。

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでボソボソ言ってますんで、また見てやって下さい。
さてさて、年末が近づいてきておりますなぁ。

今年は、現時点でブログに書く為のうどん屋ネタのストックが少ないのもあって、
このままの感じだとネタ切れの恐れ・・・。さらに、自由に出歩けなくなる年末年
始に向けてストックを貯めときたいが・・・貯めれる気配はなく、どうやって埋め
ようかなぁ~なんて、後ろ向きな考えてをしておりまする。

さてさて。唐突ではありますが、
ロバート・サポルスキーという方の説によりますと、「人の音楽の趣向は20歳
を過ぎると固定化が始まり、35歳頃には"好奇心の窓"が閉じきった状態と
なる。」というのがあります。
今更ながら、最近(今年の前半に)この説知ったのですが、「いやぁ~、これは
その通りっぽい」と感じる。むしろ私の場合は、結構早い段階で閉じきったん
じゃないかと思える。

恐らく、多くのご年配の方が経験されている事なのかもしれないが・・・、
「最近の歌はよく解らん」ってヤツをヒシヒシと感じる。
歌が解らんというよりも「ここまで評価されてる理由が解らん。」って方かな。
もちろん、アイドルの顔は皆同じに見えますよ。その分、政治家や関取の顔
は見分けが付くように・・・。

洋・邦・メジャー・マイナー・ジャンル・評価問わず、先入観持たずに聞いて
「いいな!」であればそれを良しとする事をモットーとしているつもりだ。

・・つもりだったのだが、私が最近聞いている音楽・買ったCDというのは、20代
で聞いてきた音楽と似ていたり、繋がりがあったりというのが多い。
繋がりで言うと、GO!GO!7188→チリヌルヲワカだったり、SUPER BUTTER DOG→
ハナレグミやレキシ、PE'Z→H ZETT MやH ZETTRIOとか、そういう人の繋がり。
それとか、最近THE YELLOW MONKYEが復活して聴くと「かっこええ~」って思
うし。
そういった、人的・音的に昔聞いたた音楽との繋がりがあることが多く、曲がと
いうより、その音が好きという感覚なのかもしれない。
そして、作り手のクセであったりそういう部分がシックリくるのかな。


でも、最近は出来るだけ最近の音楽を聞こうと頑張ってはみてる。

私の好むアーティストってのは、ある意味、年代的に中堅・ベテランと言わ
れる位置にあると思われる。夏フェスになると、そういった中堅どころよりも、
それ以降の新しいアーティスト勢が多い。
折角、夏フェスに遊びに行くのに、その辺を楽しめないのは残念なので、
予習がてら先ずはTSUTAYAでレンタルしてきて聴いてみたりしている。

でも、「良けど・・なんかちょっと違う。」「良いんやけど・・(評判と比べて)そこ
までか?」って事が、かなり多い。
そんな具合で「これCD買う!」ってところまで行くのは結構少ないのが現状。

だからって、夏フェスでそういったアーティストを見て楽しめない訳じゃない。
むしろ、見てから印象に残って、しっかり聞く様になる事もあるし。
今年の場合は"夜の本気ダンス"が、その筆頭かな。
でも、解らんのは全く解らんのもあるし。


やっぱり、音楽の趣向が固定化してんなぁ~。
小さいところで、昔聞いて馴染んでいるクセにビタッとハマらないから、
「けど・・」になっちゃうんだろう。

なんとか、音楽の"好奇心の窓"をこじ開ける方法はないものか。
・・・あっても、また知らず知らずの内に窓を閉じてしまうんだろうけど。。


↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterでも時々何か言うとります。
ちびっ子1号・・またやりよった・・。

先日、家に帰るとダイニングテーブルの上に見知らぬ小さなオモチャ。
私「どしたん、これ?」
ちびっ子1号「今日、届いたんだよ!」
私「??なんで??」
ちびっ子1号「なんかの本のやつ。」
私「なっ!?なんだとっ・・!?」(ベジータ風)


別の日のとあるイベント。
ふむふむ、メールアドレスを登録すれば抽選の応募になるんか・・・。
まぁ、とりあえず応募してみるか。
って、自分の名前でメールアドレスを登録。

ちびっ子1号「私も応募できる?」
私「しもたー!!ちびっ子1号の名前で応募すれば良かった!」
ちびっ子「あーあ・・。」
私「いや。でもまだ何個かメアドあるから、Gmailでちびっ子1号の応募しとこう。」
そして抽選会の時間。

メール受信。
おっ。俺の当選してる!・・・ってタオルか。・・まぁ、俺らしいな。

Gmailの方は・・・・?
おっ!?こっちも当選しとる!!
で、景品は・・・・・うおっ!!遊園地のペアチケット!!?
まじか・・・・・??

なんなんこれ!???

神様さぁ・・・この辺、もうちょっとバランス良くできんかなぁ??

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでも少し呟いています。mituki_udonで探してみて下さいな。
私自身、ビンゴ大会とか抽選会とか・・宝くじなんかもそうなのですが、そう
いうのに縁がなく、「おおっ!当った!!」という記憶が無い。
ハズレ・粗品ばっかり。宝くじも末等以外は無いなぁ・・・。

麻雀とかっでも「どっち切ろうかな~・・・こっちか。」ってすると、次のツモは
高確率で「逆やったか~!」って後悔する。一度、後ろから見てた知人が
「逆に凄いな!」ってぐらい、逆の引きっぷりを披露した事もある。
「普通はこっち、でも俺の場合は逆にこっちや。」と逆のツモを期待すると、
さらに逆にセオリー通りに切っとけば・・という展開に。

そういう引きの弱さが自分なんだと納得し、期待はしない様にしている。


しかしながら、うちのちびっ子1号・・・不思議と結構当てよる・・・。
幼稚園系や小学●年生みたいな雑誌の懸賞とかをチラホラ当てよるし、何
よりビンゴ大会やら抽選会にめっぽう強い。

近所の電気屋さんで、時々抽選会が行なわれてて、一人一商品の抽選券で、
当ると商品が格安で買えたりするのですが。それも結構な確率で当ててくれ
よる。
商品によって参加人数の多少は違えど同じお店の抽選会でこれまでに何度
も当てている。
単純に参加人数での当選確率からすると、単純な確率値を大きく超えた値に
なるんじゃないかってぐらいのヒット率。
他のところでのビンゴ大会とかでも、結構早い段階でビンゴするんよねぇ・・・。

私とちびっ子1号・2号の3人で行って、同じ商品の抽選券をもらって。
ちびっ子1号が「抽選券、自分の持っとく。コレが良い!」ってパッと自分の分
を取って。それが当るんだ。
これまでに何度も抽選会に行っているのに俺のは当ったこと無いのに・・。

先日も私が欲しいものが抽選会の商品にあって、ちびっ子1号に「来て!」と
要請。
出かける時に、ちびっ子1号は「当ててくるね~!」と言って出発。
抽選券を貰うと「当ると思うよ~。」
そして、見事に当てよる・・・。
まぁ、他の目玉商品に人気が集中して、私が欲しかったのは10人に満たない
人数から1名の抽選だったですが・・・。
それでも当る気がしてない私としては、「なんなん!!?」って感じ。

まぁ、私としては欲しい物が安くで入手できたし、ちびっ子1号も当ったという
事で喜んでる。万事結果オーライ。
普段は当る気がしない抽選でも、ちびっ子1号が来れば当る気がする。

そういった、引きの強さを"運"と表現するのであれば、私の考えでは「運も
実力の内」。
スポーツ大会のトーナメントで第1シードの下に入って、1回戦勝って2回戦で
シードと当る様な場合を「運が無い」と表現するのであれば、それは実力が無
いことと等しい。シードと離れたところに入って、ベスト●●と言えるところまで
進めるのも実力の内。

引きが弱いのが私の実力。それを逆手に逆張りをしてハズれるのも実力だ。
それでも運を引き寄せる為に準備・努力をしてるつもり。
この場合、強いて言えば、ちびっ子1号を借り出す事が私の準備であり、運を
引き寄せる為の行動だ。なので、それらをひっくるめて私の実力と言えるかな?
って、言っていいのかな・・・?


しかし、腑には落ちんよな。その引きの強さ。


↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Twitterでも少し呟いています。mituki_udonで探してみて下さいな。

先日、プラプラとYahooニュースから「個人店の味 大手チェーン継ぐ」という
記事を見て考えさせられた。

出展元)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160920-00110173-hbolz-bus_all
詳しくは上のリンクから見て下さい。


「店主の高齢化かつ後継者がおらず、弊店を余儀なくされるお店が多くなっ
ている。」という問題の中で、その食文化を守る為の企業の取り組みとして、
下記の事例が紹介されていました。

・「一風堂」等を展開する"力の源ホールディングス"が、福岡市内に4店舗
 ある老舗「因幡うどん」の事業継承を発表。

もちろん、こういった取り組みは素晴らしい事だと思います。
(なんか上からな表現で申し訳ありませんが・・・。)
うどんLoveな人間として、1軒でも多くのお店が存続してくれる事は嬉しい
です。
・・・でも、これが良い事かどうかと問われれば、私には分かりません。

そして、もう一つ事例が紹介されていた。

・「はなまるうどん」の"株式会社はなまる"の「さぬきうどん未来遺産プロ
 ジェクト」に後援企業として参画することを発表。

結構長くなりそうなので、続きは"続きを読む"からどうぞ。

↓↓↓ブログランキング応援よろしくお願いしますm(_ _)m↓↓↓
 

Teitterでも時々何か言うとります。
⇒ 続きを読む
BACK  // HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 光樹のどうでもいい話 β all rights reserved.
プロフィール

光樹

Author:光樹
HP讃岐うどん食べ歩いて発見
『いいとこあるじゃ~ん!!』
の管理人
光樹がHPからちょっと横に脱線したBlog。
讃岐香川生まれの光樹が、何か
食べたり・聞いたり・フラフラしたりの"どうでもいい"日記です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ジャンルカテゴリー
地域別カテゴリー

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
メール問い合わせ